トップへ戻る

【150台限定】トヨタ ヴィッツGRMNの価格や性能を解説!

【150台限定】トヨタ ヴィッツGRMNの価格や性能を解説!

究極のスポーツモデルであるGRMNの名を冠したヴィッツGRMN。販売台数はわずか150台。そんなヴィッツGRMNの価格や性能を解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


GRMNとは?

GRMN(ジーアールエムエヌ)はGAZOO Racing tuned by MNの略称で、本格的なサーキットでのスポーツ走行も可能なGRブランドの最上位シリーズの呼称です。

MNは「Meister of Nürburgring(マイスター・オブ・ニュルブルクリンク)」で、ドイツの極めて厳しく困難な新車開発の聖地とも呼ばれるサーキットで鍛え上げられた車であることを意味しています。

成瀬弘監督への敬意

これは2010年に他界したGAZOO Racingの成瀬弘監督への敬意を込め名付けられました。
近年のトヨタ自動車のモータスポーツへの力の入れ方は半端ではなく、豊田章男社長が自らステアリングを握りスポーツカー開発やモータースポーツへのチャレンジを続けていることで「GR」ブランドは車好きのみならず認知されてきました。

GRはモータースポーツ直系のスポーツカーブランドであるとトヨタは公式に宣言しています。
そんなGRブランドの最高位を意味するGRMNはマニュアルトランスミッションはもちろんのこと、エンジン内部や車体の軽量化、高剛性化など通常の市販モデル以上に手が加えられた数量限定のスペシャルモデルのことです。

その下にはGR、GRスポーツ、GRパーツ(アフターパーツによるカスタマイズ)という階級が設けられ、GRMNは究極のスポーツモデルの称号を誇っています。

トヨタ新型ヴィッツGRMNの特徴

まずはヴィッツという歴史的なコンパクトカーの歴史にも触れてみたいと思います。

トヨタはかつて「スターレット」というコンパクトカーがあり、モータースポーツシーンにおいても活躍を見せていました。

トヨタ ヴィッツは1999年に発売

初代 ヴィッツ

その事実上の後継車種として完全なニューモデルとして1999年に発売されたのがヴィッツです。

この車は世界戦略車として海外では「ヤリス」と呼ばれトヨタの中でも5番目の販売台数を誇る大ヒットモデルとなりました。

当時は他社もコンパクトカー市場において低価格化を軸に競争が激化しており、そこに一石を投じる形で投入されたのがヴィッツです。

保守的かつ簡素な造りで街乗りメイン、買い物メインとしてのコンパクトカー市場に衝撃的なデビューを果たしました。

革新的なデザインと室内空間の広さ、衝突安全性や環境性能などあらゆる面で世界に大きなインパクトを与えた名車がヴィッツです。

現在は3代目にあたりますが、2017年のトヨタのWRC復活と共に翌年にはヤリスWRCはマニュファクチャラーズチャンピオンを見事に達成し、モータースポーツにおいても目覚ましい活躍を結果と共に刻みました。

ヤリスGRMN

そんなヴィッツにGRMNというたった150台限定のウルトラホットモデルが追加設定され市販されました。(海外市場においてはヤリスGRMNとして400台が販売されました)

初代からヴィッツにはRSやターボモデルなどホットモデルが用意されてきましたが、このヴィッツGRMNはコンパクトカーの枠を超えた1800ccのエンジンにスーパーチャージャーと6速マニュアルトランスミッションを組み合わせ、日本未導入の3ドアボディに架装するというクラスを超えたマシンとして誕生しました。

ヴィッツGRMNのエクステリア

トヨタ ヤリス (ヴィッツの海外名)GRMN

ヴィッツGRMNの外観上の最大の特徴はGRブランドのアイデンティティともなっている「ファンクショナル・マトリックス・グリル」と呼ばれる四角のグリルと、スポーティかつ機能的なエアロパーツによりスタイリッシュに仕立て上げられています。

3ドアボディ

そして意外と気付かない最大の特徴は、このGRMNのみ日本国内未導入の3ドアボディということです。

かつてのモデルには3ドアモデルは通常モデルとしてラインナップされていましたが、3代目は5ドアのみとなりスポーツモデルのRSグレードでも5ドアとなっていました。

今回のGRMNは欧州モデルの3ドアボディを採用しており、ボディ剛性や重量においても大きなアドバンテージとなっています。

下位モデルとなるGRやGRスポーツのヴィッツにも同様のエクステリアが与えらえれていますが、3ドアのボディが最上位モデルのGRMNを誇る最大の特徴となります。

ヴィッツGRMNのインテリア

ヴィッツGRMNは走行性能やエクステリアだけのモディファイではありません。
内装、特にコクピット廻りに専用パーツを贅沢に投入しています。

専用のスポーツシート

まずはドライバーを強い横Gから保持する専用のスポーツシートです。

これはリクライニング機能も持ったセミバケットタイプとなっています。表皮にはウルトラスエードが採用されフィット感と優れたホールド性を両立しています。

ステアリングも専用のものが装備され、これは上部にレッドのセンターマークつきで下部にはGRロゴが入っています。

理想的なグリップ断面形状と俊敏な操作に対応する小径Φ362mmの真円形状が採用されています。

そして専用メーターは260km/hスケールで、シンプルながらメカニカルな印象を与えるデザインとなっています。

もちろんペダル類はレーシーなアルミペダルとなっています。

そして極めつけは専用のT-Connectナビです。(販売店装着オプション)これにはTOYOTA GAZOO Racing Recorder付となっていて前後左右のGや車速、アクセル開度、エンジン回転数、水温などの車両情報も表示可能なナビです。

