トップへ戻る

メルセデスベンツ Gクラスの最新情報まとめ!ゲレンデの由来は?

メルセデスベンツ Gクラスの最新情報まとめ!ゲレンデの由来は?

流行のSUVの中でも一線を画すオーラの持ち主が、メルセデスベンツの大型SUV、Gクラスです。著名人も数多く愛用していると言われており、実際にその高級感と高性能は、世界中で愛されてきた長い歴史を持ちます。時にはゲレンデヴァーゲンやゲレンデなんて呼ばれたりするそんなGクラス、どんな魅力が人気なのか、2020年の最新情報と合わせてご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスベンツ Gクラス、高級SUVで孤高の存在

メルセデスベンツ Gクラス ストロンガーザンタイムエディション(欧州仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス ストロンガーザンタイムエディション(欧州仕様車)

さまざまな自動車メーカーから「高級SUV」が登場している現代にあっても、ズバ抜けた高級感で周囲の目線を独り占めしてしまうほどのオーラを持つ車が、メルセデスベンツのSUV「Gクラス」でしょう。

クーペSUVやクロスオーバー車を横目に、もはやレトロとも思えるような角張ったボディとほぼ直立したキャビンを持つGクラスは、大幅に改良が加えられながらとはいえ、なんと初代モデルは1979年から2018年まで生産が続けられており、そのルックスがレトロ狙いのものではなく「本物」であることがわかりますね。

2018年からは、モデルライフ初となるほぼ全域にわたる完全刷新を経た事実上の二代目モデルが販売されていますが、それにしてもこの単一モデルの継続生産は、メルセデスベンツの乗用車種としては最長のものだったそう。継続的な人気の高さが伺えます。

Gクラスの車名の由来! 「ゲレンデ」とは?!

メルセデスベンツ Gクラス(欧州仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス(欧州仕様車)

Gクラスのことを、「ゲレンデ」や「ゲレンデヴァーゲン」と呼んだりする通な人を見かけたこともあるのではないでしょうか。しかし、そのゲレンデとはどんな意味なのかはあまり知られていないことかもしれませんね。

Gクラスの車名の由来ともなっている「Geländewagen(ゲレンデヴァーゲン)」とは、ドイツ語で「オフロード車両」を意味する言葉。車の成り立ち通りに正直な名前が付けられているわけですね。

「Gelände」を単体で翻訳すると「地形」などとなるようですが、一般的にはスキーのしやすいように整備がなされたスキー場のことを指す際によく使われる言葉かもしれませんね。

そんなゲレンデが、自動車を示す「wagen」と組み合わされることで、どんな地形でも走破できるGクラスにぴったりの「オフロード車両」という意味になるのです。

メルセデスベンツ Gクラスの魅力5選!

イカツいエクステリア!でも目はパッチリ

メルセデスベンツ Gクラス

メルセデスベンツ Gクラス

すでにお伝えしたように、基本的なデザインが1979年のデビューから継続されているGクラスは、その武骨かつ機能性重視なエクステリアデザインが非常に印象的な部分です。

近年ではレトロ感やかわいさ重視で円形のヘッドライトが採用される新型車も複数見られますが、Gクラスのそれは最新のLED技術が詰め込まれている明るいヘッドライトとはいえ、ルックスのための小道具ではなく、長すぎる歴史を感じさせる生き証人のようなもの。

しかし、角ばったボディに真ん丸のヘッドライトが取り付けられていてこそ、Gクラスのアイコニックな外観が実現されているのかもしれませんね。

2018年の大幅改良ではボディ表面まで露出したドアヒンジやグッと張り出すオーバーフェンダーなど、機能面で重要な部分のデザインもきちんと受け継がれました。

メルセデスらしい豪華なインテリア

メルセデスAMG G63(海外仕様車)

メルセデスAMG G63(海外仕様車)

レトロとも言える外観から打って変わってモダンな仕上がりとなっているインテリアは、まさにメルセデスベンツの車として相応しい高級感のあるもの。

64色から選択可能なアンビエントライトを備えたインテリアは、本物のレザーやアルミニウムがふんだんに用いられた贅沢な空間となっているほか、12.3インチのコックピットディスプレイとCOMANDシステムディスプレイが2枚並んでいる様子はまさに最新の車両といった印象ですね。それらの操作性の高さもメルセデスベンツらしいところ。

また、エクステリアで切り立ったキャビンが用いられているおかげで、ショルダールームやヘッドルームの広々とした印象もGクラスのインテリアの特徴でしょう。

定番のブラックだけでなく、明るめのベージュ系やシックなブラウン系、鮮やかなレッド系などインテリアカラーのバリエーションも非常に豊富ですし、さらに上級グレード限定ではありますが、「G manufakturプログラム」「G manufakturプログラム・プラス」によっておしゃれなツートーンシートも選択が可能。

