目次へ戻る

中古でも欲しい!スズキのカプチーノの探し方

中古でも欲しい!スズキのカプチーノの探し方

今尚、高い人気を誇るスズキのFR軽自動車の傑作、カプチーノ。既に生産が終了となっているため、程度の良い車体を手に入れるためには、中古市場をチェックすることが重要となってきます。 忘れかけていた情熱を呼び起こす魅力あふれる憧れのカプチーノを、総生産台数26.583台の中から探していきましょう。


カプチーノとはどんな車だったの?

スーパー・スポーツカーの様な軽自動車それがスズキ・カプチーノ。

今となっては中古でしか入手出来ない車になってしまいましたが、それでもあの性能は今でも色あせる事はないでしょう。もう一度あのカプチーノという車を振り返ってみましょう。

カプチーノは1991年にデビューした軽スポーツです。なんと開発時には総重量480Kgを達成した、ライト・ウェイト・スポーツカーとしても画期的な軽さでしたが、販売時にはコスト等の問題をクリア出来ず700Kgまで重量は増えました。

何故ここまで軽量化に拘ったかはスズキのライバルでマツダのオートザムAZ-1の存在が大きかったのです。AZ-1は軽自動車としてはおそらく世界初といってもよいガルウィングを採用していました。このインパクトはかなり強力でした。

これを凌ぐウルトラ・ライト・ウェイト・スポーツ プロジェクト89として1987年より開発はスタートしたのです。

合言葉は「見た目はおしゃれ・走りは本格派」を基本理念として開発は始まったのです。
 

カプチーノの特徴とは

カプチーノの大きな特徴
カプチーノはルーフを3つのタイプから選択できるのです、それは。
・フルオープン
・タルガ・トップ
・Tトップ
この3種類です。

こんな事、車普通車でも見たことないと評判になりました。こうしてカプチーノは発売前からかなりの評判を受けて満を持して、1991年発売となったのです。

実際発売されるとライバルはホンダのビートになっていました、同じ軽自動車の2シーター・オープンカーどうしの火花が上がり始めたのです。

スズキのカプチーノ・スペック

カプチーノのスペックは軽自動車の域を超えていました、エンジン駆動もFRと本格走行にも耐える形式でした。おまけにターボ搭載車でしたのでスポーツ走行はお手の物だったに違いありません。パワートレインは

657㏄直3ターボエンジン
最高出力 64Ps/6500rpm
最高トルク 8.7Kg/4000rpm
駆動方式 FR
車両重量 700Kg 

ダブルウィッシュボーン式サスペンション搭載は軽自動車としては初でした。
最初の目標であったおしゃれで走りは本格的な車の誕生でした。

MT車とAT車

カプチーノにはMT車とAT車が設定されていました。MT車の総販売台数は1184台と今となってはかなり貴重です。現在走行できるMTカプチーノは、おそらく1000台を切っていると思われます。

ちなみにカプチーノの総販売台数は26583台となっています。これ以外にはイギリスとドイツに1182台輸出されています。

よくカプチーノのAT車の出足は悪いと聞きますが、実際はそれほど悪くもなかったようです。今となってはクラシックカーの部類に入る車ですので過度な期待は禁物です。

カプチーノ、エアロパーツの中古

カプチーノのエアロパーツは驚く事にまだ新品でも入手可能な物も多く出回っています。多くは楽天市場やAmazonなどの通販サイトにて入手可能ですが、有名メーカーの造っていた本格エアロなどは残念な事に生産中止になったものは多くなってきています。

そういったものを探すのなら中古部品を探すしか方法はないようですが、案外とカプチーノのパーツはエアロに限らず多く販売されているのが現状の様です。

しかしながら中古部品をネットなどで購入する場合には、パーツの点数は揃っているか、割れや欠けなどがないかの確認は大事です。可能で有ればやはり自分の目で確認してから購入が望ましい購入方法であると思います。

カプチーノ・ロータリー

世の中にはエンジンスワップと呼ばれる、恐ろしい改造を行うショップも存在します。今回はカプチーノに、ロータリーエンジンを載せてしまうといった事が行われた話です。

カプチーノは元々エンジンルームの体積が大きいと言われてきました。実際それゆえにセルボモードやフォードYBMコスワースチューン等のエンジンに換装されたカプチーノは存在しました。これまではやはりスペースの問題でNAのエンジンに限られてきましたが、ついにターボエンジンそれもロータリーに載せ替えたカプチーノが登場したのです。

