目次へ戻る

購入可能な新型N-BOXのキャンピングカーが魅力的すぎる!納期・価格は?

購入可能な新型N-BOXのキャンピングカーが魅力的すぎる!納期・価格は?

今年のジャパンキャンピングカーショーも閉幕しましたが、個人的には新型N-BOXのキャンピングカー「N-BOX Camper Neo」が気になったので魅力たっぷりな機能を見ていきましょう!


はじめに

毎年開催されているアジア最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2018」が先日幕張メッセにて開催(2018年2月2日(金)〜4日(日))されて無事に閉幕しました。

国産・輸入車合計300台以上の魅力的なキャンピングカーが沢山展示・販売されていたそうですが、その中で私が気になった一台、ホワイトハウス社が出展した新型N-BOXベースのキャンピングカーについて紹介します

新型N-BOXベースのキャンピングカー「N-BOX Camper Neo」

「N-BOX Camper Neo」を出展した企業は?

「N-BOX Camper Neo」を出展したのは愛知県でオリジナルキャンピングカー企画開発・販売を手がけるホワイトハウスです。

過去にはN-BOX+ベースの「N-BOX Camper Neo」という軽自動車のキャンパーも手がけています。公式サイトの開発レポートも興味深いので興味がある方はご覧ください

スペックは?

新型N-BOXベースなの基本はN-BOXのノーマルモデルと動力性能は変わりませんが、オプション次第で増加するので予算次第ですがG タイプのターボパッケージを選びたいところですね。

元々広大なスペースのN-BOXなので自転車や荷物も沢山入りますし、オプションには折り畳み式フラットベッドやソーラーシステム、ポータブル冷蔵庫7Lまで用意されています

インテリアとしては身長190cmの人が2人並んでも足をのばして寝そべることが可能で、POP-UPルーフをあげると2階にベッドスペースが出現して家族4人が寝られるそうです。

楽しくて毎週アウトドアででかけたくなりそうですね!

価格・販売グレード構成は?

車種構成としては「HOT Package」「POP」「POP HOT Package」の3種類のグレードがあり、2WD,4WD,ノンターボ、ターボ車、がそれぞれ用意されています。

価格帯は1,768,000円~3,021,000円となっており、250万くらいが中間モデルとなります。
詳しくはメーカーの公式ページにてご確認ください

一番のウリは?

このキャンピングカー「N-BOX Camper Neo」一番のウリは列車のように運転シートが180度回すことができて後席側に向けることができるそうです。

凄くないですか?
キャンプなどで3つのシート(助手席は無理ですが)を対面にして車の中で談笑したり食事などアウトドアがかなり楽しくなりそうですね!

この運転席のフロントシート180度回転オプションは近日発売予定となっており認可されるまで少し時間がかかるのかもしれませんね。
助手席も対面できたらもっと楽しそうですが、技術的に難しいんでしょうね。

ちなみに今注文すると納期は8月になる見込みだそうです。
だいぶ納期が掛かるなあって印象ですが、現在新型N-BOX自体納期が1,2ヶ月かかりますし、N-BOXをベースに手間もそれなりに掛かりそうなので仕方ないかもしれないですね。

180度回転する運転席のN-BOX軽キャンパー、ホワイトハウスが初展示…ジャパンキャンピングカーショー2018 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/03/305634.html

オリジナルキャンピングカーの企画開発・販売を手がけるホワイトハウス(愛知県東郷町)は、「カタログの印刷も間に合わなかった」という完成したばかりの「N-BOX Camper Neo」をどまんなかに展示。ホンダ『N BOX』ベースの200万円台キャンパーに注目が集まった。

まとめ

キャンピングカーといえば映画などで見みかける生活できるような大型なものをイメージしてしまいますが、今回軽自動車の新型N-BOXのキャンピングカー然り、小型でコンパクトなキャンピングカー(軽キャンパー)は、今後更に人気が出るのではないでしょうか。

キャンピングカー企業が加盟する日本RV協会(JRVA)の調査によると2017年キャンピングカーの総保有数は10万台超えて業界全体の売り上げは365億円に達したそうで今後も伸びていきそうな市場です。

家族や仲間だけでなく、老後にキャンピングカーでのんびり一人旅とかも楽しそうですね。

個人的には新型N-BOXカスタムベースのキャンピングカーも制作してほしく思います。

2018年3月には各地方にてキャンピングカーショーが開催されます。
近くにお住まいの方は是非足を運んでみては如何でしょうか。

■大阪キャンピングカーショー2018
開催日:3月10~11日
会場:インテックス大阪

■東北キャンピングカーショー2018
開催日:3月17~18日
会場:夢メッセみやぎ

■名古屋キャンピングカーフェア2018 spring
開催日:3月24~25日
会場:ポートメッセなごや

■北海道キャンピングカーフェスティバル
開催日:3月31~4月1日
会場:アクセスサッポロ

関連する投稿


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

みなさんはホンダから発売されている、WR-Vという車をご存知でしょうか。何、知らない?それもそのはずです。実は、WR-Vは、日本では発売されていない車なんです。しかし、2019年には日本市場に投入されるという噂。そこで今からWR-Vについて知っておきましょう!本記事ではWR-Vをピックアップしています!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月15日更新】


【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

7月13日に発売された、ホンダの軽バン、N-VAN。このN-VANが売れに売れていることをご存知ですか?本記事ではN-VANを改めてピックアップ!そして試乗記もまとめています。N-VANが気になっている方はぜひ本記事を読んでみてくださいね。


【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

【車中泊にオススメ】ホンダのフリード+の魅力! フリードとの違いから価格まで

フリードスパイクの後継車、フリード+(プラス)。とはいえ、フリードと何が違うの?と思った方もいるかもしれませんね。もちろんまったく違います。本記事では、フリードとフリード+の違いに始まり、フリード+の魅力をご紹介します。アウトドアにオススメで、フルフラットにもなるフリード+の価格・試乗記ほか。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】