目次へ戻る

N-VANとハイゼットキャディの違いとは?

N-VANとハイゼットキャディの違いとは?

7月13日に発売されたホンダの新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」は、新世代の商用軽バンとして注目されています。N-BOXをベースとした「N-VAN」ですが、2016年に発売されたダイハツの「ハイゼットキャディ」も同じコンセプトの新世代の商用軽バンなのです。では、この2車にはどのような違いがあるのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダN-VAN/ダイハツハイゼットキャディ

N-VANの概要

Nシリーズ第6弾となる「N-VAN」は、働く人々の生活を見つめ、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求した新世代の商用軽バン。

軽乗用車「N-BOX」で新規開発したプラットフォームをベースとし、商用向けに専用設計し、FFと独自技術「センタータンクレイアウト」による低床化で、高さのある荷物も積載できる大空間の荷室を実現しました。

また、リアシートに加え、助手席シートにもダイブダウン機構を採用。助手席からリアシート、テールゲートにかけてフラットにつながる、広々とした空間を実現しています。

新ジャンルの軽商用車を目指した「ハイゼットキャディ」の狙い

新たな商用ニーズに対応する新ジャンルの軽商用車として登場した「ハイゼットキャディ」は、軽乗用車「ウェイク」をベースとし、その広さと高い室内高や低いフロア高そして使い勝手の良さを追求したFFレイアウトパッケージを採用し、ゆとりのある運転空間を創出。さらに、クラストップとなる荷室フロア高など、使い勝手の良い荷室を実現しています。

「N-VAN」そして「ハイゼットキャディ」は、ともに軽トールワゴンをベースにしている点と、新しい軽商用バンを目指したところは共通なのです。先に登場した「ハイゼットキャディ」は、同社のタントを始めとする他の軽ハイトールワゴンよりもさらに高い全高を備え、レジャーユースなどに対応する革新的な軽乗用車でした。

そこで、その高さを活かした荷室容量を活かす方法として、後部座席を排除した商用バンとなったのが「ハイゼットキャディ」です。主流のキャブオーバーバンより低い荷室フロアは、腰に負担がかからず、背の高い荷物を載せられることから、小売店での配達などの用途に便利とされました。

「ハイゼットキャディ」の荷室容量メリットは大きなものですが、乗用タイプの「ウェイク」から後部座席を取り去っただけの仕様であり、荷室容量は大きくても最大積載能力は乗用車と同じ150㎏のまま。そのため軽バンの主力ユーザーである宅配や、重い道具の多い建設業などでは350㎏積みのキャブオーバーバンには取って変わることは出来ず、おのずと利用できる用途は制限されてしまう事になります。

しかし、悪いことばかりではありません。「ウェイク」と変わらないということは、乗り心地も使い勝手も乗用タイプとかわらず、e:Sテクノロジーの採用で25.0km/リットル(JC08モード)の低燃費を達成したほか、軽商用車で初めてカメラとソナーセンサーを搭載した衝突回避支援システム「スマートアシストII」を一部グレードに採用するなど安全性能も高めています。

重たい荷物をのせる必要がないのなら、乗用車と同じ性能を持っていることで、仕事用との兼用が可能であることは大きな、メリットとなるはずです。

ハイゼットキャディの荷室

最大積載量が150kgに留まる「ハイゼットキャディ」に対して、「N-VAN」はキャブオーバーバンと同様に350kgとすることで、本格的な軽貨物としての利用を考えていることがわかり、3倍にもなる積載量の差は両車の根本的な性格の差を表しているのです。

また、センタータンクレイアウトを採用する「N-VAN」は、ダイブダウンされたシートはフラットな荷室となり、さらにFF化することで荷室長がキャブオーバーバンより短くなるという欠点も、助手席もダイブダウンさせることでクリアしています。

レジャー仕様としての汎用性も高い「N-VAN」

そして、「N-VAN」でもっとも特徴的な助手席側センターレススライドドアは、荷物の出し入れというよりも、アウトドアなどでの利便性や解放感というレジャーでの利用に活躍しそうです。「ハイゼットキャディ」はその室内の高さが売りですが、「N-VAN」もバイクや自転車の積載に十分な高さがあり、シートバックを超えて荷物を積み上げる必要がない限り、その高さの差は影響がないはずです。

そして、燃費は「ハイゼットキャディ」にはかないませんが、クラストップレベルの低燃費23.8km/Lを実現し、安全面では、安全運転支援システム「ホンダ センシング」をホンダ軽バンとして初めて全タイプに標準装備。衝突軽減ブレーキをはじめとする8つの機能に加え、後方誤発進抑制機能とオートハイビームも搭載しており、「ハイゼットキャディ」以上の安全装備を備えているのです。

まとめ

ドライバーの高齢化や女性ドライバーの増加などにより、荷物の積み込みと積み下ろし時の負担軽減につながる低床フロアや、開口部の拡大は必須条件。また、一日の走行距離が乗用車の日ではないほど多い軽商用バンにとって、居住性能と安全性能の向上は不可欠になります。この点では「N-VAN」、「ハイゼットキャディ」ともに条件を満たしていますが、積載量3倍の差は大きく、商用バンとしての性能は「N-VAN」が圧倒します。

また、レジャーでの利用においてはその目的によってどちらが適しているかが分かれますが、多様性という点において上回る「N-VAN」の優位が目立ちます。

関連するキーワード


N-VAN 軽自動車

関連する投稿


軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。


軽自動車税っていくら?いつ支払う?そんな疑問を解決!

軽自動車税っていくら?いつ支払う?そんな疑問を解決!

軽自動車を所持していると支払うことになる税金、「軽自動車税」について解説します。2019年から税額が変わったとか古くない車がお得とか言われるけど結局どういうことなのか、支払い方法を含めて解説します。


軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車のおすすめハイブリッドモデル9選!

軽自動車にもハイブリッド車があるのをご存知ですか?今回は、気になる人気現行車種の4WD車・ターボ車の情報、新車・中古車価格を見ていきたいと思います。


女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

女性におすすめ!かわいい軽自動車10選!

女性に人気の高い軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしました。価格や特徴、口コミなど。軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。(※2020年5月更新しました)


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。