目次へ戻る

コンパクトトールワゴントヨタ ラクティス 中古車価格まとめ

コンパクトトールワゴントヨタ ラクティス 中古車価格まとめ

トヨタ ラクティスは、人気となった小型ワゴン「ファンカーゴ」の後継モデルです。5ドアのトールワゴンで、日本では2010年~2016年まで発売されていました。ここではトヨタ ラクティスの中古車について紹介しています。 (※情報は2019年11月のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ラクティス とは

2代目トヨタ ラクティス

2代目トヨタ ラクティス

初代ラクティス P100型(2005年~2010年)

ラクティスはファンカーゴ(初代ヴィッツ派生)の後継車種として初代 P100型(2005年~2010年)が販売されました。


初代ラクティスは1.3Lと1.5Lの小型エンジンを搭載し、コンパクトなボディながらも広い居住空間を追求したデザインにより、快適なスペースを確保しています。

インテリアは、FFは片手で楽に収納できる「ダイブインシート」を採用し、簡単に広大なスペースを造り出すことが可能で、4WDの場合はダブルフォールディング式を採用することでFFに肉迫する空間を生み出しています。

2代目ラクティス P120型(2010年~2016年:日本/香港・マカオ仕様、2010年~2017年:欧州仕様)

先代と同じ5ナンバーサイズを維持しつつも、室内幅を拡大したことで室内空間が広がりました。FF車にはコンパクトクラスでは初めて、6:4分割チルドダウン機構付リアシートを採用するなど使い勝手を高めています。また、後席の足回りのゆとりを拡大するなど、後席の居住性を大幅に改善しています。

そして、1.3L車のエンジンはDual VVT-iを搭載した1NR-FE型に置換、1.5L・4WD車はトランスミッションをCVT (Super CVT-i) に変更させ、空力性能の改善と車体の軽量化も行われたことで燃費が向上されています。

トヨタ ラクティス の魅力はどこにある

トヨタ ラクティスのラゲッジルーム

トヨタ ラクティスのラゲッジルーム

ラクティスの魅力はコンパクトなボディサイズながらも広く明るい開放的な室内スペースと、荷室を最大限に活かすシートアレンジにあります。リアシートを倒したラゲージモードにすれば984Lの大容量な空間を確保でき自転車を立てたまま収納する事も可能です。

トヨタ ラクティスの中古車モデル別中古車相場・中古価格

トヨタ ラクティスの中古車は比較的探しやすいかも知れません。

2005年から販売されていて今年で14年目の車ですので、中古価格も平均すれば楽に100万円は切ります。

初代ラクティス(2005年10月~2010年10月)

初代トヨタ ラクティス

初代トヨタ ラクティス

ファンカーゴ譲りの室内の広さはトヨタ ラクティスにも継承されています。リアシートがフルフラットになる点も大きな魅力となっています。

初代トヨタ ラクティス(2005年10月~2010年10月)の中古車情報
平均価格 約28万円
価格帯 1万円~76万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

初代トヨタ ラクティスで2010年式の車であれば、個体によっては50万円前後で購入することができます。

2代目トヨタ ラクティス(2010年~2016年)

2代目トヨタ ラクティス

2代目トヨタ ラクティス

初代からの一番の変更点は車高が低くなったという事ですが、低くなったと言っても1585mmと立体駐車場だと入らないところが多いと思われますので注意が必要です。全幅は40mm広くなったおかげで初代よりもワイドになった印象を受けます。

2代目トヨタ ラクティス(2010年11月~2016年08月)の中古車情報
平均価格 約64万円
価格帯 約6万円~約155万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

まとめ

初代トヨタ ラクティス

初代トヨタ ラクティス

ラクティスは発売から12年で販売を終了したコンパクトカーでした。5ナンバーでありながらスペース重視の車作りは評判を呼び、発売から1か月で販売目標をオーバーする21000台を受注し、その後も安定した販売台数を維持しました。

現在でも中古市場では人気の車ですが、発売当初の販売価格の低さと製造年の新しさなどの理由で、比較的購入しやすい中古車ではないでしょうか。

2020年新型車まとめ 外車・輸入車版ができました

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

【フルモデルチェンジ】トヨタ新型ハリアー発売 価格は299万円から

トヨタハリアーがついにフルモデルチェンジして発売されます。1997年に高級SUVとしてデビューして以来、長年人気を牽引してきたハリアー。7年ぶりのフルモデルチェンジとなるハリアーについて、発売時期や価格などを調査し徹底解説していきます。新型ハリアーの最新画像、最新動画、最新情報満載です!


最新の投稿


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。