目次へ戻る

【知ってる?】フェンダーミラーとは?メリット・デメリット、注意点まとめ

【知ってる?】フェンダーミラーとは?メリット・デメリット、注意点まとめ

最近では見なくなってしまったフェンダーミラー。まずはフェンダーミラーについて解説し、フェンダーミラーを装着するメリットやデメリットについても紹介します。次に、新車にフェンダーミラーが作用されない理由また現行車でフェンダーミラーが使われているタクシーについて触れます。さらにフェンダーミラーをつけ方、またつける時の注意について説明します。


フェンダーミラーとは?

フェンダーミラーとはバックミラーの種類のひとつで、車外ボンネットの前方端、前輪周辺を覆うパネル(フロントフェンダー)上部に装着されるものをいいます。かつての日本では、法令により、ボンネット付きの車両はフェンダーミラーを装着することが定められていました。ドアミラーは基本的に違法とされていたのです。それゆえ、日本で市販されている多くの車にはフェンダーミラーが装着され、特に乗用車に関してはフェンダーミラーのみという状態でした。

一方で欧米諸国では、ドアミラーが主流でした。特に1980~1990年代に流行したボンネットが低いデザインの車にフェンダーミラーを付ける際には、見た目を損ねるような長い脚が必要だったといわれています。フェンダーミラーを義務付ける日本の法律は、海外の自動車メーカーからすると非関税障壁となっており、規制緩和が求められていました。

1983年に規制が撤廃になると、同年5月、日産・パルサーエクサがターボ仕様のグレードを追加しました。その際、ボンネット付きの車両としては日本初のドアミラー仕様車を発売し、ドアミラーの普及が進みます。これにより、デザイン上も好まれず、製造コストもかかるフェンダーミラーは急速に減少していくことになったのです。現在はドアミラーが主流で、一般乗用車におけるフェンダーミラーのオプションはごく少数になっています。

フェンダーミラーをつけるメリット 

フェンダーミラーは最近ではほとんど目にすることがありません。10年ほど前であれば、自動車教習所の車で目にすることもありましたが、現在こちらもドアミラーが主流となっています。街中では、タクシー以外でフェンダーミラーを見かけることはほとんどありません。ここではフェンダーミラーのメリットとデメリットについて紹介をしていきます。

メリット

フェンダーミラーのメリットとしてよく挙げられるのが、視線移動が小さく済むという点です。フェンダーミラーはドアミラーと比べ、車体の前方にあるので、視線移動するために頭を振る必要がありません。このことがタクシーでフェンダーミラーが採用されている理由だとされています。視線移動する範囲が少ないため、安全確認が取りやすく、キョロキョロすることもないので、お客様に安心感を与えやすいのです。また、ドアミラーに比べると死角となるところが少ない、運転手が車幅感覚をつかみやすいといったメリットもあります。

デメリット

フェンダーミラーにおけるデメリットとしては、まずデザイン上の問題が挙げられます。フェンダーミラーを付けると、車両の前方に大きなミラーが鎮座することになり、車のデザインが大きく変わってしまうのです。一方ドアミラーの場合は、ピラーに沿うようにコンパクトに、かつ車のデザインを崩すことなく装備できます。

本来フェンダーミラーは、セダンなどボンネットが長いタイプの車に装備するものです。昔はそれほど車のボディタイプが多くありませんでした。しかし、今はミニバンの普及などでさまざまなボディタイプの車が誕生し、セダンタイプの車が減少しました。

その結果、フェンダーミラーの車両も減少したのです。また、運転席から遠いため、小さいものを視認しにくいというデメリットも挙げられます。

なぜ新車にフェンダーミラーが取り付けされていないのか

ここでは新車にフェンダーミラーが採用されない理由を詳しく見ていきます。主に2つの問題があります。

対人事故の危険性がある?

まずは、人を巻き込んだ事故時の、万が一の安全性が挙げられます。歩行者を巻き込む事故が起きた場合、フェンダーミラーが危険になる場合があります。長い脚や鏡体が突起物となり、事故で歩行者と接触すると、大きな危害を与えてしまう可能性があるのです。

現在の車のデザインに合わない

前述のように、フェンダーミラーのデザインは現在の車には合いません。かつての日本では、法令上ほぼフェンダーミラーしか認められていませんでした。しかし1983年にドアミラーが解禁されました。すぐに折りたためるものが登場するなど、機能面でもデザイン面でもドアミラーは現在の車に合っていました。今ではドアミラーが一般的です。

しかし、現在の車にフェンダーミラーが全く使われていないかといえば、そうでもありません。サイドアンダーミラーを知っていますか。サイドアンダーミラーはフェンダーミラーの種類のひとつで、助手席のフェンダー近くに装着されています。SUVやミニバンの一部車種に付いています。サイドアンダーミラーは保安基準で付けることが定められており、これによって助手席側の死角をなくすことができます。

サイドアンダーミラーの取り付けは2005年から法律で義務となっていますが、ユーザーからはデザインが良くないと不評です。

そのため、各社は特殊なミラーやカメラによって、死角をなくす工夫をしています。やはり現在の車にはデザインがマッチしにくいのでしょう。遠くない将来、サイドアンダーミラーですらなくなってしまうかもしれません。

フェンダーミラーが使われている現行車はあるのか?

