目次へ戻る

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

2020年に高速道の逆走事故ゼロへ、メーカー・国土交通省の様々な取り組み

国土交通省は2020年までに高速道路での逆走事故ゼロを目指し、高速道路各社と自動車メーカーが連携した各種の取り組みを行っています。


危険な高速道路逆行事故

逆走事故の例

高速道路での逆走は、高速道路での事故全体と比較して、死傷事故となる割合が4倍、死亡事故でみれば40倍と、非常に危険な事案となっています。

全国の高速道路では、2日に1回の頻度で逆走が発生しており、年間40件の事故が発生。逆走の約5割はIC、JCTで発生しており、運転者の約7割は65歳以上の高齢者、逆走車の約5割が軽自動車だそうです。

これまでも、高速道路各社はラバーポールや標識、センサー付逆走警告装置の設置など、独自の逆走対策に加え、国交省や警察など、関係機関との連絡会議を行ってきましたが、2015年ごろから「2020年までに高速道路での逆走事故ゼロ」を目指し自動車メーカーとも連携し、IT技術や自動運転技術の活用を含めた対策に取り組みを始めました。

様々な逆走対策

首都高、立入 逆走検知・警告システム

首都高速道路は、歩行者・自転車等の立入や逆走車の自動検知・即時対応を目的とした「立入、逆走検知・警告システム」の試行運用を2015年3月27日より開始しました。

首都高では、歩行者等の立入や車両の逆走は重大事故につながる危険性があることから、立入禁止看板や路面文字等の対策を実施している。今回、立入等の防止強化や保護までの時間短縮のため、民間企業との共同研究による自動検知・即時対応システムを試行運用しています。

大師入口

目黒出入り口

同システムでは、歩行者等の立入や逆走車を検知すると、警告表示板やスピーカーで注意を促す。また、交通管制室に即時に発生を知らせ、パトロールカーの出動やマイクによる呼びかけ等を行うことができます。

試行運用では、目黒出入口(2号目黒線)、大師出入口(横羽線)、2015年6月からは護国寺出入口(5号池袋線)にも設置し、効果等の検証をしつつ、必要な改良や運用方法の見直し等、実運用に向けた検討を行っています。

カーナビアプリを使った逆走予防、実証実験を開始

阪神高速とナビタイムジャパンは、カーナビアプリ「NAVITIME ドライブサポーター」の逆走注意案内機能による抑止効果の実証実験を2016年12月1日より行いました。

NAVITIME ドライブサポーター 逆走注意案内機能

逆走注意案内機能は、逆走対策実施対象の高速入口に近づくと、音声で注意喚起。高速入口の手前から注意喚起をすることで、誤進入に伴う高速入口におけるバック走行やUターンによる逆走を未然に防ぐ機能です。

実証実験は、「天保山」「駒川」「阿倍野」「湊町」「大開」「高麗橋」「六甲アイランド北」「深江浜」「三宝」「三宅西」の阪神高速入口10か所で2017年1月31日まで実施されました。

この実験はカーナビアプリによる逆走予防策の有効性を検証するために行われた実験とのことです。

国土交通省、道路標識・区画腺・道路標示に関する命令を改正

国交省では、高速道路に路線番号を付すことによりわかりやすい道案内の実現を目指す「高速道路ナンバリングの実現に向けた提言」、本線への入口の誤認識による逆走予防の必要性、スマートIC(インターチェンジ)の利便性向上の必要性などを踏まえ、道路標識、区画線、道路標示に関する命令を改正します。

変更点として、まず高速道路の路線番号を案内する標識を新設し、一般道路上の「方面と方向」などの案内標識に高速道路番号を表示できることになります。

一般道路上の案内標識における高速道路の表示方法の変更(画像 国土交通省)

また、サービス・エリア、駐車場から本線へ進入する際の入口の誤認識による逆走予防のため、英語表記の適正化を含め、本線への入口を示す標識を新たに規定しました。

「サービス・エリア、駐車場から本線への入口」の標識を新たに規定(画像 国土交通省)

