トップへ戻る

スバルのレヴォーグ 中古車価格まとめ

スバルのレヴォーグ 中古車価格まとめ

スバル・レヴォーグは、4代目スバル・インプレッサがベースの優れた走行性能を持つスポーツスワゴンです。発売当時は、新車では買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル・レヴォーグとは、どんなクルマ

※写真は、スバル・レヴォーグの2014年発表プロトタイプモデルです。

レガシィツーリングワゴンの後継モデルとしての位置づけとしてスバル・レヴォーグが発売になりましたが、完全に後継モデルと呼ぶのは少し違います。

レヴォーグの基本設計は4代目スバル・インプレッサがベースになっています、スポーツセダンと呼ばれるWRXと同時に開発され、設計を共通化しています。

レヴォーグのボディサイズは、2代目のスバル・レガシィツーリングワゴンより少し大きいといった程度です。

これは5代目のレガシィ・ツーリングワゴンのサイズが大きくなり過ぎた傾向にあり、日本の道路事情にそぐわない結果になったことからの投入されたためです。

そして2014年に登場したのがスバル・レヴォーグです。

レヴォーグは4代目インプレッサの基本設計をベースにしていますので、いわばインプレッサとは兄弟車と呼べる関係です。

スバル レヴォーグの魅力はどこにある

スバル・レヴォーグは、2020年現在でもステーションワゴン市場が活気づいてない状況において、も好調な販売台数を維持しています。

なぜこんなにスバル・レヴォーグは人気なのでしょうか。レヴォーグの魅力をご紹介しておきましょう。

一番の魅力は、やはりスバルのエンジン性能に触れない訳にはいきません。

水平対向エンジンはその設計上、低重心に配置する事が可能となっており、スバルのAWD(4WD)エンジンは、「シンメトリカルAWD」と呼ばれる左右均等に部品を配置したエンジン構成で、4輪に均等に荷重を掛ける事により、そのタイヤにも均等にグリップ力を伝えます。

スバル・レヴォーグの2,000ccモデルの最高出力は300PSを誇ります。この強大なパワーを受け止めるにレヴォーグのボディは高剛性ボディを全車に採用しています。

ボディ剛性が高いという事は、走行中に車体やボディが発生するビビリ音や軋み音迄も軽減してくれるのです。そして、道路の段差を乗り越えるときさえもショックアブソーバーがキチンと衝撃を吸収してくれますのでフィーリングも快適になります。

スバル レヴォーグの中古車 モデル別中古車相場・中古価格

※写真は、スバル・レヴォーグの2015年発表STIモデルです。

スバル レヴォーグ の中古車から、2000年以降のフルモデルチェンジを中心に「おすすめ」を紹介しています。買い求める際の参考にどうぞ。

初代スバル・レヴォーグ (2014年6月~ 生産モデル)

スバル レヴォーグの販売価格は2019年9月現在で新車時価格286.2~405万円そして中古車の価格は中古車平均価格207.2万円(いずれもレスポンス調べ)という価格が出ております。

1600ccと2000ccでは価格帯も違いますが中古でならお求め安いかも知れません。
燃費もJC08モード燃費:13.2~17.6km/lと良好です。

初代スバル・レヴォーグ (2014年6月~ 生産モデル)
平均価格 約207.5万円
価格帯 約93.8万円~446万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年9月現在)

2014年6月~2015年3月生産モデル1.6 GT 4WD基本スペック

基本性能
型式DBA-VM4
駆動方式4WD
ドア数5
ミッションCVT
AI-SHIFT-
4WS-
シート列数2
乗車定員5名
ミッション位置フロア
最小回転半径5.4m
全長×全幅×全高4.69m×1.78m×1.49m
ホイールベース2.65m
前トレッド/後トレッド1.53m/1.54m
室内(全長×全幅×全高)2.01m×1.49m×1.21m
車両重量1520kg
最大積載量-kg
車両総重量1795kg
最低地上高0.13m

2014年6月~2015年3月生産モデル1.6 GT 4WDエンジン周り

エンジン
エンジン型式FB16
種類水平方向4気筒DOHC
過給器ターボ
可変気筒装置-
総排気量1599cc
燃費基準達成"H27年度燃費基準 +20%達成車"
最高出力170ps
環境対策エンジンH17年基準 ☆☆☆☆
使用燃料レギュラー
燃料タンク容量60リットル
燃費(10.15モード)17.4km/L
燃費(WLTCモード)
-
"最大トルク/回転数 n・m(kg・m)/rpm"250(25.5)/4800

2014年に発売された車種ですのでまだ大きなメジャーアップデートは行われておりませんが、毎年マイナーアップデートは行われその年限定のモデルなどが登場しております、人気車ですので販売台数は多く中古車市場においても人気の車種ですのでご自身の予算で比較的探しやすい車ではないでしょうか。

まとめ

※写真は、スバル・レヴォーグの2019年発表モデルです。

購入の目安となる経済性に重きをおけば1.6GT系です。特にベーシックモデルの1.6GT EyeSight は、タイヤサイズが17インチなのでタイヤ交換も18インチより低費用で抑えられます。

またスポーツ性ならば2.0GT-S EyeSightです。300PSエンジンとビルシュタインの足廻り、VTD-AWDはサーキットで試乗してみたい一台です。

この様に1600cc・2000cc各グレードなど選択肢は豊富です、きっとご自身のお気に入りの1台が見つかると思えるラインナップです。

関連する投稿


ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

5ナンバーサイズの使いやすさと、ステーションワゴンとしてのユーティリティの高さを合わせ持つ、ホンダ シャトル。エクステリアやインテリア、ラゲッジスペースやグレードなどの情報を詳しく解説します。


トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。