トップへ戻る

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダプレマシーは1999年に登場したマツダのミニバン(初代モデルはトールワゴンタイプも)です。5人乗りモデルと7人乗りモデルとがあり、どちらも1800ccのガソリンエンジンを搭載し、2018年に発売終了しています。マツダのミニバン、プレマシーの歴史と中古車情報をお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダの人気ミニバン・プレマシーとは

※写真は2005年の発表モデルです。

マツダのプレマシーはファミリアをベースに、5ナンバーサイズのコンパクトミニバンとして1999年に登場しました。

2代目のプレマシーは、2005年に登場、今回はファミリアではなくアクセラのプラットフォームを流用しています。そのために、従来の5ナンバーサイズから一転して、3ナンバーサイズになっています。

3代目プレマシーは2010年に登場しました。デザインに躍動感と、エレガントな雰囲気を兼ね備えたことが最大の特徴と言えます。

2013年のマイナーチェンジで、マツダ製のミニバンとしては初めて新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を搭載しました。マツダのミニバン市場撤退に伴い、2018年1月23日に販売終了しています。

マツダプレマシーの特徴について

プレマシーは、同クラスミニバンと比較して、車高も低く高速走行時やカーブを曲がるときなど、ふらつきを抑えながらセダンやコンパクトカーのような感覚で運転できるのが特徴です。

ミニバンでも走りを重視したいという方にはおすすめと言えます。

また、2013年以降のプレマシーには、スカイアクティブテクノロジーが採用されている点も魅力です。

マツダプレマシーの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

※写真は2005年の発表モデルです。

マツダプレマシーの中古車より、初代~3代目まで特徴やスペックなどをご紹介しています。お買い求めの際、ご参考にどうぞ。

初代マツダプレマシー(1999年04月~2005年01月)

初代プレマシーはファミリアをベースとした5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。7人乗りと、3列目シートの装備を無くした5人乗りがあり、後席ドアには前ヒンジ式のドアを採用しています。
燃費(10.15モード)は10.4~13.0km/L、新車価格は159.8万円〜222.8万円でした。

初代マツダプレマシー(1999年04月~2005年01月)
平均価格 約21.8万円
価格帯 約12万円~27万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

2代目マツダプレマシー(2005年2月~2010年6月)

2代目プレマシーのコンセプトは「6+One」となっています。前代よりも全幅が広くなり、5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに変わっています。後席ドアには、両側スライドドアを採用し、乗り降りがしやすくなっているのが特徴です。また2列目中央座席には、十分な収納スペースもあります。



燃費(10.15モード)は10.6~15.0km/L、新車価格は、174.3万円〜252万円でした。

2代目マツダプレマシー(2005年2月~2010年6月)
平均価格 約27.7万円
価格帯 約5.8万円~78万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

3代目マツダプレマシー(2010年07月~2017年12月)

マツダ プレマシー(2013)

マツダ プレマシー(2013)

3代目プレマシーは、モーターショー等でコンセプトカーとして採用されていた「NAGARE(流れ)」造形を量産車で初めて本格採用されました。

デザインは、躍動感とエレガントな雰囲気を兼ね揃えています。また、高速走行時では、燃費性能や静寂性を向上し、「20S」、「20E」の2WD車には、アイドリング機構「i-stop」も搭載しています。さらに、安全性能も強化し、DSC(横滑り防止装置)も装備しています。


燃費(JC08モード)は10.6~16.2km/L、新車価格は、179.9万円〜241.9万円でした。

3代目マツダプレマシー(2010年07月~2017年12月)
平均価格 約76.9万円
価格帯 約15万円~189.8万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

マツダプレマシーのその後は、どうなった

2018年3月期中にて生産終了になったマツダプレマシーは、競争の激しいミニバン市場において、ついに幕を閉じる事となりました。

日本の主要メーカーが、ここぞとばかりにしのぎを削ってきたミニバン市場。

トヨタの「ノア、ヴォクシー、ウィッシュ、エスティマ」があり、日産の「セレナ、ラフェスタ」があり、ホンダの「ステップワゴン、ジェイド」が名を連ねていたのです。ライバル車は、常に変化し続けユーザーの人気を獲得してきたのです。

マツダはミニバン市場から撤退するため、今後はSUVのCX-5やCX-8などが代わりに役割を担うことになりそうです。

まとめ

マツダプレマシーは、コンパクトなミニバンですが、7人乗れる広さがあります。また、走行性能も高い評価をされました。

気になる方はぜひ、中古車市場で探してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。