目次へ戻る

【日産 フーガ】進化した内外装と走行性能の魅力など【詳細情報一覧】

【日産 フーガ】進化した内外装と走行性能の魅力など【詳細情報一覧】

セドリック、グロリアの後継車として誕生した国産車の高級セダン フーガは、日産自動車の持ちうる全ての技術とノウハウを注ぎ込んだフラッグシップサルーンとしての立ち位置を占めています。2代目はよりグラマラスに進化した内外装と共に、出力が高くトルクフルなエンジンを採用し、余裕のある走行で素晴らしい加速を楽しむことができます。


概要・特徴

フーガは日産自動車の持ちうる全ての技術とノウハウを注ぎ込んだフラッグシップサルーンとしての立ち位置を占めています。それゆえに日産がかけている情熱というモノは並大抵ではないでしょう。ここで、その魅力に迫ってみる事とします。

概要・特徴

高品位の室内空間と銘打たれたインテリアは、プレミアムセダンの名のもとに細部までこだわり抜かれた上質さを備えています。シートの仕上げ、パネル類の高級感、どれをとってもまさに一級品と言える仕上がりになっています。



フーガには全方位の安全性を確保する為、最先端の運転支援システムが搭載されています。これにより、車のキャラクターに相応しいゆとりあるドライビングを実現しました。

走りのハイブリッドを名乗るだけあって、その走行性能に関する部分にも抜かりはありません。

走行性能

インテリジェント デュアル クラッチ コントロールによって、1つのモーターと2つのクラッチを高度に制御しており、パワフルでありながらハイレスポンスなフィーリングと優れた環境性能が同時に実現しました。

心臓部にはV6 3.5L DOHCエンジンと日産独自技術の結晶であるモーターを搭載し、システム出力全体で268kw(364ps)を発生します。

足回りにはダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション & マルチリンク式リヤサスペンションを採用し、極上の乗り心地と俊敏性を高次元で兼ね備えています。オプションでコンフォートタイプとスポーツタイプの足回りが選択でき、自分の好みに仕上げる事も可能です。

機能・快適性

車内の快適性能を追求しアロマ機能やゆらぎ風といった高機能を備えたフォレストエアコンが装備されています。その名の如くまるで森の中にいるかのような錯覚を覚えてしまいます。

このフォレストエアコンやドライバーが触れるインターフェースの抗菌加工、そしてシートや内張、フロアカーペットの見直しによる車室内VOC*の低減により、快適な車内空間を実現する工夫が多数なされています。「クリーンな空気」「人にやさしい」「清潔、きれい」という3つの視点に立って開発した室内環境関連装備を総称し、インナーグリーンと呼んでいます。

ちなみにVOCとはホルムアルデヒド、トルエン等の鼻・喉などを刺激する揮発性有機化合物の総称です。

先進安全性

もちろん安全に関する技術もふんだんに盛り込まれています。

車両前方に対しては、新型ミリ波レーダーが危険を検知した際にドライバーに回避を促すエマージェンシーブレーキ機能が搭載されています。これにより、前方に対する衝突被害を回避あるいは軽減します。衝突予測警報は2台先の車両の相対速度などの前方状況をモニターし、ブレーキの踏み遅れによる玉突き事故の可能性を低減する事に成功しました。

アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能により、駐車時などに車体上方から俯瞰する視点をモニターに表示する事が可能です。さらにMOD機能により周囲の障害物を検知し、ドライバーに警告を促します。

室内空間・デザイン

2代目となったフーガは内外装がより一層グラマラスなデザインに進化し、国内向けモデルではティーノ以降となるハイブリッドが設定されました。
初代で評価が高かった内装はさらに磨かれ、Eセグメント以上の質感を手にしました。
今回はフーガの室内空間やデザインについてまとめました。

室内空間

VIPグレードに標準装備(その他グレードにオプション)されたプレミアムインテリアパッケージにはセミアニリン本革シートと銀粉本木目フィニッシャーが装備されます。セミアニリン本革シートは滑らかな肌ざわりに定評があり、このクラスに採用されることは非常に珍しいことです。銀粉本木目フィニッシャーは木目に銀粉を手で刷り込んで仕上げています。

