トップへ戻る

ピレリタイヤとは?おすすめのタイヤもご紹介!

ピレリタイヤとは?おすすめのタイヤもご紹介!

F1のタイヤサプライヤーとしても有名な、タイヤメーカーピレリはイタリアのミラノに本社を持つタイヤメーカーです。スーパーカーと呼ばれる車に多く採用されているタイヤメーカーであることも有名な話です。今回はこのピレリについて解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ピレリとは?

ピレリ

ピレリ

ピレリは、イタリアのミラノに本社を置く1872年創業の歴史豊かな会社で、現在は中国化工集団の傘下にあります。

イタリアメーカーということもあり、デザイン性あふれるタイヤの製造に強いのが特徴。また、タイヤ業界においては世界7位の規模を誇ります。

このピレリは1872年にジョヴァンニ・バッティスタ・ピレリによって創業されました。F1にも積極的に関わっていた経緯もあります。このピレリの子会社がタイヤに特化したピレリタイヤになります。

ピレリと他メーカーのタイヤ、違いは何?

ピレリタイヤは、性能が高いこともありやはり安いタイヤではありません。日本の国産メーカーと比べると2倍以上も値段の差が生じることもあります。

では一体、ピレリタイヤと他メーカーのタイヤでは何が違うのでしょうか?

独特のタイヤ形状

ピレリタイヤは形状が独特で、日本の国産メーカーのタイヤとは異なった、穏やかに弧を描く独特のフォルムを採用しています。このためにタイヤだけ見れば、「あの車両はピレリタイヤを使っている」ことがわかります。

特に高級車等にこのピレリタイヤは多用されています。この独特のタイヤ形状は装着した車両の操縦性を向上させる効果があります。

審美的に優れているという点も見逃せません。

スポーティーなグリップ性能と乗り心地

ピレリタイヤの乗り心地は正に極上で、高級タイヤの名にふさわしい最高の乗り心地を実現してくれるのがピレリタイヤになります。

ピレリタイヤは軽くてしかもしっかりとグリップが効きますから、どんな路面・天候でも走行しやすくなっています。

とはいえ、スポーティーな性能が備わっている分、レースサーキットや高速道路のように、ある程度整備されたようなコースを走るのに向いているとも言えるでしょう。また、ピレリタイヤに対する批判として、デリケート過ぎるというものがあります。

そういった意味ではユーザーを選ぶのかもしれませんが、逆にピレリならではの癖を理解して使いこなせれば他のタイヤメーカーのタイヤに負けることはないでしょう。

世界中で信頼されるピレリ!実績をチェック

ピレリ『CINTURATO P7』

ピレリ『CINTURATO P7』

ピレリの名は世界中で認知されています。世界における販売実績も豊富であり、特にヨーロッパ市場・高級車市場においては圧倒的な支持を得ています。

日本においてはまだまだ知られていないかもしれませんが、外車に詳しい人の中ではよく知られているタイヤメーカーでもあります。

また、このタイヤメーカーのタイヤはとにかく性能が良いこともあり、レースに行く際にこの会社のタイヤにする人もいます。

F1タイヤは全てピレリ!モータースポーツで大活躍

ピレリが唯一のタイヤサプライヤーとして選ばれているのがF1世界選手権です。

これはピレリの長いモータースポーツへの関わりの一部であり、ピレリのタイヤは古くからF1やWRCにタイヤを供給していました。ミシュランやグッドイヤー等とシェアを争ってきましたが、2011年からはピレリタイヤのみがタイヤを供給しています。

それもそのはず高性能ですから、他のメーカーが参入する余地はありません。そもそもピレリはF1が最初に開催された1950年から積極的にF1と関わってきました。

当時はアルファロメオやフェラーリ等のチームに対してタイヤを供給していましたが、ほぼ全てのレースでピレリタイヤを用いた車両が優勝するほどに圧倒的な優位性を当時から示していました。

その後は供給休止をした時期もあったものの、昨今ではまた本格的にF1に参入するようになっています。

スーパーカーが続々と純正採用中

ピレリタイヤはスーパーカーと相性が良く、例えばフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンといったスーパーカーメーカーや、ベントレーなどの超高級車メーカーに純正採用されている実績があります。

