目次へ戻る

スーパーカーってどんな車?最新スーパーカーを紹介!

スーパーカーってどんな車?最新スーパーカーを紹介!

スーパーカーと呼ばれる車が世の中にはあり、その殆どが数千万を超える車です。大金を出しても乗りたい・所有したいと思う方は世間には多くいらっしゃいますが、その魅力はどこにあるのでしょうか?今回は、そんなスーパーカーについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スーパーカーってそもそもどんな車?

フォード GT

フォード GT

スーパーカーと聞くと、多くの方はフェラーリやランボルギーニといったスポーツカーを思い浮かべるかもしれません。

これらのメーカーの自動車は、一般向けの乗用車とは比較にならないほどの高い走行性能を持っています。

サーキットなどで、200km/hや300km/hといった超高速で走行することが可能です。スーパーカーの定義は曖昧で、人によって考え方に違いがあります。

それでも多くの人がスーパーカーと認める車は非常に高い走行性能を持ち、経済性や燃費よりもスピードを重視した車といえます。

マクラーレン・セナ

マクラーレン・セナ

実用性重視の乗用車は、経済性(価格・燃費など)と性能のバランスが考慮されて設計されています。普通の乗用車は、高速道を100km/hそこそこの速さで安全走行ができる程度の性能に抑えられています。

時速300km/h近い速度で走れるスーパーカーはオーバースペックで、これらは趣味のための車といえるでしょう。

日本を席巻!70年代のスーパーカーブーム

昔からスポーツカーと呼ばれる乗用車は存在していましたが、実用性を重視して設計されていました。

1970年代にランボルギーニやフェラーリが超高性能の車を発売して、世界的にスーパーカーのブームが起こりました。

日本でも、70~80年代にかけてランボルギーニ・カウンタックやフェラーリ512BBなどのスーパーカーが一大ブームになりました。

80年代のバブル景気が追い風となり、事業で成功した人がスーパーカーを購入するケースもみられました。

スーパーカーの大ブームはありましたが、実際に購入したり運転をすることができるのはごく一部の限られた人だけです。

それでもテレビや雑誌などのメディアで取り上げられることで、スーパーカーは車好きの人が一度は憧れる存在になりました。

世界を代表するスーパーカーのメーカー

ファルコン F7

ファルコン F7

いくつかの自動車メーカーが、スーパーカーと呼ばれる車を生産しています。世界的に有名なスーパーカーメーカーは、フェラーリ・ランボルギーニ・マクラーレン・アストンマーティン・ケーニグセグ・ブガッティなどです。

これらの自動車メーカーは、販売される車種のほとんどがスーパーカーです。一般向けの大衆車を生産している自動車メーカーでも、スーパーカーを生産している会社があります。

例えば、日産・トヨタ・ホンダ・アウディ・ベンツ・BMWなどがあります。日本車の日産GT-RやホンダNSXは、海外でも高く評価されています。

旬のスーパーカーが勢揃い!話題の最新スーパーカー5選

日産 GT-R 50 by Italdesign

日産 GT-R 50 by Italdesign

現在生産中のスーパーカーで代表的な車種には、フェラーリ・ローマ、マーティン・ヴァルキリー、マクラーレン・スピードテール、ブガッティ・シロンなどがあります。

日本車では、日産GT-R50も世界的に知られているスーパーカーのひとつです。世界的に有名な5種類のスーパーカーについて、特徴とスペックを紹介します。

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

フェラーリ・ローマ

フェラーリはスーパーカーのメーカーとして世界的に有名ですが、最新の車種は2019年11月に発表されたローマです。日本では2020年4月に発表され、2021年頃に納車が開始される予定です。