その結果、重量は若干増の870Kgになりましたが、これはかえってこのエンジンのパワーに応えるべく走行安定性に寄与したと言われています。

エンジンスペックはターボブースト1.25kg/立法メートルで380psと軽では考えもつかない馬力を得ました、載せ替えられたエンジンは13Bエンジンでした。ただ本来の13Bエンジンではこのスペックは無理で、その為タービンをハイフロータービンに変更、サード800ccインジェクター・アペックス製パワーFC制御などの変更により380Psを実現しました。

そしてこのカプチーノは勿論エンジンだけに止まらず、エクステリアではオーバーフェンダーやGTリアウィング・オーバーサイズのSタイヤ。
安全強化と車体の補強の為のロールケージやバケットシートなどいちいち数えれば上げるに枚挙がないほどの変更を受けていました。

勿論改造車検登録の公道を堂々と走る事の出来る車で有ったことは言うまでもありません。

カプチーノの後継車は出るのか、噂の検証

消えては出て、カプチーノの後継車は出てくるのかといった話です。
ホンダのS6やコペンの成功など軽自動車のスポーツカーが発表されるたびに、スズキは?といった話をよく耳にします。この噂の検証を行ってみたいと思います。

この噂のきっかけとなったのは一冊の雑誌のCG画像が発端の様です。

そしてこれを皮切りに一気に噂が広がったようです。

あくまで噂の域を出ない話ですが、これほど多くの噂になったのは、世間がカプチーノの再来を期待している事の証明といっても良いと思います。

メーカーサイドは、どうやらカプチーノの再発売にはあまり積極的ではないようです。その理由として昨今の若者や都市部の人達の車離れは大きな理由になっているようです。勿論売れる車なら作りたいのが本音でしょうが、もし惨敗した結果を考えるとメーカーサイドは慎重になるのは頷けます。

どうやら結果はカプチーノの再来は現在では来ないという所でしょうか。

しかし将来は分かりません夢の車であるカプチーノの再来を待ちましょう。

カプチーノの中古車を探す時の注意点

本題のカプチーノを探す手段と、探し方を見ていきましょう。

最初にも書きましたがカプチーノは総販売台数が26.583台と非常に少ない車種です。そして既に生産販売終了した車である事と、生産終了から年月が経った車という事もあり探すのは大変です。

しかし幸運な事にこの車は非常に人気のある車という事で、希少価値はかなりある車という事は他の車に比べるとまだ現存している数の多い車だといえる事です。

Amazonなどで調べればカプチーノ専科といった、カプチーノ専門の解説書などもあるくらいの車です。

探せばまだ購入可能な車という事です。探し方としては主に二通りだと思われます。馴染みか大きい中古車屋で探して頂く方法と、ネットで検索する方法です。
どちらも利点と欠点はあります。

まず中古車屋さんで探して頂く方法は、その中古車屋さんの規模が大きければ大きいほど安心も増すでしょうし、きっと複数台はカプチーノを探してくれるでしょう。もちろんこれは利点ですが、購入金額は個人売買などに比べると高くなるのは仕方がない事です。

確実に探したいなら全国チェーン展開している大手中古車グループにお願いすれば、ほぼ確実に探して頂けると思います。

次にネットを介して探す方法ですが、欠点としては中々実車を確認できないと言った所でしょうか。

現物の車の状態が写真でしか確認できないといった事が一番の欠点です。
その反面価格的には業者などにお願いするよりも確実にお安く入手できるでしょう。どちらを選択するかはご自身の環境などもご考慮なさってお考え下さい。

まとめ

俗に呼ばれるABCの一台です、軽自動車のスポーツカー、AZ-1・ビート・カプチーノを評してABCと呼ばれているのです。
この3台は全て人気の車種ですが、中でもカプチーノは街乗りからサーキット走行まで幅広い人気の車でした、1998年の製造中止から20年を経過した今でも、幅広い層から絶大な支持を受けている車です。一度は所有してみたい手の届くスーパーカーではないでしょうか。

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

スズキ ハスラー 奇跡を起こした軽自動車について、徹底解剖!スペック・中古価格まで

現在ハスラーはスズキの軽自動車の中で最も注目を浴びている車種です。燃費性能をはじめ、安全性能なども優れているのにも関わらず求め易い値段だということで人気が増してきています。しかし、実はこの車には驚く事実がいくつも存在します。今回はサイズ、燃費、値段などの基本情報だけでなく、ハスラーの裏話も含めて詳しく紹介していきます。


スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

スズキの新型エブリイ&エブリイワゴン一部仕様変更 安全面強化 価格や変更点

2019年6月17日に、スズキの軽自動車『エブリイ』と『エブリイワゴン』が一部仕様変更し発売されました。いったいどのような点が変更になったのでしょうか。新型エブリイとエブリイワゴンの価格や変更点についてまとめています。


スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキの軽自動車「ジムニー」の燃費や性能、価格も含めてご紹介していきます。これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。