目次へ戻る

ファン必見!【ノスタルジック2デイズ2018】出展された主な旧車 まとめ

ファン必見!【ノスタルジック2デイズ2018】出展された主な旧車 まとめ

クラシックカーが一同に集まる、ノスタルジック2デイズとは、日本最大級とも呼べるクラシックカーモーターショーです。2月17日~18日の2日間パシフィコ横浜にて開催されました。行かれた方も、残念ながら行けなかった方も、本記事で懐かしの名車を振り返ってみませんか。


ノスタルジック2デイズ2018開催!

日本の素晴らしい旧車・クラシックカーが一同に集まる「ノスタルジック2デイズ2018」が、2月18日~19日、パシフィコ横浜にて今年も開催されました。本イベントの開催は今回で10回目になります。

ノスタルジック2デイズとは、日本最大級とも呼べるクラシックカーモーターショーです。

行かれた方も、残念ながら行けなかった方も、本記事でクラシックカーを振り返ってみませんか。

ノスタルジック2デイズ2018に出展された主要な名車・クラシックカーまとめ

スカイライン HT GT-R(1970年)

スカイライン HT GT-R(1970年)/オートショップ タキーズ

スカイライン HT GT-R(1970年)/オートショップ タキーズ

スカイライン HT GT-R(1970年)/オートショップ タキーズ

4ドアセダンに続いて登場したハードトップの最初期型で、車台番号は000042番。完全ノーマルのフルレストア車両だ。走行距離は4万2223km。価格は3456万円

スカイラインGT-R(1973年)

スカイラインGT-R(1973年)/ロッキーオート

スカイラインGT-R(1973年)/ロッキーオート

スカイラインGT-R(1973年)/ロッキーオート

生産台数197台の「ケンメリGT-R」の中でも、日産の資料に生産数7台と記されている希少な純正赤ボディーカラー。走行距離は1万5100kmと少なく、エンジン、シート、ステアリングなどすべてが当時のままというフルノーマル車両。価格は9800万円

トヨタ2000GT(1967年)

トヨタ2000GT(1967年)/ビンテージカーヨシノ

トヨタ2000GT(1967年)/ビンテージカーヨシノ

トヨタ2000GT(1967年)/ビンテージカーヨシノ

わずか335台しか生産されなかったスポーツカー。外装は総はく離してサビを完全に除去。純正ミラーや七宝焼きのエンブレムを交換。内装はウッドパネルとステアリングを新品に交換するなど、新車並みに仕上げている。価格は1億3000万円

いすゞ117クーペ(1972年)

いすゞ117クーペ(1972年)/ISUZU SPORTS

いすゞ117クーペ(1972年)/ISUZU SPORTS

いすゞ117クーペ(1972年)/ISUZU SPORTS

ジョルジェット・ジウジアーロによるデザインを生かすため、手作業で組み立てられた初期型。エンジンルームを含みオールペイント。ヒーター修理、カーペット新調。メーターパネル、ステアリングをリビルトしている。価格は499万円

ルーチェ・ロータリークーペ

クラシックカー系のイベントでのプロモーションにも熱心なマツダは、今回のノスタルジック2デイズでも『ロードスター』のレストアサービスの紹介や、さらに「ONE MAZDAレストアプロジェクト」の最新の報告などで、ブースは賑わっていました。

ルーチェ・ロータリークーペ

ルーチェ・ロータリークーペ

コスモやファミリアの10A型よりもローター外径とローターハウジング内径を大きくした専用設計の13A型。

マツダ創立100周年に向けて5台のクルマをレストアしていくONE MAZDAレストアプリジェクトはすでに3台目に突入。レザートップのルーチェ・ロータリークーペの最新状況が実車の展示とともに紹介された。逆アリゲーターで開閉するボンネットの下に、ロータリーエンジンの中でも珍しい「13A型」を搭載する。ジョルジェット・ジウジアーロが在籍したベルトーネが手掛けたスタイリッシュなフォルムも魅力だ。

