目次へ戻る

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


スズキ『キザシ』ってどんなクルマ?

2009年7月に米国スズキで発表された『スズキ キザシ』(以降、キザシ)は、同年12月から日本国内での受注生産が始まりました。

日本国内以外にも、北米、欧州、中国で販売され、日本の警察車両としても活躍しましたが、2015年12月に販売終了と短命に終わったモデルです。

生産台数が少ないことから幻の国産車とも呼ばれています。

・「総生産台数は少ない」
キザシは受注生産の為、総販売台数は3,500台程と少ないです。
そしてその3,500台のうち約900台が警察で使われています。

・「カタログは今も取引されている」
販売を終了すると共にスズキの公式サイトにあるラインナップからも姿を消しました。今現在、カタログ請求はできないですが、インターネットのオークションでは、幻の国産車であるスズキキザシのカタログは、現在もマニアの間で取引されている様です。

・「レンタカーで乗るキザシ」
只でさえ、生産台数の少ないキザシ。街中で見かけることもまれなこの車を、レンタカーで乗ることが出来るショップがあります。

かつてのスズキのフラッグシップセダンを、中古で買おうかどうしようか迷っている方は、購入前にレンタルしてみてはいかがでしょう。

キザシのスペックをチエック

キザシのグレードは、『2.4』と『2.4 4WD』の二つだけと至ってシンプルな構成になっています。

キザシのエンジン

グレード『2.4』、『2.4 4WD』共にエンジンは『J24B』。
総排気量2393㏄、直列4気筒のDOHCエンジン。最高出力は188馬力、最大トルクは230/4000rpm。

【キザシのサスペンション】

キザシのサスペンションを見てみましょう。

サスペンション(前):フロントはオーソドックスなストラット式を採用しています。
サスペンション(後):リアはマルチリンク式。

【キザシのボディ】

スズキのフラッグシップモデル(発売当時)だけあって、堂々たる体格です。

ナンバープレートはもちろん3ナンバー。

ボディサイズ
・全長:4650mm
・全幅:1820mm
・全高:1480mm

ボディカラー
・ボディーカラーは、スーパーブラックパール、プレミアムシルバーメタリック、スノーホワイトパールの3色をラインナップ。

【キザシの駆動方式】

2007年9月発表のコンセプトカー「コンセプト・キザシ」では、6速MTを、そして同年10月に発表された「コンセプト・キザシ2」では、6速ATを搭載していましたが、発売された市販車のキザシに搭載されていたのは、『2.4』、『2.4 4WD』共にそのどちらでもない、『ジヤトコ製JF011E型CVT』(6速MTモード付CVT)でした。

パドルシフトを備えているので、伝統的なMT車、またはAT車に慣れている世代のユーザーからは、ゲームマシンの様な印象を持たれたかもしれないですね。

【キザシの燃費】

気になる燃費ですが、2009年発売の『CBA-RE91S』型で12.6km/L。

『CBA-RF91S』型で11.4km/Lとなっています。

『キザシ』を見たら覆面パトカーと思え!?

なんと、2012年以降の市販車台数を超える900台ものキザシが、警察庁に覆面パトカーとして採用されています!

つまり、市販車を覆面パトカーとして使っているのではなく、覆面パトカーを市販していると言えなくもない状況になっています。

『キザシ』のリコール詳細

スズキ自動車公式サイトでのリコールに関するお知らせは以下の通り。

リコール開始日 平成30年5月18日
不具合の内容 無段変速機(CVT)コントローラにおいて、内部基板に装着している抵抗の製造管理が不適切なため、接合部に亀裂が生じて、抵抗値が高くなることがあります。そのため、CVTの油圧制御が不良となり、走行中に車速が低下し、加速が困難になるおそれがあります。
改善の内容 全車両、CVTコントローラを良品と交換します。

型式:CBA-RE91S
リコール対象車の車体番号(シリアル番号)の範囲、及び製作期間:RE91S-110052~RE91S-111680
平成24年7月20日~平成27年12月18日

型式:CBA-RF91S
リコール対象車の車体番号(シリアル番号)の範囲、及び製作期間:RF91S-110024~RF91S-110786
平成24年7月19日~平成27年12月18日

改善の内容
全車両、CVTコントローラを良品と交換します。

と、言う様な内容となっています。

キザシのオーナーは、すぐに車検証を確認して愛車が対象となっている場合は最寄りのスズキ自動車販売店へ早めに問い合わせてみてください。

『キザシ』のUSDMや逆輸入車『SUZUKI KIZASHI』について

USDMとは、直訳では「アメリカ国内市場」のこと。ただし近年は、アメリカ国内仕様に似せてクルマをカスタムすることを指すことが多いです。

キザシのUSDMでは、再度マーカーを光らせる事が人気の様です。

また、北米市場で販売されていたSUZUKI KIZASHI (スズキ キザシ)を逆輸入して
日本仕様には無い6MT(マニュアル)の操作を愉しむ人もいる様子。

因みに、アメリカ西海岸から日本までの陸送費(フェリー料金)は十数万と驚くほど安いですが、アメリカ国内での陸送費、国内通関手続きの費用、国内改善と呼ばれる改造の費用などを含めると、軽く100万円を超えてしまいます。

アメリカから日本へ移住するのでない限りは、日本仕様車をカスタムする方が現実的ですね。

『キザシ』新型は出ないの?

残念ながら2015年に生産終了したキザシに新型のうわさは2019年4月現在、無いようです。

幻のクルマでもドレスアップ&チューンがしたい!

キザシの様に、希少性の高いクルマの場合、ドレスアップパーツやチューンナップアイテムがなかなか見つからないが、好きな人は皆、工夫してクルマいじりを楽しんでいます。

エアロパーツ、フロントグリル、ヘッドランプなどなど、カスタムすることで只でさえ目立つキザシが自分だけのお気に入りになるのではないでしょうか。

但し、車両本体同様、キザシ用のカスタムパーツは希少なので、中古パーツショップで見たら即買いの心構えが必要。他車種用の純正ホイールや、車高調キットを使うのも一つの方法ですが、適合車種の確認は怠らないよう注意してくださいね。

【まとめ】スズキ キザシの総合的まとめ

一言でいうなら、「見つけたら買おう!」です。

スズキからはこのクラスのセダン(もしかしたらセダンそのものも)出てくることはもう、ない可能性が高い見られ例ます。

スズキ党が家族とロングドライブを楽しもうと思ったら、これ一択になってしまうかもしれません。

荷物も積めて、大人が5人乗れて、カッコいいクルマ、『スズキ キザシ』。気になった方はぜひ試乗してみてはいかがでしょう?

関連する投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


中古でも欲しい!スズキのカプチーノの探し方

中古でも欲しい!スズキのカプチーノの探し方

今尚、高い人気を誇るスズキのFR軽自動車の傑作、カプチーノ。既に生産が終了となっているため、程度の良い車体を手に入れるためには、中古市場をチェックすることが重要となってきます。 忘れかけていた情熱を呼び起こす魅力あふれる憧れのカプチーノを、総生産台数26.583台の中から探していきましょう。


スペーシアの先代!スズキ パレットとはどんな車?┃維持費や中古価格を徹底解説

スペーシアの先代!スズキ パレットとはどんな車?┃維持費や中古価格を徹底解説

スズキ パレットを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、パレットは後の「スペーシア」に引き継がれていく車なんです! この記事では、スズキ パレットがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきスズキ パレットを購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。