目次へ戻る

コンパクトトールワゴントヨタ ラクティス 中古車価格まとめ

コンパクトトールワゴントヨタ ラクティス 中古車価格まとめ

トヨタ ラクティスは、人気となった小型ワゴン「ファンカーゴ」の後継モデルです。5ドアのトールワゴンで、日本では2010年~2016年まで発売されていました。ここではトヨタ ラクティスの中古車について紹介しています。 (※情報は2019年11月のもの)


トヨタ ラクティス とは

2代目トヨタ ラクティス

2代目トヨタ ラクティス

初代ラクティス P100型(2005年~2010年)

ラクティスはファンカーゴ(初代ヴィッツ派生)の後継車種として初代 P100型(2005年~2010年)が販売されました。

トヨタ86およびGRスープラを世に送り出した多田哲哉が開発責任者というのも興味深い所です。

初代ラクティスは基本コンセプトに「思い通りのレスポンス・カッコイイスタイル・かつてない開放感・広大なスペース・低燃費・低排出・軽快な走り」をかかげ、1.3Lと1.5Lの小型エンジンを積みながらもより広い居住空間を追求したデザインにより、快適なスペースを確保しています。

安全面でも2代目ヴィッツのプラットフォームをベースに設計されているため、衝突時には生存空間を極限まで確保する構造になっており、安全性が確保されています。

2代目ラクティス P120型(2010年~2016年:日本/香港・マカオ仕様、2010年~2017年:欧州仕様)

欧州ではヴァーソ・Sという名称で、香港・マカオではラクティス・プラスという名称で販売されています。

初代からの変更点としては大きく分けて下記のような点があげられます。

・オプション設定でSMART STOPが設定
・インパネシフトの位置が運転席寄りから中央に変更。
・エンジンスタート・ボタンがステアリング左から右に変更。
・各種メーターの位置がステアリング上からステアリング内に移され、同時にオプティトロンメーターが廃止。
・4WD車にもSuper CVT-iの採用。
・FF車はカーゴルームからレバー1本でリヤシートが可倒できるように。
・国内向け前期型においてはテレスコピックステアリングを廃止したが姉妹車のトレジアと欧州向けのヴァーソSには当初から設定され。後期型では「X」を除いた全グレードで復活。
・ホイールのPCDは100のままであったが、4Hから5Hに変更。
・パドルシフト採用グレードがSのみに。
・スバルトレジアとメカニズムを共用する関係上、(CIマークと「VVT-i」のロゴが入る)エンジンヘッドカバーが未装着に。
・カーゴルームの地面からの高さが高くなり、カーゴルーム部分の室内高も大幅に低く押さえられた。
・スペアタイヤが廃止され、代わりにパンク修理キットを標準装備とされた。(スペアタイヤはメーカーオプションで選択可能)

トヨタ ラクティス の魅力はどこにある

トヨタ ラクティスのラゲッジルーム

トヨタ ラクティスのラゲッジルーム

ラクティスの魅力はその名前の由来からも明らかです。走る(Run)、積極性があり活動的な(Activity)、室内空間・居住空間(Space)を組み合わせた造語である「ラクティス」には、これらの要素が全て詰め込まれています。

リアシートを倒したラゲージモードにすれば984Lの大容量な空間を確保でき自転車を立てたまま収納する事も可能です。

トヨタ ラクティスの中古車モデル別中古車相場・中古価格

トヨタ ラクティスの中古車は比較的探しやすいかも知れません。

2005年から販売されていて今年で14年目の車ですので、中古価格も平均すれば楽に100万円は切ります。

初代ラクティス(2005年10月~2010年10月)

初代トヨタ ラクティス

初代トヨタ ラクティス

ファンカーゴ譲りの室内の広さはトヨタ ラクティスにも継承されています。リアシートがフルフラットになる点も大きな魅力となっています。

初代トヨタ ラクティス(2005年10月~2010年10月)の中古車情報
平均価格 約28万円
価格帯 1万円~76万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

