トップへ戻る

レクサス NX 価格・燃費・安全性能など徹底紹介!

レクサス NX 価格・燃費・安全性能など徹底紹介!

レクサスNXは、トヨタ自動車が展開しているレクサスブランドから販売されている中型のクロスオーバーSUV車です。SUV車としては高級感があり誰もが憧れる車でしょう。2リットルターボエンジンや2.5リットルDOHCエンジンが搭載されパワフルな走りが楽しめるSUV車です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


NX 概要・走行性能

概要・特徴

レクサスNXは、レクサスブランドとして初めて、ターボシステムを採用した車で、ガソリン仕様のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーSUVです。

今回新開発となった、2リットルのターボエンジンは86x86mmのボアを採用し、ストロークに10:1の圧縮比が設定されています。燃料供給システムは、直噴とポート噴射を採用して、トヨタ製のツインスクロールターボチャージャーユニットが搭載されています。

力強い加速を得ることができ、特に低速にて太いトルクが得られる運転しやすい仕上がりとなっています。

デザイン・ボディーカラー

レクサスNXでは、レクサスブランドの車では定番となっているスピンドルグリルが採用され、キャビンの前後を大胆に絞り込み、フロントからリアにかけて流れるような稜線は、アグレッシブな躍動感を感じさせてくれます。

特に力強く張り出したタイヤハウスの曲線は、深みのあるフォルムを創出しています。その直線と曲線が見事に融合したフォルムは、どの角度から見ても美しい仕上がりです。

ボディ9色が用意されていて、男性も女性もあらゆるオーナーを満足させてくれるカラーバリエーションがあります。

燃費性能

レクサスNXは、幅広い視点で環境問題に取り組みながら開発された車で、低燃費の追及や排出ガス低減にとどまらず、生産・使用・廃棄のすべての過程で環境の負荷を目指す、「Eco-Vehicle Assessment System」と呼ばれる環境性能評価システムを活用しています。

燃費については、JC08モードにて21.0km/Lという低燃費を実現しています。

スピードメーターの横には、ハーモニアスドライビングナビゲーターが搭載され、運転のエコ度や平均燃費などが表示され、ドライバーのエコ運転を助けてくれます。

エンジン

レクサスNXには、新開発ターボエンジンユニットが搭載されていて、二つのスクロールターボチャージャーと吸排気バルブ開閉タイミングを最適にするDual VVTを組み合わせ、最適な燃焼効率を実現する最先端技術のD-4STを採用しています。

トランスミッションには、新開発の6 Super ECTが採用されていて、エンジンの動力を効率よく駆動系に伝えてくれます。

今回開発された、レクサス・ハイブリッド・ドライブでは、スポーティーな運転ができるよう加速特性を独自にチューニングしドライバーが意のままに操れてドライビングの楽しさが味わえます。

NX 車内空間・収納

レクサスNXの洗練された車内空間をご紹介します。力強さと美しさの間に顔をのぞかせるオシャレごころがたまらない!
充実の収納スペースにも注目です。思わず触れてみたくなる最新設備も搭載!レクサスNXの秘密はここにある!

インテリア

レクサスNXはスポーツギアとしてのあり方を重要視し、クルマにとってドライバーにとって最高の空間であるためのインテリアを装備しています。
まず力強くどっしりとしたデザインはさすがの高級車を思わせる重厚なつくりであることを改めて感じさせます。
インストルメントパネルを貫く継ぎ目のないセンターフレームは金属の質感との見事なバランスの強靭さです。

手が触れる部分の素材には徹底的にこだわり柔らかくしなやかな素材のみを使用し、抜群の手ざわりのよさを感じます

コックピットはドライバーを包み込むタイトな仕上がりを見せ、ニーパッドにはレクサススポーツのシンボルであるLFAのボルトを施し、豪華な空間に遊び心をプラスしています。

ラゲッジスペース

約950mmの奥行きを持ったラゲッジスペースは、非常にフラットに設計することで容量を確保することを実現しています。

リアシートを倒すことなく9.5型ゴルフバッグを横向きに並べて3個も積みこむことができるというワイドさであり、その上にもうひとつ積み重ねられるほどの高さもあります。

また後席は6:4分割可倒式シートであり、運転席またはラゲッジスペース内のボタン操作だけで後席シートバックの格納や引き起こしができます。

後席でも、広々とした空間が広がり頭上や膝周辺、足元に十分な余裕を感じます。また、降車時の足つきが良く、スムーズな乗降性を実現しています。全ての座席で長時間のドライブにもくつろぎと開放感を感じられます。