フェラーリ・ローマはV8気筒ツインターボエンジン(3855cc)を搭載し、最高出力は620馬力です。エンジンの配置はフロントミッドシップで、後輪駆動です。

ローマの特徴は、ウエット・コンフォート・スポーツ・レース・ESCオフの5種類の走行モードを備えていることです。

状況に応じて走行モードを切り替えることで、公道でも安全に走行することができます。ちなみにフェラーリ・ローマの販売予定価格ですが、2682万円からとなっています。

スペック【フェラーリ・フェラーリ・ローマ】

【フェラーリ フェラーリ・ローマ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,656mm×19,74mm×1,301mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員2名
車両重量1,570kg(乾燥重量)
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類90゜ V型8気筒ツインターボ
最高出力456kW(620CV)/5,750-7,500rpm
最大トルク

760N・m(-kgf・m)/3,000-5,750rpm

後輪駆動(FR)-
トランスミッション8速DCT
(2020年7月現在 フェラーリ公式サイトより)

アストンマーティン・ヴァルキリー

アストンマーティン・ヴァルキリー

アストンマーティン・ヴァルキリー

アストンマーティンは、スーパーカーの中でも高級感あふれるハイパフォーマンスな車を生産しているイギリスの高級自動車メーカーです。

ヴァルキリーは、2016年3月にレッドブル・レーシングと提携する形で開発プロジェクトが始動した最新のスーパーカーです。

2017年11月にはサーキット専用バージョンAMR Proが発表され、2020年3月に公道を走行する様子が公開されました。

ヴァルキリーが搭載する6.5LV12自然吸気エンジンの最高出力は1000馬力を超えていて、電気モーターによるアシストが加わります。

サーキット専用のレース用車両に近い性能を持ち、公道仕様車の最高速度は362km/hに達するとされています。ちなみにレース専用バージョン(AMR Pro)の最高速度は、約400km/hです。

アストンマーティン・ヴァルキリーの公道仕様車は150台の限定生産で、11台が日本で販売されました。価格は1台あたり約3億円で、既に全車完売済みです。

スペック【アストンマーティン・ヴァルキリー】

【アストンマーティン ヴァルキリー】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)-mm×-mm×-mm
ホイールベース-mm
最大乗車定員2名
車両重量-kg
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類6.5リッターV12自然吸気
最高出力1,000hp/10,500rpm
最大トルク

75.5kgm/7,000rpm

電動機種類-
最高出力160hp
最大トルク28.6kgm
システム最高出力1,160hp
システム最大トルク91.8kgm
駆動方式MR
トランスミッション7速シングルクラッチセミAT
(2020年7月現在 アストンマーティン公式サイトより)

マクラーレン・スピードテール

マクラーレン・スピードテール

マクラーレン・スピードテール

マクラーレンは、F1用のレーシングマシンを基に開発した市販車を販売したイギリスのスーパーカーメーカーです。

スピードテールは同社が生産する乗用車の中で最高性能を持ち、最高速度は403km/hです。パワートレインはガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッド機構で、最高出力は1070馬力に達します。

ちなみにスピードテールという名称は、空力特性を考慮して設計された特徴的なテール部分の形状に由来します。

1台あたりの価格は日本円で約2億5千万円で、生産台数は106台です。2020年2月に納車が始まっており、予約注文時に既に全車完売済みです。

スペック【マクラーレン・スピードテール】

【マクラーレン スピードテール】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)-mm×-mm×-mm
ホイールベース-mm
最大乗車定員2名
車両重量1,430kg(乾燥重量)
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類V型8気筒4.0リッターツインターボ
最高出力-kW(1,070PS)/-rpm
最大トルク

-N・m(-kgf・m)/-rpm

システム最大出力

1,070PS

駆動方式-
トランスミッション-
(2020年6月現在 マクラーレン公式サイトより)

ブガッティ・シロン・ピュルスポール

ブガッティ・シロン・ピュルスポールの開発プロトタイプ

ブガッティ・シロン・ピュルスポールの開発プロトタイプ

ブガッティ・シロンは、2016年に発売が開始されて全世界500台限定生産されたスーパーカーです。W16気筒8Lエンジンを搭載し、最高出力は1500馬力で最高速度は420km/hに達します。