スポーツタイヤのPゼロシリーズはもちろんですが、近年流行しているSUV向けタイヤでも、オールシーズンタイヤのスコーピオン・ヴェルデ・オールシーズンがベントレー・ベンテイガの純正装着品として採用されるなど、舗装路だけに留まらない高性能が高く評価されています。

ピレリタイヤのおすすめ5選

ピレリタイヤ…チントゥラートP6

ピレリタイヤ…チントゥラートP6

ピレリタイヤは手が出せない高級タイヤと思っていませんか?これはある面で正しいことは確かですが、なんと言っても長持ちするのがこのタイヤの特徴で、トータルコストは下がります。また、グリップ力も強く、事故なども防いでくれます。

一般車両にこちらのタイヤを用いれば、実に走行性能も上がってきます。燃費改善にも役立つので、そういった意味ではかなりお得なタイヤでもあります。ここではそんなおすすめタイヤを5つ紹介します。まずはチェックしてみて下さい。

1. CINTURATO P1(チントゥラートP1)

チンチュラートP1は安全性を高めつつドライビングの楽しさを高めてくれます。走行シーンとしては、街中や郊外走行に向いており、多様なシーンで使える汎用性もあります。

また、環境への配慮もされて作られていますから、エコを気にする人にもおすすめします。

PIRELLI ピレリ チンチュラートP1 215/60R17 96H タイヤ単品1本価格

2. P ZERO NERO(ピー ゼロ ネロ)

こちらは重量級のハイパワースポーツカーやセダンにも対応する高性能タイヤになります。

またスポーティな性能だけでなく、耐摩耗性の高さもうれしいところです。

価格的には高いものの、ホンモノの質を求める人には最良のチョイスになります。価格は、1.5〜2万円程度になります。(2020年7月現在)

PIRELLI(ピレリ) サマータイヤ P ZERO NERO GT 255/40ZR17 94Y 2384200 新品1本

3. DRAGON SPORT(ドラゴン スポーツ)

DRAGONSPORTは、アジアパシフィック向けに開発された専用タイヤになります。原産国は中国ということもあり、実に安価なことが特徴。特売品であれば1万円程度で購入することが出来ます。

それでいてピレリの名前に恥じない高性能さが魅力の一品。

「格安で済ませたいけれども、性能も欲しい」という人におすすめのタイヤになっています。

PIRELLI(ピレリ) サマータイヤ DRAGON SPORT 225/45R17 91W 2630200 新品1本

4. CINTURATO ALL SEASON PLUS(チントゥラート オールシーズン プラス)

CINTURATOALLSEASONPLUSはオールラウンダーかつオールシーズン対応のタイヤになります。

都会のドライバーを対象に製造されていますが、冬季の雪道等にも対応しています。冬用タイヤ規制にも対応できるスリーピーク・スノーフレークマークとM+Sマーク付きの高性能タイヤです。

オフロードもある程度こなせてしまいます。もしもどういったタイヤにしたら良いか悩んだ場合には、まずはこちらの製品をチェックしてみると良いでしょう。

PIRELLI(ピレリ) オールシーズンタイヤ CINTURATO ALL SEASON PLUS 205/60R17 s-i 100V 3091400 新品1本

5. ICE ASIMMETRICO PLUS(アイス アシンメトリコ プラス)

雪道を走行するならばこのスタッドレスタイヤがお勧めになります。

こちらは雪国に住んでいる人にはうってつけのタイヤであり、価格も1万円台から購入できる破格のタイヤになっています。

スタッドレスタイヤということもあり、圧倒的なグリップ力を誇るだけでなく、デザイン性も高い点も魅力。

PIRELLI (ピレリ) スタッドレスタイヤ WINTER ICE ASIMMETRICO PLUS 215/60R17 96Q 3599500 新品1本

まとめ

ピレリタイヤは実にお勧めできるタイヤになります。国内メーカーのタイヤに飽きたらトライしてみるのも良いでしょう。

特にスポーティさが最優先というならば、絶対に選んでおくべきタイヤになっています。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。