目次へ戻る

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。


はじめに

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、
はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?

全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。

N-VANとは

新型車のN-VANは、働く人々の生活を見つめ、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して開発されました。

主な特長としては以下の4つが挙げられます。

■利便性
FFプラットフォームの低床フロアと助手席ダイブダウンで、大空間の荷室を実現

■助手席側ピラーレス採用による「ダブルビッグ大開口」で、積み下ろし効率を向上

■走行性能
荷物を積載した状態でもストレスなく移動できる、優れた走行性能と乗り心地、低燃費を実現

■安全性能
Honda SENSINGを全タイプに標準装備

商用ユースでHonda SENSINGを全タイプに標準装備してきたのは素敵だと思います。
助手席ピラーレスも魅力的ですね。N-BOXの派生モデルにも今後展開を期待したいです。

エンジンはN-BOX用エンジンをベースに商用車向けに改良してきました。

搭載重量対応としてラジエターサイズアップ、触媒金属量アップ、
6MT搭載対応として、エンジンマウント強化、動弁系最適化などを図り細かい改良が加えられています。

商用用途への見直しとしてN-BOXで好評なVTECを非搭載にしてきたのもトピックですね。
コスト面もあるのでしょうが、VTECを搭載しなくても十分な動力性能を確保できたのもあるかもしれません。

開発担当によると走りについては従来の商用車のゾーンを超えて、軽乗用の加速ゾーンまで引き上げており、
ターボ仕様についても軽乗用のターボ仕様と変わらない加速性能を有しているとのことです。

CVTも同様にN-BOX用をベースに商用車向けに改良されています。

軽バンの常識を変える低燃費とスムーズな走りをコンセプトに、強度・耐久性の確保として
ギア、ベアリング、ベルトの強化、レシオカバレッジの最適化、
駆動力の最適化として、ロー端レシオの適正化、ブリーレシオ制御の最適化などを行い、
発進時の駆動力を確保し、燃費と静粛性の向上、CVTでスムーズな走りを実現しているとのことです。

注目の6速マニュアルトランスミッションは「S660」用の6速MTをベースにFF化および商用向けに改良しているそうです。

従来5速までだったものに対して、その上にさらに6速を追加することによって巡航時のエンジン回転数を抑えられ、巡航時の静粛性を大幅に向上させているとのことで、走りも期待できそうですね!

N-VANの受注状況


全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報で
N-VAN(エヌバン)の販売台数は、3,053台となっています。


7月13日に発売されたので実質半月なのとディーラー登録の展示車や試乗車も入っているでしょうから
倍としても6千台で新車効果考えると思ったほど台数でてないなという印象もあります。

ちなみに同じホンダNシリーズのN-WGNは4,315台でした。

N-VANは販売計画台数が3,000台なので半月で達成は十分かもですが、発売初月と考えると思ったほどではないかなと感じます。

N-VANのライバル車の販売状況

N-VANは4ナンバーの事業者用登録が多いので
ライバル車はスズキ エブリイバン、ダイハツ ハイゼットカーゴ、日産 NV100クリッパー辺りになります。

それぞれの7月の受注状況は

■スズキ エブリイ 5,503台 (前年比93%)
■ダイハツ ハイゼットカーゴ 5,219台 (前年比104%)
■日産 NV100クリッパー 2,710台 (前年比107%)

となっています。

ライバル車は前年比93%-107%とほぼ影響を受けてない印象です。

8月の販売台数を見ないとわかりませんが、他メーカーはちょっとほっとしているのではないでしょうか。
とはいえ半月で3千台も売る新型車がいきなりでてきたのは他メーカーにとっては脅威に変わりはないかと思います。

さいごに

N-VANはN for Workというコンセプトではたらくクルマに革命を起こすことを目標としてつくられました。

今のところ受注状況を見てみると期待や注目度の割には思ったほど売れてないなって印象があります。

筆者の分析では、やはり価格帯が営業車としては高くライバル車と比べても割高感があり思ったほど伸びなかったのかなと感じます。

Hondaセンシングやピラーレス、低床設計など他のモデルにはない魅力もたくさんありますが、
N-BOXとあまり変わらない価格設定では訴求力が少し足りなかったのかなと思います。

NAだけですがMTモデルも設定され、フルフラットにでき車中泊にも良さそうで自家用車としても売れるのではと期待していましたが、
運転席以外の助手席、後部座席の作りがイマイチで日常で長距離の移動は厳しく、
結局N-BOXと値段もあまり変わらないということで自家用車としては売りづらいクルマになってしまったのではと思いました。

N-VANのベースグレードにはリヤヘッドレストもなく、+STYLEにはヘッドレストの要件を満たさない簡易型シートピローはついていますが、これでは多人数乗車を想定する日常ユースには厳しいかなと感じます。結構期待してただけに残念です。

ただ商用車としては非常に優秀なクルマであることには代わりはないので今後売れていくといいですね。

8月の販売台数で爆発的に売れている可能性もありますが、今後の販売状況次第では早めに何かしらテコ入れが入る可能性もあるのではと感じます。

今後のN-VANにの販売状況に注目していきたいと思います。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-VAN

関連する投稿


ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダが展開する海外向け高級車ブランド「アキュラ」。当記事では、アキュラから現行販売されている車種を一覧にて紹介すると共に、アキュラブランド立ち上げの背景や、ラインナップ車種の中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの米国部門は1月29日、新型『パスポート』(Honda Passport)の詳細を発表しました。米国ベース価格は3万1990ドル(約350万円)で、2月に販売を開始する予定です。日本未発売のため、あまり知られていないパスポート。いったいどんなSUVなのでしょうか。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。