目次へ戻る

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


マツダのSUV CX-9とは?

2007年に初代が発売されたCX-9は、北米市場においてMPVの実質的な後継車種となる3列シート7人乗りの大型SUVです。当時、北米市場ではMPVのようなミニバンの需要が減っており、その代わりに3列シートのCUVが台頭し始めていました。CUVというのは米国における車の分類のひとつで、SUVがトラック・ベースの大型実用車であるのに対し、CUVは乗用車ベースの小型実用車と分類されています。

つまり、オフロードタイプではなく、あくまで街乗り用の米国では小型のクロスオーバーSUVということになります。日本の5ナンバーサイズのミニバンが普及しなかった米国では、日本より先に3列シートのクロスオーバーSUVが市場に出回り始め、マツダCX-9もその中の一つとなります。

小型とはいえ、初代はV型6気筒3.7Lエンジンを搭載し、全長は5mを超え5,070mm、幅も1,935mmというサイズで、日本に導入されなかった理由もうなずけます。デカすぎるのです。

初代CX-9

相変わらずのアメリカンサイズでもエンジンは日本向き?

そして、2016年に登場した2代目は、ボディサイズはほぼかわらないものの、エンジンはダウンサイジングされ直列4気筒の新開発のSKYACTIV-G 2.5Lターボとなり、デザインも現在のCX-5やCX-8に通じるマツダのファミリーフェイスに衣替えしました。その他、先進安全技術の「i-アイ・アクティブセンス」や新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」など他のマツダ車に先駆けた技術を盛り込んだマツダのフラッグシップとなりました。

マツダのSUV CX-9のスペック(米国仕様)

SKYACTIV-G 2.5T

室内はもちろん7人乗りで、2列目シートは60/40分割可倒式のリクライニングシート(3列目に移動する際はシートをチルト&スライド)、7インチのフルカラータッチパネルディスプレイ、AM/FM/HD Radio™オーディオシステム、Bluetooth®7ハンズフリーフォン機能とオーディオストリーミング機能を装備。荷室容量もCX-8を大幅に上回り、3列目折りたたみ時には1075L、最高で2016Lもの容量が確保されています。

室内もさすがフラッグシップ

マツダの予定から見る可能性

スペック

エンジン:PY-VPTS型 2.5L 直4 DOHC ターボ
最高出力:無鉛レギュラー227㏋/無鉛プレミアム250㏋
最大トルク:310lb-ft/2,000 rpm
駆動方式:FF 4WD
変速機:6速AT
全長/全幅/全高:5,065mm/1,970mm/1,715mm
ホイールベース:2,930mm

荷室容量(EPA値の立法フィート表示をLに変換)

リアシート展開時:407L
3列目折りたたみ時: 1075L
2列目および3列目折りたたみ時:2016L

マツダのCX-9 日本国内への導入はあるのか?

CX-5やマツダ6(アテンザ)にも採用されるこのSKYACTIV-G 2.5Lターボエンジンが搭載されたことと、CX-5やCX-8似のデザインにより、この2代目モデル待望論が今、少なからず起きています。

その他の要因としては、CX-8が計画販売台数を常にクリアする好調さを見せており、さらにユーザーにとって大型で快適な高級3列シート車、メーカーにとっては利益率の高い車種が受け入れられると考えられることがあるからです。

では、CX-9の導入に真実味はどのくらいあるのでしょうか。わかってる限りのマツダの予定としては、まずCX-30の導入が2019年中に計画されています。CX-5とCX-3の中間に位置する車種で、CXシリーズの底上げにつながる新しい主力モデルとして期待されています。それ以外では、デミオ、アクセラ、アテンザともに新しい名称マツダ2、3、そして6が与えられてマイナーチェンジされたのでフルモデルチェンジはしばらく先になりそう。そうなるとCX30以外には新規機種がない状況が続くと見られています。

さらにもう一押し…CX-9は日本発売されるのか?

そこで、その新規機種の空白期間を埋めるためにも、CX-9の投入があるのではないかというのが噂の真相です。

ただし、その場合にもメーカーとしては多くの販売台数は期待しておらず、CX-8ですら1200台/月ですから、1000台/月を下回ることも考えられます。それでもCX-9は広島で生産されているので、技術的にもコスト的にも難しくないはずなので期待できるのではないでしょうか。

マツダのCX-9 価格はどのくらい?

もし、日本国内で販売されるとしたら価格はいくらくらいでしょうか?アメリカでの販売価格をそのまま円に換算すると、エントリーグレードの「スポーツ」で362万円、最上級グレードの「シグネチャー」482万円となります。しかし、CX-8の2.5Lターボ車が4,244,400円なのでエントリー価格は最低でも420~430万円、上級グレードは500万円オーバーとなるのではないでしょうか。

まとめ

この価格帯と5mを超えるボディサイズのCX-9は、はたして現実に国内で販売されることがあるのか、そして国産車として新たなクラスを開拓することが出来るのでしょうか?競合車種としては、BMW X6、ボルボXC90、と言った輸入車ですが、ユーザーはどんな判定を下すのでしょうか⁈

関連する投稿


【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

【ブランド初】メルセデスマイバッハ初のSUVを2019秋発表か

メルセデスベンツは9月14日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランド初のSUVを今秋、初公開すると発表しました。いったいどんなSUVになるのでしょうか。期待が高まります。


日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本でも発売してほしい!マツダの海外専用車

日本では発売されていない海外専用車があることをご存知ですか?今回は、海外でのみ発売されているマツダ車をご紹介します。


100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

100万円以下で購入できる!国産SUVの中古車5選

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、1990年代にブームとなって以来、すっかり定着した感があります。当初は路外走行性能に重きが置かれていましたが、現在のSUVは、より居住性重視、ファッション性重視となっています。本記事では100万円以下で購入できる国産SUVを5車種選び、ご紹介します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

200万円以下で購入できる!外国車の中古車SUV5選

荷物もいっぱい詰めて、力強く走れるSUV。オフロードでの走行性能よりも、居住性を重視したモデルが増えています。日本の自動車メーカーも沢山のSUVを出していますが、外車(輸入車)のSUVにも魅力的なモデルがいくつもあります。今回は5つの車種をご紹介します。


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。