目次へ戻る

ランボルギーニ・カウンタック|歴史から中古車情報まで

ランボルギーニ・カウンタック|歴史から中古車情報まで

今でこそよく聞く言葉にスーパーカーと呼ばれる車がありますが、このカウンタックもそのスーパーカーと呼ばれるきっかけを作った一台で間違いないでしょう。本記事では、フェラーリの宿命のライバルとも呼ばれるランボルギーニの代名詞とも言えるこのカウンタックについて、今一度振り返ってみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ランボルギーニの歴史

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

情熱的な実業家であるフェルッチオ・ランボルギーニ(1916〜1993)は、第二次大戦後にトラクターの製造・販売で富を得ました。

彼は後にスポーツカーに興味を持つようになり、フェラーリを所有するに至りました。

ところが当時のフェラーリの自動車にはランボルギーニが製造するトラクターと同じ部品(クラッチと言われる)が使用されており、性能面で不満に感じていました。

フェラーリ社のスポーツカーに満足できなかったため、ランボルギーニは自身で高級スポーツカーの製造を手がけることを決意しました。

1964年にランボルギーニ350GTが発売され、この後にミウラやカウンタックといった名車が誕生しました。

現在も、ランボルギーニは新技術が盛り込まれたスーパーカーを生産しています。

ランボルギーニの象徴カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

ほとんどの方はランボルギーニと聞くと、最初にカウンタックを思い浮かべるかもしれません。

1974年に発売されたカウンタックの車名は、イタリア北西部の方言であるクンタッチ「驚いた」に由来します。

車高が低くて直線的なデザインのボディは、発売当時に多くの人々の注目を集めました。

近未来的なボディにV12気筒4Lの大出力エンジンを搭載したカウンタックの最高速度は、時速300kmに及ぶとも噂されました。

高い人気によって1974年から1990年までの16年間も生産が続けられ、最終的には、スーパーカーとしては異例な約2,000台もの台数が生産されました。

1990年に生産が終了されるまでに多くの車両が日本に輸入され、現在も国内で流通しています。

カウンタックが生産されていた1970年代中盤から80年代終わりは、日本では好景気の真っ只中でした。成功を収めた実業家で、カウンタックを購入した日本人がたくさんいました。

カウンタックのモデルは一台ではない

高級車専門のランボルギーニには、ボディの見た目は似ていますが、エンジン出力や車体構造の異なる数種類のバージョンが存在します。

各タイプごとに車体の構造・重量やエンジン出力に違いがあり、発売後に少しずつ改良が加えられています。

カウンタックには幾つかのバージョンがありますが、エンジン出力の異なる3タイプに分けることができます。全車種ともV12気筒エンジンを搭載していますが、排気量が4.0L・4.8L・5.2Lの3種類があります。

現在も中古車が流通していますが、各バージョンごとに販売価格が異なります。

カウンタックのモデルにはプロトタイプのLP500の他に、LP400・LP400S・LP500S・5000QV・25thアニバーサリーなどがあります。

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

ちなみに試作車のLP500はエンジンの冷却機構に問題があり、市販されませんでした。

LP400は1974年に市販されたモデルで、4Lエンジンに換装されて車体の構造に変更が加えられて剛性が向上しています。

1982年に登場したLP500Sは、当初予定していた5Lエンジンを搭載したモデルです。

1985年に発売された5000QVは5.2Lエンジンを搭載し、最高出力は455馬力に向上しました。

最終モデルは1988年に発売された25thアニバーサリーで、生産台数は最多の657台です。

25thアニバーサリーモデルでは、カウンタックで初めてのパワーウィンドウが採用されています。

カウンタックには複数のバージョンが存在しますが、トランスミッションは5速MTのみでAT車は存在しません。

高出力エンジンを搭載したカウンタックを操るためには、それにふさわしい運転スキルが求められます。

今でも異彩を放つカウンタック

カウンタックはランボルギーニを代表する車種のひとつで、一目で見分けがつくほどの特徴的なデザインが採用されています。

外観上の大きな特徴は、直線的で角ばったデザインに仕上げられていることです。先代のミウラや後継モデルのディアブロと比べても、一目で識別することができるでしょう。

カウンタックを側面から眺めると、サイドウインドウを上下に2分割するフレームが見えます。側面の窓ガラスが上下2段に分かれており、下半分しか開けることができません。

窓は10cmほどしか開かないので、頭を出すことは不可能です。サイドウインドウが上下に分割されているのは1枚ガラスになった25thアニバーサリー以前のカウンタックの特徴となっています。

