トップへ戻る

ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

スズキは軽乗用車「ワゴンR」の1993年の発売から25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売します。特別仕様車「25周年記念車」やスズキの人気ロングセラーモデルワゴンR・ワゴンRスティングレーについて詳しく見ていきましょう

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

スズキは軽乗用車「ワゴンR」の1993年の発売から25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売します。

特別仕様車「25周年記念車」やスズキの人気ロングセラーモデルワゴンR・ワゴンRスティングレーについて詳しく見ていきましょう。

ワゴンRの歴史

ワゴンRはスズキが販売している人気のトールワゴン型の軽自動車です。

1993年に初代ワゴンRが発売され、広い室内と使い勝手の良さで軽ワゴンという市場をつくりました。
全国軽自動車協会連合会発表の年間軽自動車販売台数では2006年から2011年までの5年間軽自動車の販売台数1位、その後も年間10万台以上の販売台数を記録しする大人気モデルです。

3代目から派生モデル「ワゴンRスティングレー」が設定されています。
スティングレーは押し出し感の強いデザインやエアロパーツにアルミホイール、充実した装備などで人気があります。

ワゴンRの販売台数はN-BOXやスペーシアなどのスライドドアのハイトールワゴンに最近は押され気味ですが、スライドドアが不要な層や価格設定も低めなのでロングセラーモデルとして今も人気があります。

国内累計販売台数約460万台だそうで、名実ともにスズキの代表モデルと言える大事なクルマですね。

ワゴンRのライバル車は?

ワゴンRの後に出たダイハツのムーヴがライバル車で、販売台数は2台でデッドヒートを繰り返しています。
ムーヴは派生モデルとしてムーヴキャンパスもある分有利ですね。ムーヴキャンパスはかなり人気車種ですし。

全国軽自動車協会連合会発表の直近の2018年7月の軽四輪車通称名別新車販売確報でもムーヴが10,196台で6位、ワゴンRが8,446台で7位となっており、若干ムーヴに押され気味ではあります。

ワゴンRとワゴンRスティングレーの車名の由来は?

それぞれの車名の由来ですが、スズキの公式HPではワゴンRの「R」はREVOLUTIONレボリューション(革新・画期的)とRELAXATIONリラクゼーション(くつろぎ)の頭文字であり、「軽自動車の新しい流れを作る新カテゴリーのクルマ」で「生活にゆとりを与えるクルマ」という2つの意味を込めたそうです。

ただこれは後付けでセダンもあるけど、ワゴンもあるという「ワゴンもあーる」というジョークからワゴンRとなった説もあります。

ワゴンRスティングレーの方はこちらも英語「STINGRAY」から来ており直訳すると「赤エイ」ですが、ワゴンR STINGRAYはSTING [刺激] とRAY [光線] による造語だそうです。
このクルマの走る姿が夜の闇を切り裂いて放たれる光線をイメージして名付けられたそうです。

更にワゴンRのは 当初は「ジップ(ZIP)」という名前で発売予定であり、急遽ワゴンR変更されたとうエピソードもあるそうです。
ワゴンRという名前は結構しっくりきますし、もしかしたらジップという名前だったら25年も続かなかった可能性もありますね。

3種類の特別仕様車「25周年記念車」

今回、25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」が設定され9月10日より発売されます。

この特別仕様車「25周年記念車」の主なトピックは発進時にモーターのみで走行できる1マイルドハイブリッドが全車に搭載されます

また安全面ではスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を全車に標準採用して安全面もサポート。
「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当させてきました。

内外装では、個性的な3つのデザインをベースに、外観の加飾やインパネカラーパネル色の変更などの専用装備、
車体色は新設定の紺「ノクターンブルーパール」および赤「フェニックスレッドパール」をはじめ全6色を設定してきました。

特別仕様車「25周年記念車」の主な専用装備ですが、全車共通で助手席シートヒーター(2WD車)と専用エンブレム[25th ANNIVERSARY]がバックドアに標準装備されます。

またメーカーオプション名にはなりますが、フロントカメラ、左右のサイドカメラ、バックカメラ等がセットになった全方位モニター用カメラパッケージも6万円台で設定されています

それでは3種類の特別仕様車を詳しく見ていきましょう!

ワゴンR 25周年記念車 HYBRID FXリミテッド

こちらはHYBRID FX セーフティパッケージ装着車がベース車両となります。

専用色インパネカラーパネル[ネイビーパール、シルバー]
シルバーインサイドドアハンドル
IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

ネイビーパールとシルバーのインパネが素敵ですね!
日差しを軽減してくれるUV&IRカットガラスも特に女性ユーザーの方には嬉しいですね

フロントグリル[スモークメッキ、スチールシルバー]

専用ファブリックシート表皮、チルトステアリング、運転席シートリフター

シルバードアハンドル

14インチアルミホイール

アルミホイールは見た目も変わりますから標準装備は嬉しいですね

以上が特別装備となっています。

価格は1,312,200円から1,429,920円となっています

3車種の中では、FXリミテッドが一番デザイン的に好みですね。価格も一番買いやすい価格ですし、売れ筋モデルになるのではないでしょうか。

ワゴンR 25周年記念車 HYBRID FZリミテッド

続いてのFZリミテッドはHYBRID FZ セーフティパッケージ装着車がベース車両となっています。

専用色インパネカラーパネル[マットブラックパール、シルバー]

マットブラックパール&シルバーのインパネはスポーティさがあっていいですね!

専用ファブリックシート表皮

メッキバックドアガーニッシュ

シルバードアハンドル

15インチタイヤ&アルミホイール

この15インチホイール新型N-BOXでカスタムターボの15インチホイールに似てますが、非常にカッコいいと思います。

以上が特別装備となっています。

価格は1,425,600円から1,543,320円となっています

ワゴンRスティングレー 25周年記念車 HYBRID Xリミテッド

最後のXリミテッドはスティングレー HYBRID Xがベース車両となります。

フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ
専用色インパネカラーパネル[マットブラックパール、シルバー]
本革巻きステアリングホイール[専用シルバーステッチ]

フロントグリル[メッキ、ダークグレー]

専用ファブリックシート表皮、専用ドアトリムクロス

メッキバックドアガーニッシュ

15インチタイヤ&アルミホイール

が特別装備となっています。

スポーティな印象のスティングレーですが、この特別車は更にCoolな印象です。

価格は1,526,040円から1,643,760円となっています。

さいごに

2017年2月にフルモデルチェンジされた6代目ワゴンRはヘッドアップディスプレイや濡れたまま収納できる傘立てを軽初装備してきたりとスズキもかなり力を入れている車種です。

今回の特別仕様車はマイルドハイブリッドが全車に搭載されているので発進時にモータのみで発進できるのは静かなのは他車に対してアドバンテージありますし、内外装も特別仕様車ならではの装備で魅力的です。

新車効果も薄れてライバル車のダイハツムーヴに押され気味だった販売台数も今回の特別仕様車の発売で逆転を狙えるか今後の販売動向が楽しみですね!

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


新型スズキ ソリオは新型となってどのように進化したのか?

新型スズキ ソリオは新型となってどのように進化したのか?

スズキは11月25日に、コンパクトワゴンの「ソリオ/ソリオ バンディット」を5年ぶりにフルモデルチェンジしました。サイズアップされて室内が広くなった新型には、他にどんな進化があったのでしょうか?


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキは長年に渡り軽自動車の製造販売を行ってきましたが、その中でもアルトはスズキを代表するモデルの一つです。今回はアルトについて解説しています。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。