目次へ戻る

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


はじめに

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は、近年高級車だけでなく軽自動車のスズキ新型スペーシアにもオプションで用意されるなど注目されている機能です。

愛車にHUDがついてない方に朗報です。

海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より「Kibidango」で開始されました。

商品情報など含め詳しく紹介いたします。

HUDWAY CASTとは?

「HUDWAY CAST(ハドウェイキャスト)」は、スマートフォンの画面を透明の専用スクリーンに投影できるヘッドアップディスプレイです
ダッシュボードに簡単に固定することができ、進行方向から視線をずらすことなくナビの確認が可能です。

HUDWAYは2013年から作り続けてられており、海外の大手クラウドファンディングサービスのKickstarterでは58万ドル(日本円で6,300万円以上)を集めた大ヒット商品です。

その「HUDWAY CAST」ですが、日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より日本のクラウドファンディングサービスの「Kibidango」で開始されました。

スマホの地図アプリをフロントガラスに表示すれば視線は進行方向のまま、安全に運転できます。

更に日本語に対応した専用のiPhone(iOS)、Androidアプリでは、ナビを投影したまま音楽の選曲や通話のオンオフ、メッセージのテンプレート返信などの簡単な操作も可能です。

それでは、HUDWAY CASTについて詳しく見ていきましょう。

特徴1:AirPlayおよびMiracast対応で、スマートフォンの画面をそのまま投影可能。


HUDWAY CASTのディスプレイは、ドライバーの目の前およそ2.8メートルに、イメージを50cm程に拡大して映し出してくれるそうです。
道を見ている時と投影されたイメージを見る時の目の焦点の切り替えがとても楽に感じられるように設計されています。

現行すべてのスマホが対応しているAirplayとMiracastが使えるスマートフォンでワイヤレスで繋ぐ事ができます。

iOSでもAndroidでも、スワイプしてタップするだけで、ディスプレイにイメージを投影してくれます。

iPhoneならAirplayで、Google Mapのようなナビゲーションアプリを「ナイトモード」で投影すると、クールなカーナビとして利用が可能です。

特徴2:スクリーンの明るさはスマートフォンの20倍。自動で調整もしてくれる。

ヘッドアップディスプレイは見辛いと利用する意味も薄れますが、HUDWAY CASTのディスプレイはスマートフォンのスクリーンの20倍も明るく、晴れた日もフルカラーの美しい映像を投影してくれます。

ディスプレイの明度は、スマートフォンのスクリーンの明るさに応じてではなく、周囲の明るさや状況によって自動で調整してくれるのも素敵ですね。

特徴3:ダッシュボード固定用の車載マウントは取り外し可能。

取り付けは、ダッシュボードに貼り付けて、シガーソケットにコードを繋ぐだけです。

暑さ対策やセキュリティ面からも車から離れる時は、マウントを取ってグローブボックスに簡単に収納できるようになっています

ケーブルはフロントガラスの下を通すと視界に入らないので良さそうですね。

シガーソケットが嫌な方はオプションで「OBD2ケーブル」を使えば、毎分の回転数やスピードといった車のデータも表示することが出来ます。

特徴4:専用アプリ(日本語対応)なら、ナビは投影したまま音楽再生や通話などの操作も可能。

日本語対応したHUDWAY CAST専用アプリが用意されています。

アプリ機能も充実しており使い勝手も良さそうです。

ダッシュボード

サッと見て必要な事が出来ます。例えば受信した電話の確認、オススメのナビ、場所の検索、音楽、そしてお気に入りのウィジェットまで。

直感的なUIで使い勝手もよさそうです。

ナビ

目的地を入力したら、専用アプリでナビ誘導が可能となっています。

オフラインの地図、渋滞状況、そしてハッキリと綺麗に見える道順ということですが、日本の道路ではどうなのか気になるところです。
他社ナビアプリも利用可能ということなので、Google MapやAppleマップなどのアプリも利用するのも良いかもしれません。

