目次へ戻る

トヨタ ランドクルーザー警察本部車両の限定モデルの1/43ミニカーの予約販売開始!

トヨタ ランドクルーザー警察本部車両の限定モデルの1/43ミニカーの予約販売開始!

ミニカー専門店ヒコセブンから、ダイキャスト製1/43スケール(約12cm)、トヨタ ランドクルーザー GX (URJ202) 2013 警察本部警備部機動隊指揮官車両と、トヨタ ランドクルーザー AX (URJ202) 2014 警察本部特殊警護車両を予約開始しました! それぞれ詳しく紹介します。


はじめに

ミニカー専門店「モデルギャラリー HIKO7」を運営するヒコセブンから、オリジナルブランド「RAI'S」ダイキャスト製1/43スケール(約12cm)、トヨタ ランドクルーザー GX (URJ202) 2013 警察本部警備部機動隊指揮官車両と、トヨタ ランドクルーザー AX (URJ202) 2014 警察本部特殊警護車両をそれぞれ2018年10月3日よりモデルギャラリーHIKO7及び全国模型店にて予約開始することを発表しました。

トヨタ ランドクルーザー (URJ202)はロングセラーの人気大型SUVですが、200系ランドクルーザーは大きさと走破性で機動隊や警護車など警察車両として多く配備されていたり、消防や道路公団などでも使用されていますので皆さんも見たことあるのではないでしょうか。

今回の製品の特長

今回の製品の特徴として主に2つ。

1. 一度限りの限定モデル。

RAI'Sブランドとしてすべて一度限りの限定生産モデルとして販売されるため今回を逃すと二度と買うことが出来ません。

2. 実際の仕様を忠実に再現

1/43スケールのサイズでそれぞれの赤色灯や前面赤色灯、各種アンテナなど出来る限り実車を再現しています。

ダイキャスト製で、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産する鋳造方式で製造されています。

予約開始日は2018年10月3日
発売予定は2018年10月下旬~11月となっています。

RAI'Sとは

模型(ミニチュアカー)の製造及び販売を行っているヒコセブンが販売する警察車両をメインとするシリーズで、各県や車両ごとに違う県警文字の書体から、コールサイン、車体内部のナビ画面や無線機といった装備の細部に至るまでモデルカーで出来る限り再現したこだわりのシリーズです。

実車に存在しない車両はモデル化しないというこだわりの完全限定生産モデルブランドです。

2台の特別販売モデルをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

トヨタ ランドクルーザー GX (URJ202) 2013 警察本部警備部機動隊指揮官車両

200系トヨタランドクルーザーで2011年にマーナーチェンジ後のフロント周りの形状やテールレンズなどが変更された中期型ベースの機動隊の指揮官車両です。

警察が出動するような大きなイベントなどでは隊員が揮台に上がり交通整理や誘導などに利用されており、
こちらは機動隊の指揮官が屋根の上に上り現場指揮などを行う為折り畳み式の指揮台や大型の拡声器がルーフ上に装備されています。

テレビなどで取り上げられる“DJポリス”が乗っている車両なので知ってる方も多いかもしれませんね!

商品番号:H7431307
JAN   :4548565309115

販売価格は6,500円(税別)

限定数は700台となります。

1/43 トヨタ ランドクルーザー GX (URJ202) 2013 警察本部警備部機動隊指揮官車両 1/43ミニカーの専門メーカーはヒコセブンプラス。大人のためのコレクションとしてパトカーなど限定モデルのミニカーを生産|HIKO7PLUS|商品詳細

http://www.hiko7plus.co.jp/item/H7431307

RAI'S(レイズ)、CAR-NEL(カーネル)ブランドで大人のためのコレクションとしてパトカー等限定モデルのミニカーを生産しています。ミニカー専門店Model Gallery HIKO7では幅広いミニカーを取り揃えております。|商品詳細

トヨタ ランドクルーザー AX (URJ202) 2014 警察本部特殊警護車両

警護車両は総理大臣や外国要人を警護する際に使われる要人警護車両が一般的ですがこちらの車両は一般人が何かしらの事情で危険にさらされる可能性がある際に使用される車両になります。
かなりマニアックですね。。

装備は要人警護車両と変わらず防弾仕様で反転式の赤色灯や前面赤色灯を装備しています。

商品番号:H7431405
JAN   :4548565309153

限定数は800台、

販売価格:6,300円(税別)となります。

さいごに

今回発売されるトヨタ ランドクルーザー GX (URJ202) 2013 警察本部警備部機動隊指揮官車両と、 2014 警察本部特殊警護車両ですが、どちらもマニアにはたまらない商品ではないでしょうか。

家電量販店のECサイトでは既に予約終了となっている人気ぶりです。

それぞれ2018年10月3日よりモデルギャラリーHIKO7及び全国模型店にて予約開始されているので、気になる方はおはやめに予約されると良いのではないでしょうか。

関連する投稿


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。