目次へ戻る

普及車向け「トヨタセーフティーセンスC(Toyota Safety Sense C)」の実力は

普及車向け「トヨタセーフティーセンスC(Toyota Safety Sense C)」の実力は

トヨタが提供する普及車向け向け衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)C」の仕組みや性能、搭載車種についてまとめました。


Toyota Safety Sense(トヨタセーフティーセンス)とは

トヨタは「Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)」と名付けた自動ブレーキシステムを開発し、2017年までに日米欧で販売するほぼすべての乗用車に導入すると発表しています。

最大の特徴は2種類の異なるセンサーを組み合わせている点で、認識性能の向上と信頼性確保の両立を図っているそうです。

トヨタ・セーフティ・センスには、単眼カメラとレーダーを組み合わせた、主にコンパクトカー向けの『トヨタ・セーフティ・センス C』。そして単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせたミディアムクラス以上向けの『トヨタ・セーフティ・センス P』の2つが存在しています。

パッケージはコストを抑えた普及版でコンパクトカー向けの「Toyota Safety Sense C」と、ミディアム・上級車向けの「Toyota Safety Sense P」の2タイプがあります。

最大の違いは対人への対応で「P」は歩行者に対して自動ブレーキシステムが作動しますが、「C」では非対応という点です。

その他、自動ブレーキの対応速度も異なっており「C」が10~80km/hの速度で作動し、30km/hの減速を行う形式となっていますが、一方の「P」は10km/hから搭載車両の最高速度までと作動範囲が広く、減速も40km/hが可能(対人では30km/h)という違いがあります。

普及車向けToyota Safety Sense C

普及車向けのトヨタ セーフティ センスCは「単眼カメラ」と「レーザーレーダー」の組み合わせにより

・プリクラッシュセーフティシステム(対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

を実現しています。

カメラとレーザーレーダーをコンパクトユニットに統合したセンサーモジュールMFL

対車両自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」

2種類のセンサー(レーザーレーダーと単眼カメラ)で先行車両を検知し、衝突の可能性がある場合、ブザーやディスプレイ表示でドライバーに警報、衝突の恐れがある場合は自動ブレーキを作動させ衝突の回避や被害軽減を行います。

比較的シンプルな構成ではありますが、作動する速度域は約10~80km/hと広い速度域で作動し、30km/hの減速を行います。

これは追突事故のほぼ8割をカバーし、実際の死傷事故を大きく減らすことができると期待されています。

車線逸脱の危険を知らせる「レーンディパーチャーアラート」

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識することで、車線を逸脱する可能性がある場合にブザーとディスプレイ表示で警報します。

この機能はドライバーがウインカー操作を行わずに車線を越えそうな場合に動作する事で車線逸脱による事故の回避を支援します。

ハイ/ロービームを自動切り替え「オートマチックハイビーム」

対向車のヘッドランプ、先行車のテールランプ、周囲の明るさなどをカメラで認識し、ハイビームでの走行が可能と判断した場合は原則的ににハイビームを使い、対向車を検知すると自動でロービームに切り替えてくれる機能である。

自動的に切り替えを行う事により、切り替え忘れを防きます。また、手動操作の手間を軽減することで、ドライバーの前方視界確保をアシストします。

JNCAP予防安全最高ランクを獲得

衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ・センス C」を初搭載した『カローラフィールダー』と『カローラアクシオ』が、JNCAP予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+」を獲得しました。

両車種ともに2015年度のJNCAP予防安全性能評価としては初となる満点を獲得し、予防安全性能が高いクルマと評価されました。

JNCAP予防安全性能評価は、衝突被害軽減性能や車線逸脱警報性能など、車両の予防安全性を「ASV+」、「ASV」の2段階に評価を行う制度で、2015年度からは新たにバックモニターなどの性能評価が加わっています。

