目次へ戻る

車についているサンルーフ、役割から後付方法を解説|おすすめ車種も

車についているサンルーフ、役割から後付方法を解説|おすすめ車種も

サンルーフがついているかどうかを車選びのポイントにする方も多いでしょう。 実際はついているメリット・デメリットから選ぶ時のポイントになるのかを今回は見ていきたいと思います。


サンルーフとは?

サンルーフ(Sunroof )とは、車の屋根に装備される開口部のことをいいます。透明な合成樹脂やガラスの場合には天窓と呼ばれ、通常、その中で開閉できるもののことを指します。

サンルーフには種類がある

サンルーフにもいくつかのタイプがあります。そのタイプは大きく分けて3タイプ。
まずはサンルーフのタイプを知って、自分の好みのタイプを把握してみましょう。

スライディング式サンルーフ

天窓部分を屋根の上や屋根と天井の間にスライドさせて開閉するタイプのサンルーフです。大きく開くので換気はもちろん開放感も十分あり、現在多くのモデルで採用されていて、国産車、外車問わず一番普及しているタイプのサンルーフです。

チルトアップ式サンルーフ

天窓をヒンジで開閉するタイプのサンルーフです。後方部分が開閉し、主に前席の上部に装着される事が多く、最近ではスライディングサンルーフとチルトアップサンルーフの両方を兼ね揃えたものも登場しています。
開放面積は小さいものの、車内の換気や採光には十分です。

パノラマウィンドウサンルーフ

ボディの肩口にガラス面が採用されたタイプのサンルーフです。前述の2タイプよりも、ウィンドウが大型なのが特徴です。
視界が広いので、一般車よりも観光バスや水上バスの屋根肩部に設けられることが多いサンルーフです。
自動車メーカーによっては開けられないサンルーフのことをパノラマウインドウと呼ぶこともあります。

サンルーフの役割や必要性、メリット・デメリット

サンルーフ付きの車を購入するべきかお悩みの方のために、メリットとデメリットをご紹介します。
サンルーフが自分にとって必要かどうか、是非ご参考にしてみてください。

メリット

開放感

サンルーフの最大のメリットといえば、その開放感でしょう。
サンシェードを開けると室内が明るくなり、晴れやかな気分にもなりますね。夜になれば車内から星空を眺めたりすることもできます。海辺や山間部でサンルーフを開ければ、ドライブの楽しさとともに空気感も存分に味わうことができます。デートはもちろん、お子さんがグズった時の気分転換にももってこいではないでしょうか。

換気

サンルーフを開けることで、快適に換気できます。
窓を開けての換気の場合、車のエンジン音や走行音などがうるさく感じられて会話が途切れがちですが、サンルーフであれば外の音も拾いにくいので、会話も楽しめますね。

買取査定が高値

サンルーフ付きの車は販売価格が高めに設定されています。
オプションとして設置すると、10~20万円程かかる分、希少性も高く、買取時にはプラス査定に場合がほとんどです。
ただし、サンルーフが正常に機能することが大前提となるので、故障していては意味がありません。ですので日頃からサンルーフは丁寧に扱いましょう。

デメリット

燃費が悪い

サンルーフに使われているガラスは20kg〜30kgほどあるため、その分車重も重くなり燃費も悪くなります。通勤など、毎日運転するのであれば、燃費の良し悪しは大きなデメリットとなるのではないでしょうか。
また、タイヤやブレーキの消耗と言った部分でも、少なからず影響があると考えられます。

販売価格が高い

メリットでも紹介したように、サンルーフ付きの車はサンルーフ無しの車よりも販売価格が高めに設定されています。車種やサンルーフの種類によって価格差は異なりますが、基本的には販売価格が高くなると考えておきましょう。

天井の低さ

サンルーフを設置する際には、ガラスや開閉装置など多くの部品を取り付ける必要があるため、サンルーフを設置することで天井が低くなるモデルもあります。購入の際には実際に試乗して天井までの高さを体感してみましょう。

日差しや暑さ

サンルーフ付きの車は天井がガラスになっているため、サンルーフが付いていない車に比べ、夏場の車内は暑くなり、冬場は寒くなります。
特に夏は、サンシェードを閉め忘れて炎天下に駐車した場合などは、しばらく乗れないほど車内が暑くなることもあるので注意が必要です。

劣化による雨漏り

サンルーフのゴム部品は他部分に比べ雨風の影響が受けやすく、劣化が早いようです。サンルーフと天井の繋ぎ部分のゴムが劣化したり、汚れが詰まると雨漏りの原因なってしまうので、定期的な清掃が必要となります。

