トップへ戻る

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

日産スカイラインは1957年の登場以来、人気を博しているスポーツセダンです。2014年2月に13代目へモデルチェンジしました。ハイブリッド車と次世代ターボ車の二本立てが設定される事となり、かつてのキャラクターとは大きく変化したものの、日産がスカイラインに込める想いは健在です。そんなスカイラインの魅力を大公開です!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スカイライン 快適性能・車内空間

躍動感のあるデザイン、彩るカラー

スカイラインのエクステリアは、走りを追求する為に作りこまれた躍動感、高揚感にあふれるものとなっています。

精悍なフロントマスク、ソリッド感あふれるワイド&ローのフォルム、グラマラスなスタイリング、見る者を一瞬で魅了し走りの喜びへと駆り立てるダイナミックプロポーションはまさにアスリートセダンと呼ぶに相応しい佇まいです。


スカイラインオーナーとしての所有欲を満たすカラーバリエーションは9色が用意され、そのいずれも素晴らしいエクステリアの魅力を最大限に引き立てるものと言えます。

美しいプロポーションの室内空間

スカイラインには次世代のFR-Lプラットフォームが採用されており、ロングノーズ、ショートデッキにより美しいプロポーションが保たれています。車体の高さを低くしながらも、室内空間は広がりを感じられるレベルとなっています。


特に後部座席にゆとりを持たせてあるのが特徴といえます。シートにも工夫が施され、走行中の疲労軽減に効果的に作られています。


また、ドライブモードセレクターによりドライバーに合わせて室内環境を細かく調整することができます。ドライバーの交代時に設定を切り替えることも可能です。

快適さを追求した機能

ドライバーの好みによって、ドライビングポジションや走りのテイストまでを記憶させることが出来るドライブセレクターモードがさらに進化しました。


5つのドライブモードに加えて、カスタマイズメニューの組み合わせにより最大で96通のPERSONALモードを設定する事が可能になりました。自分の好みにスカイラインを仕上げるという楽しみが増えています。


さらにこれを派生したもので、上記に加えてオーディオの設定、安全機能の強弱、さらにはエアコンの設定の好みまでを最大で3人分まで記憶できるパーソナルアシスタント機能が搭載されています。

スカイライン 燃費・走行性能

次世代ターボはココがスゴイ!

スカイラインに搭載された2.0L・DOHCエンジンはターボチャージャーとの組み合わせで、極めて高い環境性能を実現し、停止時からの発進や、連続するカーブからの立ち上がりなどで、高水準の加速性能を発揮できるエンジンです。

これに電動油圧パワーステアリング(車速感応式)も加わって、力強いエンジン性能に爽快感あふれる走行がプラスされています。電動油圧パワーステアリングは、高いステアリング性能でハイレスポンスな走りを実現するほか、燃費の向上にも貢献できる優れた代物です。

ダイレクトアダプティブステアリングでオン・ザ・レール感

スカイラインは3つ搭載されたステアリングECUがステアリングの動きを電気信号に置き換えて、ステアリングアングルアクチュエーターを動かすことでタイヤを操舵し、低スピード時や路面がやや粗い時でも圧倒的に高い安定性を維持した走行を味わえます。

ステアリングアングルアクチュエーターはどのような道であってもタイヤの向きをしっかりとキープさせることが可能で、あまりにも安定性が高く軽いハンドリングは、まるでレールの上を滑っているかのようなオン・ザ・レール感を感じることが可能です。

ハイブリッド4WDはどんな感じ?

スカイラインは1モーター2クラッチ方式のインテリジェントデュアルクラッチコントロールを搭載しています。

これにより停止したモーターとエンジンを完全に切り離すことが可能となり、エンジン停止時はモーターの負荷を軽くして無駄な出力を防ぎます。


ハイブリッドに合わせて進化を果たしたV6 3.5L DOHCエンジンは、モーターがまだ低回転の時点で最大トルクが立ち上がるという特性があり、これに大容量の電気を瞬く間に充電、放電が可能なリチウムイオンバッテリーが搭載されていることで力強い加速性能を感じることが可能です。

スカイライン 装備・安全性

安全性能で事故を未然に防止!

この車種にはエマージェンシーブレーキ、LDP・LDWといった走行の安全化を図るシステムが盛り込まれています。平成26年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、「先進安全車プラス(ASV+)」の最高評価を得ています。

エマージェンシーブレーキイメージ

エマージェンシーブレーキは、ミリ波レーダーによって他車との衝突を事前に察知、ドライバーに警告することで事故を未然に防ぎ、安全なアクセル、ブレーキの操作が行われるように促します。

エマージェンシーブレーキイメージ

LDP・LDWは車線の逸脱の危険をドライバーに知らせ、制御力を用いて適切な走行の維持を図ります。

エマージェンシーブレーキイメージ

日産 スカイライン、自動ブレーキを全グレードに標準装備 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/03/28/272356.html

日産自動車は、『スカイライン』全車にエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を始めとする「全方位運転支援システム」を標準化し、4月18日より発売すると発表した。

エマージェンシーブレーキイメージ

標準装備にはこんなものも、、、?!