ラップタイム計測やラリータイマー、3連メーター表示など魅力的な機能が満載です。
油温と油圧の表示が無いのが残念ではあります。

このように、ヴィッツGRMNは走りを楽しむ機能やオーナーとしての満足度を高めるための内装へのこだわりが随所に感じられます。

ヴィッツGRMNのパフォーマンス

ヴィッツGRMNのパフォーマンスはヴィッツ史上、そしてトヨタのこのクラスのコンパクトカーとしても最強と言えます。
トヨタは「コンビニからニュルブルクリンクまで、この一台で」と公式に謳っており、まさにピュアスポーツコンパクトを具現化したことが伝わるコンセプトです。

エンジンは規格外とも言える1.8L直列4気筒エンジン(2ZR-FE)にスーパーチャージャーを搭載。

最高出力156kW(212PS)/6,800rpm,最大トルク250N・m(25.5lgf・m)/4,800rpmの驚異的なスペックをたたき出しています。

リニアなブレーキフィーリング

そしてストッピングパワーを決めるブレーキもチューニングされ、対向4ポットキャリパーに加え車両の挙動を制御する電子デバイスのVSCも専用チューニングが施されています。
スリットローターはディスク厚を増すことで剛性と冷却キャパシティを向上、リヤのローターも大径化されリニアなブレーキフィーリングを実現しています。

ホイールはBBS製の17インチ鍛造アルミですが、これは専用のマットグレー塗装によりスポーティーながらも高級感のある仕上がりになっています。

サスペンションにはSACHS(ザックス)社製のパフォーマンスアブソーバーを採用しています。
これは快適性を維持しながらスポーツ性能を高めるチューニングが施されています。

ボディは単純にボディ補強パーツを追加するのではなく、根本的に欧州ヤリス用の3ドアボディを採用しすることでベースから見直されています。

そこへフロントメンバーのブレース、フロアトンネルとリヤサスペンションのトーションビーム付け根を連結するブレースを追加することでボディ全体の剛性アップをバランス良く達成しています。

その他大きなポイントとしては効きの弱いビスカス式ではなくトルセンLSDを標準搭載、高いトラクション性能によりエンジンパワーを無駄なく路面へ伝えます。

電動パワーステアリングも操舵フィーリングの見直しとチューニングが行われた専用品となっています。

ヴィッツGRMNの価格

ヴィッツGRMNの価格は400万円(税込)です。

「400万円のヴィッツ」と呼ばれるほどインパクトのある高価格です。限定150台は良いとしても、大衆コンパクトカーのイメージの強いヴィッツの価格として見てしまうとエントリーグレード(F Mパッケージ 約118万円)の4倍近い価格と言えます。

しかしベースとなるヴィッツGRは約230万円ですので、そこからの差額+170万円で専用3ドアボディと専用1.8Lスーパーチャージャーエンジン、6速LSD入りトランスミッション、専用ブレーキやバケットシートなどなどの装備の本気度を考えると、その差額で後からGRMN化することは絶対に出来ないのでお得と捉える人も居る様です。

欧州仕様のヤリスを生産しているフランスのバランシエンヌ工場にて生産され、日本へ輸入された後にトヨタの元町工場にてLFA工房の職人によって日本仕様へ最終架装され仕上げられます。

日本を代表する大企業であるトヨタがここまでの手間(工場ラインではなく職人が関わる工程)やコスト(テスト開発費や輸入費、専用部品の開発生産コストなど)を度外視してまで設定している価格とも思えますので、ヤリスのWRC復活を印象付けるブランディング戦略の一環として登場したヴィッツGRMNは歴史的な名車となりうる一台だと言えます。

ヴィッツGRMNは150台限定!売れ行きは?

ヴィッツGRMNは2018年4月に「商談予約受付開始」という形で購入希望者を募る形を取りましたが、瞬く間に予約枠が埋まり完売終了となりました。

400万円のFFスポーツカーという選択肢を考えた時に、高性能なルノールーテシアRSやメガーヌRSの方が単純な費用対効果は優れているとも言えます。

もう少し予算を追加すればWRX STIや中古のR35GT-Rも購入可能です。

しかし、やはり欲しい人は欲しい、安いと思えるスペシャリティカーであることを証明しました。
この手の車はコレクターズアイテムとして、そして転売目的として購入されることも少なくないため今後も中古車価格は高い相場で推移することが予想されます。

スポーツカーがどんどん減り、エコを叫ぶ時代にこのような極めてホットなハッチバックを限定とは言え発売してきたトヨタの意気込みを感じずには居られません。

これをきっかけにモータスポーツへの理解がより深まり、各メーカーから同様のスポーツモデルがリリースされることを期待します。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 ヴィッツ

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。