電話

いつも使っているように電話に出ることができます
ヘッドセットを使ったり、車内スピーカーを使ったり、スマートフォンのスピーカでも応答可能です。

メッセージ

運転中にメッセージを読んだり送ったりするのを避けるために、専用アプリはこんな事をしてくれます。
・受信したメッセージの読み上げ
・発した言葉をメッセージに変えて返信
・返信文章テンプレートで簡単に返信
・貴方の現在地や到着予定時刻を共有

これは便利ですね。

音楽

自分のiTunesライブラリーや、GoogleMusic,Spotifyのような音楽ストリーミングサービスを、スワイプしたりタップするだけで好きにプレイ出来ます。
ヘッドアップディスプレイ側には道順が表示されているので安心ですね。

iOSでは一部使えない機能もあるそうです。

スペックや同梱物

HUDWAY CASTのスペックは以下のとおりです。
・本体サイズ:153.8 × 100.9 ×40.2(mm)
・レンズサイズ:161.5 × 91.8(mm)
・ディスプレイ解像度:854 × 480 px
・シガーソケット接続ケーブル:2.5m
・OBD2ケーブル:2.5m ※オプションとなります。
・フォーカス距離:2.8m
・電流/電圧:12-14V DC@1Amp(最大)
・USBポート電圧:5VDC
・USBポート電流:0.5Amp
・動作温度:-30℃-75℃
・保管温度:-40℃-85℃
※オプションの「OBD2ケーブル」があれば、エンジン回転数や速度なども表示させることができます。

同梱物は以下になります。

ハードウェア部分は大手HUDメーカーのcarrobot社とパートナーシップを組んで共同開発したそうです。

HUDWAY CASTの開発チームについて

HUDWAY CASTの開発チームはHUDWAYのプロジェクトを2013年に開始し、「運転中のよそ見を防ぐ」アイデアを持った製品をいくつもリリースしてきています。

2015年にはKickstarterで初となる、ハードウェア製品HUDWAY Glassのプロジェクトを開始し100,000ドルの資金調達を目標に開始した結果、その6倍もの資金調達に成功し、プロジェクト終了10か月後には、世界97か国にいる9,000人の支援者へ、合計12,000もの製品を届けた実績があります。

「HUDWAY Glass」はスマートフォンの画面を半透明のミラーレンズに映し出すことで、スマートフォンをヘッドアップディスプレイに変身させるという商品でした。

今回のHUDWAY CASTは、更に洗練され、大きな野望を持ったプロジェクトとしてハードウェアのデザイン及び製造が特に得意なメンバーを集結させ、チームを結成して開発を行っています。

最後に

この魅力的なヘッドアップディスプレイ「HUDWAY」ですが、現在「Kibidango」にてクラウドファンディングが進行中です。
既に目標金額である150万円を上回る200万円以上の金額があつまっており、サポーターも86名となっています。(2018/07/20現在)
Kibidangoでの申込み期限は2018/07/14~2018/8/30までとなっています。

一般販売予定価格より5千円も安く、個数限定で更に割引価格で手に入れることが可能となっているので、気になった方は期限内に申し込んでみてはいかがでしょうか。

Kibidango特別価格(超早割):29,800円【20個限定】※完売
Kibidango特別価格(早割) :30,800円【50個限定】※残り40個:2018/07/20時点
Kibidango特別価格     :31,800円
一般販売予定価格      :36,800円

スマホがHUDナビになる透明ディスプレイ「HUDWAY CAST」(By HUDWAY CAST事務局) - クラウドファンディング | Kibidango【きびだんご】

https://kibidango.com/692

スマホがHUDナビになる透明ディスプレイ「HUDWAY CAST」(By HUDWAY CAST事務局) - 魅力的なプロジェクトに共感して支援し皆で成功させる楽しみ ◯o◯

関連する投稿


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良いのか、そもそも自分で取り付けることは可能なのか、ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用はいくらくらいなのか、取り付けに掛かる時間はどの程度か、その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。大手カー用品店で掛かる費用、時間の比較等にお役立て下さい。


【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

シートベルトは後部座席にも着用義務があります。こちらの記違ではシートベルトを着用しなかった場合の違反点数、違反金・罰金とシートベルトの着用が免除される事例等をまとめて掲載しています。また、シートベルトに関連するカー用品・カーアクセサリーの紹介も掲載しています。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

当記事では大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について詳しく紹介してます。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。