スバル360

スバル360

日産ブルーバード1600SSS

日産ブルーバード1600SSS

日産ブルーバード1600SSS

日産ブルーバード1600SSS

1970年に開催された第18回東アフリカ・サファリラリー優勝車。総合、クラス、チームの各部門を制し、日本車初の3冠完全制覇を達成した。ゼッケンナンバー4はハーマン/シュラー組で、フロントフェンダーのヘコミなどがそのなまま。往時の奮闘ぶりがうかがえる。この模様を描いた石原プロモーションによる映画『栄光への5000キロ』も制作された。

童夢零

童夢零

童夢零

童夢零

1978年にスイスで開催された第48回ジュネーブモーターショーで初公開され、大反響に。世界中から多くの購入注文が入ったが、運輸省(現国土交通省)との軋轢(あつれき)によって市販化が見送られた悲劇のスーパーカー。エンジンは日産「L28」型6気筒SOHCエンジンをミッドに横置き搭載。ボディパネルは軽量なFRP製で、リトラクタブル・ヘッドライトやガルウィングドアを取り入れている。ショーモデルの1台のみが製作。

スバルff-1 1300Gバン4WD

スバルff-1 1300Gバン4WD

4輪駆動車メーカーとして世界中で認知されているスバル。スバルブースではその歴史を振り返ることができるが、注目すべきは『ff‐1 1300Gバン4WD』ではないだろうか。

スバルff-1 1300Gバン4WD

スバルff-1 1300Gバン4WD

『1000』4ドアセダンではFFレイアウトを採用。その後継モデル「ff-1」では、後にスバルの主要商品企画となる、重要な試作モデルが生まれる。

それがff-1 1300Gバン4WDだ。1970年に東北電力から宮城スバルを経由して当時の富士重工業に「ジープより快適な、通年使用可能な現場巡回車両」の開発要請が持ち込まれた。

当時の日本において四輪駆動車に対するイメージで支配的だったのは「ジープタイプ」のオフロードモデルだった。重たく燃費もよくなく、幌型車体では冬季の暖房もままならなかった。しかし、東北電力の現場巡回に必要な性能に対しては、走行性能が過剰な割に、ほかの面で著しく要求水準を満たしていないというのが、当時の4輪駆動車だったのである。

トヨタスポーツ800

トヨタスポーツ800

関連する投稿


レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

4月に行われた上海モーターショー2019にて、レクサスブランド初のミニバン、LMが初公開されましたね。レクサスのLMはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアを超える!?と多くの人から高い期待が寄せられているミニバンと言えます。日本発売はあるのか?いつ発売されるのか?気になる最新情報を見ていきましょう。


【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

ホンダのスーパースポーツ、『NSX』に「タイプR」が設定される可能性が示唆されていましたが、10月に行われる東京モーターショー2019でワールドプレミアされる可能性が高いことが新たにわかっています。最新情報をまとめています。


【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!開催情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】2019年10月24日開幕!開催情報など最新情報まとめ

2019年に開催される、東京モーターショー2019ですが、開催日程が決定しました。2019年10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・東京モーターショー2017の振り返りなど。随時更新予定です。【6月24日更新】


【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界中で開催されている海外のモーターショー。本記事では2019年に開催決定&開催が予定されているモーターショー情報をまとめています。東京モーターショー、フランクフルトモーターショー、ジュネーブモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


【東京モーターショー2019】ポルシェ、TMS2019出展に代わって独自イベント開催へ

【東京モーターショー2019】ポルシェ、TMS2019出展に代わって独自イベント開催へ

ポルシェジャパンは、東京モーターショー2019への出展に代えて、ミレニアル層を中心とした次世代に向けた独立型ブランドエキシビション「scopes Tokyo(仮)」を開催します。2019年11月から東京において、約一か月間開催する予定です。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。