トップへ戻る

カーオーディオを自分で取り付けてみよう!!取り付け方や注意点を紹介

カーオーディオを自分で取り付けてみよう!!取り付け方や注意点を紹介

愛車の車内空間をより快適にするために、カーオーディオを純正のものから付け替える人は多いものです。 音質が変われば音楽をもっと楽しめますし、ドライブも楽しくなります。 スピーカーだけを取り換える場合もあれば、オーディオ自体を取り換える場合もあるでしょう。 しかし、交換したくても取り付け方に不安を感じる人もいるかもしれません。そこで今回は、カーオーディオの取り付け方や、取り付けの際の注意点など詳しく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カーオーディオは自分で取り付け可能?

そもそもカーオーディオは「自分で取り付けられるの?」という点が、最も気になる点では無いでしょうか。

また、オーディオに費用を掛けるので、工賃は自分で取り付けすることで抑えたいと考える方も少なくないと思います。

しかし、カーオーディオを自分で取り付けることはできるのでしょうか?

結論:オーディオは交換できる

オーディオ本体であるメインユニットは、自分で交換することができます。

もちろんプロに頼めば、失敗などのリスクを回避することはできますが、メインユニットは基本的に取り外して接続するだけなので自分で交換する人も少なくありません。

ただし、純正オーディオから市販のオーディオに交換する場合には、配線や金具など取り付けに必要な部品が別途必要になります。

スピーカーの取り付けは難しい

カーオーディオの中でもスピーカーを自分で取り付ける人もいますが、知識や取り付け経験のない人であればスピーカーの取り付けは難しいものです。

なぜなら、スピーカーは取り付けに工程が多いのです。
スピーカーはドア部分に取り付けられているので、取っ手や内張を外す必要があります。

それに加えて接続作業まであるので、が手間がかかってしまいます。
スピーカーの取り付けは、専門家に任せる方が得策であると言えるでしょう。

【DIY】自分でカーオーディオを取りつける!注意点は?

オーディオを自分で取り付ける際には、いくつか注意したい点があります。

注意点を事前に知り、作業中に失敗や事故などが起きないようにしましょう。
安全に正確な作業をすることが最も重要です。

作業前に養生して保護する

オーディオを自分で取り付けすると、上手く交換できたとしても後で気付いたらパネルに傷が付いてしまっていたということも少なくありません。

特にオーディオ周りは車内でも中心部分になるので、傷が付けば目についてしまいます。

作業前にしっかりとマスキングテープなどで養生することで、傷予防をしましょう。
特に工具が当たりそうな場所には、作業しながらでも養生しておくことをおすすめします。

配線の取り扱いは慎重に

純正オーディオを取り外す際には、ゆっくりと注意して取り外す必要があります。
なぜなら、車体側の配線と純正オーディオが繋がっているからです。

無理に引っ張ってしまうと断線してしまい、配線の繋ぎ直しや引き直しが必要になってしまいます。
そうすると、プロにお願いすることになるので余計な費用がかかります。

また、ハイブリットカーなどの電気自動車は、普通の車よりも高圧の電流が流れています。
オレンジ色の配線は触らないようにして作業をしなくてはなりません。

取り外すバッテリー端子に要注意

オーディオを取りつける際には、オーディオを壊さないようにするためにも電流を遮断してから作業を行います。

電流を遮断するには、バッテリー端子からバッテリーケーブルを取り外すのですが、取り外す端子は「マイナス側」です。
間違ってプラス側の端子を外そうとすれば、ショートしたり感電するような危険性があります。

必ず「マイナス側」の端子を外すということを頭に入れておいてください。

オーディオを取り付けるその前に!準備しておきたいこと

オーディオ取り付けにあたっての注意点を紹介しましたが、取り付けの前に準備しておきたいものがあります。

本体はもちろんですが、取り付けに必要な工具も揃えておきましょう。

作業を進める上で、工具が足りないといったことや、本体が合わないということのないように事前準備することが大切です。

規格サイズの合ったオーディオを用意する

純正から市販オーディオに変えるのであれば、音質や機能性が高くなったオーディオを選びたいと考えるものです。

しかし、いくら性能の高いオーディオを購入したとしても、サイズが合っていなくては意味がありません。

カーオーディオには1DINと2DIN規格の2種類があるので、愛車に合ったサイズの規格を選びましょう。
幅は同じものの高さが異なるので、1DIN スペースに2DIN規格のオーディオは取り付けできません。
しかし、2DINスペースには1DINと2DINのどちらの規格も取り付けることができます。

ただし、2DINスペースに1DIN規格のオーディオを取りつける際にはスペースが空いてしまうので、スペースを埋めるために収納ケースや1DIN規格の別の機器などを取りつけて綺麗に収まるようにします。

必要な工具を準備する

カーオーディオの取り付けに必要な工具は多くはありませんが、作業中に足りないということが起きないように事前にしっかりと準備しておきましょう。

必要な工具は、「内張はがし」「配線カプラー」「ドライバー」です。

また、配線カプラーは、新しくオーディオを取りつける際に使用しますが、車のメーカーによって適したものは異なるので注意が必要です。

事前に愛車に合った配線カプラーを調べて準備しましょう。

いざ、オーディオを取りつけてみよう!!

