目次へ戻る

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

現行モデルは歴代13代目!スカイラインの評価とは⁉

日産スカイラインは1957年の登場以来、人気を博しているスポーツセダンです。2014年2月に13代目へモデルチェンジしました。ハイブリッド車と次世代ターボ車の二本立てが設定される事となり、かつてのキャラクターとは大きく変化したものの、日産がスカイラインに込める想いは健在です。そんなスカイラインの魅力を大公開です!


スカイライン 快適性能・車内空間

躍動感のあるデザイン、彩るカラー

スカイラインのエクステリアは、走りを追求する為に作りこまれた躍動感、高揚感にあふれるものとなっています。

精悍なフロントマスク、ソリッド感あふれるワイド&ローのフォルム、グラマラスなスタイリング、見る者を一瞬で魅了し走りの喜びへと駆り立てるダイナミックプロポーションはまさにアスリートセダンと呼ぶに相応しい佇まいです。


スカイラインオーナーとしての所有欲を満たすカラーバリエーションは9色が用意され、そのいずれも素晴らしいエクステリアの魅力を最大限に引き立てるものと言えます。

美しいプロポーションの室内空間

スカイラインには次世代のFR-Lプラットフォームが採用されており、ロングノーズ、ショートデッキにより美しいプロポーションが保たれています。車体の高さを低くしながらも、室内空間は広がりを感じられるレベルとなっています。


特に後部座席にゆとりを持たせてあるのが特徴といえます。シートにも工夫が施され、走行中の疲労軽減に効果的に作られています。


また、ドライブモードセレクターによりドライバーに合わせて室内環境を細かく調整することができます。ドライバーの交代時に設定を切り替えることも可能です。

快適さを追求した機能

ドライバーの好みによって、ドライビングポジションや走りのテイストまでを記憶させることが出来るドライブセレクターモードがさらに進化しました。


5つのドライブモードに加えて、カスタマイズメニューの組み合わせにより最大で96通のPERSONALモードを設定する事が可能になりました。自分の好みにスカイラインを仕上げるという楽しみが増えています。


さらにこれを派生したもので、上記に加えてオーディオの設定、安全機能の強弱、さらにはエアコンの設定の好みまでを最大で3人分まで記憶できるパーソナルアシスタント機能が搭載されています。

スカイライン 燃費・走行性能

次世代ターボはココがスゴイ!

スカイラインに搭載された2.0L・DOHCエンジンはターボチャージャーとの組み合わせで、極めて高い環境性能を実現し、停止時からの発進や、連続するカーブからの立ち上がりなどで、高水準の加速性能を発揮できるエンジンです。

これに電動油圧パワーステアリング(車速感応式)も加わって、力強いエンジン性能に爽快感あふれる走行がプラスされています。電動油圧パワーステアリングは、高いステアリング性能でハイレスポンスな走りを実現するほか、燃費の向上にも貢献できる優れた代物です。

ダイレクトアダプティブステアリングでオン・ザ・レール感

スカイラインは3つ搭載されたステアリングECUがステアリングの動きを電気信号に置き換えて、ステアリングアングルアクチュエーターを動かすことでタイヤを操舵し、低スピード時や路面がやや粗い時でも圧倒的に高い安定性を維持した走行を味わえます。

ステアリングアングルアクチュエーターはどのような道であってもタイヤの向きをしっかりとキープさせることが可能で、あまりにも安定性が高く軽いハンドリングは、まるでレールの上を滑っているかのようなオン・ザ・レール感を感じることが可能です。

ハイブリッド4WDはどんな感じ?

スカイラインは1モーター2クラッチ方式のインテリジェントデュアルクラッチコントロールを搭載しています。

これにより停止したモーターとエンジンを完全に切り離すことが可能となり、エンジン停止時はモーターの負荷を軽くして無駄な出力を防ぎます。


ハイブリッドに合わせて進化を果たしたV6 3.5L DOHCエンジンは、モーターがまだ低回転の時点で最大トルクが立ち上がるという特性があり、これに大容量の電気を瞬く間に充電、放電が可能なリチウムイオンバッテリーが搭載されていることで力強い加速性能を感じることが可能です。

スカイライン 装備・安全性

安全性能で事故を未然に防止!

