目次へ戻る

VW タイプ2 通称ワーゲンバスの魅力|新型車から中古価格総まとめ

VW タイプ2 通称ワーゲンバスの魅力|新型車から中古価格総まとめ

レトロで可愛いボディスタイルが人気のワーゲンバス。でもそれだけではないワーゲンバスの基本的な知識と魅力をご紹介します。また発表されたばかりの新型車の紹介から中古車の価格の相場もまとめたので、購入を検討している方は参考にしてください!あとワーゲンバスについての知られざる事実もお楽しみに!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


キャンピングカーベースとしても人気のワーゲンバス

「フォルクスワーゲン・タイプ2」は、フォルクスワーゲン社が製造する商用向けの自動車の事を言います。一般的には、フォルクスワーゲン社の商用車「トランスポーター」の第1世代、第2世代、第3世代のことを指していますが、狭い意味ではトランスポーターの第1世代、第2世代(T1~T2)のことを言います。

タイプ2という呼び名

タイプ2という呼び名は、1960年代の北米で広まり始めて、今でも使われることがあります。カタログでは貨物仕様で前席のみのものがVW Transporter(トランスポルター)、貨物仕様で2列席がVW Delivery Van(デリバリーバン)、多人数乗用仕様がVW kleinbus(クラインブス:小型バス、英語ではマイクロバス)、乗用・貨物兼用がKombi(コンビ:コンビネーション、米国でのステーションワゴンに準ずる呼称)、後部が荷台仕様がVW Pick-up(ピックアップ)となっています。

VW社のカタログモデルには、キャンピングカーとしても使えるものがあるのが、人気となっている要因でもあり、特徴でもあります。日本でもこれまで何度も話題になってきた歴史があります。

その他の愛称

愛称につきましては、タイプ2以外にアメリカ英語ではVW Bus、イギリス英語ではCamper Van、日本ではワーゲンバスやサンババス・デリバンと呼ばれています。これだけ見ても長い間人々に親しまれてきた車だということがわかります。

ワーゲンバスはT6、次期型T7へと進化

ワーゲンバスと呼ばれるのは先述の通り、トランスポーターの第1世代~第2世代(T1~T2)が一般的にワーゲンバスとして扱われますが、フォルクスワーゲンの商用車トランスポーターは現在もモデルチェンジが繰返され、1979年に「T3」、1990年に「T4」、2003年には「T5」と進化を続け、現在は6世代モデル「T6」となっています。

T7開発車両

T6 改良新型の開発車両

2018年には次期モデル「T7」と見られる開発車両のスクープや、2019年1月には「T7」とは異なるフェイスリフトモデルの改良新型T6の開発車両がスクープされています。

次世代型となる「T6/T7」は、ガソリンとディーゼルエンジンに加え、PHEVやフルEVのパワートレインが設定されると予想されています。

ワーゲンバスの燃費や基本スペック

ワーゲンバスの基本スペックは、年式が1979年のものでエンジンGE、駆動方式が2DW、車両重量は1380kg、ホイールスペース2,400mm、排気量1970cc、全長4,505mm、全幅1.720mm、全高1955mm、最高出力25HP/3300rpm・変速機4速MT・乗車定員8名・最高巡航速度80km/hです。

燃費は7,0km/L~8,0km/Lとなっていて、少し低いように感じますが仕方ないですね。

ワーゲンバスの中古車価格

ワーゲンバスは根強い人気のある車ですが、コンディションが良いものはもちろん、維持費がかさみそうな状態のものでも全般的に中古車価格は高い傾向があります。

販売台数自体が減少

そもそも販売されている台数自体が少なくなってきているのもその要因として考えられます。中古車相場としては大体200万円台くらいからありますが、高いものは700万円台にもなるものもありますから、販売店と相談して決めるという方法も多数取られているので、交渉してみる価値は十分あると思うのでオススメします。

タイプII 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/VW/S026/

タイプIIの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

価格・維持費が高いためワーゲンバス仕様のスバル サンバーも人気

スバルの五代目サンバーは、外装がVWのワーゲンバス風でよく似ている点や、同じRR車だという点から、ワーゲンバス仕様にしたサンバーも人気を博しました。

過去には、軽自動車仕様のワーゲンバスは何の車種なのか?とフォルクスワーゲンに問合せが入るほどだったようです。根強い人気があるため価格にはばらつきがありますが、おすすめです。

ワーゲンバス 画像集

電動自動車(EV)でワーゲンバス復活か

「第45回東京モーターショー2017」で、「ワーゲンバス(フォルクスワーゲン・タイプ2)」をEVとして蘇らした『I.D BUZZ』が国内では初公開されました。時代が変わってもやっぱりワーゲンバスはフロントが可愛く、少しコンパクトになって復活した感じがします。