トヨタセーフティーセンスCの搭載車種は

トヨタセーフティーセンスCは主にコンパクトカーや普及車向けに提供されています

トヨタ アクア

トヨタ ヴィッツ

トヨタ ポルテ

トヨタ スペイド

トヨタ カローラアクシオ

トヨタ カローラフィールダー

トヨタ アベンシス

トヨタ オーリス

トヨタ シエンタ

トヨタ ノア

トヨタ ヴォクシー

エスクァイア

エスティマ / エスティマ ハイブリッド

トヨタ アリオン

トヨタ プレミオ

関連する投稿


トヨタのセダン プレミオ/アリオン中古車価格まとめ

トヨタのセダン プレミオ/アリオン中古車価格まとめ

日本の正統派セダンといえば、トヨタの「プレミオ」「アリオン」と言っていいでしょう。かつては、ファミリーカーがセダンというイメージが多くあったのですが、現在の日本市場で少なくなってきているのは事実としてあります。今回は、そんなトヨタのプレミオとアリオンの中古価格をまとめましたので、一緒に見ていきましょう。


トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタのミニバン!エスティマ 中古価格まとめ

トヨタが生んだ、”天才タマゴ”のキャッチフレーズで一躍人気者になった初代エスティマ。登場からもうすぐ30年が経ちます。2019年7月31日に生産終了してしまったエスティマ。今回は、そんなエスティマの中古車についてお話しして行きます。


トヨタの人気コンパクトカー アクア中古車価格まとめ

トヨタの人気コンパクトカー アクア中古車価格まとめ

トヨタのアクアといえば、2011年の登場以来、常に車名別販売ランキングで上位に食い込んできたトヨタのヒットモデルと言えるコンパクトカーです。デザインも飽きがこないものとなっており、ハイブリッド性能としての燃費が良く、誰が乗っても満足できる車といえるでしょう。今回は、トヨタ アクアの中古車についてまとめましたので、一緒に見ていきましょう。


トヨタのミニバン ヴォクシー・ノア・エスクァイア中古価格まとめ

トヨタのミニバン ヴォクシー・ノア・エスクァイア中古価格まとめ

ヴォクシー、ノア、エスクァイアはトヨタのミニバンです。様々なところで見かけることも多いと思います。今回はこの3台のミニバンの特徴を中古価格と合わせてみていきます。


室内が広いトールワゴン!トヨタ ポルテ/スペイドの中古車価格など

室内が広いトールワゴン!トヨタ ポルテ/スペイドの中古車価格など

ポルテとスペイドはミニバンの要素を持つトヨタのトールワゴンです。この2車種は販売店によって名前を変えて販売されています。ポルテはトヨタ店とトヨペット店で、スペイドはカローラ店と先代車種であるラウムを取り扱っているネッツ店で販売されています。 ここではこの2車種について、中古車情報を交えながらご紹介します。


最新の投稿


【おすすめ10選】綺麗好きな方へ!車用掃除機まとめ

【おすすめ10選】綺麗好きな方へ!車用掃除機まとめ

車の中を常に綺麗にしておきたい方に、車内で使える掃除機をご紹介します。お菓子のクズや、土など、落としたゴミをすぐに吸い取り綺麗にすることができます。車内の必需品に加えてみてはいかがでしょうか?


【おすすめ10選】クーラーボックス

【おすすめ10選】クーラーボックス

キャンプやピクニックなどのお出かけの際、食材運びの味方がクーラーボックスです。一台あるだけで、食材の保管だけでなく、テーブルがわりにもなる優れもの。お出かけ以外の日常使いでも、スーパーで買った食材を入れておけば、時間を気にせず他の場所へも立ち寄ることができます。今回は大活躍のクーラーボックスをご紹介します。


【関東】道の駅ならここに行くべし!関東の道の駅おすすめランキング 10

【関東】道の駅ならここに行くべし!関東の道の駅おすすめランキング 10

都心から少し離れたところにある道の駅。日帰りで気軽に行くことも出来るし、旅行に行った先で訪れることも出来ます。今回は、関東エリアで特に人気のある道の駅ランキング10をご紹介します。


道の駅 雨晴ってどんな場所?その魅力を徹底追及

道の駅 雨晴ってどんな場所?その魅力を徹底追及

この記事を読んでいるということは道の駅雨晴に興味があり行こうか悩んでいる方ではないでしょうか。雨晴にある海岸はまさに絶景であり、この他にも見所がたくさんあります!この記事を読めば、道の駅雨晴に興味がある方はもちろん、そうでない方でも今すぐ行きたくなること間違いなしです!


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。