目次へ戻る

セダンの中に広々とした空間!?プレミオをご紹介

セダンの中に広々とした空間!?プレミオをご紹介

トヨタのプレミオはコンパクトなセダンとして登場しました。低燃費はもちろん、安全面での機能も充実しています。車内は自由にシートアレンジができるので、セダンの中に広々とした空間を作ることもできます。


トヨタ プレミオ 概要・特徴

トヨタ プレミオの概要・特徴

トヨタの5ナンバーセダンは、2016年に安全性能や外見のマイナーチェンジをしました。兄弟車種であるアリオンとフロントの基本デザインは同じにしており、シャープなヘッドランプは、高級感とスポーティさを表現しています。プレミオとアリオンは販売店が違っており、プレミオはトヨペット店、アリオンはトヨタ店で取り扱われています。

トヨタ プレミオのデザイン・ボディーカラー

2016年のマイナーチェンジモデルを販売したタイミングで、新色のブラッキッシュアゲハフレークを含む5色を追加し、全8色になりました。兄弟車であるアリオンと比べると、より落ち着いた高級感を演出する仕上げです。
ボディは、ミディアムセダンと呼ばれるコンパクトボディで、日本の交通、駐車事情に考慮して開発されました。まさにジャパニーズセダンと言えるでしょう。

トヨタ プレミオの静粛性・シート

プレミオのシートは、合成皮革+ファブリックが標準になっています。オプションで本皮に切り替えることが可能で、高級感あふれるインテリアに合わせて、シートを選択することができます。
シートアレンジが自由自在なセダンなので、すべてのシートを倒すことができます。後部座席は、ヘッドレストを取り外すことなく、レバーで前方へ倒せます。前方の席はスライドさせながら後方に倒すことができるので、ヘッドレストを外すと後部座席と合わせてフルフラットな空間ができます。

トヨタ プレミオのインテリア・車内空間

リラックスできる広い車内は、ゆったりとした雰囲気のあるインテリアを実現しています。センタークラスターは、木目調パネルを採用しており、レディッシュブラウン、ライトブラウンから選択できます。シートカラーによっては落ち着いた空間も作ることができ、シートアレンジと組み合わせれば、想像以上のリラクゼーションを体験できます。

ラゲッジスペースは、コンパクトボディながらも大容量を確保しており、後部座席のシートアレンジと組み合わせれば、大きな荷物も載せることができます。

トヨタ プレミオ 燃費・走行性能

トヨタ プレミオのエンジンシステム

プレミオのエンジンは、グレードによって異なります。2.0Gと1.8Xに搭載する「2.0L 3ZR-FAEエンジン」と「1.8L 2ZR-FAEエンジン」はパワフルに駆けるエンジンで、高出力と燃費を追求しています。

1.5Fに搭載する「1.5L 1NZ-FEエンジン」は、街中で走行することを前提に開発が進められたエンジンです。街中の走行だと信号停止や一時停止など発進と停止が多くなりますが、急な発進でも低中速域のトルクを確保しているので、スムーズな加速を実現しています。このエンジン性能が走行性能と連動し、低燃費とスムーズな走りをサポートします。

トヨタ プレミオの燃費(JC08モード)

JC08モードでのガソリンエンジン燃費は、グレードによって搭載するエンジンが異なるので、燃料消費率も変わってきます。

パワフルなエンジンを搭載した2.0Gは、15.6km/Lで、1.8Xは、16.4km/Lです。パワフルさを重視したエンジンなので、走行距離自体は短くなっていますが、「バルブマチック」をエンジンに搭載することで、燃焼効率を高めています。

優れた燃費を発揮するのが、1.5Fです。JC08モードで、19.2km/Lと走行距離が他の2つのエンジンよりも長くなっています。

トヨタ プレミオの走行性能

低燃費とスムーズな走りをサポートするプレミオの走行性能は、ドライバーをさまざまな場面で手助けしてくれます。

アクティブトルクコントロール4WDシステムは、走行状況に応じて、発進と加速をサポートするシステムです。通常時は前輪駆動に近い状態で走行をしますが、滑りやすい路面を走行する場合は、後輪にトルクを分配することで、最適な前輪駆動と後輪駆動の4WD走行に切り替えます。これは前後輪に回転差が生じると電子制御でバランス調整をしています。

2.0Gに標準装備しているサポート機能が「クルーズコントロール」です。高速道路などで一定の速度で走行しているときに、クルーズコントロールに切り替えると、アクセルを踏まなくても一定のスピードで走行します。アクセルを踏むドライバーの負担を軽減する機能です。

