トップへ戻る

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

80~90年代、軽自動車の大人気モデルであった「ホンダ・トゥデイ」の歴史や燃費・中古価格などをまとめてみました。お手頃な軽四があるといいなとお考えの方はぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ トゥデイ について知りたい

ホンダ・トゥデイ

ホンダ・トゥデイ

ホンダ トゥデイ 初代モデルは

ホンダの軽ハッチバック車トゥデイの初代モデルは、1985年9月に発表されました。これは実に11年ぶりのホンダの軽自動車となりました。

4ナンバーの商用モデルとしてデビューしたトゥデイは、ホンダ独自の「M・M思想(Man-Maximum、Mecha-Minimum:人間-最大限、機械-最小限)」に基づいて開発され、エンジンの置き方、タイヤの位置、サスペンションのあり方など新しい手法で追求したパッケージングとなっていました。

当時の軽自動車は全高1400mmオーバーとすることで広さの演出をしていましたが、トゥデイはあえて1315mmと低くしていました。

全高は低かったもののフロント1225mm、リア1230mmと当時の軽自動車としてはワイドトレッドとされ、サスペンションは最大限の居住スペースを確保するためにシンプルな構造になっていたことで、室内の居住スペースを確保していました。

1988年には5ナンバーが登場!

また1988年2月には5ナンバーの乗用モデルが追加されました。ボディタイプは3ドアハッチバックのみの設定で、スタイリングは短いノーズと大きな面積を持つフロントガラス、ボディの四隅に配置されたタイヤなどが特徴となっています。

また初期型は丸形2灯式ヘッドランプ採用によるファニーなフロントマスクが特徴となっていました。

エンジンはほぼ水平横置きにして、エンジンの下にデフを配置され、これによりエンジンルームはコンパクトに仕上げることができ、独特な勾配のついたショートノーズデザインが可能になりました。

ホイールベースは当時の軽自動車としては長い2,330mmで、初期型の車両重量は550kgから560kgになっていました。

そして1988年2月にマイナーチェンジが実施され、乗用タイプが追加されたほか、エンジンが新設計の0.55L直3SOHCのE05A型に置換されました。

エクステリアではヘッドランプやリアコンビネーションランプの意匠変更、リアウィンドウの拡大などの変更と、インテリアではインパネのデザイン変更などが行われました。

ホンダ トゥデイ 2代目

ホンダ トゥデイ

ホンダ トゥデイ

1993年にトゥデイは2代目JA4(4WDはJA5)にモデルチェンジされ、先代のハッチバックとは異なり、独立した荷室となるトランクを採用したセミノッチバック形状となりました。そしてこの独立トランクのおかげで開口部が小さく、剛性が高まったボディは走りにはうってつけだったのです。

【参考】ホンダ ビート

【参考】ホンダ ビート

しかもビートと同じツインマップ燃料噴射制御&3連スロットル「MTREC」を搭載した高回転高出力型エンジンが、トゥデイにもラインナップされていました。

ビート用の64馬力エンジンから実用回転域を重視して58馬力へデチューンされたとはいえ、ビートより80kgも軽量だったJA4トゥデイはNAのFF軽自動車として最速マシンになったのです。それで高性能のセカンドカーとして使用されることが多くなりました。

ホンダ トゥデイ 基本スペック

スペックについては
ボディタイプ:2/4ドア セミ・ノッチバック (前期型)、3/5ドア ハッチバック (後期型)、
エンジン:E07A型:直列3気筒 SOHC 656cc(58/48PS)
駆動方式:FF/4WD
変速機:5速MT/3速AT
サスペンション:前:マクファーソンストラット、後(FF):車軸式、後(4WD):マクファーソンストラット
全長3,295mm全幅1,395mm全高1,350-1,370mm、ホイールペース:2,330mm
車両重量:680-760kg

となっています。

ホンダのトゥデイ 1998年惜しまれながら販売中止に

トゥデイは初代よりロゴは英小文字を使用したデザインでしたが、1993年に発売された2代目モデルではさらに変更され、より女性向けのおしゃれな感覚を表現したものになりました。

そしてより乗用車らしい乗り心地に進化して、利用者に喜ばれました。

エンジンは先代から継承するE07A型で、キャブレター仕様の廃止に伴い全グレードがPGM-FI仕様となっています。

さらにビートに搭載されたMTREC仕様のエンジンをデチューンし(58PS)搭載したモデル(前期「Xi」、後期「Rs」)もラインナップされています。

また1996年2月のマイナーチェンジでは、トランクのスペースが非常に小さく、使い勝手が悪かったことから市場には不評だった点を、オーソドックスなハッチバックに変更しました。

しかし軽自動車規格が変更される直前の1998年9月に、3代目「ライフ」に事実上統合されるかたちで、惜しまれながら製造・販売が終了となりました。

モータースポーツでも大活躍!

トゥデイは全モデルが軽自動車イベントで活躍しましたが、中でも660cc化されたJA2以降のモデルはクラスを超えた活躍を見せました。

2気筒550ccのアクティ用EHエンジンを搭載した丸目の初期型は、パワーこそありませんでしたが、その軽さと低重心を武器にして、軽快なコーナリングから軽自動車のサーキット走行会でも非凡なところを見せて周りを驚かせていました。

しかしそれだけではなく3気筒550ccのE05Aを搭載してからは、軽自動車レースの550ccクラスではE07AからMTRECを移植したマシンが活躍しています。

そして660ccとなったJA2でも、MTREC版E07Aを搭載したマシンがJA4より上位に来ることすらありました。エリーゼやポルシェなどスーパーカーを抜いて有名になったトゥデイも、JA2のE07Aターボチューン(250馬力)でした。K4GPでは長年の活躍が認められていることから、このモデルを選ぶ段階で相当本気なチームと判断することができます。

つまりターボ車顔負けの速さを見せていて、今でもNA・FFの軽自動車では、「MTRECトゥデイに勝てるかどうか」というひとつのベンチマークになっていることは間違いありません。またJAF登録車両である必要の無い競技会では当然のごとく活躍していて、JMRC西日本フェスティバルのN1クラスで優勝した実績もあります。

「ホンダ・トゥデイ」の性能や評価はどうなってる?

特別にローギヤードなため5速60km/h・3000rpm、100km/h・5000rpmと回転数が高い。自然と短時間加速になっていたのか郊外バイパス主体の一般道では初心者の下手糞が運転しても案外簡単に20km/Lのカタログ値を達成できた。

このようにスピーディな運転ができると好評なようです。

重要なポイント!「燃費」はどのくらいなの?

「トゥデイ」の燃費ですが、初代モデルの10・15燃費が16,2km/Lから22,5km/Lで、実燃費が12,2km/Lから18,02km/Lとなっていて、2代目モデルは実燃費が18,53km/Lとなっています。

中古車価格はいくらくらいからあるの?

中古車価格ですが、初代モデルの場合13,0万円から89,9万円となり、2代目モデルは10,0万円から89,9万円となっていて、セカンドカーとしてはお手ごろ価格になっています。

※中古車情報サイトカーセンサー調べ(2019年1月現在)

おわりに。

トゥデイは、主に女性が利用するセカンドカーにもぴったりです。

家族の送迎やお買い物など幅広い用途に使える強い味方になることは間違い無いでしょう。なのでお手ごろ価格で購入できる中古車のトゥデイを、家庭にもう一台いかがでしょうか?

キュートでコンパクトなトゥデイを手放せなくなる方が続出するのではないでしょうか。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。