トップへ戻る

ロータスエリーゼの新型ってどんな車?走行性能や評価はどう?

ロータスエリーゼの新型ってどんな車?走行性能や評価はどう?

車好きにはたまらないロータスエリーゼ。どのような車なのか、走行性能や評価を含め、ロータスエリーゼについて解説します。2020年に発表されるとされている、新型ロータスエリーゼの情報についてもまとめていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ロータスエリーゼってどんな車?

ロータスエリーゼは、ロータスカーズが設計し、製造するライトウェイトスポーツカーです。創業当初より、車は軽量であることをモットーにして、車作りをし続けています。それでエリーゼも同じようにして、車体を軽くすることにこだわりが持ち続けられており、徹底的に重量が落とされているのが、大きなポイントです。

ロータスエリーゼの特徴は?

エリーゼの大きな特徴となっているのは、アルミ合金製の部材を、接着剤で組み合わせたバスタブフレームとFRPによって作られている外装にあります。アルミニウム製のシャシーはリベットではなく、接着剤を用いることで、精度を保ちながらもシャシー単体で68kgと軽量化に成功しています。

初期の頃のエリーゼは、エンジンベイや、リアハブキャリアもアルミで作成されていました。またブレーキローターも、量産車初となるアルミディスクを利用していたのも、特徴となっています。

初期のロータスエリーゼのモデルは、フェイズ1と呼ばれています。1998年に発売がスタートしたこのモデルは、軽量であり走行性能が高いというコンセプトの元に開発が進められ、発売がスタートしました。エアコンやパワステ、ブレーキブースターなども設定されておらず、車両重量はわずかに690kgという軽さを実現しています。

エリーゼ 111R

2003年にエリーゼはフェイズ2へとモデルチェンジしていきました。丸目だったフロントライトが、つり目へと変化したのは、このモデルからです。グレードの名前も多種あるのがこの時期のエリーゼで、途中からトヨタ製のエンジンも搭載しています。

エリーゼは、当初はローバー製のKシリーズと呼ばれているエンジンが距給されていましたが、ローバー社が破綻してエンジン供給がストップした後は、トヨタ製のエンジンが供給されていました。

全てのモデルでトヨタ製のエンジンが搭載されたのは、2006年6月からで1.8L直列4気筒自然吸気のエンジンが搭載されました。トヨタ製のエンジンも、2011年にエンジン形式が変更されており、2011年からは1.6L直列4気筒エンジンが搭載されています。

エリーゼ クラブレーサーSPS

2010年になると、欧州の排ガス規制であるユーロ5に適合させるために、さらに大幅なモデルチェンジを行います。現行型のフェイズ3がそのモデルです。現行モデルとなるエリーゼには、「エリーゼスポーツ」「エリーゼS」「エリーゼスポーツ220」が設定されています。エリーゼの販売20周年を記念した、20thアニバーサリーエディションも存在しています。

エンジンはキャビン後方に、ミッドシップの形で配置されています。駆動方式は、MRで後輪を駆動する方式を採用しており、優れたコーナリングを実現。布製の幌屋根は、手動で脱着する方式を採用しています。

ロータスエリーゼは、後に中国資本になりましたが、日本向けの限定モデルも発売しています。ロータスは日本市場もしっかりと見据えていることが分かるメーカーでもあり、エリーゼは魅力のあるモデルでもあるのです。

ロータスエリーゼの走行性能

ロータスエリーゼの走行性能を語る上で、最初に触れるべきなのは、その軽量なボディです。徹底的に軽量化されているボディですので、軽さが走りに良い影響を与えています。ベースとなっているエリーゼは、エアコンなどの装備もされていないので、車重は856kgと発表されています。

以前の別のモデルでは、さらに軽量な車種もありましたので、シリーズ最軽量という訳ではありません。しかしロータスのラインナップでも、非常に軽量なモデルであることには変わらないでしょう。

軽量ではありますが、シャシーがしっかりとしているので、運転をしていてもライトウェイトよりも手ごたえがあると感じさせる走りをします。サーキットでの限界走行性能を追求した結果かもしれませんが、軽すぎない走りはドライバーに安心感と楽しさを感じさせます。

ロータスエリーゼのパワーユニットは?

エリーゼ スプリント220

横置きのミッドシップとなっているパワーユニットは、トヨタの1.6L4気筒エンジンとなっています。欧州のオーリスなどに採用されている、1ZR-FAE型のエンジンです。ロータス向けに専用のECUが使われており、スポーツカーのエンジンと生まれ変わっています。

7000回転までしっかりと回るエンジンは、ドライバーを走る気にさせてくれます。また高回転まで使い切ることができるエンジンは、楽しいドライブとなることでしょう。エンジンを使う楽しさを味わう事ができるのが、エリーゼのパワーユニットの特徴となっています。

ロータスエリーゼの評価は?