サンルーフ付きのおすすめ車種3選

メリット、デメリットを分かって頂いた後は、オススメの車種をご紹介します。

日産 「キューブ」

お洒落なインテリアが印象的で子育て中のママからも人気も高い日産「キューブ」。
スタイリッシュガラスルーフは、障子をモチーフにしたSHOJIシェードを前に引き出して調光できます。

乗車定員:5名
<エンジン>
エンジン:HR15DE
燃費:19.0km/L
変速機:CVT
駆動方式:2WD
排気量:1.5L
使用燃料:レギュラーガソリン
車両重量:1,200kg

<サスペンション>
前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式

<ボディサイズ>
全長:3,890mm
全幅:1,695mm
全高:1,650mm
ホイールベース:2,530mm

\1,890,000~

スバル 「レガシィ アウトバック」

運転席や助手席がとても広く、乗り心地も抜群。静かで快適なドライブが楽しめます。レガシィ アウトバックのサンルーフは、空気抵抗も考慮された画期的な構造になっており、レガシィらしいクールなデザインは男性に人気です。

乗車定員:5名
<エンジン>
エンジン:FB25
燃費:14.8km/L
変速機:リニアトロニック(マニュアルモード付)前進無段 後退1速
駆動方式:AWD
排気量:1.5L
使用燃料:レギュラーガソリン
車両重量:1,570~1,580kg

<サスペンション>
前:ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架
後:ストラット式独立懸架/ダブルウィッシュボーン式独立懸架

<ボディサイズ>
全長:4,820mm
全幅:1,840mm
全高:1,605mm
ホイールベース:2,745mm

\3,609,400~

シトロエン 「C4 スペースツアラー」

コンパクトカーほどのサイズ感で、外観が欧州車風のスタイリッシュなデザインが特徴です。高遮音性のガラスが使用されており、車内の静穏性は保たれます。フロントガラスや運転席・助手席などのフロントサイドのガラスがスーパーUVカットになっているため、夏も紫外線の心配は不要です。
外車では珍しいスライドドアのミニバンなので、家族でのお出かけにおすすめです。

乗車定員:7名
<エンジン>
エンジン:ターボチャージャー付直列4気筒DOHC
燃費:14.6km/L
変速機:3要素1段2相形
駆動方式:前輪駆動
排気量:1.598L
使用燃料:レギュラーガソリン
車両重量:1,510~1,540kg

<サスペンション>
前:マクファーソン・ストラット式
後:トーションビーム式

<ボディサイズ>
全長:4,605mm
全幅:1,825mm
全高:1,670mm
ホイールベース:2,840mm

¥3,729,400~

サンルーフは後付可能?取り付け、価格・工賃について

お気に入りの愛車にサンルーフをつけたいなと思った方も多いのではないでしょうか。実はサンルーフは後付けすることも可能です。

DIYをする方もいますが、
具体的な取り付け方法は以下の通りとなります。
1:後付けサンルーフの取り付けに必要工具を揃える
2:車内の養生
3:ルーフやルーフライナーカット
4:後付けサンルーフを動かす為の電源取り
5:サンルーフの装着
6:動作確認
このように、必要な道具を揃えたり、作業場所の確保、自分で鉄板や内装を切ったり、電源をいじる作業があり、よほど車に詳しい方でないと車自体を壊してしまうことにもなりかねません。
不安な方はやはりプロにお任せしたほうが安心でしょう。

純正のサンルーフを使用しない場合、後付けサンルーフのメーカーとして有名なのが、Webastoというドイツのメーカーが製造・販売している「ホランディア(Hollandia)」というブランド。このブランドが後付けサンルーフ市場をほぼ独占しています。
とはいえ後付けサンルーフの信頼性は高く、製品自体には問題はないようです。
サンルーフの販売価格は、おおよそ\65,000~180,000程度。
工賃の相場は\40,000~\80,000程度となっています。

まとめ

サンルーフがあることで、お昼は暖かい空気やその場の空気感を、夜には星空を眺めながら換気をすることができます。その一方で、そのおもさによって燃費が悪くなってしまったりも。サンルーフ付きの車の購入を検討している方は、今回ご紹介したメリット・デメリットをよく考えた上で決断してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

急にきて困ってしまう。それが車のバッテリー上がり。車のバッテリーが上がってしまった際の対処法をまとめています。また、もしバッテリーを交換するとなった際に、初心者の方でも安全に行える対処法についても解説していきます。


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。