目次へ戻る

マツダ ビアンテ中古価格まとめ

マツダ ビアンテ中古価格まとめ

マツダ ビアンテはファミリー向けの5ドア・8人乗りタイプのミニバンです。2008年~2018年まで発売されていました。本記事ではビアンテの特徴や歴史について、中古車情報と合わせてみていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ ビアンテとは

ビアンテ(2008)

ビアンテ(2008)

マツダ ビアンテはファミリー向けの5ドア・8人乗りタイプのミニバンです。2008年~2018年まで発売されていました。

発売当初のビアンテは、個性的なマスクで、歌舞伎の隈取を意識したとされていましたが、2012年の改良に伴い、「魂動」をモチーフにしたフロントデザインに変更されています。

2013年のマイナーチェンジではパワートレインを刷新し「SKYACTIV-G2.0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を搭載しました。これにより燃費が向上しています。(「平成27年度燃費基準+20%」を達成)

本記事ではビアンテの特徴や歴史について、中古車情報と合わせてみていきます。

マツダ ビアンテのエクステリア画像

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ ビアンテのインテリア画像

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ・ビアンテ

マツダ ビアンテの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

※写真は。2008年発表のモデルです。

マツダ ビアンテ(2008年~2018年)

2008年に登場したマツダのビアンテ。マツダのプレマシーをベースに新しいミニバンを作る、というコンセプトで登場しました。3ナンバータイプのミニバンで、室内空間の広さを売りにしています。

また、シートアレンジについても足元の広々とした「リビングモード」、2列目シートを左右に分割する「ウォークスルーモード」、そして荷物を満載に積み込むことができる「ラゲッジモード」と用途に応じたシートアレンジが可能となっているのも特長です。

しかしながら、3列目が若干狭く、3列目をフルに使えないという声や、フロントフェイスが特徴的(歌舞伎の隈取をモチーフにしている)なこともあり、人を選ぶ車でもあったようです。

燃費性能は、JC08モード燃費:9.4km/l~14.8km/l です。
新車価格は、213.2万円〜311万円でした。

 
マツダ ビアンテ
平均価格約59.9万円
中古価格帯約3万円~約228万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

マツダ ビアンテ試乗記

ビアンテ(2008)

ビアンテ(2008)

SKYACTIVエンジンが搭載されたといっても、それによる動力性能の向上幅はごくわずか。なので、走りが格段に良くなったというイメージはない。でも、ATが6速化された上にステアリング・シフトスイッチ付きになったので、走行感覚は格段にスポーティなものになった。

ミニバンにとって走りのスポーティさがどれだけ必要かはともかく、マイナーチェンジによる変身で、運転が楽しくなるクルマに変わったと言っても良い。

SKYACTIVの新エンジンと新ATの搭載は、走りよりも燃費の向上に貢献していて、2.0リットル級ミニバンの中でも相当に良いリッター当たり14.8kmのJC08モード燃費を達成している。セレナのSハイブリッドには及ばないが、このクラスで上位に来る燃費で、エコカー減税も免税になった。

今回の改良でビアンテは、買い物リストに載せて競合車と比較検討できるクルマになった。

マツダ ビアンテ口コミ

まずは操作性。プレマシーベースのため一列目が乗用車の標準的なもの。マツダのハンドリングと相まって車高の高い車といってもクイックなfun to drive。
また、室内も3ナンバーの恩恵で余裕たっぷり。
購入当時はマツダ特有の値引きで相当な高バリュー。
ただ、istopの恩恵もあまりなく、燃費はいまいち。
ただ、もっと売れてもいいと思う。

まとめ

マツダ ビアンテは、家族向けの8人乗りミニバンとして、ミニバンの競争が激しい中での販売を行っていましたが、残念ながら2017年で、生産を終了しました。 新車で購入することはできませんが、中古であれば、比較的手ごろな値段で購入することができます。気になる方はぜひ、調べてみてくださいね。

関連する投稿


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

マツダを代表するスポーツカーであり、現在でも販売されているのがロードスターです。貴重なオープンタイプの国産車でもあり、自動車メーカーとしてのマツダの付加価値を高める車種の1つでもあります。今回は、そんなロードスターの現行仕様であるND型の基本情報、スペックや価格帯などを見ていきましょう。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。