目次へ戻る

【スバル インプレッサ】これはスバルのフルモデルチェンジ...【詳細情報一覧】

【スバル インプレッサ】これはスバルのフルモデルチェンジ...【詳細情報一覧】

インプレッサは、国内のみならず、世界各国で高い評価を受けるスバルブランドの一つです。第5世代にあたる新型インプレッサの発表会において、吉永泰之社長が「これは1モデルのフルモデルチェンジではない、スバルのフルモデルチェンジだ」と豪語すほどの、その魅力に迫りましょう。


快適性能・車内空間

スバル インプレッサは国内のみならず、世界各国で高い評価を受けるスバルブランドの一つです。多くの人に愛される車種であるインプレッサですが、今回は、この車に取り入れられている最先端の技術と快適性について解説していきます。

概要・特徴

スバル インプレッサは2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞、2016年度JNCAP予防安全性能評価最高ランクを獲得した、スバルの主力製品です。機能美と安全性、快適な乗り心地を追求した人や自然にも優しい車となっています。

環境に配慮された設計のため、エコカー減税も受けることができます。燃費性能は18.2km/ℓ、排気量に関しては1.6ℓと2.0ℓのものが用意されています。どちらも5人乗り仕様で、メーカー希望小売価格は、税込192.24 万円からとなっています。

デザイン

スバル インプレッサのデザイン設計には3つの意味が込められています。一つ目は「機能」です。視認性の良さ、快適な走行性能に加え高い安全性と、暮らしに密着した使い勝手の良さが考慮されています。

二つ目は「DNA」。スバルの前身が航空機メーカーだったことから、高い安全性と性能を求めながらも、常にチャレンジ精神に溢れたデザインの設計が心掛けられています。

そして、三つ目は「カタチ」です。スバル インプレッサに求められたテーマは「ソリッドさ」と「ダイナミックさ」です。それぞれが、安心であることと愉しくあることという意味合いを込められており、より価値あるデザインの設計を可能としているのです。

静粛性・シート

インプレッサに採用されているスバルグローバルプラットフォーム。それは、スバルの最新鋭の技術力が集約された次世代のプラットフォームです。これにより質の高いドライビングと安全性の両立を可能としています。

スバルグローバルプラットフォームを採用することによって、ステアリング一つ取ってもより正確な操作ができ、修正舵による細かな切り返しが軽減されるので、乗っている人の負担を最小限に抑えることが期待できます。

内部の吸音材の作りの良さも特徴の一つです。振動を少なくすることによる走行中のストレスの軽減、静粛性が高いことによって同乗者との会話などに意識を楽に向けることができます。

骨組みにおける工夫

スバルグローバルプラットフォームを採用することは、総合安全性能を飛躍的に高めることにも貢献しています。最先端のフレームワーク、高強度のボディによって、従来比1.4倍の衝突エネルギーに対応することができます。キャビンを強固なフレームで囲むように設計することで、事故の際の乗員室の変形を抑制し、乗員に大きな危害が及ばないように設計されています。

また全方位からの衝突を考慮すると共に、シートベルトと連動して作動するデュアルSRSエアバッグシステムも導入することで、世界各国で認められる安全評価の獲得を実現しています。

燃費・走行性能

日本のスポーツカーの代表格といえばスバルのインプレッサです。そのインプレッサもスポーツカータイプだけでなく通常の乗用車としても販売されていますが、その燃費・走行性能共々最高水準の性能を誇っているのです。

燃費性能

エアロダイナミクスは車が走るときに縦横からくる風の影響を極力受けないようにする車体設計をすることによって、風で車体が浮き上がることを防ぐだけでなくタイヤに余計な力を加えさせないので余計なアクセルを踏む必要性がなくなります。


アイドリングストップは赤信号や路肩に停車するときにエンジンをつけたままにしておくと燃料を消費してしまうので、車が停車したときに自動でエンジンを止めることによって停車時の燃料の消費を抑えます。

アルミ製フロントフードは車は前に進む乗り物なので前が軽いほどいいのですが、そこで前方の軽量化のためにボンネット付近をアルミ製にすることで軽量化すると走行時の消費を抑えます。

走行性能

SI-DRIVEはドライブアシスト機能の一つで、スピードが必要ない場合の渋滞や市街地を走るときに出力を抑えて燃費消費を抑えるインテリジェントモードと従来の性能をそのまま引き出すスポーツモードそして山道など曲道が多い場所や高速道路で追い越しをする際に出力を上げて走るシャープモードに切り替えられます。

パドルシフトはハンドル部分にあるギアを変更するためのシフトボタンもしくはレバーであり、パドルシフトがあることで速度にあったギアチェンジやエンジンプレーキをかけられます。
リニアトロニックはギアチェンジをするためのトランスミッションを自動化したもので、運転手が出したい速度にあわせてギアを変えてくれます。