カーオーディオの取り付けの際に必要な準備と注意点を頭に入れたら、いよいよオーディオを取りつけてみましょう。

大まかな流れとしては、電流を遮断して、オーディオ本体を取り外して新しいオーディオを設置して配線するだけです。

電流を遮断する

注意点でも記載しましたが、オーディオを守るため、また感電を防止するためにもまずは電流を遮断する必要があります。

ボンネットを開けてバッテリーのマイナス端子の接続を外します。

インテリアパネルの取り外し

車種によってもインテリアパネルは異なりますが、オーディオが取り付けられている部分のパネルを取り外す必要があります。

内張りはがしで簡単に取り外せますが、工具が接触するとパネルが傷ついてしまうので、先にマスキングテープなどで養生してから作業します。

新しいオーディオを配線する

純生オーディオの四隅がネジで固定されているので外すと、オーディオを手前に引き抜くことが出来ます。

まだこの時点では配線で接続されているので優しく引っ張るようにしましょう。

純正オーディオの配線を断線しないようにしながら、接続されている配線を外します。
そして、純正オーディオを取り外したら車種別の専用接続コネクターで配線処理を行います。

配線接続はギボシ端子加工を推奨します。

取り付け・パネルを戻して完成

配線接続が出来たら通電確認を行い、問題なく作動することが確認できたら取り付けを行います。
元々付いていたオーディオの場所に新しいオーディオを取りつけ、後はパネルを元に戻すだけです。

この時に、力任せに作業をするとパネルに傷が付く可能性があるので、最後まで丁寧に作業をしましょう。

まとめ

カーオーディオの取り付け方や取り付けの際の注意点などを紹介してきましたが、自身で取り付けることに自信がない場合には専門家に作業をお願いしましょう。

下記のリンク「全国カーオーディオショップ検索」ではおすすめのカーオーディオ専門店を紹介しています。

お近くのカーオーディオ専門店をいくつか足を運んでみて、自分に合った専門店に相談してみましょう。

また、自身で作業できる方は、工賃が浮くのでワンランク上のカーオーディオを選ぶこともできます。

オーディオの交換であれば難しい作業は少ないので、是非チャレンジしてみてください。

関連するキーワード


カスタム カーオーディオ

関連する投稿


おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

バックカメラは車庫入れや、車を後退させる際に車の後方を映し出すカメラのことですが、リアカメラやリアビューカメラとも呼ばれています。車の後方は視界が良くないものですのでこのバックカメラを搭載することにより、後方の視界をよりよく見るためのものです。今回はこのバックカメラについてご説明致します。バックカメラを購入したい方はご参考にしてみて下さい。


N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

ホンダのNシリーズは現在4車種発売されています。N-BOX・N-WGN・N-ONE・N-VANです。それぞれが個性的で魅力溢れる車です。その中で今回は一番新しいN-WGNとN-WGNカスタムをご紹介します。


カーボンシートで簡単ドレスアップ!おすすめも紹介!

カーボンシートで簡単ドレスアップ!おすすめも紹介!

皆さんはカーボンシートを知っていますか?専用カーボンシートは、簡単に車の外装や内装をドレスアップできる優れものです。本記事では、カーボンシートの選び方から、おすすめのカーボンシートについてもご紹介しています。


ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

本記事ではポジションランプに関する知りたい情報をまとめています。保安基準にのっとったポジションランプの選び方や、LEDのポジションランプの注意点、自分で車をカスタマイズしたいと思い始めたらまず第一にやりたい……ともいえるポジションランプの取り換え方までを一挙紹介!


マフラーカッターとは?取り付けるとどんな効果がある?注意すべき点は?

マフラーカッターとは?取り付けるとどんな効果がある?注意すべき点は?

自動車のマフラー部分に取り付けるマフラーカッター。今回はこのマフラーカッターを取り付けることでどんな効果があるのか、また取り付け方や車検時の注意点、おすすめのマフラーカッターについてもご紹介していきます。


最新の投稿


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。