さらに、出口ICの間違いによる逆走予防のため、高速道路上の「出口の予告」案内標識で必要に応じてIC名称と行き先地名を分離して表示できることとなります。

高速道路上の案内標識における行き先地名表示の特例(画像 国土交通省)

国土交通省およびNEXCO 3社が公募 逆走対策技術

国土交通省では逆走対策を道路側・運転者側・自動車側それぞれからハード・ソフト面で対策を講じていく計画を立てています。

NEXCOがその取り組みの一環として民間企業との協働で技術開発を推進していくことを目的とした公募を行いました。

その結果、
・道路側での物理的・視覚的対策/逆走車両への注意喚起
・道路側で逆走を発見し、その情報を収集する技術
・車載機器による逆走車両への注意喚起/自動車側で逆走を発見し、その情報を収集する技術
という3テーマに対し、82の企業から100の技術提案が寄せられ、その中から28件が実道での検証などを行うものとして選定されました。

ETC2.0車載器により走行方向を判定し、逆走時に警告する(沖電気)

沖電気:ETC2.0車載器を搭載した車両に対して、逆走車両のみに適用される 警告情報を配信、車載器により走行方向を判定し、逆走時に警告します。

くさび型の非対称の段差で注意喚起(大成ロテック)

大成ロテック:舗装面にくさび型の非対称の段差を設置し、衝撃により 逆走車両に注意喚起する

レーザー光を面的に照射し、逆走車両を検知する(デンソー)

デンソー:レーザー光を面的に照射し、車両の位置・方向を特定し、逆走車両を検知

マルチメディア放送による高速道路逆走対策(アネクス)

アマネクの「マルチメディア放送による順走者向け逆走警告」は、V-Lowマルチメディア放送「Amanekチャンネル」を通して、逆走車両が発生した場合にそのエリアの車両に放送波で警告を伝えるというもの。

アマネクが開発したデジタルラジオ放送技術は、逆走検知センサーや逆走検知ができる通信カーナビからの逆走車両の位置情報をもとに、逆走車両が発生している道路路線のみに警告データを放送可能です。

Amanekチャンネルアプリや車載機から、逆走車の接近をエリア内を走行中の車両に自動音声にて警告します。

また、Amanekスタジオでは、ドライブに必要な気象警戒情報やドライブ情報などを地図上に可視化できるコンテンツモニターを備えており、モニター上に逆走車を表示することができます。

番組放送中はスタジオからナビゲーターが、逆走車の存在をリアルタイムでドライバーに伝え、肉声によりさらなる事故防止を図ります。

関連するキーワード


事故・交通事故

関連する投稿


【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

万が一交通事故を起してしまった場合、どのような手続きが必要か分かっている方も多くは無いと思います。本記事では、そもそもの交通事故証明書とは何なのか。んまた、その後の証明書の発行方法、申請方法等をまとめて掲載しています。


渋滞時はハザードランプ点灯を!ハザードランプの利用シーンは?

渋滞時はハザードランプ点灯を!ハザードランプの利用シーンは?

静岡県警が渋滞での追突事故を防ぐためハザードランプ点灯の呼びかけを行いました。今までハザードランプに関してこういった呼びかけはあまり聞いたことがなく異例の呼びかけだそうです。今回は本来のハザードランプの本来の役割から、利用されるシーンの多い用途などと合わせて紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


【無免許運転】罰金・懲役・点数など罰則の全て| 事例を交えて紹介

【無免許運転】罰金・懲役・点数など罰則の全て| 事例を交えて紹介

無免許運転は、2013年の道路交通法の改正に伴い交通違反点数と罰則が強化されました。無免許運転に関する、交通違反点数、行政処分、懲役、罰金の内容をご紹介します。また、同乗者に対する無免許運転幇助の罰則や交通事故を起してしまった場合の罰則内容や保険が適用されるか否かについて、事例を交えながら紹介しています。


【あおり運転】煽られた経験は約9割…。罰則強化で高まるドラレコ需要

【あおり運転】煽られた経験は約9割…。罰則強化で高まるドラレコ需要

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。