目次へ戻る

【自動運転】自動運転レベルとは?レベル0~5まで分かりやすく解説!

【自動運転】自動運転レベルとは?レベル0~5まで分かりやすく解説!

最近よく耳にする「自動運転」。しかし単に自動運転と言っても、「自動運転 レベル3」など自動化されている機能によって段階ごとに定義(レベル)付けされています。こちらの記事では、自動運転のレベル0~5までを詳しく説明しています。(※2020年更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


自動運転の定義とは?

「自動運転車」。

車に関心が薄い人などは言葉だけを聞くと、「運転手(人)が何もしなくても車が走ってくれる?」と、某映画のような車をイメージしてしまうのではないでしょうか。

「自動運転」とひとえに言っても、レベル0~5と区分けされておりそのイメージに該当するレベルは3以降となっています。

こちらの記事にて、自動運転レベルの0~5までの違いや特徴などを説明していきます。

日本の自動運転の定義は、アメリカの非営利団体の定義を採用している

まずはじめに、日本の内閣府は独自の自動運転の定義ではなく、アメリカのSAE Internationalという非営利団体が策定した自動運転の定義を採用していることを理解しておきましょう。

SAEとは?


SAE InternationalはSociety of Automotive Engineersの略称で、1905年に設立した団体が母体とsしたあらゆる乗り物の標準化機構です。
全世界から9万人を超えるメンバーが加盟しており、Automotive(オートモーティブ)という言葉を生み出したのもSAEです。

「自動運転」はレベル3から!

「自動運転」の定義は、先ほどご紹介したSAEの発行するJ3016という文書に書かれています。

SAEのJ3016では、誰がどの操作を行うかによって、レベルを0〜5の6段階に分けています。

「自動運転」は6段階のうち、レベル3〜5にあたります。ちなみに、2019年現在国内では「レベル2」までが市販車に採用され、実用化が進んでいます。

ちなみに、6段階のうちレベル1とレベル2は「運転支援」と呼ばれ、消費者に誤解を与えないように明確に区別がされています。

それでは、6段階のレベルがどんな状態を指し示すのか確認してみましょう。

自動運転のレベル0〜5までの概要と特徴

それでは、SAEの発行した文書、J3016にあるレベル別に内容を確認してみましょう。

レベル0 ドライバーがすべてを操作

システムが介入することなく、ドライバーがすべての運転タスクの実施をする場合を指します。
いわゆる普通のクルマはレベル0にあたります。

【運転支援】レベル1 システムがステアリング操作、加減速のどちらかをサポート

システムが
・車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、
・先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
など、ステアリング補正やスピード調整のどちらかをサポートし、ドライバーがもう一方をコントロールする技術を備えたクルマを指します。

レベル1は「運転支援技術」と呼ばれ、「自動運転」とは呼びません。

【運転支援】レベル2 システムがステアリング操作、加減速のどちらもサポート

TESLA モデルS

システムが
・車線の逸脱を検知するとステアリングを補正、
・先行車との距離を一定に保つために自動でスピード調整をするACC
など、ステアリング補正やスピード調整のどちらもサポートする技術を備えたクルマを指します。

レベル1と同様にレベル2も「運転支援技術」と呼ばれ、正確には「自動運転」とは呼びません。しかし、現在レベル2も便宜上「自動運転レベル2」と呼ばれていることがあります。


テスラ社のモデルSをはじめ、多くのメーカーの新車に搭載されています。

【自動運転】レベル3 特定の場所でシステムが全てを操作、緊急時はドライバーが操作

Audi A8

いよいよレベル3からが自動運転と呼ばれるレベルです。

システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。ドライバーが緊急時やシステムが作動困難になった場合は対応を行います。

ドイツで発表されたアウディA8は世界で唯一のレベル3の自動運転を搭載していますが、日本ではまだレベル3の自動運転が許可されていないために、レベル3の自動運転を搭載したA8の販売時期は未定です。

BMWでは2021年にはレベル3の自動運転車両を市場投入するとしている。ここで目指しているレベル3は、高速道路上であれば、運転タスクのすべてを車両が行う。ただし、設定された条件から外れたら(一般道に入ったなど)、あるいはシステムが自動運転ができない状況と判断したら、人間が運転を変わる必要がある。

ちなみに、車線維持、渋滞追従、自動追い越しなど、単体のタスクを自動化したものは、レベル2だ。用語としては運転支援の域をでない。レベル3は、分類上自動運転に含まれるが、いざというときは人間が運転する前提なので、ドライバーはハンドオフ運転はできるものの、運転への意識は求められる。

【自動運転】レベル4 特定の場所でシステムが全てを操作

Audi コンセプトカー エレーヌ

システムが高速道路など特定の場所に限り交通状況を認知して、運転に関わる全ての操作を行います。システムが緊急時の対応も行います。

どのメーカーも市販段階には至っておらず、コンセプトカーやテスト走行の段階にとどまります。(2019年時点)

