目次へ戻る

【マツダ アテンザ】 マツダのフラッグシップ【詳細情報一覧】

【マツダ アテンザ】 マツダのフラッグシップ【詳細情報一覧】

90年代において一大スポーツカーブームを火付け役になったのがRXシリーズを作ったマツダです。そのマツダがカペラの後継者として作ったのがマツダアテンザであり、2002年にリリースされた当初から高い人気を維持し、マツダのフラッグシップとなっています。今回はその進化をまとめました。


快適性能・車内空間

中型乗用車・アテンザはカペラの後継者として2002年にリリースされた当初から高い人気を維持し、マツダのフラッグシップとなっています。快適性能や車内空間を中心にアテンザの魅力を紹介しています。実用性の高さも重視して情報を収集しました。

概要・特徴

アテンザは、ディーゼル/ガソリンタイプのエンジンを搭載し、燃費向上を実現させています。ボディタイプはセダンが採用されており、クラシカルな雰囲気が漂っています。スマートかつスタイリッシュなスタイルを好む方に人気です。

軽油が62リットルが入る燃料タンクを搭載しており、無給油1600km超を実現させています。6速でエンジン回転を1,200~1,500アールピーエム付近に維持し、時速60~80キロメートル程度で走行することによって、2,000キロメートル弱を無給油で走破可能です。

デザイン・ボディーカラー

アテンザは、熟練の職人による手塗りを彷彿させる塗装技術・匠塗を採用し、ボディ8色をラインナップしています。マツダのシンボルカラーである赤を採用したソウルレッドプレミアムメタリックが絶大な人気を維持しています。

スノーフレークホワイトパールマイカはシニア層の方や無難な色を好む方に好評です。ジェットブラックマイカやチタニウムフラッシュマイカの注目度が近年高まっており、若年層のユーザーが多いです。夜間に目立ち、事故の可能性を軽減できるという理由から明るいカラーを選択している方も少なくありません。

静粛性・シート

アテンザは、フロントドア部分に遮音ガラスを設置しているため、エンジンルームや車外の音を気にせずに会話を楽しめます。家族でのドライブ旅行、気の合う仲間との遠出にピッタリです。ドライバーが正面を向いて座った状態で腕と脚を前方へと伸ばしたところにペダルをレイアウトし、ドライバーがクルマとの繋がりを感じられるドライビングポジションを追究しています。

不自然な姿勢による運転の負担が殆どありません。エンジン開発部門が研究を重ねて作り出したナチュラル・サウンド・スムーザーをディーゼルエンジンに搭載しているので、ディーゼルエンジン車特有のノック音が発生しません。

快適性能

アテンザは、ハンズフリー通話やナビゲーションなどの機能を搭載したマツダ コネクトが設置されています。同システムはソフトウェアのアップデートによって、いつでも最新のサービスを利用できます。安全装備も自分好みに設定でき、カスタマイズする楽しみを得られるクルマです。スマートフォンを活用するとインターネットラジオなどの様々なメディアを楽しむことが可能です。

運転席と助手席の両方に花粉除去フィルター付きのフルオートエアコンを装備し、1年を通して快適な車内空間を維持しています。また、電動リアウインドーサンシェードが後方から差し込む光を遮っていることから、夏の日差しの強い時期も後部座席で心地良く過ごせます。

燃費・走行性能

マツダ・アテンザはマツダのフラッグシップモデルとして生産されている、マツダを代表する乗用車です。2002年の初代モデル発売以降、安定した人気を誇っているマツダ・アテンザの燃費・走行性能について紹介していきます。

走行性能

マツダ・アテンザの走行性能を支える技術の1つがDE精密過給制御です。DE精密過給制御とはディーゼルエンジンにありがちなアクセル操作と加速のズレを解消する技術です。この技術があるため、アテンザはディーゼルエンジンでありながらなめらかな加速を体感可能です。

更にディーゼルエンジン搭載車には路面の状況を分析してルク配分を自動制御するi-ACTIV AWDも搭載されています。
マツダと言えばディーゼルエンジンが有名ですが、アテンザには燃費・静粛性・パワーに優れたガソリンエンジンタイプも用意されています。

運転支援

マツダ・アテンザに搭載されている運転支援機能の1つがG-ベクタリング コントロール(GVC)です。この機能はドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの出力を自動制御し、車の操作性を向上させます。端的に言うと自然に曲がりやすくなる機能なので、ペーパードライバーにオススメです。

また、クリーンディーゼル車に搭載されているi-ACTIV AWDには路面状況と走行状況からスリップの予兆を察知する、前輪スリップ予兆検知システムが搭載されています。このシステムがあれば雨や雪の道路でも安全に走れるでしょう。

