トップへ戻る

最も効果的なコーティング剤のひとつ、ワコーズバリアスコートについて解説!

最も効果的なコーティング剤のひとつ、ワコーズバリアスコートについて解説!

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ワコーズバリアスコートって何?

ワコーズバリアスコートは、「潤滑油の総合コンサルタント」をスローガンとして掲げる、ワコーズ社が開発したコーティング剤です。このコーティング剤の最大の特徴は「Wハイブリッドポリマー」です。「Wハイブリッドポリマー」という名称は、高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンという、2種類のポリマーを組み合わせたことに由来します。

同社のバリアスコートは、車のほとんどの部品に対して使用することができます。塗装面や、それ以外の樹脂、金属にまで有効です。非常に使用範囲の広いコーティング剤であるといえるでしょう。

カーコーティング剤について

カーコーティング剤には2種類あります。「ポリマー系」と「ガラス系」です。

「ポリマー系」は1980年代に登場したコーティング剤で、シリコーンやフッ素が含まれています。それに対して「ガラス系」はガラス原料を使用して作られたものです。こちらは今あるものの中で、最新の技術になります。その分、施工の際の費用は高額になりがちです。

これらのコーティング剤を車に塗ると、自然な艶が出てきて美しくなります。またそれ以外にも、雨や日差しから車体を守ってくれます。車に耐水性と対光性をもたらしてくれるのです。

カーコーティング剤のメリット

カーコーティング剤のメリットは、長期間に渡って美しい艶をキープできる点でしょう。塗るのに手間はかかりますが、車の耐水性や対光性を上げてくれます。またカーコーティングをすると、細かい傷が付きにくいともいわれています。

カーコーティング剤のデメリット

反対にデメリットには何が挙げられるでしょうか。ひとつ挙げるとすれば、コーティングの難しさでしょう。一般的なワックスよりもムラができやすく、重ね塗りも至難の業です。それゆえ、カーコーティングの専門業者も存在しています。自分でできない場合は、余分に費用がかかってしまうことでしょう。

ワコーズバリアスコートの使い方は?

ワコーズのバリアスコートは、使い勝手が良いということで知られています。車を水洗いしたあとにスプレーを吹きかけ、あとは拭き取るだけです。たったこれだけの作業ですが、ワコーズバリアスコートには確かな洗浄力があるため、十分に汚れが落ちます。スプレーの中には、主成分のポリマーに加え、特殊ハイドロカーボンや界面活性剤までもが含まれているからです。

使うことによってどのような効果があるのか?

ワコーズバリアスコートを使用すると、約6ヶ月間、車に美しい艶がもたらされます。これは高密度のガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンを組み合わせたハイブリッドコーティングの力によるものです。また普段のお手入れは水洗いだけで十分です。1回当たりの使用量も少なく、非常に経済的なものとなっています。施工も簡単で、輝きも良い、それがワコーズバリアスコートなのです。

使用する際の注意点

ワコーズバリアスコートを使用する際の注意点を列挙していきます。

揮発性

ワコーズバリアスコートを使用する際は、揮発性に注意しましょう。というのも、ワコーズバリアスコートは揮発性がとても高いので、スプレーをした箇所がすぐにわからなくなってしまうのです。完成度が高いゆえの難点であるといえます。

下処理時の注意点

下処理に関しては、通常の洗車と同じく、シャンプーや水洗いで大丈夫です。砂汚れなどのおおまかなものを除去しておきましょう。洗車の際のポイントは、スポンジを優しく撫でるように使うことです。

洗車する場所とタイミングですが、できれば日陰で夕方にするほうがいいでしょう。日向だと、水滴が虫眼鏡の役割を果たしてしまい、ウォータースポットや水ジミを作ってしまうかもしれないからです。同様の理由で昼間よりも夕方のほうが好ましいです。「昼間でも屋根があるところだったらいいのでは?」と思うかもしれませんが、昼間の室内は高温になりがちなので、これもウォータースポットや水ジミが発生する原因になってしまいます。

また、ケミカル洗車でスケールを無くしておくことも重要です。酸性ケミカルREBOOTを使ってスケールを消していきます。スケールを無くすことで、直接的にワコーズバリアスコートを車体に塗りつけることができます。それでも綺麗にならないときは、PM-LIGHTを使用すると、コーティングがしやすくなるでしょう。シリコンオフは塗装を溶かしてしまう恐れがあるので厳禁です。使用してはいけません。

ムラを防ぐために

ワコーズバリアスコートに付属しているクロスを使って塗っていく場合、クロスに吹きかけるスプレーの量は少なくしましょう。ワコーズバリアスコートは少量でもかなり伸びるからです。大量に塗り込んでしまうと、ムラの原因になります。適量を塗り込むことで、拭き取りもしやすくなります。

