トップへ戻る

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤは、その名の通りどんな季節でも走行可能なタイヤの事を言います。日本でも徐々に浸透してきていますが、日本のタイヤメーカーの製品は種類が少ないため、海外のメーカーが中心になっています。今回はオールシーズンタイヤのおすすめをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オールシーズンタイヤ とは?

ネクセン N ブルー 4シーズン

オールシーズンタイヤ とは、季節を問わず走行できるタイヤです。

タイヤには夏用タイヤ、スタッドレスタイヤと呼ばれている冬用タイヤ、オールシーズンタイヤの大きく分けると3つのタイプがあります。ただし、メーカーによってはオールシーズンタイヤを販売していない場合もあります。

オールシーズンタイヤは、雨で濡れた路面や乾いた路面、雪道でも走行が可能という特性を持っています。日本では、冬用タイヤ規制に対応している事が重要で、特に雪道でも走行可能かどうかがカギになってきます。

季節ごとのタイヤ交換は必要なく、この1種類で済むのであれば安あがりと言えます。ただし、オールシーズンタイヤはアイスバーンのような凍結した道路や、雪深い状況では走行できませんので注意が必要です。

スノーフレークマークについて

オールシーズンタイヤに刻印されている「M+S」は「MUD=ぬかるみ」「SNOW=雪」でも走行が可能であるという事を示すマークです。雪道走行をする場合には、スノーフレークマークの付いたタイヤが必要となります。

スノーフレークマークは、厳しい寒冷地でも十分な性能を示したという、公式試験にパスした製品に与えられます。正式名称はスリーピークマウンテン・スノーフレークマークで、シビアサービスエンブレムとも呼ばれています。

オールラウンド・タイヤとの違い

オールラウンド・タイヤは、四輪駆動車(4WD)で使用するタイヤです。

全天候型であり、オンロードやオフロードでも使用可能なタイヤで、正式名称は、A/T(All Terrain)と言います。

オールシーズンタイヤは乗用車用であるのに対して、オールラウンド・タイヤは、SUVと4WD用となっています。(ただし、グッドイヤーではSUV用のオールシーズンが販売されています。)

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤの概要を理解した上で、ここからはおすすめオールシーズンタイヤについてご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ダンロップ Dunlop Grandtrek AT20

2019年10月から発売開始となるオールシーズンタイヤです。数年前まで少数派だったオールシーズンタイヤですが、日本でも首都圏など非降雪地域で徐々に浸透してきています。

常温で夏タイヤと同程度の硬さがあり、低温下でも硬くなりにくい特性を持っています。

Dunlop Grandtrek AT20 All-Season Tire - 215/70R15 97S [並行輸入品]

トーヨータイヤ CELSIUS(SUV用)

「CELSIUS」はトーヨーがSUVへ向けたオールシーズンタイヤです。

北米や欧州など先進市場で評価を得ており、日本での発売となりました。

トーヨータイヤ CELSIUS 165/60R15 77H 1本のみ

ファルケン EUROWINTER HS449

突然の雪にも対応可能で、ドライでもウェットでも操縦安定性能が高くなっており、この3つのメリットを前面に掲げています。

欧州での冬用タイヤとしても認証されており、スノーフレークマークが刻印されています。

ファルケン(FALKEN) オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449 155/65R14 75H 新品1本 313535

グッドイヤー Vector 4Seasons Hybrid

季節を問わず多様な路面状況に対応する全天候型タイヤです。

冬の低温時も硬くなりにくい特性があり、「M+S マーク」に加え「スノーフレークマーク 」が刻印されているので、冬道でも安心です。

GOODYEAR(グッドイヤー) Vector 4Seasons Hybrid 145/80R13 75S オールシーズンタイヤ 05509550 新品1本

ミシュラン CROSSCLIMATE SERIES

タイプ別に3種のラインアップがあり、軽・コンパクトカー用は「CROSSCLIMATE」、セダン用には「CROSSCLIMATE+」、SUV用には「CROSSCLIMATE SUV」となっています。