トヨタ プレミオの試乗評価

ここで気になるのが、プレミオの試乗感想でしょう。

注目ポイントとしては、コンパクトなセダンでありながらも広い空間を確保したところです。後部座席でも大人がゆったりとできるのは、長期ドライブで恩恵を受けることになります。

豊かな室内空間も基本は評価したい。ただし個人的にはセダンならAピラーをより立てて手前に寄せたいし、後席ドアの開口部形状(乗降時に頭が通る付近)はもっと水平に後ろに延ばしたいと感じた。かつての『プログレ』のような四角いパーソナルセダンは復権してほしいと思う。

室内空間はたっぷりした広さが確保され、後席にも大人がゆったり乗れる空間がある。運転席に座れば視界が良くて運転のしやすさを感じる。

トヨタ プレミオ 装備・安全性

トヨタ プレミオの安全装備(Toyota Safety Sense C)

3つの先進安全機能であるToyota Safety Sense Cは、衝突を事前に防いでくれる機能です。その1つにプリクラッシュセーフティシステムがあります。クルマのバックミラー部分に単眼カメラとレーザーレーダーが搭載しており、前方を走行するクルマや動く障害物を検知します。もし、衝突しそうになった場合、警報とディスプレイ表示でドライバーに知らせ、自動減速やブレーキ踏力を強力アシストし、衝突回避と衝突時の被害軽減につなげてくれます。

前方のクルマを監視する機能として、先行車発進告知機能もあります。信号待ちや渋滞でクルマが停止しているときに、先行車の発進をお知らせするものです。

トヨタ プレミオの安全装備(予防安全・衝突安全)

プレミオの予防安全機能は、夜や悪天候など視界の悪い日でも快適なドライブを実現する機能です。
ヘッドランプは、Bi-Beam LEDヘッドランプとハロゲンヘッドランプの2種類が用意しており、目的や見た目から選択できます。夜や悪天候では、フロントフォグランプがヘッドランプをサポートし、良好な視野を実現します。見やすい視野が危険から守ります。

衝突安全機能には、SRSエアバッグが搭載。運転席や助手席はもちろん、SRSカーテンシールドエアバッグにより、後部座席の搭乗者を守ります。ボディには、全方位コンパティビリティボディ構造により、前、後ろ、横からの衝突のダメージを軽減させます。

トヨタ プレミオの標準装備・オプション

オプティトロンメーターは、ドライバーがよく目にするメーターリングです。高級腕時計のような精密な仕上がりなので、金属感ある盤面に見やすい白い文字は、プレミアム感を演出します。
メーターリングの中央には、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを搭載しているので、クルマの情報がひと目でチェックできます。

トヨタ プレミオのバリエーション・価格

プレミオのバリエーションは、エンジンの性能やエクステリア、インテリアで異なっています。
2.0G"EXパッケージ"は、上位モデルで、2,686,255円です。ヘッドランプやホイールが高級感を演出しています。2.0Gは、2,423,127円となっており、エンジンは上位モデルを使っています。

1.8X“EXパッケージ”/1.5F“EXパッケージ”は、エンジン性能が1.8Xと同等のものを搭載していますが、エクステリアが高級仕様です。1.8X“Lパッケージ”/1.5F“Lパッケージ”は、2,259,163円で、Toyota Safety Sense Cなど装備が多いエンドモデル。1.8Xは、標準装備が少ないモデルで、2,241,491円価格が抑えられています。

1.5Fは下のグレードで、1,908,655円です。燃料消費率の走行距離が長いのが特徴です。

関連する投稿


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

西日本豪雨災害で水没車の処置は?値段はつく?損害車買取大手タウが災害支援チームを発足!

損害車買取台数で業界シェアNo.1の株式会社タウが、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足、今回の水害で発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに対応すべく支援チームが対応、被災車両1台の買い取りにつき1,000円を寄付するそうです。


【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

【速報】トヨタ スープラ新型市販型を激写!プロトタイプも公開

トヨタ『スープラ』市販型の最終デザインを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。これによると、間もなく開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で公開を予定していますが、最終生産型ではないプロトタイプの可能性が高いと見られています。


【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

【復活】トヨタ スープラ 新型!復活の日は近い?最新情報

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは7月5日、英国で7月12日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、『スープラ』(Toyota Supra)が復活すると発表しました。


トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ 86 スポーツカーシリーズ「GR」エントリーモデルを新設定!

トヨタ自動車は、FRスポーツカー『86』に、昨秋発表したスポーツカーシリーズ「GR」のエントリーモデル「GRスポーツ」を新設定し、7月2日より販売を開始しています。GRエントリーモデルとはいったいどんなモデルになっているのでしょうか。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!