ロータスエリーゼは、徹底的に軽量化されているのが評価されているポイントです。カーボン製のバケットシートや、ポリカーボネイト製のリアウィンドウを採用しているグレードもあります。軽量化だけではなく、低重心化もしているのが評価されます。

実際の走りにも、軽量化や低重心化されていることが活かされています。ハイグリップタイヤを装着しているので、軽量化された車体と相まって、軽快なドライビングを楽しむことができます。車重が重いモデルに乗っていると、信じられないほどのスピードで、コーナーを駆け抜けることができるのも、軽量なボディのおかげと言えるでしょう。

硬派な走り心地がポイント

軽量化されたアルミ製のシャシーを搭載しているとはいえ、しっかりとした剛性を感じさせてくれるのもポイントです。人が乗る部分をバスタブの形にしているので、バスタブフレームと呼ばれていますが、車の軽量化と強度を維持するために用いられている技術です。

パネルをエポキシの接着剤で接続していますが、走りの際にはかつてないほどの剛性が感じさせられます。4輪ダブルウィッシュボーン式の足回りは、硬めのセッティングとなっており、手ごたえもしっかりとしているハンドリングです。

コーナリングのための車

低重心化されたシートのおかげもあり、アイポイントが通常の車よりも非常に低くなっています。しかしダッシュボードも低くなっているので、運転席からは前が良く見えるようになっています。

フロントフェンダーがしっかりと見ることができるので、見切りの良さをさらに増しているのです。低い運転席から路面を見ると、まさにコーナリングのための車であることを感じさせます。

エンジンにスーパーチャージャーを搭載したモデルも設定されており、目を見張る加速を見せてくれます。コーナリングだけでなく、加速も良いモデルでは、運転の楽しさをさらに向上させてくれる内容です。

特にエリーゼの中でもパフォーマンスをアップさせたモデルである、スプリント220の場合には、先ほど取り上げたスーパーチャージャーを搭載しているだけでなく、カーボン製のバケットシートや、ポリカーボネイト製のリアウィンドウなどで軽量化を施しています。

車との一体感を楽しむことができ、運転を快適にさせる装備など一切ないにもかかわらず、運転を楽しむことができるのがエリーゼの特徴でもあり、魅力でもあります。

ロータスエリーゼのモデルチェンジ情報は?

ロータスのCEOによると、新型エリーゼが2020年に投入される可能性があることを公表しています。

2020年にモデルチェンジの可能性

軽量化されていることがエリーゼの特徴となっていましたが、時代の流れに沿ってサイズが大きくなる予定になることが予想されているのがポイント。それでもやはり、軽量であるという部類には含まれる、1000kg以内になることが考えられています。

新型エリーゼは、現行モデルのアップデート版と考えられていますが、米国の衝突安全基準を満たすようになります。それで販売台数を増やすことを目標としているようです。年間販売台数は、現在は2000台ほどとなっているようですが、新型エリーゼが販売された際には、年間4000台を目指すようです。

現在でもライトウェイトスポーツのジャンルには、数多きライバルが存在しています。その中で、独自の優位性を見出しているからこそ、アメリカでの販売に勝算があるということなのでしょう。

新しいロータスエリーゼはこうなる?

パリモーターショー2010で初公開された「エリーゼ プロトタイプ」

新しいエリーゼに関するレンダリングは、実は2010年のパリ・モーターショーからスタートしています。この時に発表されたコンセプトカーを元にして、レンダリングもされていました。

この時には、数多くのコンセプトカーを出していたので、一時話題を集めていたモデルでもあります。2020年に新型が登場するということは決定しているようですが、どのようなモデルになるのかは正式に発表されていません。

2010年に発表されたコンセプトモデルの中のいずれかとデザインが近いのではとされています。この時の経営陣は、全フェラーリの副社長であったダニ・バハールが指揮を執っており、現在の経営陣とは異なるので、同じコンセプトでモデルチェンジがされるかについては疑問が残ります。

いずれにしても、どのコンセプトモデルも流線形でスタイリッシュなデザインになっているので、現在のモデルよりもさらに上品なイメージになることは間違いがないでしょう。現在の経営陣になって2000年代からは初めて黒字化したロータスの、新しいモデルがどのように変化するのか楽しみなモデルです。

ドライビングフィールを感じるための車


ロータスエリーゼは、まさにドライビングのための車と言うことができるでしょう。創業当初から、軽量化という大きなコンセプトの元に、車作りをしてきたロータス。その中の主要モデルであるエリーゼは、変わらないコンセプトの中に、車好きを魅了する特徴を備えています。

2020年にはモデルチェンジすることを公表しているエリーゼ。どのような車に変化するのか、正式な発表を楽しみにしていきましょう。

関連するキーワード


スポーツカー ロータス

関連する投稿


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

【予算200万円の新車探し】タイプ別紹介!SUVやスポーツカーも

車選びにおけるひとつのスイートスポットな予算は「200万円」なのかもしれません。たとえ新車であっても、200万円以下ならあらゆるボディタイプの車から幅広く選べるバリエーションがうれしいところ。その中でも今回は、ちょっと人に自慢したくなるような高コスパのおすすめ車種をご紹介していきます。流行のSUVからミニバンまで、人気車種が目白押しです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


シボレー コルベット|アメリカの誇る本格スポーツカーの最新情報!

シボレー コルベット|アメリカの誇る本格スポーツカーの最新情報!

1953年の登場から、純スポーツカーとしての高い性能と、世界をリードしたアメリカ車らしいデザイン性でアメリカンスポーツカーの代表的な車として君臨しているコルベット。初代は欧州のスポーツカーに触発されて開発されたとのことですが、今では独自の魅力を持ち、日本を含む世界中にファンがいますよね。米国で人気沸騰中の新型モデルの情報と、コルベットの系譜をまとめました。


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。