選択肢の広さは、さすが高級車といったところでしょう。

世界トップクラスの悪路走破性

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

もはやわざわざご紹介せずともお分かりとは思いますが、そのルックスに恥じない悪路走破性の高さは、SUVの中でもトップクラス。

本格派らしくラダーフレームを採用しているほか、フロントには独立懸架、リアにはリジッドサスペンションを搭載し、凹凸の激しい道なき道であっても確実にタイヤを接地させることができます。

もちろん四輪駆動システムが採用されるだけでなく、インテリアからスイッチ一つで操作が可能なフロント/センター/リアのディファレンシャルロックなど、一輪しか接地しないような過酷な路面でも対応が可能なほど。

意外と短く抑えられた全長や、約241mmにも達する最低地上高、短いオーバーハングによる優れたアプローチ/デパーチャーアングルなど、高級車だからといってオフロード車であった伝統を忘れていない点が、Gクラスの美点でしょう。

スポーツカー真っ青のハイパワーモデルも!

メルセデスAMG G63 ストロンガーザンタイムエディション

メルセデスAMG G63 ストロンガーザンタイムエディション

Gクラスは、エントリーグレードとなるG350dであっても最高出力が286PSとハイパワーなエンジンが搭載されているのですが、トップグレードとなるメルセデスAMG G63にもなるともはや別世界の舗装路性能を実現。

ツインターボが装着された4.0リッター V型8気筒エンジンは、なんと585PSを発生させる超ハイパワーエンジンとなっており、9速のAMG スピードシフトTCTや、AMG ライドコントロールスポーツサスペンションと合わせて、なんと0-100km/h加速を4.5秒でこなす俊足ぶり。

その大柄なボディからは想像のつかないダッシュ力は、見る者を唖然とさせることでしょう。

無論、AMGとはいえGクラスですので、悪路走破性能も確保されているほか、負荷に応じて8気筒のうちの半分となる4気筒を休止させることのできるAMG シリンダーマネジメントが採用されており、最新の環境規制にも対応しています。

やっぱり…著名人オーラが止まらないところ?

メルセデスベンツ Gクラス

メルセデスベンツ Gクラス

ここまでのメカ的な魅力ももちろんGクラスならではの世界には欠かせないものですが、Gクラスの魅力とは、長年築き上げてきた最強SUVという実力に基づいたオーラも欠かせない部分ではないでしょうか。

事実上新型モデルへ切り替わった2018年以降のモデルでも、それ以前のデザインをここまで忠実に再現していることからもわかるとおり、Gクラスというデザインには、もはや替えの利かないアイコニックさがあるということでしょう。

事実、メルセデスベンツは2006年に登場したGLクラスによってGクラスの代替わりを意図していたものとされており、現在ではGLSとして販売されているそれは、悪路走破性能ではGクラスに劣るものの、舗装路上の乗り心地や室内の利便性などではGクラスに優る部分も持つ、後継車に相応しい実力の持ち主でした。

しかし、Gクラスのユーザーはより流線型のGLクラス・GLSには思ったほど移行しなかった様子。なんとイメージそのままの新型Gクラスを登場させたほどなのですから、この形状に対する憧れの大きさが窺い知れますよね。

メルセデスベンツ Gクラスのスペック

【メルセデスベンツ G550】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,660mm×1,930mm×1,975mm
ホイールベース2,890mm
最大乗車定員5名
車両重量2,450kg
燃費WLTCモード:7.4km/L
エンジン種類V型8気筒ガソリンツインターボ 3,982cc
エンジン最高出力310kW(422PS)/5,250-5,500rpm
エンジン最大トルク610N・m(62.2kgf・m)/2,000-4,750rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション9速AT
新車価格16,850,000円(消費税込)
(2020年11月現在 メルセデスベンツ公式サイトより)

メルセデスベンツ Gクラス、2020年最新情報まとめ

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

2020年モデルのGクラスでは、大幅な変更はされていませんが、本国仕様ではG Manufakturプログラムに3色のソリッドペイントが追加されています。

「クラシックグレーユニ」「ディープグリーンユニ」「チャイナブルーユニ」のこれらの色合いは、長い歴史を誇るGクラスのデザインにぴったりのややレトロ感もある色合いですね。日本への早期の導入にも期待がかかります。

また現在、日本向けにはG350dとAMG G63向けに「manufakturエディション」が設定されており、内外装に特別仕立てのカラーリングや装備が追加されるほか、G350dでは人気のAMGラインやラグジュアリーパッケージなどが、G63ではAMGレザーエクスクルーシブパッケージなどが追加装備されているなど、嬉しい内容となっています。

セレブ御用達だけあって限定車多数!限定販売の稀少Gクラスたち

メルセデスベンツ G63AMG 6x6

メルセデスベンツ G63AMG 6x6

2018年に現行モデルに切り替わってからはまだ鳴りを潜めていますが、世界中のセレブリティ御用達だけあって、度肝を抜く限定車が複数設定されてきたこともGクラスの伝統です。