カウンタックのデザイン上の大きな特徴は、側面のグラスエリアとドアパネルの比率がほぼ1:2であることです。この比率は、ランボルギーニが後に生産した車種にも引き継がれています。

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

カウンタックのインテリアについても、エクステリアと同様に直線を基調としたデザインが大きな特徴です。

メーター類は全てアナログ表示で、長方形の“箱”に各種計器が収められています。

現在のスーパーカーのコックピットには多くのスイッチ類がありますが、カウンタックの運転席はシンプルです。中央部にはシンプルなシフトレバーがあり、クラシックな印象を受けます。

ランボルギーニを代表するスーパーカーであるカウンタックは、外観や内装の面で今でも異彩を放つ特別な存在といえるでしょう。

今でも現役のカウンタック

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

カウンタックが登場したのは1970年代で、今から30年前の1990年に生産を終了しています。

一般的に30年以上昔の車は旧車とかクラシックカーと呼ばれ、走行する姿を見かけることはほとんどありません。

しかしながら、カウンタックについては、現在も現役で公道を走っている車両がたくさんあります。

国内で自動車を公道で走行させるためには、車検に通過した後に登録してナンバープレートを取得する必要があります。

カウンタックはクラシックカーですが、現在でも自動車登録を受けている“生きた”状態の車両が多数存在します。

カウンタックは全車MT車なので、運転をするためには高い技術が求められます。

それでもスーパーカーの先駆け的な存在として現在も愛好家が所有していて、サーキットや公道で実際に走行しています。

中古車市場でも流通しており、公道で走行可能な状態で入手することが可能です。

カウンタックの中古情報

カウンタックは中古車市場で流通している台数が少ないものの、公道を走行できる状態の車両が今でも販売されています。

2020年6月現在において大手中古車販売店で販売されているカウンタックは、日本全国で数台ほどです。

走行距離は10万km未満で、ナンバープレートを付けているので走行が可能です。

中古車として販売されているカウンタックの値段はいずれも応相談となっていますが、3千万円かそれ以上の価格で流通しているようです。

運転免許(MT車)と数千万円の購入資金があれば、誰でもカウンタックの中古車を購入して走行することが可能です。

まとめ

ランボルギーニ カウンタック

ランボルギーニ カウンタック

カウンタックはスーパーカーの先駆け的な存在として知られており、ランボルギーニの代名詞のような車です。

30年前に生産を終了した旧車ですが、現在も走行可能な状態の車両が多数存在します。大都市であれば、実際に公道を走行しているカウンタックの雄姿を見ることができるかもしれません。

関連する投稿


スーパーカー界の暴れ牛!アヴェンタドール

スーパーカー界の暴れ牛!アヴェンタドール

1970年代スーパーカーブームの火付け役といっても過言ではないカウンタックを製造したメーカーがランボルギーニとなります。いくつかあるランボルギーニの車から今回はアヴェンタドールについて紹介したいと思います。


ランボルギーニ・ ウルスの性能・外装・内装・価格

ランボルギーニ・ ウルスの性能・外装・内装・価格

世界的に有名なランボルギーニ。本記事では、ランボルギーニのSUV「ランボルギーニ・ ウルス」について詳しくご紹介します。


ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

ランボルギーニ・ミウラ|その性能と魅力とは

スーパーカーの起源には色々ありますがその一説となるのが「ランボルギーニ ミウラ」となります。どんな車なのか紹介していきたいと思います。


ランボルギーニのヒット車種「ガヤルド」ってどんな車?

ランボルギーニのヒット車種「ガヤルド」ってどんな車?

数々のスーパーカーを発売してきたランボルギーニ。その中でも人気の高い一台がガヤルドです。今回はガヤルドについて価格やスペック、性能などについてご紹介いたします。


ランボルギーニ ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

ランボルギーニ ムルシエラゴとはどんな車?歴史やスペックを大解剖!

スーパーカーと言えば、カウンタックというほど名車となっているランボルギーニの出世作。名車カウンタックの最終形とも言えるのが、この「ムルシエラゴ」です。アウディ傘下に入って最初に発売された車種でもあり、ディアブロの後継車となるフラッグシップカー。ムルシエラゴの特徴やスペックを、モデルの歴史と共に紹介します。(※2020年3月更新しました)


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。