運転支援

キーレスアクセス&プッシュスタートは鍵がなくても車の施錠や開錠が出来たり、付属のキーに赤外線信号を取り入れることでキーが近くにあればボタンを押すだけでエンジンを始動できます。
電動パーキングブレーキは停車時にリスクとなるサイドブレーキのし忘れを防止するために、サイドブレーキをかけると運転席からブレーキがかけられたことを確認できるマークがつく機能です。

フルオートエアコン(抗アレルゲンフィルター付)は、夏や冬にエアコンを使う際に設定温度に早く近づけるために自動で温度や風量そして吹き出し口を変えるだけでなく日射センサーや左右別温度コントロールなども付与されたエアコンです。

試乗評価

元々スバルインプレッサは海外のラリーを走るための車として開発された経緯があり、スバルは日本の企業ですがインプレッサだけは日本車っぽくない部分があると評されています。その日本車っぽくない部分として一番分かりやすいのがパワーです。

ラリーは悪路を走るレースなので、悪路の状況に負けないようにパワー重視で設計されているため一般車ではある程度アクセルを踏まないといけない坂道でもインプレッサなら軽くアクセルを踏むだけでも急な坂道を楽に登ることができます。
そのような車の設計をすることによって乗り心地もまるで外国車に乗っているような感覚になります。

装備・安全性

クルマ好きにすれば、インプレッサはスバルを代表する人気車種です。かつては高出力のターボエンジンを搭載し、猛烈な加速が魅力でもありました。そんなインプレッサがターボエンジンを捨て、どんなクルマになったのか気になるところでしょう。

予防安全性能

スバルがインプレッサに託した想いは予防安全性能に見ることができます。その象徴がアイサイトで、フロントガラスに設置された2つのカメラが監視しています。危険を察知すると、必要に応じて安全システムが作動します。


初期的な危険に対して、警報&お知らせ機能が作動します。例えば前方との距離が詰まってしまったような時や走行レーンからはみ出したりしたような状況時に警告音でドライバーに注意を促します。さらに、衝突の可能性が高まった状況では、プリクラッシュブレーキシステムが作動し、最大限のブレーキ力を発揮させます。

0次安全

インプレッサにはそもそも事故を起こしにくいクルマ作りを取り入れた0次安全という考え方が根底に流れています。運転している時、ドライバーは前方や両サイド、さらには後方と瞬時に判断を迫られます。だからこそ、視界性能の良さが安全性能を向上させ、またハンドルをはじめとした操作がスムーズに行えるインターフェースも重要になります。

さらに見落としがちですが、疲れにくいシートを採用することでドライバーの集中力を維持させ、瞬時の判断を的確に行えるためにサポートします。

走行安全

インプレッサに施された走行安全性能は多彩で、まずはシンメトリカルAWDで左右対称の形状にすることで重量配分も同じとなり、直進安定性が向上します。さらにハンドルを軽く切った時でも、左右の重量配分が同じであることで、癖のない旋回性能を発揮します。


またスバルグローバルプラットフォームにより、走行性と安全性の両立を高次元で達成したシャーシをインプレッサに採用しています。
特に濡れた路面などでクルマが横滑りを始めた時に、ビークルダイナミクスコントロールが頼りになります。4輪のブレーキ力を個々にシステム管理することで、不安定な挙動を軽減させます。

バリエーション・価格

インプレッサに用意されているグレードは3つで、スポーティな2.0i-Sを先頭に2.0i-Lと1.6i-Lのラインナップになります。

気になる本体車両価格は、もっともスポーティで高性能な2.0i-SのAWDが税込みで2,592,000円で、もっともリーズナブルな1.6i-Lの2WDが1,922,400円です。また人気が集まりそうな2.0i-LのAWDが、2,376,000円のプライスになっています。

つまりグレードで3つ、駆動方式で2つ、合計で6つの中から選ぶことになりますが、いずれをチョイスしてもインプレッサは安全で快適なドライビングを提供してくれます。

関連する投稿


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

2019年5月31日に生産終了した軽四「スバル・シフォン」。このシフォンに関する歴史や燃費・中古価格などをまとめていきます。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。


スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

今日も日本中でたくさんの軽商用車が仕事で活躍しているわけですが、その中でもスバルのサンバーは「農道のポルシェ」との呼び声も高い名車として知られています。今回は生産終了後も人気の高いサンバーの燃費や性能を紹介していきます。これからサンバーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

SUBARU(スバル)の米国部門は、スバル『アセント』(SUBARU ASCENT)の2020年モデルを今夏、米国市場で発売することを発表しました。アセント2020年モデルはいったいどのような進化を遂げているのでしょうか。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。