トップへ戻る

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

ホンダ・ヴェゼルが2018年2月16日にマイナーチェンジされ発売となりました。

エクステリアやインテリアもリファインされ、先進の安全運転支援システムであるホンダセンシングの主要機能ACCや、LKASなどの8機能を全タイプに標準装備し、商品価値がかなりUPしています。

魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していたものの搭載されなかった「ヴェゼル」の3つの機能・ポイントについてご紹介します。

1点目:先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の装備内容が新型N-BOX以下

今回、先進の安全運転支援システム、「ホンダセンシング」の8機能がガソリンモデル、ハイブリッドモデルの全タイプに標準装備されました。

アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」や、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS(車線維持支援システム)」なども装備され高速道路での走行もかなり楽になりますね。

しかしこの「Honda SENSING」、軽自動車の新型「N-BOX」と比べると、2つの装備が省かれているのです。

1つは「オートハイビーム」です。

夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能です。

夜に暗い道をロービームで走行中に単眼カメラで前方の状況を検知してくれて街灯がなくて暗い場合、見やすいように自動でハイビームにしてくれます。

また前走車や対向車を検知すると、自動的にロービームに切り替えくれる便利機能です。
これは輸入車などの高級車にも多く装備されている機能で且つ便利なため、できることなら搭載してほしかったというのが正直なところです。

もう1つが、「後方誤発進抑制機能」です。

これは不意の後退を防ぐための機能で停車時や10km/h以下の低速後退時に、真後ろの近距離にある障害物を検知してドライバーがアクセルを踏み込んだ時に急な発進を抑制してくれる機能です。

この機能に関しては、ヴェゼルを購入するドライバー層的にも、あまりニーズは無さそうではあるものの、新型N-BOXとで比較した場合付いていない機能です。

それ以外では、ホンダセンシングについて、ACCやLKASは新型N-BOXと同等のものですが、ACCは30km/hで作動するモデルです。

そのため前走車が停止したら、自車も自動的に停止してくれる渋滞追従機能はついていません。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)までついているレジェンドと同様とまでは言いませんが、アコードやシビックについているACCは、渋滞追従機能がついているので高速走行も多いヴェゼルには、渋滞追従機能だけでもつけて欲しかったというのが正直なところです。

ちなみにLKAS(車線維持支援システム)の作動条件は65km/h以上ということでホンダ車で違いはありません。

ということで、1つ目は「ホンダセンシング」の機能をもう少しだけ強化して欲しかったなと感じます。

2点目:1.5リッターのVTECターボエンジンが搭載されなかった

2点目は、ターボエンジンがスポーツグレードのRS(アールエス)に搭載されなかったという天です。

今回、ハイブリット車には、新世代ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載し、エンジンも直噴1.5リッターエンジンとなり、パワーと燃費性能が向上しており、ハイブリッド車にも初めて4WDを搭載する等、マイナーチェンジのレベルとしては盛り沢山ですが、ターボエンジン搭載は見送られてしまいました。

ジェイドにも搭載されている1.5リッターのVTECターボエンジンをRSだけにでも用意して欲しかったと思うのが本音です。

年次改良で搭載される可能性もありますが、今回ターボエンジンが搭載されなかったのは今年発表される新型「CR-V」との差別化や、ハイブリットということで燃費も考慮されて見送られたのかなともおもいます。

今後できればガソリンモデルだけでもいいので1.5リッターのVTECターボエンジンモデルも用意されるとさらに魅力的なラインナップになるのではと思います。

3点目:走る楽しさを追求したモデルRS(アールエス)に4WD「リアルタイムAWD」設定がない

電子制御で後輪の機動力を素早くコントロールするホンダ独自「リアルタイムAWD」と呼ばれる4WDモデルですが、今回のマイナーチェンジでヴェゼル用にコーナー旋回時におけるリアのトルク配分を強めに設定し、コーナリング時における爽快感を高めたそうです。

著者の実家も冬に雪の多い地域ですが、豪雪地域では4WDモデルがほぼ必須。悪路走破性や安定感も増す4WDの設定が、走る楽しさを追求したスポーツモデルRSに、選択肢としてそもそも存在しないのはやはり残念。

その他、細かいところで言うと、最近のトヨタ車に装着されていて、N-BOXにも付いているシーケンシャルウィンカー(いわゆる流れるウィンカー)が未搭載だったりという点が挙げられます。

また、筆者の完全なる好みの問題ではありますが、青のボディカラーが、「モルフォブルー・パール」から「ミッドナイトブルービーム・メタリック」に変わってしまったのも少しばかり残念です。

が、これは好みの問題ですね。

最後に

期待していた分、残念に感じてしまった点を3点ほど挙げましたが、今後の年次改良やフルモデルチェンジでの改良を期待したいところです。

残念な点ばかり挙げましたが、マイナーチェンジとしてはかなり改良されたと感じます。

エクステリアでは、フロントのバンパーやグリルのデザイン、インラインタイプのLEDヘッドライトでマイナーチェンジ後の方がデザイン的にも華があり、ホンダセンシングも多くの方には満足できる内容だと思います。

オプションナビも「Apple CarPlay」「Android Auto」対応で、iPhoneやAndroidのスマホとの親和性が向上したのも嬉しい点です。

「ヴェゼル」は国産コンパクトSUVのジャンルでは人気車種で、2014年~2016年の3年連続しSUV新車販売台数1位を獲得していました。昨年は残念ながらトヨタの新型車「C-HR」に1位の座を奪われましたが、今年はまた1位を奪還できるのか。

可能性はあるように思えます。

仮に筆者が一台選ぶとすれば、パドル付きの7速ATのハイブリッドモデルのRS。
ボディカラーは新色「オーロラアメジスト・メタリック」をチョイスし、できれば無限パーツをつけたいですね。

スポーティな走りが魅力のひとつですが、シートの「ウルトラスエード」の質感が高いため、居住性、走行性能という点からRSを選びたいなというところ。

今回のマイナーチェンジで魅力を増したホンダ新型ヴェゼルですが、名前に込められた「角度によって表情を変える宝石のように多面的な魅力と価値を持つクルマ」に、ますます近づけたのでは無いでしょうか。

ホンダ ヴェゼル改良新型、各種純正アクセサリーを発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/15/306108.html

ホンダアクセスは、コンパクトSUV『ヴェゼル』のマイナーチェンジに合わせ、各種純正アクセサリーをラインアップし、2月16日より全国のホンダカーズから発売する。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。