またBOSE®サラウンド・サウンドシステムが設定されており、力強い低音と伸びやかな高音に加え、5.1chサラウンド再生も可能になっている事が特長です。"

370GT Type S

初代と同じくType Sグレードが設定されています。VQ37VHRエンジンはシルキーで伸びが良く力強いエンジンで、スポーティーな走りを体感できます。

また専用20インチアルミホイールはダイナミックな見た目で乗り心地を損なうことなく走りを楽しむ事ができ、ホイールから覗く4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキはほかのグレードのブレーキディスクより大型で高速走行時でも十分な制動力を発揮してくれます。またディーラーオプションではさらに強力なブレーキパッドに変えることができるようになっています。

バリエーション・価格

現行フーガは250GT、370GT、ハイブリッドと基本3つのエンジンからグレードが構成され、それぞれにプレミアムインテリアパッケージと後席にリクライニング機構やリアエアコン等が標準装備されたVIPグレードがあります。また初代では全エンジンに設定があったType Sは、現行では370GTのみに設定されています。

マイナーチェンジ後に登場したホワイトレザーを纏った特別仕様車Cool ExclusiveはVIPを除く各グレードに設定され、各ベースグレードから約60万ほど高い価格に設定されています。

ハイブリッドシステム

現行ではワンランク上のパワーと1500cc並みの燃費を叩き出すFR車用ハイブリッドシステムが搭載され、モーターをクラッチが両サイドから挟むような構成の1モーター2クラッチ方式を採用しています。このシンプルな構成は故障の心配が減るだけでなくコンパクトにシステムをフロントに収めることができます。

トランク内部に収められたリチウムイオンバッテリーは充電と放電を短時間で行えるほか耐久性にも定評があります。

唯一ともいえるデメリットであったエンジンとモーターの切り替え時にあったギクシャク感を取り除いた改良型が、シーマハイブリッドに搭載され、後に年次改良でフーガにも搭載されています。"

走行性能

国産車の高級セダンであるフーガはセドリック、グロリアの後継車として誕生しました。豪華な内装とともに、出力が高くトルクフルなエンジンを採用し、余裕のある走行で素晴らしい加速感、ハンドリングを楽しむことができます。

ガソリンエンジン

ガソリンエンジンは2種類あり吸気バルブの作動角とリフト量を可変制御する先進技術であるVVELを搭載している。

最高出力245kw(333PS)/7000rpm、最大トルク363N・(37.0kgf・m)/5200rpmを実現し高出力で伸びのある加速感が楽しめるVQ37VHRエンジンと

エンジン本体を軽量化し低燃費を実現しながら、
最高出力165kw(225PS))/6400rpm、最大トルク258N・(26.3kgf・m)/4800rpを出すVQ25VHRエンジンがあります。

オートマチックトランスミッションはフルレンジ電子制御7速でスムーズな加速と高速走行の低燃費、静粛性を実現しました。

標準装備

日産は「クリーンな空気」、「人にやさしい」、「清潔きれい」の3つの視点にたち、室内の環境に配慮して車を作っており、この室内環境関連装備をインナーグリーンと呼んでいます。フロントドアのガラスはUVカット断熱グリーンガラスでUVカットをしています。

またフロントガラスは高性能UV吸収膜が施してあるスーパーUVカット断熱グリーンガラスで従来のUVカット断熱グリーンガラスよりUVカット率を向上させています。これ以外に肌が直接触れるステアリング、シフトノブに抗菌仕様を施しています。

オプション

華やかで、高い質感のプレミアムインテリアパッケージをオプションで何種類か選ぶことができ、本革シートや柔らかく滑らかなアームレストなどを内装に装備することができます。

また、5.1chサラウンドが再生でき16個のスピーカーを最適整備しデジタルアンプは低音から高音まで自然な音を出すことができる臨場感あふれるサウンドを提供するサウンドシステムもオプションで装備することができます。

大きな開口部で、室内に開放感をもたらす電動ガラスのサンルーフも装備できます。

試乗記

北米でもインフィニティのMシリーズとして販売されていることだけあって、全体的に高級感があるのはもちろん、どのグレードもパワフルなエンジンで加速性能は非常に良くトルクフルで十分なパワーを出すようです。

関連する投稿


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

7月16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)そして、3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなるということで注目を集めています。価格、発売日など最新情報をまとめています。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。