エマージェンシーブレーキイメージ

スカイラインに搭載されたアラウンドビューモニターによって、駐車時などに周囲の移動物を検知し安全を確保します。ディスプレイ上に駐車ガイドも表示されるため、駐車の苦手な方でも安心できる仕様となっています。

アラウンドビューモニター参考画像

パーソナルポジションメモリーによってキーのIDを車が認識すると、自動でシートやステアリング、ミラーポジションが調整されるので、複数人での利用シーンでもとても便利です。

インテリジェントブレーキアシスト機能によって、万一の避けられない衝突の際も被害の拡大を防ぐことが出来るようになっています。

グレード・価格

モデルは大きく分けて3.5Lハイブリッドモデルの350GTと、2.0L次世代ターボエンジンモデルの200GT-tの二つが用意されています。

価格は350GTで4,926,960円~5,816,880円(税込)、200GT‐tで4,136,400円~4,970,160円(税込)と、モデル内でもグレードによって幅が持たされた設定となっています。

実質上の最上級グレードであるCool Exclusiveには専用の本革インテリアやパネルのアルミフィニッシャーが奢られ、Exclusiveの名に恥じない上質な空間が演出されます。ボディカラーは全車ともに共通となっています。

オプションで自分だけの車に!

オプション設定にも魅力的なモノが多数取り揃えられています。
BOSE サラウンドシステムは言わずと知れたハイパフォーマンスオーディオシステムです。スカイラインの躍動感あふれる走りに呼応するかのような臨場感あふれるダイナミックな音響空間によるエンターテインメントが実現されます。

スカイライン向けボーズ パフォーマンスシリーズ


切削光輝19インチアルミホイールの装備によって、煌びやかな足元を演出する事でボディ全体の印象がぐっと引き締められます。なお、全グレードにランフラットタイヤが装着される為、万が一の事態が起きても一定の距離までは自走が可能です。

ブリヂストン・POTENZA S001 RFT

ベーシックパックには基本的なフロアカーペットやドアバイザーといった必需品が含まれています。

特別仕様車の詳細は??

スカイラインの誕生から60年を迎えたことを記念して、特別仕様の60th Limitedモデルが登場しています。

日産 スカイライン 60thリミテッド


セミアニリン本革をシート部分に使用することで、より快適で満足感の得られる特別な座り心地を実現しています。オープンポアウッドトリムは、ポアと呼ばれる木の導管を用いることと、特別な塗装法によって高級感漂うウッドトリムに仕上がっています。

またブラックルーフトリムが内装により一層の落ち着きを与えています。セミアニリン本革シートやボディのカラーは、複数の中から選ぶことができます。

関連する投稿


発売直前!日産アリアの最新スペック大調査!価格や航続距離はどうだ

発売直前!日産アリアの最新スペック大調査!価格や航続距離はどうだ

2020年に発表されたSUVタイプの電気自動車「日産 アリア」が、いよいよ発売開始目前となっています。新生日産を象徴する存在でありつつ、そろそろ古さを感じるリーフに代わる最新の電気自動車として日産の威信をかけて登場するアリア。発売に向けて航続距離や価格など、詳細情報がどんどん明らかになっているアリアの、気になる最新情報をまとめて紹介します。


2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

最近でこそSUVや軽自動車の人気に押されているとはいえ、「セダン」は令和の現代でも一定の需要があり、各自動車メーカーからも魅力的な最新モデルのラインアップが続いています。見た目の高級感や乗り心地の良さでは右に出るもののないセダンの最新モデルは、燃費や使い勝手の面でも大きく進化している大満足なモデルばかり。この記事では、2022年におすすめしたい最新セダンを5台紹介します。


2022年最新版 メルセデス・ベンツのセダン一覧

2022年最新版 メルセデス・ベンツのセダン一覧

メルセデス・ベンツはドイツ有数の自動車メーカーの一つであり、ドイツ国内外問わず多くの人たちから人気を博しています。セダンもそのメルセデス・ベンツのラインナップの一つです。今回はベンツのセダンについてお伝えします。


【2022年】新車で買える!現行MT車(マニュアル車)メーカー別全まとめ

【2022年】新車で買える!現行MT車(マニュアル車)メーカー別全まとめ

車との一体感をより感じやすい運転感覚が熱烈な支持を受けるMT車ですが、もはやスポーツカーでもラインナップ数がどんどん減っているのが現状。この記事では、こだわりのMT車が選べる現行車種をメーカー別にご紹介していきますので、どんな車種でまだMT車が選べるのかをぜひチェックしてみてください。スポーツカーから軽自動車までバラエティ豊富な車種が登場しますので、お気に入りの一台がきっと見つかるはずです。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


最新の投稿


新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

新型ランクル300の価格は?グレード、ボディサイズ、最新の納期まで徹底解説

トヨタのランドクルーザー300が欲しくても、何から情報収集したらいいのか迷っている人も多いでしょう。ここでは、新車と中古車の価格の相場やオプション価格、人気があるカラーやグレード、スペック、納期について詳しく解説します。トヨタのランドクルーザー、通称ランクルについて見ていきましょう。


光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

光岡バディ(Buddy)の価格、ベース車、内装、納期まで徹底解説!

20代からシニアまで幅広い世代から支持されている光岡バディは、車好きがあこがれる車種のひとつです。光岡バディがなぜ人気なのか特徴について知りたい人も多いのではないでしょうか。ここでは、光岡バディのスペックや新車と中古車の価格、ベース車、内装、納期について解説します。


マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

マセラティ新型コンパクトSUV!グレカーレのグレードと価格、スペック、内装、納期を徹底解説

2020年9月に発表され続報が待たれていた「レヴァンテ」に続くマセラティ第2のSUV「グレカーレ」についてまとめました。そのスペック、価格、内装、納期などを徹底解説します。


【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

【2022年】おしゃれなルーフキャリアおすすめ10選!種類と選び方まで徹底解説!

アウトドアやマリンスポーツが好きな人にとって、ルーフキャリアは便利アイテムのひとつです。いざ買おうと思っても種類が多く、どれを選んだらいいのか迷っている人のために、ここではルーフキャリアの種類と選び方、そして、人気のメーカーとおすすめのルーフキャリアを10選紹介します。


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。