ブガッティ・シロンにはいくつかの種類がありますが、開発中の最新モデルがピュルスポールです。

シロン・ピュルスポールの最高出力は従来モデルと同じですが、コーナリング性能の向上のためにボディの軽量化やシャーシ強化が施されています。

ダウンフォースを発生させる目的で、ピュルスポールは車体前部にカーボン製リップスポイラー、車体後部にカーボン製ウイングが装着されています。

最高速度は350kmにダウンしていますが、加速性能と操舵性能が大幅に向上する見込みです。ちなみに、東北新幹線の「はやぶさ」や「こまち」の最高速度は320km/hです。

ちなみにピュルスポールは限定生産で、全世界で合計60台が製造される予定です。気になる販売価格ですが、300万ユーロ(約3億6千万円)です。

スペック【ブガッティ・シロン・ピュールスポール】

【ブガッティ シロン ピュールスポール】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)-mm×-mm×-mm
ホイールベース-mm
最大乗車定員2名
車両重量-kg
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類-
最高出力1,500hp / 6900rpm
最大トルク

163kgm / 2,000-6,000rpm

駆動方式4WD
トランスミッション7速DSG
(2020年6月現在 ブガッティ公式サイトより)

日産GT-R50 by Italdesign

Nissan GT-R50 by Italdesign

Nissan GT-R50 by Italdesign

日本車でも世界的に知られているスーパーカーが存在しますが、最も有名といえるかもしれないのが日産GT-Rです。リミッターを解除すれば最高速度は309km/hに達し、ベースモデルは1083万円で販売されています。

日産GT-Rにはいくつかの派生バージョンがあり、最新モデルはイタルデザインと共同開発した「日産GT-R50 by Italdesign」です。

この車両は50台の限定生産で、NISMOでチューンされた3.8LV6ツインターボエンジン(最高出力720馬力)を搭載しています。

販売価格ですが、オプションなしの基本モデルでも90万ユーロ(約1億円)の見込みです。

スペック【日産GT-R50 by Itadesign】

【日産 GT-R50 by Itadesign】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,784mmx1,992mmx1,316mm
ホイールベース2,780mm
最大乗車定員4名
車両重量-kg
燃費JC08モード:-km/L
エンジン種類3.8リッターV6ツインターボ
最高出力720PS / 7,100rpm
最大トルク

720Nm / 3,600-5,600rpm

駆動方式4WD
トランスミッション6速デュアルクラッチシーケンシャル
(2020年6月現在 日産公式サイトより)

まとめ

日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル

日産 GT-R 50 by Italdesign の市販モデル

一口にスーパーカーといっても、性能や価格にはメーカーごとに大きな違いがあります。

一般人には手に届かない存在ですが、興味がある方は性能や販売価格を調べてみると良いでしょう。

ちなみに日産GT-Rのベースモデルであれば、レンタカーを利用して公道で運転をすることが可能です。

関連する投稿


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。


日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

日産 マーチをおすすめする5つの理由!中古車価格、海外新型情報も

コンパクトカーってどれがいいのかよくわからない、全部いい車なら結局どれを選べばいいの?とお思いのあなた。マーチには、ライバル多数のコンパクトカー市場において、積極的におすすめしたい理由がたくさんあるのです。この記事を読めばマーチが気になってくること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日産 リーフを普段使いってどうなの?最先端電気自動車の真実!

日本で、世界で、量販EVのパイオニアとしての45万台以上の販売台数実績を誇る日産の電気自動車「リーフ」。現在では2代目が販売されており、街中で見かける頻度も高まってきていますよね。でも電気自動車って、普段の使い勝手はどうなの?と気になっているあなた。実は電気自動車は毎日の運転が楽しくなる特徴に溢れているのです。詳しくご紹介します。


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。