目次へ戻る

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


はじめに

ホンダ・ヴェゼルが2018年2月16日にマイナーチェンジされ発売となりました。

エクステリアやインテリアもリファインされ、先進の安全運転支援システムであるホンダセンシングの主要機能ACCや、LKASなどの8機能を全タイプに標準装備し、商品価値がかなりUPしています。

魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していたものの搭載されなかった「ヴェゼル」の3つの機能・ポイントについてご紹介します。

1点目:先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の装備内容が新型N-BOX以下

今回、先進の安全運転支援システム、「ホンダセンシング」の8機能がガソリンモデル、ハイブリッドモデルの全タイプに標準装備されました。

アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」や、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS(車線維持支援システム)」なども装備され高速道路での走行もかなり楽になりますね。

しかしこの「Honda SENSING」、軽自動車の新型「N-BOX」と比べると、2つの装備が省かれているのです。

1つは「オートハイビーム」です。

夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能です。

夜に暗い道をロービームで走行中に単眼カメラで前方の状況を検知してくれて街灯がなくて暗い場合、見やすいように自動でハイビームにしてくれます。

また前走車や対向車を検知すると、自動的にロービームに切り替えくれる便利機能です。
これは輸入車などの高級車にも多く装備されている機能で且つ便利なため、できることなら搭載してほしかったというのが正直なところです。

もう1つが、「後方誤発進抑制機能」です。

これは不意の後退を防ぐための機能で停車時や10km/h以下の低速後退時に、真後ろの近距離にある障害物を検知してドライバーがアクセルを踏み込んだ時に急な発進を抑制してくれる機能です。

この機能に関しては、ヴェゼルを購入するドライバー層的にも、あまりニーズは無さそうではあるものの、新型N-BOXとで比較した場合付いていない機能です。

それ以外では、ホンダセンシングについて、ACCやLKASは新型N-BOXと同等のものですが、ACCは30km/hで作動するモデルです。

そのため前走車が停止したら、自車も自動的に停止してくれる渋滞追従機能はついていません。

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)までついているレジェンドと同様とまでは言いませんが、アコードやシビックについているACCは、渋滞追従機能がついているので高速走行も多いヴェゼルには、渋滞追従機能だけでもつけて欲しかったというのが正直なところです。

ちなみにLKAS(車線維持支援システム)の作動条件は65km/h以上ということでホンダ車で違いはありません。

ということで、1つ目は「ホンダセンシング」の機能をもう少しだけ強化して欲しかったなと感じます。

2点目:1.5リッターのVTECターボエンジンが搭載されなかった

2点目は、ターボエンジンがスポーツグレードのRS(アールエス)に搭載されなかったという天です。

今回、ハイブリット車には、新世代ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載し、エンジンも直噴1.5リッターエンジンとなり、パワーと燃費性能が向上しており、ハイブリッド車にも初めて4WDを搭載する等、マイナーチェンジのレベルとしては盛り沢山ですが、ターボエンジン搭載は見送られてしまいました。

ジェイドにも搭載されている1.5リッターのVTECターボエンジンをRSだけにでも用意して欲しかったと思うのが本音です。

年次改良で搭載される可能性もありますが、今回ターボエンジンが搭載されなかったのは今年発表される新型「CR-V」との差別化や、ハイブリットということで燃費も考慮されて見送られたのかなともおもいます。

今後できればガソリンモデルだけでもいいので1.5リッターのVTECターボエンジンモデルも用意されるとさらに魅力的なラインナップになるのではと思います。

3点目:走る楽しさを追求したモデルRS(アールエス)に4WD「リアルタイムAWD」設定がない

電子制御で後輪の機動力を素早くコントロールするホンダ独自「リアルタイムAWD」と呼ばれる4WDモデルですが、今回のマイナーチェンジでヴェゼル用にコーナー旋回時におけるリアのトルク配分を強めに設定し、コーナリング時における爽快感を高めたそうです。

著者の実家も冬に雪の多い地域ですが、豪雪地域では4WDモデルがほぼ必須。悪路走破性や安定感も増す4WDの設定が、走る楽しさを追求したスポーツモデルRSに、選択肢としてそもそも存在しないのはやはり残念。

