目次へ戻る

デート、旅行に最適!?ちょっと変わった?レンタカー情報まとめ

デート、旅行に最適!?ちょっと変わった?レンタカー情報まとめ

レンタカー選びの基準、みなさんはどう選んでますか?料金、値段や使い勝手など選択肢は様々かと思います。こちらのまとめでは、少し変わったレンタカーサービスをまとめています。


大手レンタカー 外車・輸入車レンタカー情報

皆さんはレンタカー選びの基準はどうしていますか?料金や値段、使い勝手など選択肢は様々かもしれません。

レンタカー会社ではトヨタレンタカーやニッポンレンタカー、オリックスレンタカーなどがメジャーどころです。

これらの会社では輸入車や新車の試乗キャンペーンを行うことがあり、カーマニアの人たちにお勧めです。

オリックスレンタカー 輸入車レンタル情報

アウディ Q7/A4/SQ5

国内では人気の高い輸入車であるアウディの新型「A4」「Q7」、「SQ5」などを借りられるのが、オリックスレンタカーです。

アウディと連携したキャンペーンは首都圏の18店舗で実施されており、比較的台数も多いため予約が取りやすくなっています。


オリックスレンタカーは、タステックレンタリースという会社ともフランチャイズ契約を結んでおり、こちらにも常時300台以上の輸入車が用意されています。

2017年1月現在は、新型アウディを導入したキャンペーンはおこなっておりませんが、今後も開催される可能性があるため、気になる方は要チェックです。

気になるレンタル料金は下記が目安になるようです。

タステック・レンタリースでは、アウディ3車種の導入を記念し、5月9日から10月31日まで「高級車プライスダウンキャンペーン」を実施し、最大47%オフの特別料金で提供する。アウディ3車種の料金(6時間)は、Q7が通常3万0240円のところ1万6038円、A4が通常1万6740円のところ9828円、SQ5が通常2万2140円のところ1万2177円となる。

ルノーのキャンペーンも過去に実施していました。

ルノー・キャプチャーは外観が個性的なコンパクトSUVで、フランスの自動車メーカー ルノーが2014年に発売したモデルです。

多くの輸入車のディーラーでは、新車を発売した時にレンタカー会社と提携してキャンペーンを行うことがあり、その際には通常よりも安い価格で輸入車に乗車できるケースがあります。

オリックスレンタカーでは、ルノー・キャプチャーの レンタカーキャンペーンを2015年の4月から10月まで期間限定で実施していました。

同社は、ルノーとのコラボレーション企画も何度か行っているので、気になる人はホームページなどをチェックしておくと良いかもしれません。

また、メルセデス-マイバッハ Sクラスを2016年2月よりレンタル開始しており、レンタカーの貸し出しとしては国内初だそうです。

メルセデス-マイバッハ Sクラスは、2015年2月に日本でも受注生産で発売された車両価格2200万円の超高級車。メルセデス最高峰の快適な後席が特徴で、リクライニングの深さや足元の広さなど、飛行機のビジネスクラスのようなくつろぎを体感できる。レンタル料金は4万7000円(12時間)から。レンタカーとしての貸し出しは国内初となる。なお、貸出は法人限定。

ニッポンレンタカー 輸入車レンタル情報

ニッポンレンタカーでも、輸入車のレンタカーキャンペーンを度々行っています。

幅広い店舗展開がニッポンレンタカーの魅力であり、輸入車のレンタルでは導入台数も多くなっています。

まもなくキャンペーン終了となってしまいますが、現在乗車が可能なのはBMW2シリーズのアクティブツアラーなどです。こちらは東京都の他、大阪府や京都府といった関西地区でもレンタルすることができます。

ニッポンレンタカーとヤナセは、両社が業務提携して行う輸入車レンタルサービスの第2弾として、9月26日から2017年1月31日まで「BMWクリーンディーゼル体感キャンペーン」を実施し、『218d アクティブツアラー』を試験導入すると発表した。

エンジンにこだわりを見せるBMWだけに、2シリーズは滑らかな走りと心地よい室内空間が絶妙にマッチしています。

人気の高いモデルなので、料金も手ごろなこのキャンペーンでアクティブツアラーの特徴を体感してみてはどうでしょうか。

また、ニッポンレンタカーは2017年1月18日より、6時間3240円から利用ができる「ワンウェイレンタル格安プラン」を首都圏限定で、試行販売を開始しました。

通常、レンタカーを乗り捨てる際は別途料金が掛かってしまうのですが、「ワンウェイレンタル格安プラン」は乗り捨て料金込でのレンタル料金となってるようで、とても魅力的です。

ニッポンレンタカー、乗捨格安プランを首都圏限定で試行 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2017/01/23/288971.html

