目次へ戻る

インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

スズキのインド法人、マルチスズキは2月8日、「デリーモーターショー」において、新型「スイフト」の販売を開始することを発表。インドで圧倒的な強さを誇るスズキは、「スイフト」以外にどのようなモデルを販売しているのか?その陣容を見てみましょう。


インド向けの「スイフト」とは?

スイフト

インド現地生産車として、3世代目モデルになる新型「スイフト」は、日本仕様とは異なり、ガソリンが1.2L、ディーゼルが1.3L。そして、トランスミッションは、5速MTとAGS(オートギアシフト)が選択できます。マルチスズキによると、両エンジンともに燃費はセグメントトップ。とくにディーゼルの燃費は、28.4km/Lを実現しており、その地域特性に合わせた選択がされています。

インド向けの「スイフト」は、2005年の発売から、2017年12月末までのインド国内における累計販売台数が、約335万台となる主力車種。新型「スイフト」の車両の組み立ては、グジャラート工場が担当しています。

それでは、インドの自動車市場を席捲する、マルチスズキのラインナップを見てみましょう。

アルト800とアルトK10

アルトK10

「アルト800」は、マルチ・アルトの後継車種であり、マルチ・スズキのエントリーモデルになっている車種で、丈夫で実用的なデザイン、そして低燃費が人気のモデルです。エンジンは直列3気筒800cc。燃費24.7km/Lのガソリン仕様と、33.44km/LのCNG仕様があります。

2014年11月に発表された「ALTO K10」は、それまでの「アルト800」をベースとしながら、新デザインのフロントマスク、テールライト及びダッシュボードが与えられた上級モデル。エンジンはK10B型1.0L 直列3気筒で最高出力68ps、最大トルク90Nmを発揮します。

CNG仕様も設定されており、CNGモードでは最高出力59ps、最大トルク78Nmとなる。トランスミッションは5速MTに加えて、オートギヤシフト (AGS) の5速AMTが用意されます。

ワゴンR

スズキスティングレー

日本ではおなじみの「ワゴンR」ですが、先代モデルの5代目 MH34S型が販売されています。「アルトK10」と同じく、K10B型エンジンということですから、1.0Lエンジンを搭載。日本のユーザーにとっては、ちょっとうらやましいモデルとなっています。スティングレーもあります。

ディザイア

ディザイア

これも日本国内では発売されていない、「スイフト」ベースの全長3,995mmというコンパクトな4ドアセダンバージョン。プラットフォームを4代目スイフトと共通の「HEARTECT(ハーテクト)」に刷新し、優れた走行性能と低燃費を高いレベルで両立させるとともに、今後、インド国内で導入される新法規にも適合させています。エンジンは「スイフト」と同じく、1.2Lガソリンと、1.3Lディーゼルの2種となっています。

ヴィターラブレッツァ

ヴィターラブレッツァ

力強いダイナミックなエクステリアの、スタイリッシュな都市型のコンパクトSUVです。2トーンルーフ仕様車を含む9パターンの車体色や、ユーザーのライフスタイルに合わせたオプションパッケージを用意し、様々なニーズに対応。そして、スマートフォン連携ディスプレイ、クルーズコントロール、バックカメラなどの快適装備も設定しています。

全長3,995mmのコンパクトなボディに、最高出力66kW/4,000rpm、最大トルク200Nm/1,750rpmのパフォーマンスを誇る、1.3Lディーゼルエンジンを搭載しています。

そして、「ヴィターラブレッツァ」はインドのカー・オブ・ザ・イヤーである「Indian Car of the Year(ICOTY)2017」を受賞しています。

エルティガ

エルティガ

1家族あたりの人数が比較的多いインド市場に投入した、3列シートの7人乗りミニバンが「エルティガ」。コンパクトでありながら、3列目に大人がしっかり乗る事が出来る広い室内空間と居住性、取り回しの良さ、および小排気量の1.4Lガソリンエンジンと1.3Lディーゼルエンジンによる低燃費と高い経済性を実現しています。

3列シート車では他に、「エヴリィ」ベースの「オムニ」というヴァンタイプもあり、庶民の足として活躍しています。

この他マルチ・スズキ社では、高級販売チャンネルの「NEXA」を展開しており、欧州メーカーに対抗する富裕層向けに「Sクロス」と「バレーノ」、「イグニス」といった車種を販売しています。

まとめ

1家族あたりの人数が比較的多いインド市場に投入した、3列シートの7人乗りミニバンが「エルティガ」。コンパクトでありながら、3列目に大人がしっかり乗る事が出来る広い室内空間と居住性、取り回しの良さ、および小排気量の1.4Lガソリンエンジンと1.3Lディーゼルエンジンによる低燃費と高い経済性を実現しています。

3列シート車では他に、「エヴリィ」ベースの「オムニ」というヴァンタイプもあり、庶民の足として活躍しています。


この他マルチ・スズキ社では、高級販売チャンネルの「NEXA」を展開しており、欧州メーカーに対抗する富裕層向けに「Sクロス」と「バレーノ」、「イグニス」といった車種を販売しています。

関連する投稿


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキ新型ジムニー!フルモデルチェンジ最新情報!発売時期・価格は?

スズキの軽自動車、ジムニーが20年ぶりとなるフルモデルチェンジを行い、早ければ年内に発表されるという情報が舞い込みました。残念ながら東京モーターショー2017での発表はありませんでしたが、新型ジムニーについての情報を随時更新しお届けします。


ジムニーシエラ新型は2019年に登場か?シエラの燃費・走行性能・価格・評価

ジムニーシエラ新型は2019年に登場か?シエラの燃費・走行性能・価格・評価

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも設定される!?との情報が入ってきました。ジムニーシエラ新型も気になりますね。改めて、ジムニーのワイド版・ジムニーシエラについて基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


スズキ ジムニー新型 最新情報 普通車カテゴリーのシエラも設定!?

スズキ ジムニー新型 最新情報 普通車カテゴリーのシエラも設定!?

20年振りのフルモデルチェンジが待ち遠しいスズキ『ジムニー』ですが、ジムニー次期型に、トレッドをワイド化した普通車カテゴリーの『シエラ』が設定される可能性が高いことが判明しています。最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。