快適性能

レクサスのオーディオ&ビジュアル機能は他の車を寄せ付けないほど群を抜いています。音楽ファンから賞賛され、ハイエンドオーディオの世界を先導し続けるMark Levinsonのオーディオを搭載するのはレクサスだけです。

レクサスNXでは、コンサートホールでも使用できる12ch Class-Dアンプと14のスピーカーで構成され、臨場感のあるサウンドを作り出します。

ナビディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイを連携して使用することができますので、ドライバー正面のマルチインフォメーションディスプレイに表示されたオーディオ情報やハンズフリー電話の着信通知などをステアリングスイッチで操作することが可能です。

NX 装備・安全性

予防安全性能

レクサスNXには、衝突の回避や被害軽減を支援してくれる、プリクラッシュセーフティシステムが採用されています。このシステムでは、ミリ波レーダーにより前方の先行車や障害物などを検知し、衝突の可能性が高くなると警報やブレーキ制御をおこなって衝突回避してくれるものです。

夜間走行時に、自動的にロービームとハイビームを制御してくれる、オートマチックハイビームも搭載されています。

レーンディパーチャーアラートが搭載されていますので、道路上の白線や黄色線をカメラで認識して、車線逸脱しないようのステアリング操作を自動的にサポートしてくれます。

衝突安全性能

レクサスNXでは、力強い走りを支える高性能ボディを採用していて、快適な走りを実現してくれ、衝突時も運転者や同乗者の安全をしっかりと確保していますが、フェンダーやエンジンフード、カウル、バンパー周辺には衝撃吸収構造を採用した、歩行者傷害軽減ボディを採用していますので、万が一の衝突時にも歩行者の頭部や脚部への衝撃を緩和させてくれます。

運転者や同乗者を守るためのエアバッグシステムとしては、SRSフロントエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグを備えることで、あらゆる方向からの衝突から車内の人を守ってくれます。

バリエーション・価格

レクサスNXには、NX300hとNX200tのラインナップがあります。それぞれのラインナップについて、5種類のグレードがありグレードごとに2WDとAWDの選択が可能です。

その中でも、特に都会的なスポーツギアとして装飾された、特別仕様車「Urban Style」や、スポーティーさを前面に打ち出すように装飾された「F SPORT」などが人気のグレードとなっています。

NX300hの価格について紹介すると、Urban Styleの2WDは5,160,000円、AWDは5,420,000円、F SPORTの2WDは5,560,000円、AWDは5,820,000円です。

試乗記

実際に、レクサスNXを運転してみると、走りが引き締まった印象だそうです。
これは、レーザースクリュー溶接や構造用溶着材などを使用することで強靭なボディを作り、足回りにも補強部品を採用するなど大幅に改良されているからでしょう。
ボディと足回りの改良により乗り心地もとても良くなっているのです。

走りのスムーズさに関しては、直噴ターボ仕様エンジンが採用されていて、強力なパワーとトルクを得ることができると好評です。

運転していて特に良くなった点は、電子式のパーキングブレーキが採用されたため、停車中に足を話してもアイドリングストップが継続する点だそうです。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 NX SUV

関連する投稿


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】大型SUVのおすすめ18選!大人数でも大量荷物でもOKな1台!

【2023年版】大型SUVのおすすめ18選!大人数でも大量荷物でもOKな1台!

大人数が乗れる車として、人気があるのはミニバン。車内空間も広く、大人数で乗車することも可能なのが魅力です。しかし最近では大型のSUVも数多くラインアップしており、大人数乗りたい方やたくさんの荷物を載せたい方が選ぶときの選択肢になっています。この記事では、国産車と輸入車に分けて大型のSUVのおすすめ車種をご紹介します。


【2022~2023年 新車情報】発売済みの新型車と発売予定の新型車を総まとめ

【2022~2023年 新車情報】発売済みの新型車と発売予定の新型車を総まとめ

2022年に登場した新型車では、電動化の傾向や過去の伝統から抜け出そうとする傾向が見えました。ハイブリッドシステムを採用する車種が増加する一方、ピュアガソリンエンジン車は確実に減少し、スポーツモデルは最後の輝きを見せようとしています。そんな2022年に発売した新型車を振り返り、2023年以降に発売される新型車・発売が予想される新型車をピックアップしました。(2023年1月30日更新)


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2023年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2023年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。