目次へ戻る

【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!改めて知りたいN-VAN

7月13日に発売された、ホンダの軽バン、N-VAN。このN-VANが売れに売れていることをご存知ですか?本記事ではN-VANを改めてピックアップ!そして試乗記もまとめています。N-VANが気になっている方はぜひ本記事を読んでみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【売れてます】ホンダのN-VANが売れ売れ!

7月13日に発売された、ホンダの軽バン、N-VAN。このN-VANが売れに売れていることをご存知ですか?本記事ではN-VANを改めてピックアップ!

そして試乗記もまとめています。N-VANが気になっている方はぜひ本記事を読んでみてくださいね。

【快挙】ホンダ N-VAN 累計受注が発売3か月で2万4000台超

ホンダの鈴木麻子執行役員は、7月13日に発売した新型軽商用バン『N-VAN』の累計受注台数が2万4000台を超えたことを明らかにしました。

発売から1か月経過した時点の受注台数は1万4000台だったことから、その後2カ月間でさらに1万台積み上がった計算に。

数字から、N-VANの勢いを強く感じます。

ホンダ 鈴木麻子 執行役員

鈴木執行役員は10月24日に都内で開いたN-VANの法人客であるダスキンの担当役員との対談イベントに登壇し、現在のN-VANの受注状況について「(10月22日時点で)2万4000台を超える数字を頂いている」と述べた。

その内訳は「個人のお客様が先行していて、最終的には法人のお客様も増えてくると思うが、まだ法人のお客様は非常にその中では限られた数字になっている」という。

「N-VANの前のモデルとして『アクティバン』があったが、(軽商用バンとして)19年ぶりのフルモデルチェンジということで、残念ながら軽商用車の中ではプレゼンスがなかなか上がらなかったこともあって、しばらくご縁の切れていた法人様もいる」と、鈴木執行役員はN-VANの受注で個人ユーザーが先行している背景を語る。

これはN-VANの納期状況にも実際に表れている。ホンダの広報部によるとN-VANの納期は、L、Gグレードが約1か月に対して、個人客を想定した+STYLE FUNおよび+STYLE COOLの両グレードは4-5か月かかるとのことだ。

【改めて知りたい】ホンダ N-VANって?

ホンダのN-VANとは、2018年2月に生産を終了した『アクティバン』の後継モデルであり、11年に投入を始めた軽自動車Nシリーズでは初めての商用車設定になっています。

アクティバンの全面改良は1999年が最後であり、久々の商用車テコ入れになります。

「はたらき方を変える“ダブルビッグ大開口”が、画期的な使いやすさを実現」としており、独自構造をアピール。

ちなみにダブルとはバックドアを上にはね上げた時のテールゲート部と、助手席側のボディーサイド部を示します。

とくに、助手席側は軽バンでは業界初となるセンターピラーのない構造とし、ここから大きな荷物の積み下ろしが楽にできるようにしています。

商用としてはもちろん、ホビーカーとしても活躍してくれそうな車です。

ホンダ N-VAN 試乗記・試乗評価

それでは、気になるN-VANの評価は?調べてまとめてみました。

すでに多くのメディアが紹介している、助手席まで床下にダイブダウンさせて荷室空間とし、左サイドをピラーレス化して積載の利便性を図った点などは、荷物を積むうえでもむしろ他のライバルを凌駕して優位になるとも考えられた。それに荷物を固定するフックの存在も、特にバイクを想定したような骨太のものが床にあるなど、如何にもバイクを作るホンダならではのアイデアで、こうした点に共感できるユーザーも恐らく多いと思う。

そして何よりも、営業車として試乗した場合のクルマの性能。これはまさにライバルを完全に蹴散らして、格の違いを見せつめるほどの出来の良さを誇っていた。流石に『N-BOX』をベースにしただけのことはあり、走りの点では全く手を抜いていない。

ホンダ N-VAN 気になる価格は

N-VANですが、エントリーモデルのGグレードが約126万円からで、便利な装備を追加し、機能美を磨いたスタンダードモデル、Lグレードが約134万円からです。

また、仕事レジャーの両立を目指し、丸目のスタイルになっている、N-VAN+STYLEもあります。

■G・Honda SENSING 126万7920円~137万7000円
■L・Honda SENSING 134万1360円~145万440円
■+STYLE FUN・Honda SENSING 156万600円~169万1280円
■+STYLE FUN・ターボ Honda SENSING 166万8600円~179万9280円
■+STYLE COOL・Honda SENSING 156万600円~169万1280円
■+STYLE COOL・ターボ Honda SENSING 166万8600円~179万9280円

最後に

いかがでしたか。

今、売れに売れているN-VAN。もし気になっている方はぜひ、販売店へ足を運んでみてくださいね。

また、もっとN-VANについて知りたいという方は下記記事も合わせてご覧ください。

N-VAN記事リンク

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-VAN

関連する投稿


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

ホンダ フリードプラス(フリード+)で車中泊をしよう!

これからの季節、どこかへ出掛けたくなりますね。たまには愛車で遠くまで出かけて、いっぱい遊んで車中泊するというのはどうでしょうか?今回は、ホンダ フリードプラスを使った車中泊にクローズアップしてお送りします。


【2020年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン4選!

【2020年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン4選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

【2020年最新版】タイプ別おすすめ軽自動車15選!

軽自動車といっても、スライドドアが欲しいとか流行りのSUVはおさえたいとか、あるいはカワイイのが良いとかやっぱり燃費が一番など、選ぶ基準は人によって違います。そこで、それぞれのタイプ別におすすめの軽自動車を3車種選んでみました。貴方の軽自動車選びの参考にしてもらえたらうれしいです。


ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!(※2020年7月更新しました)


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。