トップへ戻る

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダのSUV CX-9とは?

2007年に初代が発売されたCX-9は、北米市場においてMPVの実質的な後継車種となる3列シート7人乗りの大型SUVです。当時、北米市場ではMPVのようなミニバンの需要が減っており、その代わりに3列シートのCUVが台頭し始めていました。CUVというのは米国における車の分類のひとつで、SUVがトラック・ベースの大型実用車であるのに対し、CUVは乗用車ベースの小型実用車と分類されています。

つまり、オフロードタイプではなく、あくまで街乗り用の米国では小型のクロスオーバーSUVということになります。日本の5ナンバーサイズのミニバンが普及しなかった米国では、日本より先に3列シートのクロスオーバーSUVが市場に出回り始め、マツダCX-9もその中の一つとなります。

小型とはいえ、初代はV型6気筒3.7Lエンジンを搭載し、全長は5mを超え5,070mm、幅も1,935mmというサイズで、日本に導入されなかった理由もうなずけます。デカすぎるのです。

初代CX-9

相変わらずのアメリカンサイズでもエンジンは日本向き?

そして、2016年に登場した2代目は、ボディサイズはほぼかわらないものの、エンジンはダウンサイジングされ直列4気筒の新開発のSKYACTIV-G 2.5Lターボとなり、デザインも現在のCX-5やCX-8に通じるマツダのファミリーフェイスに衣替えしました。その他、先進安全技術の「i-アイ・アクティブセンス」や新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」など他のマツダ車に先駆けた技術を盛り込んだマツダのフラッグシップとなりました。

マツダのSUV CX-9のスペック(米国仕様)

SKYACTIV-G 2.5T

室内はもちろん7人乗りで、2列目シートは60/40分割可倒式のリクライニングシート(3列目に移動する際はシートをチルト&スライド)、7インチのフルカラータッチパネルディスプレイ、AM/FM/HD Radio™オーディオシステム、Bluetooth®7ハンズフリーフォン機能とオーディオストリーミング機能を装備。荷室容量もCX-8を大幅に上回り、3列目折りたたみ時には1075L、最高で2016Lもの容量が確保されています。

室内もさすがフラッグシップ

マツダの予定から見る可能性

スペック

エンジン:PY-VPTS型 2.5L 直4 DOHC ターボ
最高出力:無鉛レギュラー227㏋/無鉛プレミアム250㏋
最大トルク:310lb-ft/2,000 rpm
駆動方式:FF 4WD
変速機:6速AT
全長/全幅/全高:5,065mm/1,970mm/1,715mm
ホイールベース:2,930mm

荷室容量(EPA値の立法フィート表示をLに変換)

リアシート展開時:407L
3列目折りたたみ時: 1075L
2列目および3列目折りたたみ時:2016L

マツダのCX-9 日本国内への導入はあるのか?

CX-5やマツダ6(アテンザ)にも採用されるこのSKYACTIV-G 2.5Lターボエンジンが搭載されたことと、CX-5やCX-8似のデザインにより、この2代目モデル待望論が今、少なからず起きています。

その他の要因としては、CX-8が計画販売台数を常にクリアする好調さを見せており、さらにユーザーにとって大型で快適な高級3列シート車、メーカーにとっては利益率の高い車種が受け入れられると考えられることがあるからです。

では、CX-9の導入に真実味はどのくらいあるのでしょうか。わかってる限りのマツダの予定としては、まずCX-30の導入が2019年中に計画されています。CX-5とCX-3の中間に位置する車種で、CXシリーズの底上げにつながる新しい主力モデルとして期待されています。それ以外では、デミオ、アクセラ、アテンザともに新しい名称マツダ2、3、そして6が与えられてマイナーチェンジされたのでフルモデルチェンジはしばらく先になりそう。そうなるとCX30以外には新規機種がない状況が続くと見られています。

さらにもう一押し…CX-9は日本発売されるのか?

そこで、その新規機種の空白期間を埋めるためにも、CX-9の投入があるのではないかというのが噂の真相です。

ただし、その場合にもメーカーとしては多くの販売台数は期待しておらず、CX-8ですら1200台/月ですから、1000台/月を下回ることも考えられます。それでもCX-9は広島で生産されているので、技術的にもコスト的にも難しくないはずなので期待できるのではないでしょうか。

マツダのCX-9 価格はどのくらい?

もし、日本国内で販売されるとしたら価格はいくらくらいでしょうか?アメリカでの販売価格をそのまま円に換算すると、エントリーグレードの「スポーツ」で362万円、最上級グレードの「シグネチャー」482万円となります。しかし、CX-8の2.5Lターボ車が4,244,400円なのでエントリー価格は最低でも420~430万円、上級グレードは500万円オーバーとなるのではないでしょうか。

まとめ

この価格帯と5mを超えるボディサイズのCX-9は、はたして現実に国内で販売されることがあるのか、そして国産車として新たなクラスを開拓することが出来るのでしょうか?競合車種としては、BMW X6、ボルボXC90、と言った輸入車ですが、ユーザーはどんな判定を下すのでしょうか⁈

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。