特殊コンパウンドとトレッドパターンで効果を示し、「雪も走れる夏タイヤ」がコンセプトです。

MICHELIN(ミシュラン) オールシーズンタイヤ クロスクライメート 175/70R14 88T XL CROSSCLIMATE 708540

PIRELLI(ピレリ) Cinturato ALLSEASON PLUS

合成ゴムのポリマーにカーボンブラックなどを配合したコンパウンド製のタイヤです。

コンパウンドの改良によって、都会派ドライバーをターゲットに冬季・夏季の両シーズンに渡り安全ドライブを提供することを掲げています。「M+Sマーク」と「スノーフレークマーク が刻印されています。

MICHELIN(ミシュラン) オールシーズンタイヤ クロスクライメート 175/70R14 88T XL CROSSCLIMATE 708540

PIRELLI(ピレリ) SCORPION VERDE

クロスオーバー& SUV タイヤで、構造およびトレッドパターンを最大限に活用し、 環境資源の節約を行っています。

濡れた路面や軽く雪の積もった路面における横方向への安定性やトラクションがオールシーズンタイヤとして効果を発揮しています。「M+Sのマーク」有り。

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE ALL SEASON P225/65R17 102H

クーパーコブラ Cooper Cobra GT

走行性能が重視のオールシーズンに対応するハイパフォーマンスタイヤです。

タイヤウォールに刻まれたメーカーやブランド名を白く着色したホワイトレタータイヤになっています。

クーパーコブラ オールシーズンタイヤ Cooper Cobra GT All-Season Tire - 215/70R15 97T

NEXEN (ネクセン) N-BLUE 4SEASON

乾燥路面や濡れた路面に適した夏用タイヤの特性と、雪の上や凍結路面に対応する冬用タイヤの特性を併せ持つタイヤです。

雨などで濡れている路面で、安全に止まりスムーズに曲がることができる性能と浅雪、シャーベット路面の走行にも対応できるオールシーズン性能を備えています。

NEXEN (ネクセン) オールシーズンタイヤ N-BLUE 4SEASON 205/55R16 91H 15274NX

Maxxis HT-770 All-Season Radial Tire

こちらはMaxxisが出品しているオールシーズンタイヤです。

Maxxisは台湾のタイヤメーカーで、フォルクワーゲンやフォードなどの新車装着タイヤとしても有名です。

Maxxis HT-770 All-Season Radial Tire - 255/70-16 111S [並行輸入品]

まとめ

オールシーズンタイヤは非降雪地域をターゲットにしており、日本でも徐々に浸透してきています。

しかし、履き替えの要らないオールシーズンタイヤだからといって過信は禁物です。それぞれのタイヤの特徴を知って快適なカーライフを送りましょう。

オールシーズンタイヤに関する記事はこちらから

タイヤに関する記事はこちらから

関連する投稿


Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

「Android Auto(アンドロイドオート)対応」という言葉を耳にしたことはありませんか。一体何なのか気になるという方も多いと思います。カーナビのアプリらしいけど、他の地図アプリとはどう違うの?スマホでナビを見ながら音楽が聴けるって本当?今回はそういったアンドロイドオートの疑問にお答えします。


人気キーケース5選!ベストなキーケースの選び方をご紹介

人気キーケース5選!ベストなキーケースの選び方をご紹介

車好きな方であれば、細かいところにもこだわりたいものです。車体のカスタマイズはもちろんのこと、ちょっとしたアクセサリーでもこだわりを主張したいという方も多いのではないでしょうか?大切な車のキーを収納し、しっかり守ってくれるキーケースもそんなアイテムのひとつです。そこで今回はキーケースの種類や選び方、人気のアイテムまでをご紹介していきます。


タイヤの空気圧は高めが良い?適正値の目安・点検方法・走行への影響は?

タイヤの空気圧は高めが良い?適正値の目安・点検方法・走行への影響は?

タイヤは適正な空気圧にすることで、走行や燃費、乗り心地に影響するといわれていますが、具体的にどのようなことが原因となっているかご存知でしょうか? こちらの記事では、タイヤの適切な空気圧と点検方法と注意点についてご紹介します。


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


パーツクリーナーのおすすめ5選!使い方は合ってる?注意点もおさらい

パーツクリーナーのおすすめ5選!使い方は合ってる?注意点もおさらい

車の金属パーツの油汚れをスッキリ洗浄する、パーツクリーナー。効果的に使うのにはいくつかのコツが必要になってきます。使用法を間違えると効果があまりないどころかキケンなことも…!今回は、パーツクリーナーの正しい使い方と人気のおすすめ商品を紹介したいと思います!


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。