トップへ戻る

マツダ ビアンテ中古価格まとめ

マツダ ビアンテ中古価格まとめ

マツダ ビアンテはファミリー向けの5ドア・8人乗りタイプのミニバンです。2008年~2018年まで発売されていました。本記事ではビアンテの特徴や歴史について、中古車情報と合わせてみていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ ビアンテとは

ビアンテ(2008)

ビアンテ(2008)

マツダ ビアンテはファミリー向けの5ドア・8人乗りタイプのミニバンです。2008年~2018年まで発売されていました。

発売当初のビアンテは、個性的なマスクで、歌舞伎の隈取を意識したとされていましたが、2012年の改良に伴い、「魂動」をモチーフにしたフロントデザインに変更されています。

2013年のマイナーチェンジではパワートレインを刷新し「SKYACTIV-G2.0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を搭載しました。これにより燃費が向上しています。(「平成27年度燃費基準+20%」を達成)

本記事ではビアンテの特徴や歴史について、中古車情報と合わせてみていきます。

マツダ ビアンテのエクステリア画像

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ ビアンテのインテリア画像

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ ビアンテの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

※写真は。2008年発表のモデルです。

マツダ ビアンテ(2008年~2018年)

2008年に登場したマツダのビアンテ。マツダのプレマシーをベースに新しいミニバンを作る、というコンセプトで登場しました。3ナンバータイプのミニバンで、室内空間の広さを売りにしています。

また、シートアレンジについても足元の広々とした「リビングモード」、2列目シートを左右に分割する「ウォークスルーモード」、そして荷物を満載に積み込むことができる「ラゲッジモード」と用途に応じたシートアレンジが可能となっているのも特長です。

しかしながら、3列目が若干狭く、3列目をフルに使えないという声や、フロントフェイスが特徴的(歌舞伎の隈取をモチーフにしている)なこともあり、人を選ぶ車でもあったようです。

燃費性能は、JC08モード燃費:9.4km/l~14.8km/l です。
新車価格は、213.2万円〜311万円でした。

 
マツダ ビアンテ
平均価格約59.9万円
中古価格帯約3万円~約228万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

マツダ ビアンテ試乗記

ビアンテ(2008)

ビアンテ(2008)

SKYACTIVエンジンが搭載されたといっても、それによる動力性能の向上幅はごくわずか。なので、走りが格段に良くなったというイメージはない。でも、ATが6速化された上にステアリング・シフトスイッチ付きになったので、走行感覚は格段にスポーティなものになった。

ミニバンにとって走りのスポーティさがどれだけ必要かはともかく、マイナーチェンジによる変身で、運転が楽しくなるクルマに変わったと言っても良い。

SKYACTIVの新エンジンと新ATの搭載は、走りよりも燃費の向上に貢献していて、2.0リットル級ミニバンの中でも相当に良いリッター当たり14.8kmのJC08モード燃費を達成している。セレナのSハイブリッドには及ばないが、このクラスで上位に来る燃費で、エコカー減税も免税になった。

今回の改良でビアンテは、買い物リストに載せて競合車と比較検討できるクルマになった。

マツダ ビアンテ口コミ

まずは操作性。プレマシーベースのため一列目が乗用車の標準的なもの。マツダのハンドリングと相まって車高の高い車といってもクイックなfun to drive。
また、室内も3ナンバーの恩恵で余裕たっぷり。
購入当時はマツダ特有の値引きで相当な高バリュー。
ただ、istopの恩恵もあまりなく、燃費はいまいち。
ただ、もっと売れてもいいと思う。

まとめ

マツダ ビアンテは、家族向けの8人乗りミニバンとして、ミニバンの競争が激しい中での販売を行っていましたが、残念ながら2017年で、生産を終了しました。 新車で購入することはできませんが、中古であれば、比較的手ごろな値段で購入することができます。気になる方はぜひ、調べてみてくださいね。

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。