トップへ戻る

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤは、その名の通りどんな季節でも走行可能なタイヤの事を言います。日本でも徐々に浸透してきていますが、日本のタイヤメーカーの製品は種類が少ないため、海外のメーカーが中心になっています。今回はオールシーズンタイヤのおすすめをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オールシーズンタイヤ とは?

ネクセン N ブルー 4シーズン

オールシーズンタイヤ とは、季節を問わず走行できるタイヤです。

タイヤには夏用タイヤ、スタッドレスタイヤと呼ばれている冬用タイヤ、オールシーズンタイヤの大きく分けると3つのタイプがあります。ただし、メーカーによってはオールシーズンタイヤを販売していない場合もあります。

オールシーズンタイヤは、雨で濡れた路面や乾いた路面、雪道でも走行が可能という特性を持っています。日本では、冬用タイヤ規制に対応している事が重要で、特に雪道でも走行可能かどうかがカギになってきます。

季節ごとのタイヤ交換は必要なく、この1種類で済むのであれば安あがりと言えます。ただし、オールシーズンタイヤはアイスバーンのような凍結した道路や、雪深い状況では走行できませんので注意が必要です。

スノーフレークマークについて

オールシーズンタイヤに刻印されている「M+S」は「MUD=ぬかるみ」「SNOW=雪」でも走行が可能であるという事を示すマークです。雪道走行をする場合には、スノーフレークマークの付いたタイヤが必要となります。

スノーフレークマークは、厳しい寒冷地でも十分な性能を示したという、公式試験にパスした製品に与えられます。正式名称はスリーピークマウンテン・スノーフレークマークで、シビアサービスエンブレムとも呼ばれています。

オールラウンド・タイヤとの違い

オールラウンド・タイヤは、四輪駆動車(4WD)で使用するタイヤです。

全天候型であり、オンロードやオフロードでも使用可能なタイヤで、正式名称は、A/T(All Terrain)と言います。

オールシーズンタイヤは乗用車用であるのに対して、オールラウンド・タイヤは、SUVと4WD用となっています。(ただし、グッドイヤーではSUV用のオールシーズンが販売されています。)

オールシーズンタイヤのおすすめ10選!

オールシーズンタイヤの概要を理解した上で、ここからはおすすめオールシーズンタイヤについてご紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

ダンロップ Dunlop Grandtrek AT20

2019年10月から発売開始となるオールシーズンタイヤです。数年前まで少数派だったオールシーズンタイヤですが、日本でも首都圏など非降雪地域で徐々に浸透してきています。

常温で夏タイヤと同程度の硬さがあり、低温下でも硬くなりにくい特性を持っています。

Dunlop Grandtrek AT20 All-Season Tire - 215/70R15 97S [並行輸入品]

トーヨータイヤ CELSIUS(SUV用)

「CELSIUS」はトーヨーがSUVへ向けたオールシーズンタイヤです。

北米や欧州など先進市場で評価を得ており、日本での発売となりました。

トーヨータイヤ CELSIUS 165/60R15 77H 1本のみ

ファルケン EUROWINTER HS449

突然の雪にも対応可能で、ドライでもウェットでも操縦安定性能が高くなっており、この3つのメリットを前面に掲げています。

欧州での冬用タイヤとしても認証されており、スノーフレークマークが刻印されています。

ファルケン(FALKEN) オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449 155/65R14 75H 新品1本 313535

グッドイヤー Vector 4Seasons Hybrid

季節を問わず多様な路面状況に対応する全天候型タイヤです。

冬の低温時も硬くなりにくい特性があり、「M+S マーク」に加え「スノーフレークマーク 」が刻印されているので、冬道でも安心です。

GOODYEAR(グッドイヤー) Vector 4Seasons Hybrid 145/80R13 75S オールシーズンタイヤ 05509550 新品1本

ミシュラン CROSSCLIMATE SERIES

タイプ別に3種のラインアップがあり、軽・コンパクトカー用は「CROSSCLIMATE」、セダン用には「CROSSCLIMATE+」、SUV用には「CROSSCLIMATE SUV」となっています。

特殊コンパウンドとトレッドパターンで効果を示し、「雪も走れる夏タイヤ」がコンセプトです。

MICHELIN(ミシュラン) オールシーズンタイヤ クロスクライメート 175/70R14 88T XL CROSSCLIMATE 708540

PIRELLI(ピレリ) Cinturato ALLSEASON PLUS

合成ゴムのポリマーにカーボンブラックなどを配合したコンパウンド製のタイヤです。

コンパウンドの改良によって、都会派ドライバーをターゲットに冬季・夏季の両シーズンに渡り安全ドライブを提供することを掲げています。「M+Sマーク」と「スノーフレークマーク が刻印されています。

MICHELIN(ミシュラン) オールシーズンタイヤ クロスクライメート 175/70R14 88T XL CROSSCLIMATE 708540

PIRELLI(ピレリ) SCORPION VERDE

クロスオーバー& SUV タイヤで、構造およびトレッドパターンを最大限に活用し、 環境資源の節約を行っています。

濡れた路面や軽く雪の積もった路面における横方向への安定性やトラクションがオールシーズンタイヤとして効果を発揮しています。「M+Sのマーク」有り。

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ SCORPION VERDE ALL SEASON P225/65R17 102H

クーパーコブラ Cooper Cobra GT

走行性能が重視のオールシーズンに対応するハイパフォーマンスタイヤです。

タイヤウォールに刻まれたメーカーやブランド名を白く着色したホワイトレタータイヤになっています。

クーパーコブラ オールシーズンタイヤ Cooper Cobra GT All-Season Tire - 215/70R15 97T

NEXEN (ネクセン) N-BLUE 4SEASON

乾燥路面や濡れた路面に適した夏用タイヤの特性と、雪の上や凍結路面に対応する冬用タイヤの特性を併せ持つタイヤです。

雨などで濡れている路面で、安全に止まりスムーズに曲がることができる性能と浅雪、シャーベット路面の走行にも対応できるオールシーズン性能を備えています。

NEXEN (ネクセン) オールシーズンタイヤ N-BLUE 4SEASON 205/55R16 91H 15274NX

Maxxis HT-770 All-Season Radial Tire

こちらはMaxxisが出品しているオールシーズンタイヤです。

Maxxisは台湾のタイヤメーカーで、フォルクワーゲンやフォードなどの新車装着タイヤとしても有名です。

Maxxis HT-770 All-Season Radial Tire - 255/70-16 111S [並行輸入品]

まとめ

オールシーズンタイヤは非降雪地域をターゲットにしており、日本でも徐々に浸透してきています。

しかし、履き替えの要らないオールシーズンタイヤだからといって過信は禁物です。それぞれのタイヤの特徴を知って快適なカーライフを送りましょう。

オールシーズンタイヤに関する記事はこちらから

タイヤに関する記事はこちらから

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。