ニッポンレンタカーは、6時間3240円から利用できる「ワンウェイレンタル格安プラン」を1月18日より首都圏エリア限定で、試行販売を開始した。

ヤナセ プレミアム カーレンタル

ニッポンレンタカーは、大手の輸入車ディーラー、ヤナセと業務提携をしているため、BMW以外にも様々な車種に乗車することができます。

両社の業務提携は、「ヤナセ プレミアム カーレンタル」と銘打たれていて、2015年の夏に北海道地区を皮切りにスタートしたものです。

ヤナセとニッポンレンタカーは業務提携し、ニッポンレンタカーの特定営業所で、ヤナセが取り扱うプレミアム輸入車を貸し渡すレンタル事業の検討を開始することで合意した。

まず、8月8日から10月31日出発分までの期間限定で、札幌市内と新千歳空港のニッポンレンタカー9営業所で、メルセデス・ベンツ『Cクラス』10台を導入し、ニッポンレンタカー会員およびヤナセの顧客限定で、レンタカー料金が30%OFFとなる「体感キャンペーン」を実施する。

割引適用後の利用料金(24時間)は「C180 アバンギャルド」が1万8900円から、「C200 ステーションワゴン アバンギャルド」が2万1168円など。

2016年の4月から半年間は、メルセデスベンツの新車を102台導入するという企画を実施していました。

この企画では、首都圏や関西の他、北陸地方や九州地方でも最新モデルに試乗することができました。

「ヤナセ プレミアム カーレンタル」は、最新モデルばかりを集めた魅力的なサービスなので、とくに新車好きの人には目の離せないものとなっています。

ヤナセニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/special/recent/212/%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%BB

ヤナセに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のクルマにレスポ…

ヤナセに関する最新ニュースはこちらのリンクから確認できます。

スーパーカー、名車、旧車のレンタカー情報

いつでも場所を選ばず気軽に利用することができるのがレンタカーの魅力ですが、中には世界の名車や旧車などを集めてレンタルしているサービスも存在します。

ポルシェやランボルギーニなどレアなスーパーカーを探し出して乗車するというのも、レンタカーを利用するまた別の楽しみではないでしょうか。

会員制レンタカー「fun2drive」

ロータス スーパーセブン(バーキン)&エリーゼS2

「fun2drive」は、神奈川県に本社を置く会員制のレンタカーサービスです。

芦ノ湖に近い仙石原に貸渡場所があり、初代フェアレディZやトヨタ86など走りに定評のある旧車をレンタルして、箱根山麓をドライブすることができます。

料金プランも比較的手ごろで、緑あふれる峠道をスポーツカーで颯爽と駆け抜けることができるのがfun2driveの魅力です。

ポルシェ 911ターボ(タイプ964)

レンタル可能な車種には、スカイラインGT-Rのハコスカやケンメリといった懐かしい車の他に、ポルシェ911ターボ964やロータス・エリーゼといった外国産のスポーツカーも用意されています。

利用料金はそれぞれチョイ乗り(1.5時間、50km)で、ハコスカ、ケンメリ:11,980円、ポルシェ911ターボ964:14,980円、ロータス・エリーゼ:8,980円となっています。

タイムズカーレンタル「Service X」

都心でスーパーカーやスポーツカーに乗りたい時は、タイムズカーレンタルの「Service X」を利用するのがお勧めです。

Service Xは、憧れの名車が1時間2700円から借りられる、タイムズカーレンタルのレンタカーサービスで、取り扱うショップは、有楽町や元町・中華街などに9店舗あり、ポルシェやBMWといった外国産高級車が数多く揃っています。

また、チューニングカー・メーカーとして名高いトミタ夢工場が作り出した、トミーカイラZZにも乗車することが可能です。

トミーカイラZZは1997年に発表され、その後生産中止となったものの、GLMというベンチャー企業によってEV仕様で復刻されました。

トミーカイラZZは加速がパワフルで、都会の真ん中でその疾走感のある走りを堪能できます。

【トミーカイラ ZZ 試乗】味わったら病み付きになる加速、まさに公道のレーシングカー | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/04/07/273046.html

トミーカイラZZ(ZZ)は、公道を走れるEVレーシンカーと表現される。2シータ―でリクライニングしないバケットシート。幌は装着可能だがフロント以外ウィンドシールドなどはいっさいない。

トミーカイラ ZZの試乗記はこちらからどうぞ。

おもしろレンタカー

おもしろレンタカーは千葉県発のレンタカー会社で、東京都や静岡県、和歌山県にも店舗を持っています。

こちらのラインナップは、主に新旧のスポーツカーを中心としたものです。

また、ホンダS2000、S660やマツダ ロードスターなどオープンタイプのスポーツカー、メルデスベンツやアウディといった輸入車も導入されています。

料金設定は通常のレンタカーサービスとあまり変わらず、車種によりますが、6時間6000円~10000円程でレンタルが可能。郊外で手軽にスポーツカーの走りを楽しむことができます。

