目次へ戻る

デアゴスティーニから「デロリアン」1/8スケールが登場!

デアゴスティーニから「デロリアン」1/8スケールが登場!

デアゴスティーニから、毎号付属するパーツを組み立てると映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」に登場するタイムマシン「デロリアン」の1/8スケールモデルが完成するマガジンシリーズ、週刊『バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン』が1月31日より発売されました。


デアゴスティーニ、デロリアン登場!完成までの価格と期間は…

デアゴスティーニ・ジャパンは、毎号付属するパーツを組み立てると、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するタイムマシン「デロリアン」の1/8スケールモデルが完成するマガジンシリーズ、週刊『バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン』を1月31日より発売しました。

デロリアンは実在する市販車「DMC-12」を改造したという設定のタイムマシン。DMC-12の製造台数は8500台と言われ、その希少性、斬新なデザイン、映画の影響などから、今なお熱狂的なファンを多く持っています。

週刊「バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン」創刊号

マガジンシリーズで完成するモデルは1/8スケールで、全長527mm×全幅232mm×全高143mmのビッグサイズ。ボディパネルにはヘアライン加工を施し、独特の鈍い光沢を放つメタルボディや、近未来的なガルウィングドアを再現しています。主要部にはダイキャスト合金を用い、重量は約8.4kg、重厚感を味わうことができる。

タイムマシンデロリアン

またディテールにもこだわり、ダッシュボードには時速88マイルを測るデジタル表示のスピードメーターなど、数々の点灯式計器類を装備。

リアにはホース類のテープに至るまで再現したタイムトラベル用の装置も搭載。点灯式タイムサーキットには、パート1に登場する重要な日付がセットされています。

リアに設置されているタイムトラベル機構

点灯式タイムサーキット

可倒式シート、サイドウィンドウ、開閉式ガルウィングドアなどはモデルでも可動可能。

フラックス・キャパシター

サイドウィンドウ

また、ペダルと連動したブレーキランプやドアの開閉にあわせて点灯するランプなど、タイムマシンを光りで演出するギミックの数々も搭載しています。

ブレーキランプ

週刊「バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン」2号

マガジンの内容は、映画の世界をより詳しく紹介。制作のきっかけとなった監督とプロデューサーとの出会いや、撮影の様子、実写を基にしたタイムマシンはどのようにして作られていったのか、出演のマイケル・J. フォックスやランドマーク的な時計台など作品に欠かせない人物や話題、舞台裏の秘話も詳しく紹介していくよう。

原寸大ナンバープレート

創刊号~25号を購読した人には、デロリアン「原寸大ナンバープレート(スチール製)」と専用特製バインダー(1冊)がプレゼントされるようです。

専用特製バインダー

完成までの期間と価格を計算してみた結果・・・

バックトゥザフューチャーファンには堪らない、週刊『バック・トゥ・ザ・フューチャー デロリアン』。気になる価格は、創刊号499円、2号以降は1790円で全130号を予定されているそう。

全130号。週刊での発売になるので、1週間辺りで換算すると約2.5年の歳月がかかります。。

そして価格に関しては、
499円(創刊号) + 1790円(2号以降価格)×129冊

で、23万1409円かかります!ミニカーの価格として考えるとちょっと破格の値段となりますが、ファンなら惜しまず迷わず買い!ですよね。

ちなみにデロリアンが完成するのは、130号なので計算すると「2019年8月」に完成の予測でした。

関連するキーワード


ホビー・エンタメ ミニカー

関連する投稿


株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

人気キャラクターに扮したコスプレでカートに乗り込み、公道を疾走する人気のアクティビティ、公道レンタルカートの代名詞ともなっている株式会社”マリカー”(現MARIモビリティ開発)。『マリオカート』の生みの親である任天堂に裁判で敗れた現在の姿と未来を問う。


【絶対こぼすなよ…】車で食べてほしくない食べ物6選&おすすめのテーブル・トレー

【絶対こぼすなよ…】車で食べてほしくない食べ物6選&おすすめのテーブル・トレー

この記事では、ドライブの際に食べてほしくない食べ物とおすすめの食事用グッズを紹介しています。普段気にならない食べ物も、車の中では嫌われてしまうことがあります。あるある!と思いながらお読みくだされば幸いです。


実際に乗れるチョロQ?「Q CAR」っていったいどんな車?

実際に乗れるチョロQ?「Q CAR」っていったいどんな車?

子供に人気のあるチョロQ。実は過去に人が乗れるチョロQ、「Q CAR(カー)」と言われるものが存在していました。今回はそんなQ CARについて歴史から現在の中古価価格までご紹介していきます。


映画ワイルド・スピードに登場している日本国産の名車12台!価格も紹介

映画ワイルド・スピードに登場している日本国産の名車12台!価格も紹介

ワイルド・スピードは、世界中で公開されているアクション映画で、劇中にはたくさんのクルマが登場します。今回は、「そもそもワイルド・スピードとはなにか?」に加え、8作品の中で登場する日本の名車12台を現在の中古車価格と共に掲載します。


【トランスフォーマー映画最新作】バンブルビーはカマロでなくビートルに!(スピンオフ映画)

【トランスフォーマー映画最新作】バンブルビーはカマロでなくビートルに!(スピンオフ映画)

3月22日に日本で公開される映画『トランスフォーマー』のシリーズ最新作『バンブルビー』。1作目以前のエピソードストーリーで1980年代が舞台。シリーズきっての人気キャラクターのバンブルビーが主人公。今回バンブルビーの車種はカマロではなくビートルが採用されています。吹き替えは声優の木村良平さんが担当されます。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。