目次へ戻る

【最新情報】トヨタ新型TNGAパワートレイン発表!走行&環境性能の向上!

【最新情報】トヨタ新型TNGAパワートレイン発表!走行&環境性能の向上!

トヨタ自動車は、グローバル販売の主力である、2.0リットルクラスの新しいTNGAパワートレインを開発しました。性能が気になるトヨタの新型TNGA。いったい何がどう向上したの?その気になる性能について最新情報をお届けいたします。


トヨタ、新型TNGA発表!

トヨタ自動車は、グローバル販売の主力となる、2.0リットルクラスの新しいTNGAパワートレインを開発しました。

この新型TNGA、無段変速機(CVT)には、世界初となる発進用ギヤを採用しました。

これにより、走行性能と環境性能を大幅に向上させています。

また、新型CVT「ダイレクトシフト-CVT」では、ロー側使用時の伝達効率向上のため、乗用車用CVTでは世界初となる発進用ギヤを採用。

発進時はギヤ駆動とすることで、力強い加速の実現とともにもたつき感を改善。

ギヤとベルトの切り替えには、AT技術で培った高応答の変速制御技術を使用し、スムースで気持ちの良い発進性能を実現したとのことです。

新型TNGA、現行比+6%の優れた燃費性能を可能に

発進用ギヤの採用に合わせて、ベルトをハイ側に設定。

これに伴い、より効率よくベルトを使用するとともにワイドレンジ化し、2.0リットルクラストップの変速比幅7.5を実現しました。

また、発進用ギヤ採用で入力負荷を軽減したことで、ベルトを狭角化するとともにプーリーを小径化し、変速速度を20%向上。

これらにより、ダイレクトでスムースな走りと現行比+6%の優れた燃費性能を実現しています。

新型6速MTは、質量を7kg低減するとともに全長を24mm短縮。世界トップレベルのコンパクトなサイズにすることで燃費性能向上に貢献。

また、伝達効率も世界トップを実現し、シフトチェンジ時に自動でエンジン回転を合わせるiMT制御を採用することで、スムースな変速操作をサポートします。

新型直列4気筒2.0リットル直噴エンジンの性能は?

直列4気筒2.0リットル直噴エンジン「ダイナミック フォース エンジン(2.0L)」

新型直列4気筒2.0リットル直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン(2.0リットル)」は、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくし、熱効率を向上させるとともに高出力を実現可能にしました。

ガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成。

また、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、各国の排気規制にも先行して対応しています。

2.0リットル・トヨタハイブリッドシステム(THS II)は、4代目『プリウス』に採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、高い燃費性能はキープしたまま、より走行性能を向上。加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感を実現しています。

エンジン車に採用する新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」では、走行状況に応じてリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を採用。

ドライバーの思い通りの旋回性能と、高い悪路走破性を実現。

4代目 プリウス

トヨタはTNGAによって開発したパワートレーンを2021年までに、エンジンは9機種・17バリエーション、トランスミッションは4機種・10バリエーション、ハイブリッドシステムは6機種・10バリエーションを投入するとすでに発表しているが、今回のCVT・6速MT・2.0リットルエンジン・同ハイブリッドシステムはその中の4機種となる。これらTNGAによって開発したパワートレインの搭載車は、当面、5年後の2023年には、トヨタ単独の年間販売台数(日本・米国・欧州・中国)の約80%を目指す。トヨタではこれによるCO2排出量の削減効果は、TNGAによるパワートレインの燃費向上寄与分だけでも、18%以上を見込んでいる。

世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」装備

また、前後輪の車輪軸に世界初の「ラチェット式ドグクラッチ」を装備しました。

2WD走行時には、後輪に動力を伝達させる駆動系の回転を停止させて損失を大幅に低減し、燃費向上をはかる「ディスコネクト機構」を採用しています。

E-Fourも改良

ハイブリッド車に採用する新型4WDシステム「E-Four」。

これには、電気で駆動する後輪の全体トルクを従来型の1.3倍に増加させた上で、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採用。

これにより、優れた操縦安定性と高い走破性を実現しています。

また双方に、エンジン、トランスミッション、ブレーキ、4WDを統合して制御する「AWDインテグレーテッド マネージメント(AIM)」を採用。

路面を問わない高い操縦安定性を目指しました。

最後に

今回発表した新パワートレインは、今春以降、搭載車種をグローバルで拡大していく計画とのこと。

従来型エンジン車の環境性能や走行性能向上に寄与するほかに、基礎技術の一部は、今後トヨタが普及を目指す電動車でも、確実に性能向上に反映されていくとのことでした。

今後、トヨタ車の更なる性能の飛躍が楽しみですね。

新しいパワートレイン搭載車に乗るのが楽しみでなりません。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅

山口県東部の道の駅

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。