目次へ戻る

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


マツダ・ベリーサの特徴や燃費

マツダが2004年6月に発売したベリーサは、当時大衆車として人気を博していたデミオのワンランク上のモデルとして発売されたコンパクトカーです。

ベリーサという名前はイタリア語で真実を意味する「Verita」と英語で満足を意味する「Satisfaction」を組み合わせて作られています。

ベリーサは知名度こそあまり高くないものの、愛される部分を多く持った車です。ベリーサには熱心なユーザーがついていることで知られており、そうしたベリーサのファンはエクステリア及びインテリアデザイン、パワフルなエンジン性能、良好な乗り心地などを高く評価しています。

惜しくもベリーサは2015年に生産終了しましたが、生産打ち切りまでの11年間、一度もフルモデルチェンジがなされることはありませんでした。

この点も、ベリーサの魅力を愛するファンにとってはありがたいことで、ユーザーは長い間ベリーサに親しむことができました。

マツダ・ベリーサの魅力

ベリーサの最大の魅力はそのエクステリアデザインならびにインテリアデザインですが、確かな走行性能を持った車としても人気を得ていました。

ベリーサは良好な加速性能を持った車でもあり、ストレスを感じさせない加速力を売り物にしてもいました。高速道路の追い越し車線など速度が必要な場面でも、ベリーサに搭載された1.5Lクラスエンジンは十分なパワーを生み出していました。

パワーがあるといってもスポーティーな走り味は期待できませんが、逆に尖ったところがなく扱いやすいパワーを持つとも言えます。 激しい自己主張をしないエンジンの持ち味もベリーサらしさを形作っています。

ステアリング性能もエンジン性能に見合った、ちょうどよいものになっています。路面に吸い付くようなキレのあるコーナリングはありませんが、なかなか曲がりきれずにもどかしい思いをすることもありません。

一度乗っただけでは物足りなさがあるかもしれませんが、長く乗ると次第に性能の良さが実感できてきます。

マツダ・ベリーサの乗り心地

走行性能と並んで多くのユーザーが魅力を覚えている点が、乗り心地です。

ベリーサは良好な加速性能を持つ一方で適度なサスペンション性能を備えており、運転時の震動や騒音は気になりません。しかも、ベリーサは全てシート素材がレザーで作られており、本革もオプション設定されているという高級仕様です。

レザーならではの肌触りは運転時の満足感を高めてくれるでしょう。さらに、上級グレードに当たるCグレードではアームレストがつくなど快適装備が充実しているため、より質の高い乗り心地を求められます。

マツダ・ベリーサ 燃費性能は

このようにベリーサは素晴らしい部分を多く持つコンパクトカーですが、燃費性能がほぼ唯一の欠点として挙げられます。ベリーサの燃費は16.4km/L(フルタイム4WDモデルは15.2km/L)ですが、ライバル車としてよく挙げられる日産 ノートは2WDガソリン駆動仕様車の燃費が23.4km/L、 トヨタ ヴィッツの燃費は25km/Lとなっています。

これらの他メーカーのコンパクトカーに比べると、ベリーサは燃費性能に難があると言えます。さらに実燃費となると、市街地走行などではカタログ燃費の6割程度まで落ち込むこともあります。ベリーサに乗る時には、燃費性能については割り切った方が良いかもしれません。

ベリーサに設定されている特徴的な機能で「e-4WD」というものがあります。これは時速30km/h以下で作動する4WDシステムで、ベリーサの2WD車にも装備されています。

e-4WDはもともとトヨタが開発した技術で、「e」と名前についている通り電動モーターを使って後輪を独自に動かす技術のことでした。トヨタによって開発された後は日産やマツダに技術提供され、マツダのデミオにも一時期搭載されていた機能です。

ベリーサに搭載されているe-4WDは雪道やぬかるみなど悪路での発進をアシストする機能として位置づけられています。ひどい積雪時など極端な悪路ではe-4WDが役に立つ局面も少ないため、過信しすぎないようにしましょう。もしも積雪地域などでベリーサを使う予定があるなら、フルタイム4WDモデルの購入をおすすめします。

ベリーサのグレードには大きく分けて「C」と「L」の2種類が設定されていました。Cグレードの方が基本グレードに該当し、Lグレードはアームレストを付属させるなど快適装備が充実している点が特徴的です。なお、どちらのグレードも走行性能に違いはなく、フルタイム4WDモデルが設定されていました。CとLの2グレードは2005年6月から設定されており、最初期に発売されたベースグレードではインテリアのカラーリングなどが異なっています。

ベリーサは高級感が魅力の一つであるコンパクトカーで、限定仕様車には持ち前の高級感をさらに高めたモデルが存在します。これまでに発売された限定仕様車では、ダークブラウンカラーの内装に仕上げられた「ブラウン・コレクション」(2005年12月発売)、赤のボディカラーと平織りファブリックシートなど特殊内装が光る「スタイリッシュV」(2007年12月発売)、専用の内装とアルミホイールを追加した「ミスティックレザーセレクション」(2013年12月発売)、専用の刻印とレッドステッチがオシャレな「ノーブルクチュール」(2015年4月発売)などがあります。

