目次へ戻る

【その車何億円?】ブガッティ歴代車種一覧!このブガッティの価格は?

【その車何億円?】ブガッティ歴代車種一覧!このブガッティの価格は?

ブガッティ・オトモビルとはフランスに本社を置く自動車メーカーです。子会社として1998年に創業。フォルクスワーゲングループの子会社になります。ブガッティと言えば…やはり気になるのは価格なのではないでしょうか。今まで発売されてきたブガッティ、どれが一番高かったの?なんて気になっている方必見!の記事です。


【その車何億円?】ブガッティ歴代車種一覧!このブガッティの価格は?

ブガッティ・オトモビルとはフランスに本社を置く自動車メーカーで、フォルクスワーゲングループの子会社になります。

もともとは1909年に、イタリアの自動車技術者、エットーレ・ブガッティがアルザス(当時ドイツ領)に設立した自動車会社で、1940年代初頭まで主に高性能スポーツカーやレースカーを製造していました。経営破綻したのち、1987年にイタリアの実業家、ロマーノ・アルティオーリがガッティの商標を手に入れ、ブガッティ・アウトモビリを設立。

その後、1998年にブガッティ・アウトモビリSpAからフォルクスワーゲンAGが商標権を買い上げ、ブガッティ・オトモビルを設立…という流れになっています。

ブガッティと言えば…やはり気になるのは価格なのではないでしょうか。今まで発売されてきたブガッティ、どれが一番高かったの?なんて気になっている方必見!の記事です。

ブガッティ ヴェイロン(2007年当時:約2億円)

ブガッティ ヴェイロン

ブガッティ ヴェイロン

ブガッティ ヴェイロン

ブガッティ ヴェイロン

ブガッティのヴェイロンは、2005年の東京モーターショーで市販モデルを発表しました。以降、2015年まで製造されました。

ヴェイロンの名前は初代ブガッティのエンジニア、レーシングドライバーであり、1939年のル・マン24時間レースをジャン=ピエール・ウィミーユとともにブガッティ・タイプ57で制するなど活躍したピエール・ヴェイロンから来ているんです。

8.0リットルW16気筒エンジンに4つのターボを装着し、最大出力1001ps、最大トルク127.5kgmという桁外れのスペックを発揮します。

強大なパワーは7速DSGとフルタイム4WDで路面に伝えられ、0-100km/h加速2.5秒、最高速407km/hという世界屈指のパフォーマンスを実現しました。

そして日本での価格は、2007年当時で1億9900万円とのこと。

ブガッティ・シロン(2007年当時:約2億7000万円)

ブガッティ シロン

ブガッティ シロン

ブガッティ シロン

ブガッティ シロン

ブガッティシロンは、『ヴェイロン』の後継車です。2016年のジュネーブモーターショーにて発表されました。

ヴェイロン同様、世界で最もパワフル、最速、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブな量産スーパーカーを目指して、誕生しました。

「シロン」という車名はかつてブガッティに乗り活躍したレーシング・ドライバーのルイ・シロンから。

そのハイライトは、ミッドシップに搭載される新開発の8.0リットルW16気筒+4ターボ。新たに2ステージターボ化されており、最大出力1500hp/6700rpm、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを獲得。

ヴェイロンの最大出力1200hp、最大トルク153kgmに対して、300hp、10kgm強化されました。

そして気になる価格は2016年当時、240万ユーロ(約2億7000万円)!!

ブガッティ ディーヴォ(2018年当時:約6.6億円)

ブガッティ ディーヴォ(DIVO)

ブガッティ ディーヴォ(DIVO)

ブガッティ ディーヴォ(DIVO)

2018年のモントレー・カーウィークにて発表されたのがディーヴォです。

このディーヴォは世界限定40台で製造され、即座に完売しました。

車名は1920年代にブガッティに乗りタルガ・フローリオを2度制したアルベルト・ディーヴォから採られています。

そして、お値段500万ユーロ(約6.6億円)以上!!!

【おまけ】ラ・ヴォワチュール・ノワール (ワンオフモデル)(約14億円)

ブガッティは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、『ラ・ヴォワチュール・ノワール』(Bugatti La Voiture Noire)その名も“黒い車”を初公開しました。

同車は、ブガッティブランドの誕生110周年を記念したワンオフモデル。

気になる価格はなんと、1100万ユーロ(約14億円)!!

自動車の歴史において、世界一高価な新車になるとのことです。

ワンオフモデルとはいえ、14億円という数字には目が飛び出ますね。

最後に

いかがでしたか。

もう車の価格にマヒしてきてしまった…という方も多いのではないでしょうか。

ブガッティは「欲しいなあ」とか「次の車はブガッティがいいかなあ」なんてレベルでは語れない車ではありますが、その価格だけの性能と魅力をほこるハイパーカーです。

もっとブガッティについて知りたいという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


ブガッティ シロン

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】最強すぎるブガッティのワンオフ!1100万ユーロ

【ジュネーブモーターショー2019】最強すぎるブガッティのワンオフ!1100万ユーロ

ブガッティは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、『ラ・ヴォワチュール・ノワール』(Bugatti La Voiture Noire)その名も“黒い車”を初公開しました。先日もお届けしたラ・ヴォワチュール・ノワール情報。最新情報をまとめています。


【ひれ伏す】史上最高額!ブガッティ ラ ヴォワチュール ノワールの価格は

【ひれ伏す】史上最高額!ブガッティ ラ ヴォワチュール ノワールの価格は

「値段が高い」という一言では言い表せないほどに敷居の高い、スーパーカー・ブガッティですが、そんなブガッティから、今回さらにその上の上をいく究極のスーパーカーが発表されました。その名もラ ヴォワチュール ノワール。この車、気になる値段はなんと……史上最高額の14憶です!


【価格は6億超】ブガッティのスペシャルモデル「ディーヴォ」限定40台既に完売

【価格は6億超】ブガッティのスペシャルモデル「ディーヴォ」限定40台既に完売

あの超高級車としておなじみのブガッティ シロンのデリバリーが100台を過ぎましたが、そんな中、名前の異なるニューモデル・ディーヴォが登場します。ディーヴォは、世界限定40台で、なんとお値段は6億を超えるスーパーカーに仕上がっています!そんな夢の車、ディーヴォについてまとめました。


【LEGO】ブガッティのスーパーカー『シロン』をレゴで再現!?

【LEGO】ブガッティのスーパーカー『シロン』をレゴで再現!?

億超えのスーパーカー、ブガッティシロンですが、そんなブガッティシロンがレゴブロックで再現されたというニュースを入手しました。ちなみに、このレゴのシロン、動かせるんだそうです。


【ゼロの数が違う】億超え必須のブガッティ車種まとめ

【ゼロの数が違う】億超え必須のブガッティ車種まとめ

ブガッティ・オトモビルはフランスに本社を置く自動車メーカーです。フォルクスワーゲンが往年のブガッティの商標権および製造販売権を獲得し100%子会社として1998年に創業しました。そんなブガッティですが、超がつくほどの高価なスーパーカーとして有名ですね。本記事ではブガッティの車種と新車価格をまとめてご紹介します。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。