今や乗用車のほとんどはドアミラーです。しかし、タクシーだけは新型車でもフェンダーミラーを採用しています。一体何故なのでしょうか。

今でも使われている車「タクシー」

タクシー専用車のメーカーによると、タクシードライバーからの要望によって、ドアミラーではなくフェンダーミラーを採用しているそうです。タクシードライバー達は何故フェンダーミラーを要望するのでしょうか。安全面ではドアミラーのほうが優れていますし、乗用車のほとんどはドアミラーです。フェンダーミラーを使うことの優位点(視線の移動が少ない、狭い道を曲がるときに役立つ、助手席に人を乗せた際に人や荷物でミラーが見えなくなったりしない、など)はドアミラーでも工夫すればカバーできるので、決定的な理由にはなりません。

実はフェンダーミラーがタクシードライバーに好まれる理由は、それがタクシーの「アイコン」だからではないかといわれています。例えば大工の場合、裾絞りでない普通のズボンを支給されると拒否反応を示します。それは裾絞りのズボンが大工の「アイコン」だからです。これと同じで、タクシードライバーにとってフェンダーミラーはプロドライバーとしての証なのです。それゆえタクシーにはフェンダーミラーが未だに残っていると考えられています。

かっこいいフェンダーミラーをつけてみよう

格好良さとは流されないで自分で判断して決めるものです。今どきフェンダーミラーにこだわりを持つのもいいでしょう。ここではフェンダーミラーの取り付け方や車検での注意点を紹介していきます。

改造・取り付けの方法

フェンダーミラーを後付けしたいとき、一体どうすればいいのでしょうか。例えば、後付け式フェンダーミラー「ミルゾーン」を利用してみるのもいいでしょう。これは後から車に取り付けられるフェンダーミラーで、ボンネット前方の左側、そして右側に対して、誰でもドライバー一本で作業ができます。しかし、本格的な改造ではなく、ファッション的な要素が強いです。

ハードに使用していくために、自分で判断をしてドアミラーを改造し、フェンダーミラーを取り付ける人もいます。このこと自体は合法で問題ありませんが、実際には数十万円のコストがかかるため、改造例は多くありません。

またサイドアンダーミラーを安全のために付ける人もいます。

オートバックスでは、サイドミラーに両面テープを使い、直接取り付ける小さなサイドアンダーミラーが販売されています。簡単に早く取り付けることができますが、車検には通過できないと思っておいたほうがいいでしょう。

車検での注意点

現在でもフェンダーミラーには有効性があるため、車検にも通過できます。しかし、制限なしで通過できるわけではありません。

車検証に車の幅についての記載があるので、その範囲を守る必要があるのです。安易に大きなフェンダーミラーを付けると、通過できないこともあります。以下に車検時の注意点を挙げていきます。

構造変更の申請

ドアミラーからフェンダーミラーに変えたときは、構造変更の申請をする必要はありません。そのままでも通過できます。しかしこれとは逆に、フェンダーミラーからドアミラーに変えたときはどうでしょうか。実は逆パターンのときには、車検にはほとんど通過できないといわれています。これは一般的にフェンダーミラーのほうが車検と相性が良いとされていて、逆パターンはその法則に反するからです。

要求

前述のように、車検には理解できないことや理不尽なことが多くあるのが実情です。それでもそのルールに従わなければ、私たちは車に乗ることができません。よくわからないことの例としては、サイドミラーの件が挙げられます。サイドミラーはドアミラー付近にぶら下げると通りませんが、ドアミラーへ内蔵すると通るのです。車検の情報はあらかじめチェックしておいたほうが良いでしょう。

左右対称

稀にマニアがいて、左にはフェンダーミラー、右にはドアミラーが装着されていることがあります。保安基準44条では、ドアミラーについて厳しく触れているものの、左右対称でなければならないという規定はありません。

奇抜であるからといって保安基準に抵触しているとは限らないのです。しかし、車検はスムーズに通過できません。現場の検察官の判断次第となるでしょう。

まとめ

今、フェンダーミラーは減少の一途を辿っています。しかし、フェンダーミラーにはフェンダーミラーにしかない魅力があります。このような時代に、あえてフェンダーミラーにこだわりを持つことも、また一興ではないでしょうか。ご興味のある方はチャレンジしてみてください。



関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


脱輪とは? 脱輪したときの対処法は? 仮免での脱輪は?  ┃ 脱輪にまつわるあれこれ

脱輪とは? 脱輪したときの対処法は? 仮免での脱輪は? ┃ 脱輪にまつわるあれこれ

何気ない運転中の脱輪は、とても焦ってしまいますよね。この記事では、そもそも脱輪とは何なのか、万が一脱輪してしまった場合の対処方法まで詳しく解説していきます。また、仮免許で脱輪してしまった場合はどうなるのかなど、免許取得と脱輪についても触れるほか、過去の脱輪例をもとに脱輪の危険性についても紹介していきます。


デフロックとは? オフロード車や軽トラには必要? 仕組みや用途を徹底解説!

デフロックとは? オフロード車や軽トラには必要? 仕組みや用途を徹底解説!

沼地や山地を走るオフロード車によく採用されているデフロック。その仕組みを知っていますか。このページでは、そもそもデフロックとはどういうものかという基本的な解説から、デフロックが必要な車、そしてデフロックが実際に使用されている車をそれぞれご紹介します。実は危険なデフロック搭載の車での雪道での走行についても説明します。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。