この車種にはエマージェンシーブレーキ、LDP・LDWといった走行の安全化を図るシステムが盛り込まれています。平成26年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、「先進安全車プラス(ASV+)」の最高評価を得ています。

エマージェンシーブレーキイメージ

エマージェンシーブレーキは、ミリ波レーダーによって他車との衝突を事前に察知、ドライバーに警告することで事故を未然に防ぎ、安全なアクセル、ブレーキの操作が行われるように促します。

エマージェンシーブレーキイメージ

LDP・LDWは車線の逸脱の危険をドライバーに知らせ、制御力を用いて適切な走行の維持を図ります。

エマージェンシーブレーキイメージ

日産 スカイライン、自動ブレーキを全グレードに標準装備 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/03/28/272356.html

日産自動車は、『スカイライン』全車にエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)を始めとする「全方位運転支援システム」を標準化し、4月18日より発売すると発表した。

エマージェンシーブレーキイメージ

標準装備にはこんなものも、、、?!

エマージェンシーブレーキイメージ

スカイラインに搭載されたアラウンドビューモニターによって、駐車時などに周囲の移動物を検知し安全を確保します。ディスプレイ上に駐車ガイドも表示されるため、駐車の苦手な方でも安心できる仕様となっています。

アラウンドビューモニター参考画像

パーソナルポジションメモリーによってキーのIDを車が認識すると、自動でシートやステアリング、ミラーポジションが調整されるので、複数人での利用シーンでもとても便利です。

インテリジェントブレーキアシスト機能によって、万一の避けられない衝突の際も被害の拡大を防ぐことが出来るようになっています。

グレード・価格

モデルは大きく分けて3.5Lハイブリッドモデルの350GTと、2.0L次世代ターボエンジンモデルの200GT-tの二つが用意されています。

価格は350GTで4,926,960円~5,816,880円(税込)、200GT‐tで4,136,400円~4,970,160円(税込)と、モデル内でもグレードによって幅が持たされた設定となっています。

実質上の最上級グレードであるCool Exclusiveには専用の本革インテリアやパネルのアルミフィニッシャーが奢られ、Exclusiveの名に恥じない上質な空間が演出されます。ボディカラーは全車ともに共通となっています。

オプションで自分だけの車に!

オプション設定にも魅力的なモノが多数取り揃えられています。
BOSE サラウンドシステムは言わずと知れたハイパフォーマンスオーディオシステムです。スカイラインの躍動感あふれる走りに呼応するかのような臨場感あふれるダイナミックな音響空間によるエンターテインメントが実現されます。

スカイライン向けボーズ パフォーマンスシリーズ


切削光輝19インチアルミホイールの装備によって、煌びやかな足元を演出する事でボディ全体の印象がぐっと引き締められます。なお、全グレードにランフラットタイヤが装着される為、万が一の事態が起きても一定の距離までは自走が可能です。

ブリヂストン・POTENZA S001 RFT

ベーシックパックには基本的なフロアカーペットやドアバイザーといった必需品が含まれています。

特別仕様車の詳細は??

スカイラインの誕生から60年を迎えたことを記念して、特別仕様の60th Limitedモデルが登場しています。

日産 スカイライン 60thリミテッド


セミアニリン本革をシート部分に使用することで、より快適で満足感の得られる特別な座り心地を実現しています。オープンポアウッドトリムは、ポアと呼ばれる木の導管を用いることと、特別な塗装法によって高級感漂うウッドトリムに仕上がっています。

またブラックルーフトリムが内装により一層の落ち着きを与えています。セミアニリン本革シートやボディのカラーは、複数の中から選ぶことができます。

関連する投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサス HSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

本記事では、レクサスHSの価格から燃費性能などの基本スペック、そしてユーザーの方からの口コミ評価まで気になる部分を徹底的にご紹介していきたいと思います。


スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバル インプレッサ2018年モデル初公開!スターリンク搭載!

スバルの米国法人、スバルオブアメリカは、米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2017において、『インプレッサ』2018年モデルを初公開しました。いったいどういった点が変更・改良されているのか?インプレッサ2018年モデルの最新情報をお届けします!!


アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ 新型ジュリア デザインと技術の融合!ジュリアに迫る

アルファロメオ、と言えば車に詳しくなくても名前は聞いたことがある、そんな有名な車ですね。10月より発売されたジュリアは、アルファ久々のミッドサイズセダン。注目度も高まっています。本記事ではそんな新型ジュリアのスペックや価格から、さらに詳細情報・最新情報までをお届けします。これを読めば貴方もジュリアが欲しくなる!?かも。


こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

こんなにある!スター・ウォーズコラボ特集!!ベンツから日産まで

12月15日(金)より、世界中で大人気の『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』が日本公開されますね。スター・ウォーズファンの方はこの日をとても楽しみにしていたのではないかと思います。今回はスターウォーズ公開に先駆けて、スターウォーズコラボを行ったことのある車メーカーについてまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。