その中でもインパクトの強い2台をご紹介しましょう。まず、1台目は、6輪駆動というもはや自動車の枠を超えてしまいそうなほどの特別な車、「メルセデスベンツ G63AMG 6x6」です。

なんと日本向けにわずか5台限定、価格もぶっ飛んで8,000万円が設定されていたこの車は、名前からもわかるとおりオーストラリア軍向け車両の技術を活用して6輪駆動化されただけでなく、防弾仕様車向け技術をベースに新開発されたポータルアクスルによる460mmもの最低地上高を持つほか、タイヤの空気圧を走行中に調整できる機能まで持つなど、もはや走れない場所を探す方が難しそうな究極の性能を実現。

その上、スパルタンな仕様とするのではなく、室内はdesigno Exclusiveレザー仕様の豪華すぎる仕立てと、Gクラスの無限の可能性を感じさせる特別な一台でした。

メルセデスマイバッハ G650 ランドレー(海外仕様車)

メルセデスマイバッハ G650 ランドレー(海外仕様車)

もう一台は、ついに日本には正規導入されることがなかったのですが、ハイエンドブランド「メルセデスマイバッハ」初のSUVとして登場したG650ランドレーをご紹介します。

技術的には、先ほどご紹介したG63AMG 6x6の4輪仕様とも思えるG500 4x4スクエアードをベースとしており、無論Gクラスとして究極の性能を持つ一台のひとつであることは疑いようのない部分ですが、注目ポイントは名前にもあるランドレールーフや、室内の仕上げでしょう。

メルセデスマイバッハ S600に使用されるリヤシートをそのまま装着した後部座席は、延長されたホイールベースによる余裕も相まってもはやファーストクラスのような空間となっていますし、さらに頭上のルーフは電動で開閉が可能と、あらゆる要素を欲張りに追求している究極の一台。

マイバッハの名に相応しい、選ばれし99人のオーナーのみが体験できる、 約6,000万円の究極のGクラスでした。

メルセデスベンツ Gクラス 4x4スクエアード 次期型テスト車両

メルセデスベンツ Gクラス 4x4スクエアード 次期型テスト車両

先述したとおり、2018年のモデルチェンジ以降はまだ通常ラインナップのものしか販売のないGクラスですが、現在は現行モデルをベースにした4x4スクエアードのテスト車両と思われる車両も確認されており、間もなくの登場が期待されています。

どんな飛び道具を備えて世界をあっと驚かせるか、今から期待が高まりますね。

【最新まとめ】魅力的なGクラスの新車価格と中古車価格

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

メルセデスベンツ Gクラス(海外仕様車)

2020年11月現在、Gクラスの税込新車価格は、G350dが1,237万円、G550が1,685万円、メルセデスAMG G63が2,194万円となっています。

このうち、エントリーグレードとなっているG350dは、車両価格としても比較的廉価なほか、クリーンディーゼルエンジン搭載車ですので、重量税が免税、登録翌年度の自動車税が75%減税など、諸費用面で嬉しいお得さもあります。普段の燃費もGクラス随一の低燃費ですので、助かりますね。

メルセデスベンツ Gクラス

メルセデスベンツ Gクラス

2020年11月現在、Gクラスの中古車は357台の在庫が確認でき、現行モデルの中古車平均価格は1,600.2万円とまだまだ高止まり中。デビューからそれほど時間が経っていない点もありますが、Gクラスは全体的に中古車相場が高めで維持される車ですので、これからも大幅な値下がりは期待できそうにありません。

これは、先代モデルの平均価格がいまだに901.5万年で維持されていることからもわかるポイント。

台数としては、高額車両としては選びやすい台数が揃っていますので、じっくり探せばお求めの仕様とも巡り会えそうですね。オプションなどが豊富に用意されているGクラスですので、どんな仕様を探すのか、先にしっかり決めておくほうがスムーズな中古車探しができそうです。

まとめ

メルセデスベンツ Gクラス

メルセデスベンツ Gクラス

今や電気自動車のEQCも合わせて7車種もラインナップされるメルセデスベンツのSUVラインナップにおいて、不朽の頂点ともいえそうなGクラス。これまで最新装備や快適性でやや遅れをとっていましたが、2018年の改良では一気に最新のライバルたちとガチンコで勝負できる実力を手にしています。

ここまでの本格派の性能は、普段は持て余してしまうオーナーの方も多そうではありますが、本物の性能がもたらす高級感や安心感は替え難いところでしょう。

メルセデスベンツの誇る長い歴史を体感してみては。

関連する投稿


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

メルセデス・ベンツってどんなメーカー?人気モデルや最新情報まで

高級車の代表といえば、メルセデス・ベンツが思い浮かぶ方も多いでしょう。高い走行性能と高級感、また質のよさからラグジュアリーカーとして世界的に知られているメーカーです。しかしメルセデス・ベンツとはどのような歴史がある会社でしょうか?この記事では、どのようにクラス分けされているのか、メルセデス・ベンツの概要からラインナップの詳細まで解説します。


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。