この新しいワーゲンバスは、長いホイールベースと短いオーバーハングが特徴で、広い居住空間を追求しました。なおVW社のI.D.シリーズとは、同社が2020年より発売開始予定のEVのことを言います。

このシリーズにはゴルフクラスの小型ハッチバック車のI.D.(2020年発売予定)、ティグアンクラスの小型クーペSUVのI.D. CROZZ(2020年発売予定)、VW タイプ2をオマージュしたミニバンおよび商用バンのI.D. BUZZ(2022年発売予定)の3車種が発表されています。

最後に

余談ですがもともとは、フレームの一番後ろに水平対向エンジンが搭載されているタイプ1のシャシを見て、キャブオーバー型(前輪の上に座るタイプの総称)のボディを乗せればスペースが有効活用できるかもしれないという着想から生まれた車がタイプ2の後発車のカラベルという三代目です。“カラベル”の愛称が付いた三代目は、1979年に登場しました。

発売以前にFF化の噂がありましたが、労働組合の抵抗によってRR方式が存続されたといわれています。正式名称が“トランスポーター”ですが、少し勝手が悪くなり改善が必要になりました。トランスポーターとは、運搬する人や運搬する道具を指す言葉です。

確かに人や物を運ぶ車ですが、もう少し乗用車的な名前の方が売りやすいということになったのです。そんないきさつから、このモデルになって初めて乗用仕様車に“カラベル”と愛称がつけられたのでした。今でも欧州では“Caravelle”の名前で通用します。

ですが北米ではこの名前が使えなかったのか、“ヴァナゴン”という名前で売られていました。(“Van”と“Wagon”をくっつけた合成語です。)このT3は、日本でもヤナセが“カラベル”の名前で販売していましたが、1990年にフォルクスワーゲン・アウディ日本が設立され、北米での名称である“ヴァナゴン(Vanagon)”の名前で販売を始めたのです。しかし今見ているだけでも楽しくなれそうなワーゲンバスタイプ2。

でもキャンピングカーとしても使える実用的な車だったんですね。趣のある車内から見える景色はきっと素晴らしいものなのでしょう。これまでにもモデルチェンジをして進化をしてきたワーゲンバスですが、初代のインパクトがあまりにも強かったため、ベースになっているのはやはりあの愛らしいフロントと丸みを帯びたボディスタイルですね。

今では年々入手困難な状態になっていますが、新型車の発表もあったことですし、今までより環境にも配慮した乗り心地のいい一台になることでしょう。発売がもう待ちきれません。

関連するキーワード


VW 車種情報

関連する投稿


【最新版】2020年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

ベンツ、BMW、アウディ、VW、プジョー、マセラティ…。2020年はどんな外車・輸入車の新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では名だたる外車メーカー・ブランドの新型車・新車最新情報をまとめています。


【2020年最新】フォルクスワーゲン(VW)の現行車種ラインアップを紹介!

【2020年最新】フォルクスワーゲン(VW)の現行車種ラインアップを紹介!

世界的に有名なドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン、今回はフォルクスワーゲンから販売されている現行車(特別仕様車除く)を一挙紹介します。知れば知るほどフォルクスワーゲンの車が欲しくなること間違いなしです。


【豆知識】Cセグメントとは?おすすめ車種も紹介

【豆知識】Cセグメントとは?おすすめ車種も紹介

Cセグメントは、ヨーロッパにおける乗用車の分類方法の一つで、日本の分類に該当するならば、5ナンバーフルサイズ車と称されたスタンダードカー及び上級コンパクトカーとなります。しかし最近では、サイズそのものが大型化しつつあり、事情は変わってきているようです。本記事では、豆知識としてCセグメントに関連する情報をご紹介します。


【10月24日発売】VW ゴルフ新型最新情報

【10月24日発売】VW ゴルフ新型最新情報

フォルクスワーゲンは、新型『ゴルフ』(Volkswagen Golf)を10月24日、ドイツ・ヴォルフスブルクで初公開すると発表しました。 ゴルフは、フォルクスワーゲンの主力車種です。Cセグメントに分類される、ハッチバックタイプ車で、1974年に発売されて以来、ロングセラーを誇ります。本記事ではそんなゴルフ新型の最新情報をまとめました。


輸入車の殿堂入り VW ポロ ┃スペックや口コミ評価メンテナンスまで

輸入車の殿堂入り VW ポロ ┃スペックや口コミ評価メンテナンスまで

フォルクスワーゲン(VW)のコンパクトカー、ポロ。日本でも人気の高いフォルクスワーゲンのモデルで、女性の人気が高い車です。2018年に6代目が発売されました。本記事では現行ポロの情報をまとめています。(※情報は2019年8月現在のものです)


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。