拭き取りのタイミングと注意点

1~2パネル毎に拭き取りをしてあげると美しく仕上がります。その際、2種類のクロスを用意しておきましょう。粗拭き用と仕上げ用です。まず粗拭き用のクロスで液剤をほとんど拭き取ります。その後、仕上げ用のクロスで拭きます。

こうすることによってムラが発生する確率をかなり抑えることができるのです。もしムラが出てきてしまった場合は、水拭きしてあげると良いでしょう。これらの行程を意識するだけで、コーティングのクオリティーは格段に変わります。

車が劣化している場合は塗装にも注意

ワコーズバリアスコートには溶剤が含まれています。使用する量を間違えたり、劣化車に塗ってしまうと、塗装が多少なりとも溶けてしまうことがあります。注意しましょう。

ワコーズバリアスコートの評価

続いて、ワコーズバリアスコートの評判を見ていきましょう。

ワコーズバリアスコートのいい点

ワコーズバリアスコートは、これまでのワックスとは異なり、撥水性ではなく親水性です。親水性とは、液体が付着した際、平らに広がる性質のことをいいます。その性質ゆえ、車体に太陽の光が当たった際に現れる円形のような磨き傷が、あたかも消えたように見えるのです。中古車を購入した人にとっては夢のような話となっています。

ワコーズバリアスコートは性能が良すぎるため、飛ぶように売れているとのことです。車用品の量販店ではなかなか入手できない状態になっています。お値段もおよそ3000円程度と、とても安いです。このお値段でガラスコーティングをしたときのような結果を得られるのですから、品薄になるのは当然だといえるでしょう。

実際にワコーズバリアスコートを使用した方によると、最初にスプレーをしたときには別段変化を感じないそうです。しかし時間が経つにつれ、ほこりや塵が積もりにくくなってくることを実感するそうです。

またスプレーを何回か使用する度に、光沢が出てくるという話もあります。通常、ガラスコーティングを車体に施す際は、約3万円の費用と約1週間ほどの時間がかかります。そのことを考えると、このお値段でここまで効果があるのは非常に価値のあることなのです。

ワコーズバリアスコートの悪い点

ワコーズバリアスコートのデメリットは「全ての人におすすめはできない」という点です。そもそもワコーズ自体が、プロ向けのブランドです。つまり、一般ユーザー向けではありません。施工をする際にも、きちんとそれができる人でないと、逆にムラなどができてしまうといった話もあります。

簡単に施工ができるのは確かなのですが、それはある程度知識や技術のある人に向けての話です。ですので、「今まで車のコーティング自体になじみがない」という人よりも「これまで別のワックスを使ってきたけど、それより良いものがあるなら試してみようかな」という人に対してピッタリな商品なのです。

またワコーズバリアスコートの中には溶剤が含まれていますので、もし量を間違えてしまうと塗装を溶かしてしまう恐れがあります。黒色の車で試してみた方の中には、塗り過ぎて車体が白ぼけしてしまったという人もいます。当たり前のことですが、量に気を付ける必要があるというのも、デメリットといえるのかもしれません。

また同じ理由から、オーバーコーティングにも向いていません。ベースコートが溶剤で無くなってしまう可能性があります。ワコーズバリアスコートは単体施工向けであるといえるでしょう。

ガラスなどには使用できない?

ワコーズバリアスコートは、フロントガラスなどのガラス面に対しても使用できるのでしょうか? メーカーの説明書によると、使用できないと記載されています。それではもしガラス面にワコーズバリアスコートを施工した場合どうなるのか、今から見ていきましょう。

使ったらどうなるのか?

フロントガラスに使ってみると、意外にも艶が出て綺麗になります。当初は雨が降った日にもしっかりと水滴をはじいてくれるので、特に問題は見当たりません。しかし時間がたち、また別の日に雨が降った際、フロントガラスに油膜のようなものが現れます。

バンパーで拭いてもいっこうに落ちません。視界も不良となり、事故を起こす可能性が高くなってしまいます。非常に危険ですので、ガラス面には専用のコーティング剤を使用したほうがいいでしょう。

まとめ

ワコーズバリアスコートは使いやすさ、効果、価格の面で高い完成度を誇っています。他の競合品と比べて、群を抜いているのも納得できます。注意するべきところには気を付けて、安全にコーティングを楽しみましょう。

関連する投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


なぜコロナ禍で「暴走族」の動きが激しくなったのか?

なぜコロナ禍で「暴走族」の動きが激しくなったのか?

コロナ禍の影響は「暴走族」の動きにも大きく作用しているようです。それは何故なのでしょうか?今回はコロナと「暴走族」について見ていきましょう。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。