目次へ戻る

インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

インド市場を席巻するマルチスズキのラインナップ

スズキのインド法人、マルチスズキは2月8日、「デリーモーターショー」において、新型「スイフト」の販売を開始することを発表。インドで圧倒的な強さを誇るスズキは、「スイフト」以外にどのようなモデルを販売しているのか?その陣容を見てみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


インド向けの「スイフト」とは?

スイフト

インド現地生産車として、3世代目モデルになる新型「スイフト」は、日本仕様とは異なり、ガソリンが1.2L、ディーゼルが1.3L。そして、トランスミッションは、5速MTとAGS(オートギアシフト)が選択できます。マルチスズキによると、両エンジンともに燃費はセグメントトップ。とくにディーゼルの燃費は、28.4km/Lを実現しており、その地域特性に合わせた選択がされています。

インド向けの「スイフト」は、2005年の発売から、2017年12月末までのインド国内における累計販売台数が、約335万台となる主力車種。新型「スイフト」の車両の組み立ては、グジャラート工場が担当しています。

それでは、インドの自動車市場を席捲する、マルチスズキのラインナップを見てみましょう。

アルト800とアルトK10

アルトK10

「アルト800」は、マルチ・アルトの後継車種であり、マルチ・スズキのエントリーモデルになっている車種で、丈夫で実用的なデザイン、そして低燃費が人気のモデルです。エンジンは直列3気筒800cc。燃費24.7km/Lのガソリン仕様と、33.44km/LのCNG仕様があります。

2014年11月に発表された「ALTO K10」は、それまでの「アルト800」をベースとしながら、新デザインのフロントマスク、テールライト及びダッシュボードが与えられた上級モデル。エンジンはK10B型1.0L 直列3気筒で最高出力68ps、最大トルク90Nmを発揮します。

CNG仕様も設定されており、CNGモードでは最高出力59ps、最大トルク78Nmとなる。トランスミッションは5速MTに加えて、オートギヤシフト (AGS) の5速AMTが用意されます。

ワゴンR

スズキスティングレー

日本ではおなじみの「ワゴンR」ですが、先代モデルの5代目 MH34S型が販売されています。「アルトK10」と同じく、K10B型エンジンということですから、1.0Lエンジンを搭載。日本のユーザーにとっては、ちょっとうらやましいモデルとなっています。スティングレーもあります。

ディザイア

ディザイア

これも日本国内では発売されていない、「スイフト」ベースの全長3,995mmというコンパクトな4ドアセダンバージョン。プラットフォームを4代目スイフトと共通の「HEARTECT(ハーテクト)」に刷新し、優れた走行性能と低燃費を高いレベルで両立させるとともに、今後、インド国内で導入される新法規にも適合させています。エンジンは「スイフト」と同じく、1.2Lガソリンと、1.3Lディーゼルの2種となっています。

ヴィターラブレッツァ

ヴィターラブレッツァ

力強いダイナミックなエクステリアの、スタイリッシュな都市型のコンパクトSUVです。2トーンルーフ仕様車を含む9パターンの車体色や、ユーザーのライフスタイルに合わせたオプションパッケージを用意し、様々なニーズに対応。そして、スマートフォン連携ディスプレイ、クルーズコントロール、バックカメラなどの快適装備も設定しています。

全長3,995mmのコンパクトなボディに、最高出力66kW/4,000rpm、最大トルク200Nm/1,750rpmのパフォーマンスを誇る、1.3Lディーゼルエンジンを搭載しています。

そして、「ヴィターラブレッツァ」はインドのカー・オブ・ザ・イヤーである「Indian Car of the Year(ICOTY)2017」を受賞しています。

エルティガ

エルティガ

1家族あたりの人数が比較的多いインド市場に投入した、3列シートの7人乗りミニバンが「エルティガ」。コンパクトでありながら、3列目に大人がしっかり乗る事が出来る広い室内空間と居住性、取り回しの良さ、および小排気量の1.4Lガソリンエンジンと1.3Lディーゼルエンジンによる低燃費と高い経済性を実現しています。

3列シート車では他に、「エヴリィ」ベースの「オムニ」というヴァンタイプもあり、庶民の足として活躍しています。

この他マルチ・スズキ社では、高級販売チャンネルの「NEXA」を展開しており、欧州メーカーに対抗する富裕層向けに「Sクロス」と「バレーノ」、「イグニス」といった車種を販売しています。

まとめ

1家族あたりの人数が比較的多いインド市場に投入した、3列シートの7人乗りミニバンが「エルティガ」。コンパクトでありながら、3列目に大人がしっかり乗る事が出来る広い室内空間と居住性、取り回しの良さ、および小排気量の1.4Lガソリンエンジンと1.3Lディーゼルエンジンによる低燃費と高い経済性を実現しています。

3列シート車では他に、「エヴリィ」ベースの「オムニ」というヴァンタイプもあり、庶民の足として活躍しています。


この他マルチ・スズキ社では、高級販売チャンネルの「NEXA」を展開しており、欧州メーカーに対抗する富裕層向けに「Sクロス」と「バレーノ」、「イグニス」といった車種を販売しています。

関連する投稿


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


【2020年登場か】スズキのSUV エスクード新型 最新情報

【2020年登場か】スズキのSUV エスクード新型 最新情報

スズキのSUV、エスクード。SUVの先駆けといえる車です。そんなエスクードが2020年にフルモデルチェンジして発売されるとの情報が入ってきました。エスクードは1988年に発売され、現行モデルの4代目は2015年に発売されています。そんなエスクード次期型の最新情報をまとめてお届けします。(※2020年5月更新しました)


【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

【東京モーターショー2019】 出展車・新型車・コンパニオン情報ほか

東京モーターショー2019を写真とともに振り返っていきましょう!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報もまとめています。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。