【完全自動運転】レベル5 場所の限定なくシステムが全てを操作

Audi コンセプトカー AICON(アイコン)

システムが場所の制限なく交通状況を認知して、運転に関わるあらゆる操作を行います。システムが緊急時の対応も行います。

レベル5に達するとドライバーが運転を行う必要が完全になくなるため、メーカーはアクセルやハンドルを排除したクルマのデザインを行うことができるようになります。

こちらも同じくどのメーカーも市販段階にはいたっておらず、コンセプトカーの発表にとどまっています。

自動運転をめぐる法規制

日本の内閣府では、2017年の「官民 ITS 構想・ロードマップ 2017」の中で2020年までにレベル3の自動運転を市場化すると記載しています。

「自動運転システム」については、2020 年までの高速道路での準自動パイロ
ットの市場化及び無人自動運転移動サービスの実現を図ることにより、2020 年
までに世界最先端の ITS を構築する。

しかしながら、日本が加盟しているジュネーブ条約ではまだまだ行動での自動運転が認められておらずその法改正も含めて対応が求められています。

一方ドイツでは、レベル3の自動運転を搭載するAudi A8の発売に合わせてたウィーン条約が改正されました。

日本も自動運転の普及のために早急な法改正がのぞまれています。

【自動運転最新情報】

ホンダは高速の渋滞時に限定した「レベル3」の自動運転車を市販!?

ホンダレジェンド

ホンダレジェンド

2020年には、実用化段階に入った自動運転技術も着々と登場する模様です。

ホンダは正式には発表していないものの、20年の夏ごろにはレベル3の自動運転技術を、同社の最高級セダンである『レジェンド』に搭載すると見られています。

レベル3の市販車は、これが日本メーカーでは最初になる見込み。

海外では独アウディが17年に実用化しており、今後、道交法など関連法の施行を受け、海外メーカーによる日本へのレベル3車両の投入も始まることでしょう。

まとめ

「自動運転」とはSAEが定義した6段階のレベルの中で、レベル3〜5を示すことをご理解頂けたでしょうか?

自動運転レベル5に該当する完全自動運転車のテストは、現在世界各国で行われています。

法規制の改正も含めて、日本に自動運転が普及する日も待ち遠しいですね。

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


自動運転 豆知識

関連する投稿


車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

自動車をお持ちの方なら必ずお世話になったことのある整備士という職業の方、整備士さんのお仕事とはどのようなものなのでしょうか?整備士になるためには何が必要なのか、を今回はご紹介します。


高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

車の前後によく見るステッカーなどに、若葉マークや高齢者マークというものがあります、この高齢者マークとはいったい何のためにあるのでしょうか?今回はこの高齢者マークについて説明いたします。


ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

車のシフトレバーは、 一般的にインパネシフトにあるものは多いですが、マニュアルとなればフロアになります。しかし車の中には、ドグミッションを採用している車もあります。ではドグミッションとはどのようなミッションでしょうか?またその他のミッションとの違いは何なのかご紹介します。


モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

皆さんはモノコックという言葉を聞いたことがありますか?航空機に始まりを持つ構造で、現在ではクルマや鉄道などにも採用されている技術です。今回はクルマにおけるモノコックボディ構造を、ラダーフレームと呼ばれる構造と比較しながらご紹介します。


まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

まずは落ち着く!事故を起こしてしまった時の対処法

クルマやバイクに乗っていればいつ遭遇してもおかしくないのが交通事故です。今回は、交通事故における運転手の義務や事故発生時の対処方法、昨今の交通事故事情などをご紹介します。これを読んで万が一の時慌てないようにしましょう。


最新の投稿


ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

ミラー型ドライブレコーダーの取り付け方やおすすめをご紹介!

最近よく聞く「ドライブレコーダー」という言葉。「取り付けたいとは思っているけど、種類が豊富で何を選んだらよいのかわからない」という方も多いかと思います。今回は、そんな方向けに数あるドライブレコーダーの中でも、最もお手軽に取り付けられるミラー型ドライブレコーダーのおすすめをご紹介します。


家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

家でキャンプ?車中泊キャンプにおすすめのグッズをご紹介!

キャンプをしたいけど外出できない。それならいっその事、家で車を使ってキャンプというのはどうでしょう?今回は、車中泊におすすめのグッズや便利なキャンプグッズをいくつかご紹介したいと思います。


メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデスベンツGLAがフルモデルチェンジで新型に!GLBとの違いは?

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジを受けた都市型クロスオーバーSUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。そこで、2代目となった新型「GLA」とはどんな車種なのか?また、同時にデビューした7人乗りの新型SUV「GLB」との違いを比較しながら解説していきます。


カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

カーコンカーリース(もろコミ)で車に乗ろう!

皆さんカーリースという物をご存知でしょうか?車を所有する方法の一つにカーリースがあります。その中でも今回はカーコンカーリース(もろコミ)についてご紹介したいと思います。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。