目次へ戻る

アルファロメオ 4C 新型から中古価格まで徹底解説

アルファロメオ 4C 新型から中古価格まで徹底解説

イタリアのアルファロメオのスポーツカー「アルファロメオ 4C」の新型についての情報から初代モデルの燃費やスペック、中古価格についてまとめていきます。 これからアルファロメオ 4Cの購入を検討されている方は是非参考にしてください。


アルファロメオ初の量産ミッドシップスポーツカー「4C」

アルファロメオの量産車として初のMR方式(ミッドシップエンジン+後輪駆動)として発売されたアルファロメオ 4Cは、プロトタイプが2011年にジュネーブのショーで登場した2年後の2013年に発売されました。日本では、2014年7月から販売されています。

アルファロメオ チェントロ スティーレ(デザインセンター)でデザインされたエクステリアは、プロトタイプと量産型でほとんど変わらないスタイルが特徴です。

さらに余分なものを徹底的に排除し、必要なものだけが装備されたインテリアは非常に洗練されています。

それでいて、高級感溢れるレーシングカーのようなデザインのシートも搭載されています。これは、強化型複合材の構造体に軽量パッドを組み合わせた設計となっていて、機能性はもちろんですが、快適性も考慮された作りとなっています。

オープンモデルの4C スパイダー

アルファロメオ「4C」の中でも、「4C」の基本性能はそのままに引き継ぎつつ、さらなる魅力を増して2015年11月から発売が開始されたオープンモデルの「4C スパイダー」です。

【スペック詳細】
全長×全幅×全高:3,990mm×1,870mm×1,185mm
ホイールベース:2,380mm
車両重量:895kg(日本仕様の場合950kg)
乗車定員:2名
最高出力:177kW(240ps)/ 6,000rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/2,100-4,000rpm
トランスミッション:(6速乾式デュアルクラッチオートマチック
燃費性能:12.10km/L
搭載エンジン:新型1750cc直噴4気筒ターボ

2018年11月から限定モデルの予約を開始

2018年11月には、アルファロメオ「4C」と「4C スパイダー」の限定モデルの予約を開始しました。

それぞれ専用のボディカラーだけでなく、様々な装備が搭載されている限定モデルとなる「4C コンペティツィオーネ」と「4C スパイダー イタリア」の予約が40台限定で登場します。

4C Competizione(コンペティツィオーネ)の特徴・スペックと価格

4C コンペティツィオーネの特徴に関してですが、基本的なスペックは4Cスパイダー イタリアと変わりません。カーボンファイバー製のパッセンジャーセルや、アルミニウムサブフレームなどの軽量素材を多く使用することで車両の軽量化に成功し、車両重量は1050kgとなっています。

また、4気筒1750cc直噴ターボエンジンの搭載で、最高出力は240psです。これは、0-100km/hの加速までに欧州仕様参考値ではありますが、4.5秒かかるという圧倒的な動力性能を誇っています。

4C コンペティツィオーネはクーペボディになっているので、専用のフロントバンパーやカーボン製のルーフパネルが装備され、さらにはリアスポイラーやヴェスヴィオグレーマットなど専用のボデーィカラーが採用されています。

インテリアに関しては、スポーツレザーステアリングやレザーアルカンターラシート、レザーもしくはアルミニウムの加飾パネルなど、上質な素材を細部に至るまでに採用しています。

さらにセンターコンソールには、シリアルナンバー入りの専用バッジを配置しています。

この4C コンペティツィオーネの発売価格は1,110万円となっています。左ハンドル車、右ハンドル車が用意され25台のみ限定での発売となっています。

4C スパイダー イタリアの特徴・スペックと価格

一方の4C スパイダーイタリアは基本的なスペックやエンジン性能やインテリアは4C コンペティツィオーネと大きく変わりませんが、車両重量の部分がコンバーティブルタイプとなるので、1060kgとなっています。

4Cスパイダー イタリアは、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、ミザーノブルーメタリックの専用ボディカラーを採用している点で、通常の標準モデルとの差別化を図っています。

発売価格も同じく1,110万円となっていますが、左ハンドル車、右ハンドル車の15台のみ限定での発売となっています。

アルファロメオ 4Cの評価は?

美女とワルツを踊るように優雅なドライブをイメージしつつ、真っ赤なスタートボタンを押せば、背後から想像以上に野太い雄叫びが響いてきて、早くも妄想は崩れ去った。雄叫びの主は、ミドシップに搭載された新世代の1.8リットル4気筒直噴ターボエンジン。240ps/350Nmのハイパワーを「アルファTCT」と呼ぶ新世代の6速ATで引き出し、0-100km/h加速はわずかに4.5秒という俊足だ。

右足に力を込めていけば、その思いがけない重たさに背筋が伸び、ステアリングの頑固さに腕の筋肉まで引き締まる。近ごろあふれている、ドライバーを甘やかすスポーツカーに慣れた身には、久々に感じるハードな刺激がのっけからビシビシくる。

そして、直線では背中にキックをくらったような猛烈な加速に、全身の血液が沸き立つような興奮。シーケンシャル式マニュアルモードで3速まで落として、一気にコーナーを駆け抜ければ目の覚めるような爽快感。だんだんとジャジャ馬をてなずけていくように、4Cスパイダーが思い通りの挙動を示してくれるまでの課程を楽しむのも、近ごろではなかなかできない贅沢な時間だ。

イタリア・モデナのマセラティ工場製で、カーボンファイバー(シャシーやフロントガラスのフレーム)、ガラス繊維強化樹脂(ボディパネル)などを採用。ガラスの肉薄化などで達成した1060kgの軽量ボディは、クーペ+10kgに収まる。高剛性の素性によりクーペとスパイダーの構造上の差異はわずかだそう。スパイダーの特徴でもあるロールバー部分は、バーをカーボンパネルで覆った粋なデザインで、クーペ以上にスタイリッシュに見える。

ノンパワーのステアリング(悲観するほど重くない)、走り出すとタイヤが路面の小石を跳ねてピシピシと音が立つこと…など、適度なスパルタンさは『ロータス・エリーゼ』などと同じ。フラットボトムの小径ステアリング、コンソールのシフトボタンなどが今ドキのスポーツカーらしい。高めのサイドシルを蹴飛ばさないように足を床の上に運び、シートに座ると、いやが上でも気分が持ち上がる。

4気筒の1742cc直噴ターボは『ジュリエッタQV』にも搭載される。が、『4C』では“dnaスイッチ”に“Alfa Race”モードが加えられるなどもちろん専用チューンだ。このためミッドシップの軽量ボディと相まって、加速時などは数値以上の豪快さ。ビュアなスポーツカーの世界観が展開される。100km/h巡航は6速で2000rpmほどだが、そこからの加速も十分な力強さだ。

アルファロメオ4Cは一度乗ってしまうと夢中にされてしまう魅力的な車であることがわかります。

アルファロメオ 4Cの中古価格

アルファロメオ4Cの新車価格に関してですが、クーペの4Cであれば807万円から、4Cスパイダーであれば862万円という価格が設定されています。この価格はオプション等によって若干変化があります。

中古価格に関してですが、中古相場は649〜891万円で、平均価格としては759.3万円程度となっています。
ただ、4Cが発売からそこまで時間が経っていないこともあり、中古車として市場にそれほど多くは車自体が出回っていません。中古車として4Cを購入したいという方は、もう少し待ったほうが良いかもしれません。

まとめ

誰もが憧れるアルファロメオ。コンパクトな設計でありながらも特別感と高級感溢れるデザインや内装はまさに本物です。

スポーツカーへの憧れがある方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


アルファロメオ 車種情報 4C

関連する投稿


【世界で最も美しいクラシックカー】1937年型アルファロメオ 8C 2900Bベルリネッタ

【世界で最も美しいクラシックカー】1937年型アルファロメオ 8C 2900Bベルリネッタ

BMWグループ(BMW Group)は、イタリアで開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ2019」(5月24~26日)に出展されたクラシックカーの最も美しい車に授与される「ベスト・オブ・ショー」に、1937年型アルファロメオ『8C 2900Bベルリネッタ』を選出したと発表しました。1937年型アルファロメオ 8C 2900Bベルリネッタ、どういう車なのでしょうか。


スポーティ&コンパクト!! アルファロメオ ミトの魅力に迫る!

スポーティ&コンパクト!! アルファロメオ ミトの魅力に迫る!

あなたはミトという車をご存知ですか?実はアルファロメオ ミトという実在した車があります。アルファD.N.A.システムを搭載していることが、この車の大きな魅力の1つです。惜しまれつつも生産は終わりましたが、根強い人気を誇っているミトを見ていきましょう。


アルファロメオ ジュリエッタの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

アルファロメオ ジュリエッタの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場

ホットハッチとしても名高いジュリエッタ。走行性能や評価を確認するので購入のご参考にどうぞ。購入後のカスタムのおすすめはホイール交換ですが、ポイントがあるようです。また、ジュネーブモーターショー2019では新型が登場すると話題です。今までとはどう違うのかもチェックしてみましょう。


アルファロメオ ミトってどんな車?中古価格 試乗評価 内装 性能

アルファロメオ ミトってどんな車?中古価格 試乗評価 内装 性能

アルファロメオのミト。小型3ドアハッチバック車です。欧州での「3ドアハッチバック需要減退」に伴って、アルファロメオがMiTo(ミト)の生産を2019年はじめに終了。日本では2018年10月末に終了しました。美しく、かわいらしいフォルムのスポーツコンパクト・ミト。本記事ではそんなミトについて改めてまとめています。


アルファロメオ ジュリエッタ 価格 試乗評価 性能 燃費 内装は

アルファロメオ ジュリエッタ 価格 試乗評価 性能 燃費 内装は

アルファロメオのジュリエッタは、イタリアのアルファロメオが手掛ける乗用車です。2010年に販売開始され、日本でも発売されています。ちなみに、1954年~1965年・1977年~1985年にも同じ車名で販売されていた過去がありますが、技術的なつながりはないんです。そんなジュリエッタについて本記事ではまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。