トップへ戻る

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ 新型ヤリスクロスとは?

トヨタ ヤリスクロス

新型ヤリスクロスは「ヤリス」をベースに作られているコンパクトSUVになります。その他にもスポーティーな「GRヤリス」など、ヤリスシリーズが続々と投入されています。

新型ヤリスクロスは、「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎヤリスブランドで築き上げた都市型コンパクトの特徴を活かしつつSUVを再定義することを目指して開発されました。

「ヤリスクロス」の気になる予約開始や発売はいつになるのでしょうか。そのあたりの情報をまとめていきます。

トヨタ 新型ヤリスクロス7月中旬から予約開始で発売は8月31日

トヨタ ヤリスクロス

新型ヤリスクロスの予約開始は7月中旬といわれています。地域により予約開始時期が異なるとの情報もありますので、気になる方は詳細をお近くの販売店まで問い合わせしてみてくださいね。

販売開始は8月31日が予定となっています。ヤリスクロスに搭載されるパワーユニットも気になるところですよね。詳細をみていきましょう。

トヨタ 新型ヤリスクロスに搭載されるのは1.5Lハイブリッド&ガソリン

ヤリスクロスに搭載されるパワーユニットは1.5Lハイブリッド&1.5Lガソリンが搭載されるようです。それぞれ2WD/4WDでCVTと組み合わせになります。

1.5Lハイブリッド:91ps/12.2kgm+モーター80ps
1.5Ⅼガソリン:120ps/14.8kgm
※ヤリスに搭載している1.5Lのハイブリッド&ガソリンと同じになります。

既に発売されいるヤリスとヤリスクロスの違いについてみなさんはご存知ですか。その主な違いについて次にまとめていきます。

トヨタ 新型ヤリスクロスとヤリスの違いは?

上:ヤリスクロス vs 下:ヤリス・ハッチバック

2020年4月23日に世界初公開されたトヨタ「新型ヤリスクロス」。ヤリスとの違いについて意外にも異なることが多いので、まとめてお伝えしていきます。

ヤリスクロスはヤリスよりも全長が長い

ヤリスクロスはヤリスより全長が240mmほど長くなっています。延長部分の内訳はフロントオーバーハング60mm、リヤオーバーハング180mm、ホイールベースで10mm程ヤリスクロスが長くなっています。

ヤリスクロスの全幅も70mm程拡大されており、日本仕様では3ナンバーサイズになります。エクステリアデザインでは、アンダー部分とフェンダーの周囲を樹脂製のクラッディングパーツで覆っています。

ヤリスクロスの全高は1,560mmまで高くなっており、日本では機械式駐車場の利用制限が1,550mmを境として利用ができない駐車場もあるので、気を付けておいたほうが安心です。

ヤリスクロスの地上高もヤリスより30mm程アップしています。

外見での共通点を探すとすれば、左右のランプをブラックのガーニッシュでつないだリヤビューになります。

ランプの光方は全く異なり、ヤリスクロスはライン発光するブレーキランプが横一直線に伸びるところが特徴的となります。

では、次に新型ヤリスクロスのエクステリア(外装)を詳しくみていきましょう。

トヨタ 新型ヤリスクロス エクステリア(外装)

トヨタ ヤリスクロス

新型ヤリスクロスの外装デザインはシンプル且つSUVならではの強固さや頑丈さが強調されたフェンダーを演出しています。

ヤリスと同じく2トーンルーフが設定されていることも特徴となっています。また、スポーティーなヤリスと異なり、SUVの頑丈さやかっこよさを上手く表現されています。大開口のグリルや樹脂パーツを施したフェンダーやタイヤからもワイルドなスタイルが演出されています。

そもそも「ヤリスクロス」の開発コンセプトは「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」といったヤリスの魅力を受け継ぎながら、都市型コンパクトSUVの再定義を目指し、開発されているので、新型ヤリスクロスの外観デザインでは、その辺りも上手く表現されています。

では次にヤリスクロスのインテリアについて見て行きましょう。

トヨタ 新型ヤリスクロス インテリア(内装)

トヨタ・ヤリスクロス

トヨタ・ヤリスクロス

新型ヤリスクロスは全長が拡大され主に荷室空間が拡大されたほか、背も高くヤリスよりも広いスぺースを確保しています。

座面が高く視界は広く運転操作はしやくなっています。電動ハッチゲートはハンズフリーで開き、操作もしやすくなっているので、うれしいポイントになります。

分割式ラゲッジ床面ボードは上下に位置を変えやすくなっています。また荷物が走行中に動かないようにするベルトも装着されています。

リヤシートは3分割式で左右に乗員が座っても長尺物詰めるアームレストスルーも採用しています。運転席周りやダッシュボードなどのデザインやレイアウトはヤリスとほぼ一緒となっています。

では次に新型ヤリスクロスのスペックについて発表されている範囲で見て行きましょう。

トヨタ 新型ヤリスクロス(ガソリン仕様) 参考スペック

トヨタ ヤリスクロススペック
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm)4,180×1,765×1,560
ホイールベース(mm)2,560
乗車定員(名)5
エンジン直列3気筒 1.5Lダイナミックフォースエンジン
トランスミッションDirect Shift CVT
駆動方式FF/4WD

※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)

まだ、公式サイトでも詳しいスペックについては発表されていませんので、発表されている情報のみ掲載しております。

詳しい情報がわかり次第、順次掲載していきますので、お楽しみに!

では、新型ヤリスクロスの口コミや評判について詳しくみていきましょう。

トヨタ 新型ヤリスクロス 口コミや評判は?

SNSにあがっていた「ヤリスクロス」発売関する口コミを中心にまとめてみました。ヤリスクロスのかっこよさの口コミや発売を楽しみにしているというような口コミが多くみられました。

これはますます「ヤリスクロス」の発売が楽しみですね。

まとめ

本記事では、「ヤリスクロス」についての最新情報をまとめてお伝えしてきました。予約は7月中旬、発売は8月末が予定されています。

これから最新情報が出てくるのも楽しみですね。新型ヤリスクロスは、SUVらしいカッコよさが細部に渡り演出されているコンパクトSUV。人気が出そうな予感さえしています。では、発売を楽しみに最新情報も待ちましょう。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 ヤリス

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。