トップへ戻る

ミラトコットとアルトラパンその違いは?女性はどちらを選ぶ?

ミラトコットとアルトラパンその違いは?女性はどちらを選ぶ?

6月25日に発売したダイハツの「ミラ トコット」は、それまでの「ミラココア」の実質的な後継車種ですが、これまでの「カワイイ」感全開の女性仕様とはひと味違うようです。そこで、「カワイイ」女性仕様の代表であるスズキの「アルトラパン」との比較で、新型軽乗用車「ミラ トコット」の魅力を探ってみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【ミラトコットVSアルトラパン】エクステリアデザインの比較

スズキアルトラパン

女性仕様としては、「ミラ トコット」の前モデルにあたる「ミラココア」とともに双璧をなす存在の「アルト ラパン」は、「ミライース」をベースとする現行モデルでも、特徴である箱型のエクステリアを採用していますが、丸みを加えた「まる しかくい」フォルムを実現。特に、丸型のヘッドランプ、ドアミラー、リヤコンビネーションランプを採用したことと、キャラクターカラーである、フレンチミントパールメタリックや新色をはじめ、ホワイト2トーンルーフ仕様車など、全12パターンを設定するなど、より女性を意識したエクステリアとなっています。

ダイハツミラトコット

そして、「ミラ トコット」のエクステリアはどうかというと、一見して「?」と思うほど、ライバルの「アルトラパン」や、これまでのスズキ製女性仕様車とは異なる印象を見る者に与えます。その箱型デザインに派手さはなく、そのそっけないほどのシンプルさは、むしろベースとなった「アルト」の方がカワイイと思う人もいるほど。

しかし、良く見ると、フードの先端が見やすく車両感覚がつかみやすい造形を実現であり、フロントピラーは角度を立て、ドアミラーをドアパネルに取り付けることから死角が少なく、広い視界を確保。さらに、水平なベルトラインなので後方の見通しが良好であることも分かるはず。「これは運転しやすそうだ」と誰もが直感するスタイリングなのです。また、な全8色のカラーバリエーションと、新開発されたというキャンバス地調のデザイ ンフィルムトップ(Dラッピング)も、カワイイというよりはシックな印象です。

女性がどちらを選ぶかは好みの問題ですが、、「ミラ トコット」のエクステリアの方が幅広い年代に好まれるのは確かでしょう。男性としては「アルトラパン」は乗りたくありませんが、「ミラ トコット」なら悪くないと思えますから。

【ミラトコットVSアルトラパン】インテリアデザインの比較

アルトラパンの室内

ミラトコットの室内

「アルトラパン」のインテリアは、「わたしの部屋」をデザインコンセプトに、テーブルやソファ、置時計、フォトフレームなど「部屋」をモチーフとしたデザインテーマを採用し、ぬくもりのある明るいベージュの内装トリムと合わせ、くつろげる空間を演出。Xはシート色を車体色に応じて選択可能とし、多彩なコーディネートを演出しています。「わたしの部屋」はあくまで若い女性の部屋ですね。

インパネ周りをすっきりさせ水平基調とした「ミラ トコット」は、扱いやすさと視界の良さを実現させ、セラミックホワイトのインパネガーニッシュは、陶器のようなクリーンな質感で、暖かみのある白色と滑らかな丸みが、やさしく柔らかな印象を演出しており、エクステリア同様シックな装いで、落ち着いた印象があります。

【ミラトコットVSアルトラパン】安全装備の比較

ミラトコットのエアバッグ

安全装備に関しては「アルトラパン」が 「スズキ セーフティ サポート」、「ミラ トコット」は、世界最小サイズのステレオカメラを採用した「スマートアシス トⅢ」を搭載。誤発進抑制制御機能が「アルトラパン」は前進のみなのに対し、「ミラ トコット」は前進に加え後進も制御します。また、車線からはみ出しそうになると、音と表示で警告し、逸脱回避操作を促す「車線逸脱警報機能」や「先行者お知らせ機能」「オートハイビーム」なども装備し、「スマートアシストⅢ」搭載車はサポカーS〈ワイド〉に適合するなど、「ミラ トコット」の方が最新型らしく充実しています。しかし、「アルトラパン」が 「スズキ セーフティ サポート」を全車標準装備している点も見逃せません。

もちろん、「ミラ トコット」がSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)に加え、SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)を全車に標準装備している点も大きな違いになります。

【ミラトコットVSアルトラパン】燃費や価格の比較

ミラトコット

アルトラパン

「アルトラパン」最大の魅力が、エネチャージによる35.6㎞/Lという低燃費性能です。対して「ミラ トコット」は29.8㎞/Lにとどまり、この燃費の大きな差は購入を検討する際の大きなポイントになるはずです。

「ミラ トコット」の “SA Ⅲ”装備車が1,139,400円から、エネチャージモデルの「アルトラパン」は、1,202,040円からと、「ミラ トコット」の方が安く思えますが、エネチャージ無しで、「ミラ トコット」とほぼ同じ燃費の29.6㎞/Lモデルなら1,077,840円。この価格差はちょっと微妙であり、悩むことになりそうです。

まとめ

ミラトコット

アルトラパン

「アルトラパン」は、女性がクルマに求めるものをふんだんに盛り込んだクルマ。

それに対して「ミラ トコット」は、若年女性エントリーユーザーをはじめ誰でもやさしく乗れるクルマ。

若い女性に的を絞るか、年配の人もターゲットにするのかで、この2車は大きな差が表れているのですが、女性であっても「ミラ トコット」のシックな装いに惹かれたり、年配の方であっても「アルトラパン」が好みだったりと、必ずしもメーカーの思惑通りには行かないようです。

貴方ならどちらを選びますか?

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。