目次へ戻る

自動運転での死亡事故。日本で起きた場合、事故の責任は誰が負う?

自動運転での死亡事故。日本で起きた場合、事故の責任は誰が負う?

今年に入り既に2件の自動運転に関わる死亡事故が起こる中、日本では自動運転の責任は誰が負うのでしょうか?本記事では自動運転に関わる死亡事故のご紹介と、法律の整備に向けて検討段階である自動運転の責任の所在についてご紹介します。


自動運転で起きた死亡事故

海外では2018年に入ってUber社の自動運転車による初めての対人死亡事故が発生しました。

今後、自動運転が普及するにつれて気になるのが自動運転車での事故の責任の所在はどこにあるのかという点です。
本記事では、自動運転で起きた死亡事故の事例と、政府が進める自動運転の事故に対する検討事項をご紹介します。

【レベル2:部分運転支援】2017年5月 テスラ「モデルS」トレーラーに衝突しドライバー死亡

まず初めに、2016年5月7日 アメリカ・フロリダ州でテスラ「モデルS」が部分的運転支援レベル2にあたる「オートパイロット」を使用中、トレーラーに衝突しドライバーが死亡する事故が起きました。

この際ドライバーは前を見ていなかったということが明らかになり、事故の責任はドライバーにあると結論付けられる結果となりました。

【自動運転の実験中】2018年3月 Uberの自動運転車が歩行者をはねる

2018年3月19日(現地時間)アメリカ・アリゾナ州テンピで、走行実験をしていたUberの自動運転車が自転車を押して歩いていた歩行者をはねて死亡させてしまう事故が発生。

事故当時の映像から、自動運転車に乗っていたドライバーがハンドルから手を離し前を見ていなかったということが分かっています。

しかし、システムが死亡した被害者を認識すべき状況だったにも関わらず速度を落とさなかったため、Uber社が遺族に和解金を支払うことで和解となりました。

米ウーバー自動運転車初の死亡事故の波紋、トヨタも米公道試験を中断[新聞ウォッチ] | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/03/22/307495.html

米ライドシェアサービス大手のウーバー・テクノロジーズの自動運転車が、米アリゾナ州フェニックス近郊で試験運転中に起こした死亡事故の波紋が広がっている。

【レベル2:部分運転支援】2018年3月 テスラ「モデルX」中央分離帯に衝突しドライバー死亡

2018年3月23日(現地時間) カリフォルニア州マウンテンビューで、テスラ「モデルX」の部分的運転支援レベル2「オートパイロット」を使用中、中央分離帯に衝突し、ドライバーが死亡した事故です。事故原因については現在も調査中となっています。

自動運転で事故を起こしたら責任は誰にある?

自動運転による走行中に事故を起こしてしまった場合、責任は誰にあるのでしょうか?

現在の日本では、まだ自動運転で事故を起こした場合の責任については法律の整備が整っていない状況です。

下記では、現在検討中である法整備の元になる自動運転制度整備大綱についてご紹介します。

※情報は2018年4月現在の情報です。

自動運転制度整備大綱に記載された内容とは?

日本では2018年3月30日に政策会議の1つである日本未来投資会議にて自動運転の実現に向けた「制度整備大綱」がまとめられました。

制度整備大綱は、「自動運転に係る制度整備大綱」「自動運転制度整備大綱」とも呼ばれ、今後の自動運転に関わる法整備はこの制度整備大綱を元にまとめられていく見込みです。

制度整備大綱は前提として、2020年〜2025年にかけてレベル3自動運転と従来の車が同じ道路を走る過渡期を前提としてまとめられています。

下記にて制度整備大綱の内容をご紹介します。

1.【民事責任】自動運転の事故は自賠責保険の対象

自動運転による走行中に事故が起きた場合は民事上の責任は、現行の自賠法と同じく自動車の所有者(運行供用者)にあり、故意・過失に関わらず損害賠償の責任を負います。

制度大綱には、自動運転車によって事故が起きた場合は、従来の自動車と同じく自動車賠償責任保険(自賠責保険)によって事故の被害者を救済が行うことができるようにと記されています。