初代トヨタ ラクティスで2010年式の車であれば、個体によっては50万円前後で購入することができます。

2代目トヨタ ラクティス(2010年~2016年)

2代目トヨタ ラクティス

2代目トヨタ ラクティス

初代からの一番の変更点は車高が低くなったという事ですが、低くなったと言っても1585mmと立体駐車場だと入らないところが多いと思われますので注意が必要です。全幅は40mm広くなったおかげで初代よりもワイドになった印象を受けます。

2代目トヨタ ラクティス(2010年11月~2016年08月)の中古車情報
平均価格 約64万円
価格帯 約6万円~約155万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

まとめ

初代トヨタ ラクティス

初代トヨタ ラクティス

ラクティスは発売から12年で販売を終了したトヨタのハイトールワゴンでした。5ナンバーでありながらスペース重視の車作りは大いに評判を呼び、発売から1か月で販売目標を軽くオーバーする21000台を受注し、その後も安定した販売台数を維持した車です。

現在でも中古市場では人気の車ですが、発売当初の販売価格の低さと製造年の新しさなどの理由で、比較的購入しやすい中古車ではないでしょうか。

2020年新型車まとめ 外車・輸入車版ができました

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【12月12日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月6日更新】


閉幕【東京モーターショー2019】は大盛況! 出展車一覧・開催概要

閉幕【東京モーターショー2019】は大盛況! 出展車一覧・開催概要

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されました。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。また、東京モーターショー2019の振り返りも。結局のところ、何万人が来場したの?


燃費が光る!トヨタ ピクシスエポック 中古車価格まとめ

燃費が光る!トヨタ ピクシスエポック 中古車価格まとめ

トヨタ ピクシスエポックはダイハツミライースがベースの軽自動車です。本記事ではピクシスエポックに関連する中古車情報をまとめています。(※情報は2019年11月現在のもの)


【2020年最新版】今人気・おすすめのSUVは?

【2020年最新版】今人気・おすすめのSUVは?

今、人気・売れてる車と言えば?ズバリ!SUVですね。SUVでなければ車が売れない!と言われるほどの大人気であるために、次々と新しい車種が登場しています。あまりに多すぎていったいどの車種が自分に合うのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで今、是非ともおすすめ・人気のSUVをご紹介します!


最新の投稿


マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダのミニバン プレマシー 中古価格まとめ

マツダプレマシーは1999年に登場しました。プレマシーはマツダのミニバン(初代モデルはトールワゴンタイプも)です。5人乗りモデルと7人乗りモデルとがあり、どちらも1800ccのガソリンエンジンを搭載するコンパクトサイズです。2018年に発売終了するまで、マツダのミニバンとして活躍していたプレマシーの歴史と中古車情報をお届けします。


マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダのコンパクトカー・デミオ中古車価格まとめ

マツダ デミオは国産コンパクトカーでありながら、スポーティーで高級感漂うスタイリッシュなデザインが特徴的な車です。2019年には世界統一車名のマツダ2となって、デミオとしての生産が終了したことも話題になりましたね。 今回はそのデミオについて中古車情報と合わせてみていきます。


マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV CX-5 中古価格まとめ

マツダの人気SUV、CX-5は、今のマツダ車に共通するデザインコンセプト「魂動-SOUL of MOTION」を採用した最初の車種です。登場からまだ8年目ですが、すでに一度フルモデルチェンジを行っていて現行モデルは2代目に当たります。今回はマツダCX-5の中古車情報をお伝えします。


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。【12月12日更新】


【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

【タニタ調べ】飲み過ぎドライバー多発!その理由は〇〇だった?

12月になり、忘年会シーズン。何かとお酒が進むこの時期です。そんな中、タニタは「飲酒運転に関する意識調査2019」を実施しました。「飲み会で飲み過ぎた理由」第一位はいったい?気になる結果をまとめています!