目次へ戻る

売れに売れてるホンダの「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

売れに売れてるホンダの「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。まずは、ホンダの新型軽バン「N-VAN」から。


勢いで「N-VAN」を買う新しもの好きに警告

ホンダのN-VAN

ホンダのN-VAN

「N-VAN」が、積載能力も使い勝手も自身の仕事と運転にピッタリとフィットしてるために、「アクティ」などこれまでのキャブオーバータイプから「N-VAN」に買い替えた方は、きっと満足しているはずです。問題はよく考えずに手を出した新しもの好きのユーザーなのです。

仕事、「N-VAN」と「アクティ」どっちがより使える?

左アクティ/右N-VAN

2018年3月に生産を終えたキャブオーバータイプの「アクティバン」と比較してみましょう。

荷室長(前席シートバックまで)
・N-VAN:1,510mm
・アクティバン:1,725mm

荷室フロア長
・N-VAN:1,585mm
・アクティバン:1,940mm

「N-VAN」は「N-BOX」ベースのFFであるために、キャブオーバータイプの「アクティ」など、他の軽商用バンよりも荷室の長さで不利となります。しかし、助手席をダイブダウンさせフラットフロアを作り出せるために、長尺物の積載に対応しています。また、助手席スライドドアを「タント」のように、ピラーレスにすることで大開放を実現し、荷物の出し入れが容易になっています。

しかし、作業用長尺物の代表格である脚立を載せる気になるかというと、ドアにガンガンあたって内装も傷だらけになるし、運転席によりかかったらそれこそ危険。キャブオーバーなら気にせず積み込めるのに。「N-VAN」では 写真のように十分に固定をする方法を考えないと無理です。

宅配などの個別配送でならどお?

荷室高:
・N-VAN:1,365mm
・アクティバン:1,220mm

荷室床面地上高:
・N-VAN:525mm
・アクティバン:665mm

宅配などの個別配送ではどうかというと、助手席をダイブダウンさせた状態で段ボール箱などを置けば長尺物以上に荷物は動き回るはずです。したがって、間仕切りの様なものを付ける必要があります(アームレストはありますが不安)。また、1つならともかく2つ重ねたら助手席側の視界も妨げます。むしろ、助手席をスライドさせて床に置く方が無難なのです。

荷室は「アクティ」より、「N-VAN」の方が高く、より積み上げられることになりますが、シートバック以上に詰み上げるのはご法度。そもそも、荷室と前席は仕切るのが必須ですから、専用のポールやパネルなどで荷崩れしないようにするのが一般的です。また、ピラーレスにすることで大開放したスライドドアから出し入れするような大きな荷物は、後部から積み込むのが普通です。あえて助手席側から行う理由が思い当たりません。

また、荷室の床面は「N-VAN」の方が低く楽なのは確かですが、完全にスクエアでフラットな「アクティ」と比べると、ホイールハウスの出っ張りが、邪魔になります。したがって、かさばらない大きさの荷物を少量運ぶなら都合がいいのですが、それなら「N-VAN」ではなく、「N-BOX」で十分なはずです。作業用、商用目的なら「N-VAN」よりキャブオーバーバンにするべきです。

レジャーユースにならいいのでは?

「N-VAN」には、「+STYLE FUN」、「+STYLE COOL」という、仕事とレジャー兼用に最適なちょっとオシャレなタイプがあり、キャンプなどアウトドア目的には最適であると思い込む人も多いでしょう。確かに、「N-BOX」より大きなサイズのものや、量的にもがっつり積み込めます。「ハイゼットキャディ」のような150kg積みではなく、商用タイプの350kg積みなのも頼りになります。が・・・

商用バンが乗用車と大きく異なるのは乗り心地。350kg積みにしっかりと対応する「N-VAN」が、空荷状態で乗り心地であるのは容易に想像できます。そして、フルフラットにすることが優先される後席のシートは見るからに薄っぺら。後席は補助シートと思った方が良いかもしれません。

しかも、スライドドアは電動ではなく、ボディサイドの意匠も安価な商用車テイストむき出しです。キャンプやなら「N-BOX」で十分なのですから、あえて「N-VAN」にする理由がありません。一人での車中泊なら助手席を収納してのびのび出来るという利点はありますが。

N-BOXの室内

「N-VAN」をどう使うか?ホンダからの挑戦だ!

「N-VAN」は使い物にならないかというとそうではありません。つまり、これまでの軽商用バンでは不向きだった利用が可能なるのです。例えば飲食などの移動販売車があります。ハイエースなどの大きなバンよりずっと安価な軽自動車であっても、大開放したスライドドアが活躍するはずです。また、これまでにない後部と助手席という歪な空間にヒントを得て、新たな使い道を思いつく人がいると思います。

「我々はこんな空間の車を造ってみました。貴方ならどう使いますか?」これはホンダからの挑戦なのかも知れません。

まとめ

つまり「N-VAN」は、キャブオーバーバンに取って代わるのではなく、まったく別のニーズを掘り起こし、その可能性にかけたのが、これまでの「アクティバン」の生産をやめてまで「N-VAN」にかけたホンダなのです。商用バンのシェアが圧倒的に低いホンダからできたともいえ、スズキやダイハツのようにシェアが高いと挑戦できなかったともいえます。7月に手に入れた3千台もの「N-VAN」のオーナーのみなさんは、どのように使っているのでしょうか?

関連するキーワード


N-VAN N-BOX ホンダ 車種情報

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


【2019年最新】ホンダから販売されている車種一覧|販売台数ランキングも

【2019年最新】ホンダから販売されている車種一覧|販売台数ランキングも

車だけではなく、バイクや船舶、航空機など、様々な分野で開発をしているホンダ。数あるホンダ製品の中でも有名なものはやはり自動車です。今回は、ホンダの車のおすすめ車種を特徴や価格、燃費等を交えてご紹介していきます。ホンダ車の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


30万円以下で購入できる!中古のコンパクトカー5選

30万円以下で購入できる!中古のコンパクトカー5選

大人4人がゆったり乗れる普通自動車のコンパクトカーは、税金の絶対的な安さでいうと軽自動車には及ばないですが、車格が大きい分、室内スペースにも余裕があります。お値段は軽自動車よりも安いものもあり、コストパフォーマンスの高いジャンルと言えます。今回はそんな日本のコンパクトカーの中古車を5車種、ピックアップしてみました。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】