2. 車両がハッキングされた場合は政府が補償

また、車両がハッキングされた状態で事故に遭い、ドライバーに賠償責任がないと判断された場合は政府補償事業が、補償を行うことが記されました。

従来の車の盗難車に対する政府補償と同様に、ドライバーが車に鍵をかけていなかった等のセキュリティが問題である場合はドライバーの責任となる見込みです。

3. システムに明確な欠陥がある場合はメーカーの責任

制度大綱システムに明確な欠陥があると考えられる場合は、メーカーの責任になると記されています。

今後検討されていく課題

政府は今後下記のような課題を検討していく予定です。

【刑事責任】自動運転の事故に関しては検討中

自動運転の車で死亡事故などが起きた場合の刑事責任も検討予定です。

2020年まで 事故分析用のデータ記録装置の設置義務の要否を検討

制度大綱は2020年までに、自動運転車に事故分析用のデータ記録装置を設置する義務をもたせるか否かを検討することを盛り込んでいます。

飛行機でも採用されている「ブラックボックス」は詳細な走行記録などを残すことで事故の原因が人的またはシステムによるものかを判断する手がかりになります。

2018年夏までに安全性のガイドラインを作成

また、政府は夏までに自動運転の安全性に関わるガイドラインをまとめる予定です。ガイドラインには、車のハッキングに対する耐性などが含まれる予定です。

まとめ

自動運転に関する責任の所在をどうするかは、法整備までにまだまだ時間がかかりそうです。

今後、具体的な法律が公布された場合は随時更新しご紹介していきます。

関連するキーワード


自動運転

関連する投稿


アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディA8が最も革新的な自動車に認定。ブランドもダブルで受賞

アウディは6月12日、「自動車イノベーションアワード2018」において、アウディ新型「A8」とアウディブランドが最優秀賞に認定されたことを発表しました。本記事では、その受賞内容についてご紹介します。


【いつになる?】レベル5完全自動運転を掲げたコンセプトカー5選

【いつになる?】レベル5完全自動運転を掲げたコンセプトカー5選

近い未来に実現が予想される、レベル5の完全自動運転。BMW 「iNEXT」やAudi 「AICON」など各メーカーが発表したコンセプトカーをまとめました。 未来を感じるレベル5の完全自動運転コンセプトカーの詳細を是非ごらんください。


BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

BMWが完全自動運転 レベル5のプロトタイプを公開【MWC2018】

スペインで開催されている世界最大のモバイル関連見本市、MWC2018でBMWがi3をベースとしたレベル5の完全自動運転車のプロトタイプを公開しました。本記事では今回のプロトタイプの画像と動画をご紹介し、他メーカーのレベル5完全自動運転を搭載する予定のコンセプトカーをご紹介します。


自動運転の定義って?レベル0~5まで分かりやすく解説!

自動運転の定義って?レベル0~5まで分かりやすく解説!

最近よく耳にする「自動運転」。しかし単に自動運転と言っても、「自動運転 レベル3」など自動化されている機能によって段階ごとに定義(レベル)付けされています。こちらの記事では、自動運転のレベル0~5までを詳しく説明しています。


【レベル4自動運転】ソウルから平昌までデモカーが190kmを完走

【レベル4自動運転】ソウルから平昌までデモカーが190kmを完走

韓国のヒュンダイ自動車は5台のデモカーが、レベル4の自動運転を用いてソウルから平昌(ピョンチャン)まで190kmの距離を完走したと発表しました。ますます注目される自動運転技術ですが、今回のヒュンダイの自動運転はどのように成し遂げられたのか、ベースとなる水素燃料電池車SUV「NEXO」についてもご紹介します。


最新の投稿


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。


レクサスの最小コンパクトSUV UX 最新情報 価格 安全性能 ボディサイズほか

レクサスの最小コンパクトSUV UX 最新情報 価格 安全性能 ボディサイズほか

発売が期待されているレクサスの最小コンパクトSUV、UX。先日、パリモーターショー2018にも出展されることが発表されました。国内・国外を問わず熱い視線を集めるUX。本記事ではそんなレクサスUXの最新情報をまとめています。