燃費性能

マツダ・アテンザの優れた燃費性能を支える技術の1つがi-ELOOPです。i-ELOOPは自動車が減速する時に生まれる運動エネルギーを電気エネルギーに変え、それをエアコンやライトの電力に使う技術です。

i-ELOOPを利用すればエンジンの発電に頼る必要が少なくなるので、燃費性能が向上します。
この他にマツダ・アテンザには再始動が速いアイドリングストップ機構・i-stopや、運転操作の無駄を抑えて燃費性能向上に繋げるi-DMなどの機能が搭載されています。

試乗記

マツダ・アテンザには20Sや25S、XDやXDプロアクティブなど様々なグレードが存在します。中でもXDプロアクティブは2014年に登場したばかりのグレードで、クラス感を意識した走りが特徴のようです。更に乗り心地も落ち着いた印象で、ハンドリングも幾らか穏やかになった印象を持つ人が多いようです。

燃費性能はカタログスペックで20km/L前後、実燃費なら14km/L前後となっています。高速道路主体の足を伸ばす使い方なら、実燃費も更に向上するという意見もあります。

装備・安全性

90年代において一大スポーツカーブームを火付け役になったのがRXシリーズを作ったマツダです。そのマツダが一般向けの乗用車として作ったのがマツダアテンザであり、そのアテンザの特徴としては走行性能の高さに加えて万全の安全性の装備が備わっていることです。

予防安全性能

マツダアテンザの一つ目の安全装備として挙げられる技術が以下の3つの技術で構成されている予防安全性能です。

i-ACTIVSENSEは車の四方に取り付けられたレーダー発信機やカメラの情報を元にアシストをする仕組みで、夜間の認知支援を行いドライバーの安全運転をサポートするアクティブセーフティ技術や運転手が避けられない事態の事故の影響を抑える役割があります。

次に車線逸脱警報システム(LDWS※)は、事故のリスクの中でも最も高い原因である運転ミスや居眠りで車線を越えようとしたら警戒音を鳴らし運転手に知らせてくれる機能です。

最後は交通標識認識システム(TSR※)が、交通標識を認識できずに逆走したり制限速度を超える速度で走って違反を受ける前に交通標識を違反しかけたら警戒音を鳴らし知らせてくれます。

衝突安全性能

マツダアテンザの二つ目の安全装備として挙げられる技術が以下の3つの技術で構成されている衝突安全性能です。
頸部衝撃緩和フロントシートは事故が起きたときに頭部がシートに当たって反発しないように、衝撃時にシートに体が埋め込ませるような構造にすることでショックを緩和し頭部を守ります。

SKYACTIV-BODYは、元々は空気の抵抗力を減らして燃費向上を狙った車体構造です。その技術をもとに衝突する際に乗り降りをする窓側は固めの材質を採用することで衝撃から守り前方においては柔らかい材質と長めの胴体を採用することで前方からの衝撃を吸収します。

後席乗員保護システムは事故が起きた際に、後部のいる人が頭部に怪我をしないようにヘッドマストや座席を沈み込むようにすることで衝撃を吸収します。

バリエーション・価格

マツダアテンザにはタイプ別で価格設定をされているグレード3つで構成されています。
一つ目はマツダアテンザXDバージョンで、これは先に言った技術の中でi-ACTIVSENSEとシートの技術だけを取り入れた一般向けのグレードで価格も2WDであれば310万から4WDになると346万円になります。

2つ目はマツダアテンザXDプロアクティブバージョンで、このタイプは先進技術を全て網羅しているグレードで価格も2WDであれば327万から、4WDになると356万円からなります。

3つ目は最高グレードのマツダアテンザXDLパッケージで、このタイプは先進技術を全て網羅しているだけでなくシートもナッパーシートを採用した高級志向の車で価格も380万から400万円と価格設定されています。

関連する投稿


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

燃費だけでなく、パフォーマンスも高いディーゼルエンジン。乗用車ではイメージが薄いかもしれませんが、マツダは幅広い車種でディーゼルエンジンを展開しています。不具合やリコールの話題が出ましたが、維持のポイントを押さえれば大丈夫。圧縮比の知識はもちろん、オイル交換や維持の方法、販売中の車種や中古価格についてもご紹介します。


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダスピードアクセラはじゃじゃ馬と呼ばれるくらい癖が強い車です。しかし、その癖がある車を好きな人はたくさんいます。その魅力は一体どこにあるのでしょうか。それでは、マツダスピードアクセラについて見ていきましょう。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング