目次へ戻る

グルメが訪れたい道の駅なんぶ

グルメが訪れたい道の駅なんぶ

近年、道の駅は目を瞠るような進化を遂げ、あるところは温泉を楽しめ、あるところは防災拠点にもなっています。 物販品が充実しているところもあれば、ご当地グルメを楽しめるスポットにもなっていて、グルメが行きたい道の駅も数多く生まれるようになりました。 今回はグルメにうってつけの道の駅なんぶをご紹介します。


道の駅なんぶがあるのはここ

道の駅なんぶは山梨県南巨摩郡南部町の国道52号線沿いにあり、2019年夏に完成予定の中部横断自動車道南部ICに隣接する形になるため、パーキングエリアとして、高速道路からもアクセスが可能になります。
周辺は田畑や緑に囲まれた自然豊かなところですが、道の駅なんぶは2018年7月21日にオープンしたばかりの新しい施設ということもあり、道の駅の建物だけでなく周辺の道路に至るまで、大変美しく整備されているのが特徴です。
山梨県の最南端にある南部町は、北は身延町、東は富士宮市、南西は静岡市に隣接した県境の町で、周囲には緑豊かな山々が連なり、町の中央を日本三大急流のひとつに数えられている富士川が流れています。
人々は平地から山間部に沿って点在する集落に暮らしていて、中山間地特有の生活が営まれているところです。
その中にあって、道の駅なんぶはこの南部町に暮らす人たちと、来訪者が交流する拠点としての役割を果たす役割を担い、さまざまなイベント開催も考えて作られただけあって、駐車場108台のうち40台、トイレ45器のうちの24器が24時間利用可能の利便性の高い道の駅です。
敷地面積が広いことから、災害時の防災拠点として非常時に活用する防災棟を備えており、災害発生時にはこの防災棟が稼働する仕組みも備えているのが特徴となっています。

住所:山梨県南巨摩郡南部町中野3034-1
TEL:0556-64-8552
営業時間:営業時間 / 9:00 - 17:00(季節により営業時間が変更になる場合があります)

アクセス情報

食をコンセプトにした道の駅

地元産の食材や名産品を買うことができるというのが、道の駅がこれほどまでに人気を博した大きな理由ですが、道の駅なんぶのコンセプトは食のテーマパークだけあって、南部の特産品および、山梨の名産品を多数販売しています。
買い物客にとってうれしいのは、産直の新鮮な野菜や果物がたくさん並んでいる上に、試食を行っているため、味を確認してから購入できるところです。
道の駅のほとんどが地域の新鮮な野菜や果物を取りそろえていますが、試食を出しているところは珍しく、まさに食のテーマパークならではの取り組みと言えるでしょう。
南部特産の南部茶を中心に、さまざまなオリジナル商品を取り扱っているほか、フルーツ王国でもある山梨の特産品が試食できれば、あれもこれもとつい買ってしまい、財布のひもが緩んでしまうことウケアイです。

愛犬家にうれしい設備も

広い敷地を有している上に、自然が豊かなことから、道の駅なんぶにはドッグランが作られています。
そのため、愛犬家にとっては愛犬をのびのびと走らせてやることができ、グルメや買い物を楽しみながら愛犬と楽しく過ごせる場所として、レジャー目的で1日かけて遊べるスポットであることは非常に魅力的です。
子ども連れの家族向けには芝生の公園や多目的広場がありますので、家族みんなで遊びに来れば、テーマパークに行くよりもリーズナブルな費用で休日を楽しめます。
これらの屋外エリアは24時間利用可能となっていますので、朝早くから夕暮れまで、時間の許す限り利用できるのがうれしいところです。
屋内施設としては、南部氏展示室や観光情報室および情報発信コーナーで南部のことをいろいろ知ることができますし、キッズルームや多目的室もありますので、さまざまな目的で利用ができます。
これに特産品の買い物とグルメが加わった、体験型で楽しめる道の駅となっているのが、道の駅なんぶの一番の魅力です。

グルメ必見のご当地食もずらり

道の駅でグルメ巡りをする人も珍しくない今、道の駅なんぶのグルメは、㐂びのお茶という名前を持つ南部茶を主役にした食堂・南部よろこび茶食堂において、銘茶を使った数々の料理やスイーツです。
温暖で雨が多い気候の南部で丁寧に育てられた結果、甘く柔らかな旨みを持つおいしいお茶となった南部茶は、この味わいがいろいろな食材ととても相性がいいのが特徴です。
南部茶で作った香り豊かな茶そばをはじめ、おいなりさんに南部茶を入れた、その名もおいなり茶など、人気メニューが目白押しです。
スイーツ好きには、南部茶スイーツ3種セットとなるプリンに南部茶ブリュレテリーヌ、そしてバームクーヘンの南部茶スィーツがアソートパフェになった、南部茶の旨みを存分に堪能できるビッグサイズの南部茶パフェUMAMIがおすすめです。

道の駅の特色を知って行くと尚楽しい

道の駅なんぶに関して言えば、食のテーマパークというコンセプトを持っているだけあって、食にあまり関心のない人にとっては単なるトイレ休憩利用だけになってしまうかもしれません。
そのため、事前に道の駅の特色を知ってからどこに行くかを決めるとより楽しくなるのは間違いなく、道の駅なんぶはグルメ御用達の道の駅と言えます。

関連するキーワード


道の駅

関連する投稿


富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

富士山もある!山梨県南部の道の駅知ってる?

今回ご紹介する山梨県南側には富士五湖や富士川などといった観光名所が目白押しです。世界遺産に指定された富士山も半分は静岡県北東部ですが、半分は山梨県南部です。山梨県南部の道の駅をご紹介します。


本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

本州最西端の山口県 北部の道の駅一覧

山口県は本州最西端にあり、日本海と瀬戸内海の二つの海が交わる関門海峡を挟んでトンネルや橋で福岡県と結ぶことにより、九州への交通の要衝として栄えました。また、幕末では薩摩(今の鹿児島)と組んで薩長同盟を結ぶことにより日本は新たな夜明けを迎えた地でした。今回は山口県北部の道の駅について紹介しましょう。


広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県南部の道の駅一覧 2つの世界遺産やマツダスタジオがある県!

広島県は瀬戸内海や厳島神社、原爆ドームや三段峡など見どころがたくさんな中国地方の自治体です。また、愛媛とはしまなみ海道でアクセスできるの特徴です。今回は、広島南部の道の駅を紹介します。


大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

大自然を満喫できる、高知県室戸地区の道の駅一覧

高知県は四国で一番太平洋岸側と接する距離が長く、東の室戸岬、西の足摺岬と二つの岬がついになっているのが特徴で、山間部へと足を延ばすと四国を代表する川の吉野川が流れています。今回は、東側の室戸岬付近の道の駅を紹介します。


【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

【道の駅】むなかた!九州エリアで絶大な人気を誇る道の駅 見どころを紹介!

九州エリアには、美味しい食べ物がたくさんあります。その中でも福岡県宗像市にある「道の駅むなかた」では、地元でとれた新鮮な魚や野菜がたくさん売られています。来場者数が九州No.1と圧倒的に多く、人気の道の駅なのです。そんな道の駅 むなかたのおすすめポイントやおすすめのお土産、口コミや評判などを紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。