ベリーサは全11年の販売期間を通して、フルモデルチェンジされたことは一度もありません。マイナーチェンジは、まず2005年6月のものが挙げられ、この時にはそれまで存在したグレードが改められ、車内装備がグレードアップされたCとLの2種類が設定されました。

2006年8月にはインテリアおよびエクステリアのカラーが変更されるなどの改変が行われ、この時に「L」グレードのシートが本皮に変更されています。その後、2009年5月には全ての車にイモビライザーが追加され、2013年7月にはUVカットフロントガラスが全車両に装備されています。
ベリーサのマイナーチェンジは全てインテリアやエクステリア、車内装備の変更にとどまっており、基本性能は変化していない点が特徴です。

マツダ・ベリーサのエクステリア

ベリーサはコンパクトカーらしく小さくまとまったフォルムに仕上げられており、その姿に無駄がありません。デミオと共通したプラットフォームを使って作られているため全体的にデミオに似ていますが、見比べるとより洗練されていることがわかります。

デミオが直線的なラインが目立ち角ばった形状をしているためどこか重たい印象を受けますが、対するベリーサは曲面を多用しており、やわらかく軽やかな見た目となっています。

加えて、ベリーサには車体下部にクラッドパーツが用いられており、このパーツが全体の印象を引き締めてもいます。スポーツカーのようなかっこよさはありませんが、上品なスタイルの良さがある車体と言えるでしょう。ただ外見が優れているだけではなく、使っていても飽きが来ない点も特徴です。

マツダ・ベリーサのインテリア

ベリーサはデミオと区別すべく、インテリア面を中心としてグレードアップが図られていました。ベリーサはエクステリアデザインも優れていますが、インテリアデザインもユーザーを魅了する素晴らしさで溢れています。ベリーサのインテリアはレザーが標準装備されているため、車内には独特の気品が漂います。車内のカラーリングもツートンカラーが採用されているため、華美に過ぎずシックな美しさが演出されています。

もしあなたがベリーサのインテリアに大きな魅力を覚えるなら、オプションとして設定されている本革仕様のモデルを購入してみてください。本革仕様ならば、ベリーサ特有のゴージャスさもさらに磨きがかかるためおすすめです。

マツダ・ベリーサの口コミ・評判

郊外では市街地の燃費と比べ、だいぶ良くなります。
時速60~70km走行で、信号が少ない道路では15~16km/l、
条件が良いと、17km/lに届くこともあります。

ベリーサの数少ない難点として、燃費が挙げられます。他メーカーの同グレードの車に比べると燃費は多少悪いのですが、日常使用できる範囲内です。燃費性能をそれほど気にしない方には、問題にはならない数値ではないでしょうか。

マツダ・ベリーサの中古価格

ベリーサの平均中古車価格は73.4万円です。最低本体価格は2万円で、最高本体価格は200万円となっています。基本的に、年式が新しく、オプション装備も充実している車両が高額であり、逆に低価格帯には年式の古い車が集中します。また、エクステリアデザインを中心として熱烈なファンがついている車なので、未使用車に高値がついている珍しい車でもあります。

マツダ・ベリーサはデミオへ・・・

熱心なファンがついていたにも関わらず、2015年にベリーサは生産終了してしまいます。以降はベリーサのブランドはデミオに統合され、現在に至るまで再生産の噂も出ていません。もともとベリーサはデミオより高級なモデルとして作られた車でしたが、ファミリアよりは高級さで劣るため立ち位置に悩んだ車でもありました。満足なブランディングができず、人気を今一つ高められなかった点がベリーサの生産収量の原因と言えるでしょう。

当然ながら、現在ではベリーサの新車は販売されていません。しかし、中古車市場ではまだまだ十分な数が流通しており、100万円も出せば年式も新しくそれなりにオプションがついた車両を買い求められます。「かっこよくて乗りやすいコンパクトカーが欲しい」という方にはベリーサがおすすめです。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 ベリーサ

関連する投稿


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

マツダが欧州にて、『MX-30』をはじめ『CX-10』『CX-20』『CX-40』『CX-50』『CX-60』『CX-70』、そして『CX-80』など一挙に商標登録していることが明らかになりました。これは…?


マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々と世界統一の名前に変わってしまい、寂しいという方や驚かれた方もいるのではないでしょうか。 本記事ではあらためてどのクルマがどの名前になったのかをまとめています。アテンザ、デミオ、ロードスターほか。


マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのアテンザが改良されて登場します。名前は世界統一の「マツダ6」に変更されました。発売は8月1日で、予約受注を開始しています。


マツダのマツダ3 乗ってみた感想はどう?試乗記感想まとめ

マツダのマツダ3 乗ってみた感想はどう?試乗記感想まとめ

今年日本でもフルモデルチェンジして発売されたマツダのマツダ3。これから購入をしようかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。本記事ではそんな方向けにマツダ3の試乗記をまとめています。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。