基本料金が割引になるキャンペーンも時々実施されていて、その際には通常の30%~50%オフというお得な価格で利用できるのも嬉しい点です。

超高級車に乗れる「セラムレンタカー」

札幌市内にある「セラムレンタカー」は、ランボルギーニやフェラーリなど高スペックのスーパーカーをレンタルできるサービスです。

ランボルギーニであれば、カウンタックやミウラといったスーパーカーブーム世代には懐かしい車種の他、アヴェンタドールやガヤルドなどの新型モデルにも乗車することができます。

また、フェラーリにも458イタリアや360スパイダーなど複数のタイプが用意されています。

レンタルする際の値段は高めですが、実際にスーパーカーを運転できる希少なサービスです。北海道を訪れた際には、広い大地で超高級車の走りを体感してみてはいかがでしょうか。

ちょっと変わった?レンタカー情報

自分で目的地まで自動車を運転していかなくても、旅先や出張先などで手軽に借りられるのがレンタカーの魅力のひとつです。

また、自動車を持っていない人でも、レンタカーであればいつでも気軽にドライブを楽しめます。

レンタカー会社の中には他とは一味違うサービスを行っている所があるので、ここでいくつかご紹介しましょう。

乗り捨て可能!無人レンタカーサービス

料金の安さと手軽さの点で便利なのが、無人レンタカーサービスです。

大阪に拠点を置くテラモレンタカーでは、会員登録をすることで3時間約1000円という格安料金でレンタカーを借りることができます。

トラックやバンなどもレンタルできるため、引っ越しの際などに利用しているお客さんもいます。

また、沖縄県の那覇市にも同様のサービスがあり、那覇市内の観光エリアなどを中心に数十か所の拠点を持っています。

借りた場所に返さずに乗り捨てが可能なので、移動開始点に戻るという手間がありません。

時間を大切にしたい観光客にとっては、魅力的なレンタカーサービスではないでしょうか。

「あずさ2号」を運転できる!?

JRグループが運営している、駅で自動車を借りて、また駅に返すことができるレンタカーサービスが駅レンタカーです。

駅レンタカーでは選べるレンタカーの車種が多く、予約も取りやすいというメリットがあります。

2016年には特急色に塗られたレンタカーが甲府駅に登場しました。

これは、往年の名曲「あずさ2号」でも有名な特急あずさの運行開始50周年を記念したもので、2016年12月31日までの限定サービスとなっています。

もしかすると、今後もこのようなイベントが開催されるかもしれないので、鉄道&カーマニアの人は目が離せないかもしれません。

気分は南国!トゥクトゥクのレンタル

トゥクトゥクというのは、主に東南アジアやインドなどで利用されている三輪タクシーのことです。

この三輪自動車は、バイクに似た乗り心地で開放感があり、アジア各国で人気の乗り物になっています。

アジア諸国では、通常観光客向けのタクシーとして使用されていますが、沖縄にはこの乗り物を借りて自分で運転できるレンタカーサービスがあります。

レンタルを行っているのは「沖縄トゥクトゥク」という会社で、レンタカーサービスの他に輸入販売も行っています。

トゥクトゥクに乗れば、気分爽快で南国らしさを気軽に満喫できるので、沖縄を訪れた際にはぜひ利用したいサービスだと言えます。

ミュージックレンタカー!?南十字星レンタカー沖縄

関連する投稿


ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグが2018年4月に生産終了した「アゲーラRS」の後継機種を発表する予定であることが分かりました。現時点で公式に発表されている情報についてご紹介します。


究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

究極のスーパーカー マクラーレンセナ発表!しかしすでに完売!?

5月22日、マクラーレンの最高峰モデル・マクラーレンセナが日本初披露されました。「セナは公道も走れるレーシングカー。しかも究極の存在である」と同車のエンジニアリングデザインディレクターを務めたダン・パリー・ウィリアムズ氏はそう語っています。ちなみに、限定500台のセナはすでに完売とのことです。


ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが2018年発売予定!新型SUVの実力は?価格は?

ランボルギーニ・ウルスが発売決定し、日本時間のAM2:00頃(イタリア現地時間で4日18時)に初公開となります!気になるランボルギーニの新型SUV、ウルスの実力はどんなものなのでしょうか。また、価格は一体?まとめてみました。【2018年5月18日更新】


レンタカーとカーシェア/個人間カーシェアの違い!上手な使い分けは?

レンタカーとカーシェア/個人間カーシェアの違い!上手な使い分けは?

レンタカーとカーシェア、個人間カーシェアのサービスを紹介しながら、車を借りる時間・期間、どの用途で車を借りるのかなどの目的に合わせ、それぞれのニーズに合ったレンタルサービスを記事で提案していきます。


カーシェアリングってどう…?主要5社の料金等比較!デメリットはある?

カーシェアリングってどう…?主要5社の料金等比較!デメリットはある?

首都圏を中心に短い時間で借りられるカーシェアリングサービス。本記事では会員数の多いカーシェアリング主要5社を中心に料金比較をご紹介します。また、カーシェアリングのデメリットとその対策もご紹介します。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!