その他、細かいところで言うと、最近のトヨタ車に装着されていて、N-BOXにも付いているシーケンシャルウィンカー(いわゆる流れるウィンカー)が未搭載だったりという点が挙げられます。

また、筆者の完全なる好みの問題ではありますが、青のボディカラーが、「モルフォブルー・パール」から「ミッドナイトブルービーム・メタリック」に変わってしまったのも少しばかり残念です。

が、これは好みの問題ですね。

最後に

期待していた分、残念に感じてしまった点を3点ほど挙げましたが、今後の年次改良やフルモデルチェンジでの改良を期待したいところです。

残念な点ばかり挙げましたが、マイナーチェンジとしてはかなり改良されたと感じます。

エクステリアでは、フロントのバンパーやグリルのデザイン、インラインタイプのLEDヘッドライトでマイナーチェンジ後の方がデザイン的にも華があり、ホンダセンシングも多くの方には満足できる内容だと思います。

オプションナビも「Apple CarPlay」「Android Auto」対応で、iPhoneやAndroidのスマホとの親和性が向上したのも嬉しい点です。

「ヴェゼル」は国産コンパクトSUVのジャンルでは人気車種で、2014年~2016年の3年連続しSUV新車販売台数1位を獲得していました。昨年は残念ながらトヨタの新型車「C-HR」に1位の座を奪われましたが、今年はまた1位を奪還できるのか。

可能性はあるように思えます。

仮に筆者が一台選ぶとすれば、パドル付きの7速ATのハイブリッドモデルのRS。
ボディカラーは新色「オーロラアメジスト・メタリック」をチョイスし、できれば無限パーツをつけたいですね。

スポーティな走りが魅力のひとつですが、シートの「ウルトラスエード」の質感が高いため、居住性、走行性能という点からRSを選びたいなというところ。

今回のマイナーチェンジで魅力を増したホンダ新型ヴェゼルですが、名前に込められた「角度によって表情を変える宝石のように多面的な魅力と価値を持つクルマ」に、ますます近づけたのでは無いでしょうか。

ホンダ ヴェゼル改良新型、各種純正アクセサリーを発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/15/306108.html

ホンダアクセスは、コンパクトSUV『ヴェゼル』のマイナーチェンジに合わせ、各種純正アクセサリーをラインアップし、2月16日より全国のホンダカーズから発売する。

関連する投稿


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

ステーションワゴンの人気・おすすめ車種10選!価格・広さ等一覧で比較

アウトドアや車中泊にも適している「ステーションワゴン」。こちらの記事では、現在生産・販売されている国産車、外車のステーションワゴンの人気・おすすめ車種を10台選び紹介しています。それぞれの車種の特徴から燃費、新車・中古車の価格と国産車の売上人気ランキングも合わせて掲載しています。


【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

【2019年日本市場投入か】ホンダのSUV WR-Vってどんな車?

みなさんはホンダから発売されている、WR-Vという車をご存知でしょうか。何、知らない?それもそのはずです。実は、WR-Vは、日本では発売されていない車なんです。しかし、2019年には日本市場に投入されるという噂。そこで今からWR-Vについて知っておきましょう!本記事ではWR-Vをピックアップしています!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月15日更新】


【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

7月13日に発売された、ホンダの軽バン、N-VAN。このN-VANが売れに売れていることをご存知ですか?本記事ではN-VANを改めてピックアップ!そして試乗記もまとめています。N-VANが気になっている方はぜひ本記事を読んでみてくださいね。


最新の投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているポルシェの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。ポルシェが好きな方、必見です!


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表しています。本記事ではカルロス・ゴーン会長に関する記事ほじか、日産の記事をまとめています。


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

なぜか、ルーフが開閉するだけで心躍る。そんなオープンカー。別にオープンカーじゃなくてもいいけれど、オープンカーにはオープンカーの魅力がありますよね。今こそいろんな人に日本のオープンカーを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産オープンカーをご紹介!